心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ROMES 空港防御システム 第7回(11月26日)

 28, 2009 20:36
『ROMES 空港防御システム』第7回-真実-

デイビス教授(ジャンフランコ・シモーネ)と成嶋(大倉忠義)のイギリス時代の回想シーンで使われていた家具や食器がすごくクラシカルで私好みでした。

あ、ドラマスタッフブログに書かれていた成嶋爆走⇒エキストラさんにぶつかって“むにゅっ”なシーンは7話で登場しましたね( ̄ー ̄)ニヤリ

大倉くん、台詞まわしもスムースだったし、やっぱり表情演技、自分の魅せ方についてはプロフェッショナルですね。
成嶋というキャラは大倉くんにはお誂え向きに思えます。
ファンの欲目だといわれたらそれまでだけど、とにかくストーリーは別にして成嶋はとても格好良い!
だから最期まで成嶋を満喫したいと思います。


が、先に宣言しておきます。
以降、ストーリーに対して若干辛口な感想を書かせてもらいます。




原作小説『ROMES 06』のメインストーリーとなった八坂葵(国仲涼子)=エースの弟が過去に湾空の運営ミスが原因で臓器移植が間に合わず命を落としたことに起因する逆恨みが招いた一連の事件が、原作よりもずいぶん簡単に解決してしまいました。

最終的には珍しく人間らしい感情をぶつけた成嶋のくさい説教によって根は悪ではない八坂が思いとどまって終了。
貝田(矢島健一)は普通に警備に駆けつけた宮城さん(小木茂光)が意地の身柄確保で終了だったし…。
正直、ROMESの機能の優秀さがここまではドラマを見ていても伝わっておらず、結局解決時には人間の知能とマンパワーによってアナログ的な解決をしているので、少々拍子抜けしている原因なんだと思います。


第6回の感想文にも書いたことですが、まゆ子のキャラ設定を大きく変え、今回の犯人グループとの接点は唯一、死んだレフト=秋子(星野真理)との従姉妹関係のみ。
結局、ドラマ内では貝田とまゆ子には過去に一切の接点は無かったことになっていたようなので、まゆ子が秋子の死体運搬役として一連のテロ事件に関わってしまった部分のストーリーに矛盾が生じてしまったのも残念だし…。

そもそも、八坂の逆恨みが原因のこの事件は原作のプロットどおりだし、他人から見たら八坂と、その逆恨みに同調して危うく自分たちと同じ心臓病に苦しみ、本人には何の落ち度もないはずの流斐(美山加恋)を手にかけてしまいそうになった入院患者のこどもたちの短絡的な行動には「???」なんですけどね。

そんな感情的かつ短絡的な逆恨み起因で湾空と閑野への嫌がらせを実行したテロど素人チームの感情に便乗し、爆弾の類を自作し、数回の爆破事件を起こしたり、成田の事件から長年に渡って警察に捕まることのなかった貝田が、そこまで大物のテロリストには全く見えなかった点も残念ポイント。

裏を返せば、テロリストとして3流以下の彼らが、ここまで天才成嶋とROMESチームをそこそこ梃子摺らせ、犠牲者をひとり出してしまうほどの事件を計画できたのは、やはり裏で指示をしている本当の黒幕がいる。
それを残り2話で描き、それまではあえてROMESの最終兵器である【06】の機能は使わずに事件を解決しているんだ!
と、7話まではあえて犯人グループからは知性を感じさせない風に書きかえたのかな?

とポジティブに考えて残り2話、おそらく原作2冊の設定をミックスしたオリジナルストーリーになると思われますが、成嶋とデイビス教授(本人とデイビスを名乗る第三者がいるとしたらそちらも含め)との接点、葛藤、攻防をどんな風にみせてくれるのか楽しみにしたいと思います。


関連記事

COMMENT - 4

Sun
2009.11.29
12:19

けいこ #Y.RLEoj6

URL

No title

こんにちは!
ROMESもなんやかんや言ってても残すところあと2回。
切迫感もいまいちないし、ぶつ切り状態で
原作を楽しんだ視聴者にには「???」ばかりですが…
そこは成嶋優弥のカッコよさに目を瞑って見てますi-179
ほんと成嶋キャラは大倉くんにお誂え向きですね。
あまりにハマリすぎてこのあとの役柄が心配になってきます。
(ドラマ出演続くとすっかり信じてます(笑))

Edit | Reply | 
Sun
2009.11.29
13:12

まな #-

URL

No title

こんにちは
原作未読の私…ドラマとしては細かい部分の粗さと矛盾、話の収束のつけ方とか
気になるところではありますが、
もう成嶋を演じる大倉くんを45分間流す番組として
見ることにしています。作品としては正直、大倉くん出演の過去作品に比べては1番「???」がつきまといます(>_<)
でも大倉くん個人としては、1番ぐ~んと伸びたのではないかな、と勝手に思ってます。
以前に比べて演技に安心感を感じます。
そう、そうなると次回がまたどうなるか??って感じですが、
割と無口で淡々とした2枚目役が続いてるので、
ちょっと違った、台詞に抑揚がある役も見てみたいです。
次回作は間を空けずに続くのか、期間を置くのかわかりませんが
楽しみです。

Edit | Reply | 
Sun
2009.11.29
19:52

cocorone #s.Y3apRk

URL

No title

>けいこさん
こんばんは!
いつもコメント、ありがとうございます♪

なんだかんだで大倉くん初主演ドラマも残り2回ですね。
私もすっかり大倉くんには次の役者仕事がすぐに舞い込む
ものだと思い込んでますよ(笑)

大倉ファンはハードルが低すぎると言われたりもしますが、
大倉くんの役者としての成長著しさが存分に発揮され、
今後ドラマや映画で違った顔を見せてくれることへの期待感が、
俄然強くなってます!!

今後の期待も含め、残り2話。
格好良い成嶋@大倉くんを満喫!ですね(^_-)☆

Edit | Reply | 
Sun
2009.11.29
20:17

cocorone #s.Y3apRk

URL

No title

>まなさん
こんばんは(*^^)/
原作未読の方は、私とはまた違った感想を持たれて、それなりに
ミステリー作品としてのROMESを楽しめているのかな?
とも思っていたのですが…やはりちょっとムリがありますよね(´ヘ`;)

でも、その残念な感じを全て払拭してしまえるだけの、
成嶋の格好良さ&大倉くんの演技面での急成長が見られるので、
やっぱり主演させてくれたNHKさんありがとう!!ってな思いが強いです。

そうそう、一番伸びたのは「安心して見られる」点が大きいですよね!
まるっと同意です。

台詞に抑揚…う~ん、普段大阪弁で喋るナチュラルな大倉くんでも、
あまり喋りに抑揚のないタイプなので、スキルアップの難易度は
高そう…なんて思ってしまいますが( ;^^)ヘ
それを乗り越えたら役者としての評価が上がりそうですね。

そろそろクール、王子系キャラじゃなくて、「歌姫」のジェームス的な
コメディっぽい役でも見てみたいですね!
それか個人的にはラブストーリーが見たいなぁ…萌え死にそなくらいに
キュンキュンくるのを希望です(*ノ▽ノ*)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。