心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

オルトロスの犬 第2話・第3話

 09, 2009 21:27
<2話、3話まとめ>

脱獄して逃走した竜崎(滝沢秀明)を追い、長谷部刑事(水川あさみ)とその娘と共に訪れた龍谷ダム。
そこにはかつて龍谷村という集落があったが、その名残として残されていた石仏に彫られた龍の絵を見つけ、幼い頃「人を決して憎んではダメよ。恐ろしいことが起こるから」と母に言ってきかされ、そのときに手渡されたお守りに刺繍されていた龍とそれが同じであることに気づいた蒼井(錦戸亮)。
「龍谷村」の存在を父に問うと、後で家事をしていた母が明らかに動揺し手にしていた皿を落として割っていました。どうやら、蒼井の持つ力のルーツを蒼井母は知ってるようです。

長谷部が娘と帰宅した際、駐車場で待ち伏せしてた熊切(八乙女光)から「素手で触れただけで人を殺したあの男とあわせろ。殺し方を教えてもらう」と迫られるも、それを拒んだ長谷部は熊切からナイフで襲われます。
そこに竜崎が現れ、熊切から奪ったナイフで躊躇することなく彼の腹部を刺し、長谷部親子を逃がしていました。
娘の安全を確保した後、すぐに竜崎と刺された熊切のもとへ戻った長谷部だが、そこには二人の姿は無い。
その頃、一流製薬会社社長の息子である熊切に「俺を親父に会わせろ」と脅迫した上で、竜崎は「神の手」を使い一瞬にして熊切の刺し傷を癒し、その力を目の当たりにした熊切は、その足で竜崎を父親である熊切善三(柴俊夫)に引き合わせます。
しかし、息子の言葉をにわかには信じない熊切父。

再び竜崎と再会した蒼井は、またしても口車に乗せられ、飲酒運転で幼い子供を含む複数の人をはねておきながら、悪びれもせずに看護師や事故で意識不明になった少年の親に暴力をふるっている男を「神の手」の力を使って殺してしまいますが、今回はそれと引き換えに、竜崎は事故にあって負傷した子供3名を「神の手」を使って一瞬の間に治して立ち去ります。
それを陰から見ていた熊切父は竜崎の力を利用しようと考え、竜崎を赤坂のホテルのスィートルームに囲い込み、内閣総理大臣を目指し精力的に活動しながらも、心臓に疾患を抱えている政治家の榊瑤子(高畑淳子)に引き合わせました。

その場では犯罪者の手に触れられたくないと竜崎を突き放した榊ですが、結局3話ラストでは大きな発作を起こし、極秘で搬送された先の病院で竜崎の力を借り、引き換えに何かを彼に与えていくことになりそうです。

竜崎は同時に、熊切息子がかつて麻薬漬けにした女を山中に置き去りにして殺した過去を知り、口封じのために追い詰められ階段から転落し、意識不明の植物状態に陥っている蒼井の教え子、白川加奈(波瑠)にも「神の力」を行使し、彼女を全快させていました。
竜崎から、白川加奈が意識を回復し、警察に証言をするらしいと囁かれ、警察に捕まることを恐れた熊切息子は、退院手続きをしていた彼女の病室を襲撃。
その場に居合わせた蒼井ともみあいになるが、蒼井は「神の手」の力を使うことを躊躇い、結果、熊切息子のナイフから娘を守ろうとした白川母が刺されます。

警察から逃れる為に逃走した熊切息子を、長谷部は一度は取り押さえますが、「逃がしてあげる。その代わり、竜崎に伝えて。娘が会いたがっているって」と囁き、わざと熊切息子を逃がしていました。
長谷部も喘息で苦しむ娘可愛さに、竜崎の「神の力」の前に魂を売ってしまうのか…。

その他にも、蒼井の手で殺された3人の死体の検死を行った前園(原田夏希)から、「外傷のない綺麗な死体」の話を大学時代の先輩であるエリート警察官僚の沢村(佐々木蔵之介)が、その能力を利用しようと蒼井に接触したり、色々と動きが続いている『オルトロスの犬』2話、3話でした。


<感想簡易版>
竜崎と蒼井をとりまくベテラン俳優陣が渋くて、重みのあるストーリー進行になっていますね。
一方で、見た目の相性はすごく良い滝沢&錦戸ペアですが、生粋の舞台調演技のタッキーに対して、テレビドラマ畑で育った錦戸くんの演技の食い合わせはあまり良くないような気もします。
オーバーVSナチュラルという感じで…。

善人なあまりに、毎回竜崎の口車に乗せられて力を行使して短期間で3人も殺してしまっている蒼井先生の人間らしい弱さ、というのはリアルですが、竜崎の言動、最終的な目的というのは未だ不透明です。
それを徐々に明らかにしていくのがこのドラマの主軸なのかもしれないけど、肝心な主人公の言動に「???」続きのままでは、見続けるのが退屈になりつつあります( ;^^)ヘ..

要するに、人の弱味、欲望を利用して、平凡な人間達を嘲笑うことが竜崎の生きる糧なんだろうなぁ…とは思いながら見てますけどね、とにかく、竜崎が意味不明すぎる。
どのへんに楽しみを見出せば楽しめるのかなぁ…。

とりあえず次回も録画予約は入れてます。
完走できるはどうかは微妙なラインですが、今期、すでに他は全て脱落してしまっているので、これが最後の砦なのに…正直きびしい。

ブザビや大河あたりは、復活視聴でも楽しめるかな?
とりあえず『救命病棟24時 第4シリーズ』本編がやっとこさ始まるので期待!
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。