心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ROMES 空港防御システム 第1回(10月15日)

 16, 2009 16:04
大倉忠義くん初主演の連ドラ『ROMES 空港防御システム』
いよいよ昨晩から始まりました!

『ROMES』
原作:五條瑛「ROMES 06」「ROMES 06 誘惑の女神」
脚本:佐伯俊道 山浦雅大
音楽:森悠也
主題歌:TOKIO【また朝がくる】

キャスト:成嶋優弥(大倉忠義)、砂村多駒(安田章大)
八坂葵(国仲涼子)、黒部武彦(渡辺裕之)
江川宏(杉浦太陽)、宮城章雄(小木茂光)
木村まゆ子(川村ゆきえ)、梶谷甲三郎(池田鉄洋)
日高勇作(古館寛治)、藤堂勝(近藤芳正)
閑野流斐(美山加恋)、閑野忠直(草刈正雄)ほか…



NHK総合では毎週木曜20時~の放送ですが、BSハイビジョンでは先行して18時から観られるので、私はハイビジョンを録画しつつ視聴させてもらいました。

1話の率直な感想を。
あらすじは手短にまとめる力がないので今回は割愛。


・画が凝ってる。なんていうのかな…スクリーンで見てるような、ハイビジョン仕様というのか…綺麗です。

・原作小説はシリアスなストーリですが、ドラマではコメディ要素で箸休め的なシーンも組み込んで構成されているようです。
この効果で、観やすいと思うか、原作どおりシリアスで格好良くミステリアスに…に徹して欲しかったと不満を抱くかは、視聴者の完全なる好みの問題ですね。

・原作小説『ROMES 06』『ROMES 06 誘惑の女神』両方のストーリーが1話~2話では同時に進行するらしく、とにかく初回から登場人物が多すぎて、全ての登場人物を把握するのが原作既読者でもついていくのが大変ほど、場面の切り替わりが多い。

・冒頭、世界的に暗躍している窃盗集団“シルバーフォックス”男性メンバー2名登場のシーン、宝石輸送車を銃撃して力技で宝石を盗み出したという事件を描いていたようでしたが、紺色のワゴン車に
「↓宝石輸送車」という字幕解説がついていたのが笑えた。
最近、NHKさんは大袈裟な字幕を使って斬新な表現が流行っているんでしょうか…奇しくも、前々回のBS2NHKアニメ劇場で放送中の『花咲ける青少年』でも、シリアスで印象的なシーンなのに、デカデカと文字表記でその場を強調する演出があり、自分的に( ゚д゚)ポカーンだったばかりだったので、まさか実写のROMESでもこの演出が使われるとは度肝を抜かれました。

・成嶋のキャラ設定は基本ライン、原作どおりだと思います。
これまでの過去作ドラマでは、関西訛り、滑舌の悪さ、どことなく漂う大衆演劇風の動き…が個人的には心配に思えていた大倉くんでしたが、溺愛している欲目もあるかもしれないけど、成嶋役はこれまでのドラマよりも自然な演技で、台詞まわしも断然良くなってる!!と、終始安心して見入ることができました。

・砂村のキャラ設定は、まず「ROMESチームに配属された新人」という設定、初回から犯罪者に囚われていた木村まゆ子を助けようとするも脚がもつれて転倒、結局その場で彼女を犯人の手から無事に格好良いアクションで助け出したのはヒロインの八坂とか…原作とは違ってひたすらに愛嬌のある庶民派キャラになっていて、これはこれで良いキャラ変更だったと私は思いました。

・八坂葵のキャラもだいぶ変更されています。
格闘技が得意、もともとセキュリティセンターの一員だったが、ROMESチームでは新人扱い。
砂村からライバル視される存在の頼れるクールな姉さん。というポジション、そして原作では成嶋は初対面から八坂にあまり良い印象を受けていなかったのに、ドラマでは初対面から「ブラボー!」と拍手喝采…う~ん、この設定変更でストーリー全体の大枠は変えずにいけるんだろうか。ちょっと心配。

・黒部さんは警察上がりでベッタベタな関西弁使いの人情派。という原作での印象をこちらも一新。
成嶋がROMESの機能について語らない為に、システムには全く明るくない肉体アナログ警備責任者の宮城主任とは水と油の関係…というふたりの気まずさの間に入って、ROMESの機能を宮城や視聴者に言葉でわかりやすく説明をする役割を担っているんだなぁ。と、このキャラ変更にはすごく納得しました。

もともと、登場人物が多い上にそれぞれの登場人物が敵味方どちらも、非常に重たい背景を背負っている原作を、ドラマではどのようにして視聴者に伝えていくのか…そこが心配な点であり、逆に実写化の楽しみだったのですが、どうやら原作小説とドラマは別物と考えたほうが単純に楽しめそうなので、原作とドラマの比較をするのは初回のみで終わらせようと思っています。

たぶん、後半は前半にワーッと登場してきた大勢の人物、出来事がそれぞれ点から線へと繋がっていき、形となってROMESの前に現れたとき、成嶋&ROMES&ハルとの最終決戦!
という感じで盛り上がると思うので、それまで、逆に原作との違いをツッコミつつ、楽しめればいいかな~と思ってマス。

とにかく、大倉くんが主役だからドラマの全篇に渡って出演シーンが多くて嬉しい!!
ただ単純にそれだけで幸せです。

普段の毒舌ドラマウォッチャー感想文はどこへ?(笑)



さて、本日からF1ブラジルGPです。
今シーズンも残り2戦。
例年ほど、ワールドチャンピオンズシップ争いは盛り上がっていませんが、個人的にはブラジルもアブダビもセバスチャン・ヴェッテルを応援します!!
雨降って、KERS有利性が軽減され、エンジン負荷率も最小限に…とにかく最終戦まで全力で走り抜けて欲しい!!

というわけで、また週末はF1モードへとシフトします(*゚ー゚)ノ

あ、明日の「土曜スタジオパーク」は忘れずにオンタイムで見ますよ!
大倉くん&ヤスくん生出演の機会、Don't miss it!
関連記事

COMMENT - 3

Sat
2009.10.17
19:43

はる #-

URL

こんばんは。


「土スタ」観ましたv(^-^)v


やっぱり1人の時とはまた違って、すごく喋ってましたね。(*゜▽゜ノノ゛☆


もう少し前なら考えられない位、しっかりしましたね(T_T)


誰にも言える事だけど、個人仕事が増えると、驚くほど変わりますね。


安くんは、いつもの雰囲気で可愛かったです(^ε^)♪

今回「ROMES」を観て、安くんの砂村が原作とは違って、すごく可愛く思えました(^o^)v-~~~


もちろん、大倉くんが一番格好いいのは、言うまでもありませんが…(≧▽≦)


「ケータイ大喜利」生放送で楽しみです(*^o^)乂(^-^*)

Edit | Reply | 
Sat
2009.10.17
22:23

cocorone #s.Y3apRk

URL

>はるさん
「土スタ」でも大倉くん、すごく落ちついた対応でしたね。
もっとヤスくんの話にたまにハッハッハといつもの笑いを
被せてるだけの、「引き」のスタンスかと思ってましたが、
予想外に色んなことを率先して喋ってくれて嬉しかったです♪

ほんと、ここ1年くらいでの成長が著しく感じられ、嬉しくて
仕方がないのは、やっぱり弟を溺愛する姉目線だからでしょうか(笑)

はるさんもめいっぱい楽しんでくださいね♪


Edit | Reply | 
Mon
2009.10.19
21:33

cocorone #s.Y3apRk

URL

>非公開コメント様
返信が長くなりそうだったので、
別途メールにて返信しました。

お手隙のときに読んでくださいね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。