心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

コード・ブルー2nd season 第2話(1月18日)

 21, 2010 23:23
コード・ブルーは月9っぽくないドラマだと思いますが、私的には圧倒的に
木10時代の1st seasonよりも2ndの方が面白く見させてもらっています。

フェロー達を演じる役者さんの年齢が若すぎることと相まって、1stの段階
ではフェローの医師としての未熟さから生じる迷いが幼く見えてしまい、
医療ドラマとしては不満足に感じていたので、ドクターヘリでの出動回数を
それぞれにこなし、経験を積んだフェロー達の成長した姿を描いている
2ndでは、役者の若さにそれほど違和感を感じずにストーリーに集中できて
いるのが大きな違いだと自己分析中。

フェローの中でも特に大人っぽく、医師らしい割切りなど著しい成長を
感じるのが白石ですね。
医師としての立場を優先して考え、患者の人として当然な感情に流され
まいとしてクールにテキパキと裁いていく姿を、1stではむしろドライな
看護師に見えた冴島の方から「人としての温かみが無くなった」と指摘
されるほど…。

2話では藤川がヘリで工事現場での事故現場に急行、外傷は無く事故当初は
自力で歩き、事故後に感じた痛みも無くなったと自ら語っていた男性が
藤川の前で突然意識を失い、血管損傷を的確に見抜き、止血にも成功したか
に思えた男性患者が予想以上の深手を負っていたことから懸命な処置にも
関わらず命を失ってしまい、それが原因で「あの時現場に行っていたのが
藍沢なら助けられたかも?」と同期で評価も高い藍沢への劣等感に苛まれる
藤川。
そんな藤川に対して前任の指導係だったシニアドクターの黒田からは一度も
褒められることのなかった藤川を褒め、同期の前で評価した橘に、事故後、
藤川が「僕の優れているところはどこですか?」と問うた際、
「君は自分のことを良く知っている」と答えた橘の言葉に違和感を感じました。

黒田と橘のキャラが大きく違う点も興味深いですね。
橘はあっという間に職場に馴染み、わりとフェロー達に対してフレンドリーに
向き合い、ある意味ではリップサービス的な発言も多いように感じられる。
1話で同僚のシニアドクターに対して「ようやく僕も医者になれました」的な
発言を自嘲的に強調して報告していた場面から、橘の言動に違和感をすごく
感じるんですよね…。
三井と離婚する原因が今後のストーリー内で明かされるはずなので、
過去の何かが橘の医師としての意識を大きく変えたエピソードが
隠されていそうで楽しみだったりします。


今回は藤川も切なかったけれど、緋山の悩みも深刻そうですよね。
白石が緋山の術後の心臓の調子に不安を抱えていることをいち早く察知し、
強引に心臓外科での再検査を手配してしまっていましたが、せっかくここまで
フライトドクターの経験を積んできたのに、もしも心臓の経過が悪ければ、
医師としてのこれまでの経験を生かし働き続けることすらも出来なくなるのでは?
という不安から、再検査を受けることが出来ず…。
そんな緋山の姿を目撃し、白石が「貴女って強気そうに見えるけど、自分の事には
臆病なのね」と罵倒し、緋山も「自分でも今気付いた」と逃げ出してしまったシーン。
ふたりの女性が良い意味でライバル関係にあり、少なからず友情も
育ってきていたんだな…と感じられました。

先日、【特上カバチ!!】のヤクザ役でちょっと出演していた平山浩行さんは
【コード・ブルー】では冴島の恋人でALSという不治の難病を患っている役
で出演されていますが、発病する前は心臓外科の医師だったんですね。
これはちょっと意外でした。
彼は延命処置を希望しない書面を病院に提出済ですが、命果てる前までに
藍沢との語りのシーンがまた見られるといいなぁ。

1話1話のストーリー進行が早く、多くの患者とのエピソードが併走している
ので、感想文も長くなる!だから色々と端折る!

2話で一番印象的だったのは、脳腫瘍の摘出手術を選択した夫が、
手術の結果、妻との記憶も全て失ってしまったはずなのに、若い頃、
彼が妻にプロポーズした同じ言葉を再び妻に伝えたシーン。
ベタすぎて容易に予想できた流れだったのに、感涙してしまいました。

ベタでもいいんです。
役者さんが巧ければ泣かされるんです。

3話も楽しみです。
関連記事

COMMENT - 2

Fri
2010.01.22
13:44

けいこ #-

URL

わたしも同じ場面で感涙しましたよ。
患者のエピソードが多く盛り込まれてるなかで
一組の夫婦の小さなエピソードに心衝かれてしまいました。

浅利陽介さん、彼の演技にはト書きがいっぱい含まれていそうです。
ちょっとした動きからでも深い心理描写が受けとれて
子役からの経験が演技力のある役者にと、その成長が感じられます。

3話も楽しみですね。今期一押しのドラマになりそうです。

Edit | Reply | 
Fri
2010.01.22
20:37

cocorone #s.Y3apRk

URL

>けいこさん
この夫妻のエピソードには引き込まれましたよね。
無名に近い役者さん同士だからこそ、過去の役に引っ張られて
既成概念を持つこともなかったし、「演技してます!」という
大袈裟な演技をする人たちでは無かったので、すごく現実味が
あって、見ているこちらも感情移入しやすかったのかも。

浅利くんは名わき役として、今後も楽しみな役者さんですよね。
すごく繊細で、リアリティのある演技をされるというのか…
フェロー4人の中で唯一主役をはれるタイプの役者さんでは
無いけれど、藤川というキャラはとても印象的だったり、
心を動かされたりするので、演技力のある役者さんって、
やっぱりスゴイ!と単純に感心することが多いです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。