心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

おひとりさま 最終回(12月18日)

 20, 2009 20:02
裏でも“真一くん”が登場するドラマ(のだめカンタービレinヨーロッパ)が思いっきりブッキングしてましたが、私は『おひとりさま』最終回、リアルタイムで見て昨日はリピりまくってました。

序盤、教師同士の恋愛は容認できないと反対する校長(真矢みき)の家をすぐに飛び出して、満面の笑みで里美(観月ありさ)の部屋に戻ってきた真一(小池徹平)の暴走っぷりが最高におもしろかった!!

若気の至りというのか、初めての恋に舞い上がりすぎて浮き足立ちまくる真一に爆笑しっぱなしでした。
けど、里美の真一を想う気持ちが本物だと伝わった瞬間にこぼれ落ちた真一の綺麗な涙にうるっときました。

内容が濃すぎて、全部書いてたらキリがないので個人的に最大にツボったところだけ…。

恋人同士になってからも、真一の草食っぷりは健在で、同居時代と変わらずひとりでリビングの隅っこで里美放置で爆睡。
アルパカの抱き枕が真一専用の枕になってて可愛さ倍増
真一の寝顔にキスしようとして寝返りをうたれ、未遂に終わった里美があせって雑誌を上下逆さまに持って動揺しつつも、こっそり真一の可愛い寝顔を見つめてにやけるシーンとか、一緒にニヤニヤしながら見ちゃいました

つづいて、翌日朝ごはんを食べながら、お互いの呼び方について「里美さん、里美ちゃん、さとちゃんもいいなぁ…じゃあこれは?里美」「やっぱり真一くん…かな?真一くっ…」などと朝っぱらからラブモード全開なふたりは、観ているこっちもむずがゆくてジタバタニヤニヤしながら観ちゃいました(*ノ▽ノ*)

これこれっ!
このすうぃーとすぎるバカップルっぷりがずっと見たかったの!!

でも、序盤でラブラブすぎると後半、帳尻あわせで「・・・」な終わり方をするんじゃないか…と心配でラスト15分は気が気じゃなかったけど、若干なんじゃこりゃな部分もありつつも、結果的にはハッピーエンドでよかったです。

真一とクリオネ女子@君香(松下奈緒)のキスシーンがあったのに、肝心な里美とのキスはなし?!
と思っていたら、終盤、とってもかわいらしいキスが見られたし

やっぱり真一からはいかないのね。
勢いあまって里美に抱きついちゃった真一だけど、いざ至近距離で見つめ合っても固まってて動けないし(笑)
「ちょっと、さっさと目閉じなさいよ!」
と里美に言われて「は、はいっ」と目を閉じた真一が背伸びするいじらしさ可愛らしさってば!!

テーブルをバシバシ叩きながら見ちゃいました(*ノ▽ノ*)
キュン死にさせる気かっ!!

なぜかオトナな女性が年下男子とくっつくドラマでは、最終回で年下が「あなたにふさわしい男になって修行して戻ってくるから、待っててください」と遠恋だけど最終的にはハッピーエンド?というニュアンスの終わり方が多い気がしますが、今回も真一が里美から離れて西表島の臨時教師として武者修行して、一人前の教師になったら帰ってきます!的なお話しになっていたのだけはいただけなかったけど…。

オーバー30の女性のことを一生大切にしたい、幸せにしたいと考えるなら、女性には色んなリミットがあるのでね、できればすぐに結婚して、結婚生活の中で自己成長していきます!と言ってくれる年下男子のほうが嬉しいんだけどなぁ…なんて、思ってしまうわけで

ま、そんなリアリティはこの際おいといて、『おひとりさま』には最後までハマって、いっぱい笑って、きゅんきゅんきて、時にはホロッときて…すごく素敵なドラマに出会えたことに感謝しています。

里美と真一だけに留まらず、君香や博之、そのほかの主要キャストそれぞれも最終回で個性を生かした見せ場があったし、リピって見ると細部にさりげなくコネタが仕込まれていたり、終始ラブコメの王道を貫いてくれた素敵な作品だったと思います。
作り手と演じ手さんのぬくもりや愛情が伝わってくるっていうのかな。

ただ…
校長先生が真一の母親だと告白しないままで終わったことは心残りです。

公式サイトのオールアップ時のコメントを読むと、徹平くんは「愛しの真矢さん」と呼び、真矢さんからも「愛する小池徹平の」と書かれていたりするので、TBSはあまりスペシャルや続編を作ってくれないイメージだけど、真一と校長先生のエピだけでもいつかスペシャルドラマで描いてくれると嬉しいなぁ…。

こんなところで書いても伝わらないと思うんで、後で公式にも要望書いてこなくちゃ!


まだまだ書きたいことはイッパイあるけど、最後に…。
小池徹平くんの次回作、今から楽しみです!
コメディで生きる役者さんが大好物な私にとって、このドラマで小池くんの役者魂に触れられたこと、これが一番うれしかった!!
役者としてのお仕事がなるべく間をあけずに続きますように(^∧^)


余談…
いろいろ調べてたら、忠義さんと徹平くんってリアル友なんだね。
ってかこの2人、同じ学年なのに大倉くんには「さん」付けで小池くんは徹平「ちゃん」呼びしたくなる、この違いは何?(笑)
どっちも事務所が強いから番手で折り合いが付かないかもしれなけど、いつか共演してくれるといいなぁ。
なんて妄想しつつ終わります。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。