心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2010 F1バーレーンGP決勝(3月14日)

 15, 2010 19:46
フェルナンド・アロンソ優勝。
マッサも2位で続き、フェラーリが1.2フィニッシュという開幕戦結果でした。

給油なしレースならではの後半レースの面白さがありました。
これまでのようにピットストップのタイミングで戦略勝ちをするパターンが
激減する中でも、ルイス・ハミルトンがニコ・ロズベルグとピットのタイミング
で順位を入れ替えることに成功していたのは意外だったし、こういうメリットも
あるんだ!と知ることも出来て興味深かったです。

ベッテルの優勝を見たかったけど、アロンソが性能で劣るルノーのマシンと
必死に格闘し、ギリギリの走りでポイントをコツコツと重ねていった姿を
見ていただけに、やっとアロンソの力量と見合った戦闘力を取り戻した
フェラーリで優勝し、歓喜に酔いしれる彼の姿を見て、素直に「おめでとう!」
と拍手をおくりたくなりました。
ちなみにアロンソの前回優勝は、2008年富士。

フェリペ・マッサ怪我からの完全復活も嬉しいですね。
各国のF1ファンから励ましの手紙、メッセージが沢山届いていたこと、
再びF1レースに復帰できたことを喜び、感謝の言葉を繰り返すマッサの素直な
気持ちがストレートに伝わってきました。

一番の贔屓ドライバーであるセバスチャン・ベッテルはポールスタートから
順調にトップを守って走行していたものの、Lap33で※エキゾーストが割れる
マシントラブル
に見舞われ、一時は上位の他マシンよりも0.5秒もラップタイム
を落とす苦しい後半戦になってしまいましたが、周回を重ねるごとに壊れた
マシンとの折り合いをつけて終盤のラップタイムは後方に迫ってきていた
ニコ・ロズベルグに遜色のないラップタイムに戻っていて、結果的には3台に
抜かれたものの4位フィニッシュ。
最終2ラップでは1st,2ndセクターで自己ベストを叩き出す怒涛の走り!!
すごい気迫を感じました。

 ※ベッテルが無線で“lost of power!!”と連呼していた本当の理由は、
その後の調査によると“loss of power was actually due to a spark plug
failure and not the exhaust”だったそうな。
スパークプラグって何かと思ったら、エンジンに点火する装置のことでした。
あぁ、またエンジンに関わる問題で今年も苦しむのかなぁ…なんとか初期段階で
回避してほしいですね


今シーズンは1位と2位以下の獲得ポイントに大きな差があるため、折角の
優勝のチャンスをマシントラブルで逃してしまったことはとても残念ですが、
あの手負いのマシンをゴールまで導き、しかも故障を抱える中で最大の
ポテンシャルを引き出して4位のポジションを守ったベッテルのドライバー
としての底力を再認識することが出来たことは大きな収穫です。

逆にニコ・ロズベルグは…
ベッテルを抜こうとして近づいたら後方の乱気流の影響を受けて抜くことが
難しかったとコメントしているんだけど、それでもズバッと抜いていく力が
なければこれ以上の上位は望めないような気も…う~ん、ニコにはリスクを
恐れない大胆さ、勝負強さがちょっと足りないなぁ。と逆にこちらは私の中
での期待度が下がってしまいました。

【2010 バーレーンGP決勝結果】
1.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ) 25pt
2.フェリペ・マッサ(フェラーリ) 18pt
3.ルイス・ハミルトン(マクラーレン) 15pt
4.セバスチャン・ベッテル(レッドブル) 12pt
5.ニコ・ロズベルグ(メルセデス) 10pt
6.ミハエル・シューマッハ(メルセデス) 8pt
7.ジェンソン・バトン(マクラーレン) 6pt
8.マーク・ウェバー(レッドブル) 4pt
9.ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア) 2pt
10.ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ) 1pt
---
11.ロバート・クビサ(ルノー)
12.エイドリアン・スーティル(フォースインディア)
13.ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)
14.ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)+1Lap
15.ヘイッキ・コバライネン(ロータス)+2Lap
16.セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)+3Lap
17.ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)+3Lap

R.チャンドック Lap2(単独クラッシュ)
R.ディ・グラッシ Lap3(ギアボックス系トラブル)
R.小林可夢偉 Lap13(ハイドロ系トラブル)
R.ペトロフ Lap14(サスペンション故障)
R.グロック Lap18(ギアボックストラブル)
R.セナ Lap19(白煙を上げてストップ)
R.デラ・ロサ Lap29(ハイドロ系トラブル)

★Best Lap:F.ALONSO 1'58.287 On Lap45
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。