心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

F12009シーズン最終戦inアブダビ

 31, 2009 02:05
初開催のアブダビGPは、これまた初の試みになる“トワイライトレース”。

FP2の時間帯になると、最新の美しい近代設計のサーキットが夜の帳が落ちる瞬間のブルーを貴重としたライトアップされ、コースに灯された照明に照らされて輝く美しいF1マシンが映えて、ナイトレースのシンガポールと同じくらい綺麗です!!

観光地、レジャー施設的な見た目の美しさは抜群ですが、コース自体はフラットで、バレンシアとシンガポールのような市街地サーキットと類似しているため、あまりオーバーテイクポイントが無さそうだし、クラッシュもしやすそうかな…と印象を受けました。
純粋なコース上での順位変動はあまり見られないかもしれませんが、アクシデントや戦略によっての思わぬ番狂わせは見られるかもしれないですね。

ライトアップされてからのオンボード映像では、特にコバライネンのステアリングのデジタル表示で、KERSの残量やシフトなどを確認しながらの解説もおもしろかったです。

そして、このレースがラストランとなるBMWザウバーのマシンが一際ライトに照らされると白とブルーの美しい車体が映えて綺麗でした。
ロバート・クビサはFP2途中でマシントラブルで早々にピットへと戻ってしまいましたが、国際映像でクリスチャン・クリエンと並んでお茶目な表情を見せてくれたりもして、金曜はリラックスしたドライバーの姿を見られるのも嬉しいですよね♪


個人的に今一番注目しているセバスチャン・ヴェッテルは、FP2終盤アタックでタイム更新をしていたのに、セクター2あたりでフィジケラにひっかかってしまい、左手を挙げて怒ってましたo(`ω´*)o
「1位以外は敗者だ」と現在ポイントランキング2位に浮上しているのに捨て台詞的な発言をしていた彼だけど、アブダビの練習走行中でもすでに闘志漲っている様子で安心しました。
ステアリングを握るとスイッチが入ってファイティングモード全開!
で、マシンを降りたらそのへんにいる普通の若い男子なヴェッテル君が好きです。


<フリー走行1>
1 ルイス・ハミルトン    マクラーレン・メルセデス  1'43.939
2 ジェンソン・バトン    ブラウン・メルセデス     1'44.035
3 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1'44.153
4 ルーベンス・バリチェッロ ブラウン・メルセデス 1'44.207
5 ニック・ハイドフェルド   BMWザウバー 1'44.667
6 セバスチャン・ブエミ     STRフェラーリ         1'44.687
7エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス1'44.688
8 マーク・ウェーバー     RBRルノー          1'44.805

<フリー走行2>
1ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'41.307
2 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'41.504
3 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1'41.541
4 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1'41.591
5 小林可夢偉 トヨタ 1'41.636
6 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1'41.683
7 マーク・ウェーバー RBRルノー 1'41.684
8 ルーベンス・バリチェッロ ブラウン・メルセデス 1'41.831


決勝とほぼ同時刻に走ったフリー走行2回目で1'41秒台が上位にひしめいています。
マクラーレンがフリー走行2回ともトップタイムを記録。
既にコンストラクターズ&ドライバーズタイトルの2冠を達成しているブラウンGPも、まずます安定。
レッドブル勢も安定した速さを見せていますが、基本的にはメルセデスエンジンにアドバンテージがありそうな感じ?

地味に小林可夢偉がアブダビでもステアリングを握り、なかなかのタイムを残してます。
ウィリアムズから追い出されるであろう中嶋一貴は、最終戦も苦戦を強いられそうです。
フリー番長呼ばわりされていたニコ・ロズベルグでさえもドライブしづらそうにしていた印象なのでね…。



で、余談ですが…
blogramのブログ成分分析でF1ネタがかなり伸びてきていて、なぜか「アロンソ」「一貴」ランキングで1位になってましたσ(^◇^;)

日本人のくせに、日本人ドライバーのカズキの応援らしきコメントはほとんど書いてないはずなのに不思議だー(爆)

明らかにライコネン、ニコ、ヴェッテルネタがトータルでは多いはずなのに、なぜこの二人なんだろう?
そして相変わらず関ジャニ∞では、ブルーレンジャーさんが1位になっていて、肝心な大倉忠義さんについては全くフィーチャーされないのは何故なんだろう…。
たっちょん大好きー!とか毎日連呼していれば、そのうち「みどころガイド」の紹介でも大倉忠義の項目が上がってくるんでしょうか…分析の仕方が結構謎です。

話が脱線しまくってしまった┐('~`;)┌
blogramさん、そろそろセバスチャン・ベッテルとニコ・ロズベルグの項目も作って欲しいなぁ。
次世代を担う腕の良いドライバーさんですよ!
ってココで言っても仕方ないかな。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。