心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

恋して悪魔~ヴァンパイアボーイ~第8話(8月25日)

 27, 2009 21:23
1話で脱落していた『恋して悪魔~』でしたが、8話ゲストに関ジャニ∞より横山裕くんがヴァンパイア役で出演する回だったので復活視聴しました。

主役ヴァンパイア・ルカ役の中山優馬くんが、女子バレー応援部隊スペシャルユニット“NYC boys”としての活動もしながらドラマ撮影もしている状態で、撮影もギリギリに押しているようですね。
その影響か、肝心な主役は冒頭でハーデス(横山裕)が女子高生を襲って血を吸っている現場に遭遇し、それを邪魔した腹いせにズタボロに傷つけられ、なんとか逃げ帰ったカイト(近藤真彦)の館で力尽き、そのまま傷を癒すべく昏々と眠り続け、最終的に真琴(加藤ローサ)にハーデスが襲い掛かろうとしているところへ「やめろー!」と止めに入るまで、まったく出番はありませんでした。
あれ?ヴァンパイアは傷もすぐに癒せる設定はどこへ??

というワケで、8話はほとんど横山くんが主役状態のストーリーに。
ルカに嫌がらせをしようと企んだハーデスが、ルカの在籍する学園に英会話教師の小早川として潜入、魔力と使って副理事長(姜暢雄)をはじめ教師陣はもちろん、生徒達まで完全に操り人形状態にした上で、ルカがヴァンパイアになる前、人間時代に恋人だった真琴が現在は学園の英語教師として働いていることを知ったハーデスがいよいよ真琴に襲い掛かろうとしたところへ主役が颯爽と登場。
真っ向勝負では叶わずとも、隙をついて月光を真琴の落としたクロスのペンダントヘッドに反射させ、一瞬ひるんだハーデスの右目を攻撃して流血させ封印、間一髪で大切な真琴を救うことが出来たルカですが、ハーデスの置き土産としてヴァンパイアであることを真琴についに知られてしまい…9話へつづく。
という流れで終了です。


ちょい辛口?感想&ヒナちゃんドラマおめ!は続きからどうぞ。


このドラマ、10代の頃だったらなにげに感情移入して切ないラブストーリーとして楽しめたのかもしれませんが、オトナから見たら完全にネタドラマですσ(^◇^;)

そんな中でも、ヴァンパイアという非現実的な生き物?化け物?を大真面目に演じているいい大人のマッチさんと、今回は横山くんもある意味、非現実的な役がミョーにハマっていて違和感なかったですよ。
「ザ・クイズショウ」の本間くんの狂気そのままといえばそのままでしたけど、すごくホラーな雰囲気で寒気がしました。(実際、発熱で悪寒がしていただけという話もあるけどw)

最近、普通の人間の役を観ていないので、そろそろノーマルな役で横山くんを観てみたいんですけど…需要はこういった普通ではない役にあるのかな。

でも、横山くんファン的には、ハーデスが魔力を使って人間をコントロールするシーンでは、毎回横山くんの鋭い目力が強調されてアップになる度に、(〃▽〃)キャー♪だったことでしょう。


私的にツボだったのは、

小早川@ヨコ「ぐっもーにんぐえぶりばでぃ。まいねーむいずこばやかわ。あいむぐらっどとぅーしーゆー。はうあーゆーとぅでい?」
ヴァンパイアはルーマニア出身でしたっけ。
英語はネイティブではないですよね( ;^^)ヘ..


マッチさん「たかだかヴァンパイアになって50年のおまえに、400年生きてきた私の何がわかる。調子にのるなよ」
ヨコ「あんたの目的はわかっている。だが、所詮それは叶わぬ夢だ。あの子の甘っちょろい幻想を潰さない限りはな」

というジャニーズ大先輩後輩直接対峙シーンの台詞の応酬でした。
カイトは江戸幕府初期から生きてるんですね!
当時は目立たないように髷を結っていたのかな?とか、余計なことを想像して勝手にツボにハマってしまって(笑)。

それにしても、8話で台詞がまともにあった役者さん(ほとんどはタレントさん)の大半が薄~い演技の中、横山くんはコッテコテの演技だった所為か、良くも悪くも存在感は絶大でした。
この逆パターンをどこかで観たなぁ…と思い出すのは、「必殺」の源太殉死の回です。
敵役の浅野ゆう子さんのコッテコテの演技に対して、あの回の主役の大倉くんは薄~い感じの演技でかみ合ってなくて…でも最期は泣けたけど。
役者同士の演技の濃さ調整って、案外大切なのかもしれませんね。


濃さの調整といえば、嵐の緩和剤?中性洗剤?的存在の相葉雅紀くん主演ドラマ『マイガール』に、関ジャニ∞の緩和剤的存在の村上信吾くんが出演決定の報道がありましたね!
見た目的にもほんわかしてるし(ヒナの場合、関西ノリ全開でなければ)、ドラマ共演の相性も良さそうで、なにげに期待度が上がりました♪

ヒナが連ドラに出るのは何年ぶり?
はぐれ刑事以来かな。
まだ彼が10代で、ピヨピヨの雛ちゃんだった頃に出演した『ママチャリ刑事』、あれ好きだったわー。
すばるとヒナは、ドラマでは普通に標準語台詞も訛りなく普通にこなすイメージがなぜか強い。
滑舌もメンバーの中では良く、喋っている言葉が聞き取りやすいし。
どこでそんなイメージをインプットしたんだろう…たぶん、10年くらい前の記憶の断片でしょう。

なんにせよ、関ジャニ∞メンバーの怒涛のドラマ出演2009秋。
楽しみすぎるっ(≧m≦*)

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。