心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ヤマトナデシコ七変化 第1話(1月15日)

 15, 2010 23:44
『ヤマトナデシコ七変化』
原作:はやかわともこ
脚本:篠崎絵里子/演出:石井康晴、川嶋龍太郎
出演:高野恭平(亀梨和也)/中原スナコ(大政絢)
遠山雪之丞(手越祐也)/織田武長(内博貴)
森井蘭丸(宮尾俊太郎)/中原タケル(加藤清史郎)
真一(大杉漣) /中原美音(高島礼子)ほか…

★第1話ゲスト
スナコの北海道の友人・雪女(小林涼子)
ホストのまさお(内田朝陽)
恭平のストーカー?(星野亜希)

まずはザザッとあらすじ&キャラ設定。
美人の未亡人・美音が所有する洋館にイケメン大学生4人が
下宿している。
顔に惚れて群れてくる女たちは無視、喧嘩早くバイトも長続きしない
熱い男・恭平、ベビーフェイスでスイートな王子様系の雪之丞、
頭脳明晰冷静沈着系の武長、女好き、女の扱いに慣れた御曹司の蘭丸。
それと、美音が新しい夫探しの旅に出ている間、洋館の管理人を
代行している息子のタケル。

ある日、タケルが淋しがらないように…と美音が洋館に招いた
親戚の女の子がスナコ。
このスナコ、好きな男の子に告白した際「ブス」と言われフラレた
ことが原因で人間不信になり、前髪で顔を覆い、黒いマントに身を
包み、骸骨や解体人形を友とし、ドラキュラの棺をベッドにするなど、
かなり変人奇人化していて、特に美しい人を見ると「まぶしい!」と
異常な拒否反応を示す子なんだけど、彼女をレディにしてくれたら
下宿代をタダにする等、4人のイケメン下宿人に好条件を提示してきた
為、必死になってスナコを一人前のレディに仕立て上げようと奔走し
はじめる…。

というのがとっかかり。
初回は失踪したスナコを追って恭平とタケルは北海道へ。
スナコの友人の雪女がホストに騙され、恭平の生写真を女の子達に売って
得たお金をホストのまさおに巻き上げられたことを知った4人が、逆にまさお
騙して逆襲する計画を立てるが、まさおへの想いを断ち切れない雪女が
4人の計画をばらしてしまい、ホスト見習いとしてまさおの店に潜入して
いた恭平がピンチに!雪女もホスト達に監禁され身売りされそうになる。
それを見ていたスナコが「私を綺麗なおねえさんにしてください」と3人に
志願し、艶やかな赤い着物姿な粋なねえさん姿でホストクラブに客として
潜入。他の3人は女装で同伴…。

最終的には「乙男」のエンディングさながらの立ち回りをスナコと
恭平が演じ、ホスト達をボコボコにして雪女の身柄も無事確保して一件落着。

「一度振られたくらいで心はブスになるな」とスナコを励まし、彼女とは
逆に目立つ綺麗な顔の所為で面倒な人生を送っていることを嫌がっている
恭平の気持ちを知り、少し心を開き始めたスナコ。

恭平の写真を部屋中に飾り、行きつけの喫茶店に忘れていったジャケットに
袖を通し、臭いをかいで恍惚の表情を浮かべる年上ストーカー女の影が
チラホラ…といったところで次週。

こんな流れだったかな。
色々細かいところは端折ったけど。


個人的な印象を…

トップクレジットが亀梨くん、主題歌もKAT-TUNなので予想どおり
亀梨くんが常に出ずっぱり&とにかく目立つドラマ。という感じ。
他3人は一緒のシーンが多く、個人が目立つ場面は少なめ。
出番少なくても手越くんがスイートでやさしい男の子役なので、
私的には満足です。

正直、ニガテな子が2人出ているもので、最初から見るのは自粛して
おこうと思っていたわりには楽しめました。

これまでヒットした色んなドラマのおいしい部分をかいつまんで、
オマージュして散りばめてみました♪的なのは否めないけど…。

大政ちゃんは「メイちゃんの執事」で気の強い凜としたお嬢様役
が印象的だったけど、今回の根暗な女の子役が七変化する本来の
ヒロインらしい見せ場で大化けしてくれそうですね。
ちょっと1話の和装メイクはケバすぎて合ってなかったけど…。

1話で印象に残ったキャラは、なんといってもホストのまさお役
の内田朝陽くん。
ターゲットの女の境遇に合わせて自分の過去を捏造し、騙しきる
No.1ホストらしい変幻自在な詐欺師っぷりが天晴れでした!


ドラマ本編も思ったよりは楽しめたけど、その前に番宣で出演した
「ぴったんこカンカン」。
安住アナの案内で憧れの赤星選手と対面し、そこへ高島礼子さん、
亀梨くんも加わってキャッチボールやバッティング練習などを
嬉しそうにしていた阪神ファンの加藤清史郎くんが可愛かった~!!

天地人でブレイクしてから、あちこちにひっぱりだこにされて、
ちゃんと学校に通えているのかな?こどもらしい生活は出来てる
のかな?と心配になるほど仕事をしている清史郎くん。
バラエティ番組を見る限り、しっかりした受け答えの合間に
ちゃんとこどもらしい無邪気な表情も見せてくれていて、すごく
ほんわかした暖かい気持ちになれました。


で、肝心なヤマナデですが…とりあえず次回も見ようと思います。
手越くんが可愛いので(*´m`)

関連記事

COMMENT - 2

Sat
2010.01.16
19:01

まな #-

URL

こんばんはv-411
こちらでヤマナデを見ると言ったとおり私も見ました。
花男やらノブタやらをなぞった形ですね。
前半は導入からストーリー展開へが噛みあっていないように思えて
ながら見でしたが、後半はそれなりに楽しむことができました。
キャストに贔屓がいないのと軽い内容なので
気楽に見られるドラマです。次回も見ようと思います。
最近ドラマも毎週欠かさず見るのが少ないのでどうなるかですが。

私は4人組よりスナコがどう変化していくか…に焦点を絞って見ます。
他の方もいいですね、清史郎くんはいるだけで和みます。
高島さんと大杉さんはもったいない出方だと思ったのですが、
今後深く絡んでくれることを期待したいです。

Edit | Reply | 
Sat
2010.01.16
23:52

cocorone #s.Y3apRk

URL

>まなさん
こんばんは(*^^)/
お互い、ヤマナデ1話視聴のミッション果たしましたね。

ほんとに贔屓の演じてさんが出ていないドラマは
気楽に見られますよね~。まったく同意です。

本文中にも書きましたが、やっぱりまなさんも同じように
感じられたようで安心しましたよ。
「花男」「ノブタ」ベースに「ごくせん」「乙男」etc…
とにかくどこかで見た感が強く残りました。

F4のように憧れの王子様風に描いたつもりが、ホストっぽい…
と思っていたら、ホントに第1話で主役がホストに
なっていたのには笑わせてもらいましたけどw

脇の本業役者さんの使い方がもったいないパターンは、
ジャニドラにはありがちですが、今回もそうですね。
ジャニファンなのに、ちゃんとした役者さんをもっと生かした
使い方をしてほしいと願ってしまうジレンマはつづきそうです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。