心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

関ジャニ∞ PUZZLEコンツアー 京セラドーム(7月29日)+少しオーラス

 01, 2009 15:58
関ジャニ∞ツアー2∞9「PUZZLE」オーラス前の7月29日公演は、コアなジャニファンではないけど、関ジャニ∞のライブに興味を示してくれたお友達と一緒に参戦。
忙しい中、事前にPUZZLEを聞いて予習してくれたり、ライブ後には「あんなに激しいドラムをずっと叩いててスゴイ。かっこよかった!」と言ってくれたこと、あの独特な雰囲気の中でも最後まで一緒に楽しんでくれたことに感謝です!
残念ながら、お友達が∞の中では贔屓にしてくれているマルちゃんの立ち位置とは真逆で、あまりこちらサイドには来てくれなかったけど…ほんとにありがとう!数年ぶりの再会に感謝☆

さてさて、オーラス前の29日公演@京セラドームの断片的なレポ&感想をあげておきます。

☆オープニング「無責任ヒーロー」後のメンバー自己紹介。
大倉「たっちょんだよっ!ただいま!」
会場「おかえり~!」
大倉「ただいまっ!」
会場「おかえり~!」
地元大阪に帰ってきたことをしっかり噛みしめていたヤキソバマン@たっちょんでした。

ヒナの冒頭コメも大阪に戻ってこられたことへの感謝の言葉に気持ちがこもったのが印象的。
面白かったのは亮ちゃん。
錦戸「今日、7月29日という日が~(以下、地元ライブを迎えたことへの感謝の言葉)」
とにかくこのコメントが選挙演説調で口も滑らかで個人的にかなりツボでした(笑)

☆「パズル」のソロパート、バクステに登場したヨコの手にはマイクなし!
東京では「アカイシンキロウ」でたっちょんの手にマイクなしというアクシデントがあったけど、今回はヨコ。
♪両手をひろげ堂々と~の部分、ハモリの亮ちゃんの声しか聴こえてこなくて、「え?」と思ったら両手を広げてマイクないない!と焦ってアピっているヨコの姿が(笑)
咄嗟に歌フォローする他メン、ソロパート終わり部分には無事にヨコの手にマイクが渡り♪記念に買ったあのパズル~からは通常版に戻る。

☆レンジャーコーナー
・レッドがニューレッドを殴らないとストーリーが展開していかないのに、わざと「暴力はあかん、おちついて話し合おう」と友好的なレッドと、台本どおりにいかず時間が押しまくることに焦ったニューレッドの攻防がつづき
ニューレッド「お願いだから俺を殴ってくれ!」
レッド「Mかっ!」
オレンジ「♪いつも一緒に い~たかった~(プリンセスプリンセスの曲)」

さらにグダグダの攻防がつづき再び
ニューレッド「もうほんまにいい加減俺を殴ってくれ!」
オレンジ「♪いつも一緒に~  隣でわ~らってたかった~ふふふふんふふ~」

正直、この公演のレンジャーが私の見た中では一番ぐだぐだでしたσ(^◇^;)

・ニューレッド、イエロー、ブルーがこれからは俺達の時代や!と新生レンジャーを決意するシーン。
ニューブルー「な、レッド
ニューレッド「そうだなグリーン、いや、ブルー(`・ω・´) シャキーン」

となるべきところで
ニューレッド「そうだなブルー、いや…先にブルーって言うてもうた

で、ナス仕切りによりテイク2.
しかしまた台詞を間違うニューレッド(笑)


・ツアー後半から進化系で登場するようになった小芝居道具のミニソース、ミニ醤油を手にしているレッド&ブルー。
ニューレッド、イエロー、ブルーから届いた果たし状の結び目が固すぎてとれない⇒一番手先が器用なイエローさんが「引いてだめなら押してやれば…ほら取れた!」といつものように器用にほどく。

・ゴリマッチョヤセマッチョの曲に合わせてはないちもんめ状態の場面。
ニューレッド「おい、おまえら!さっきから手に持ってるもんは何や?」
レッド「ソースねっ!」
ブルー「しょーゆこと!」
イエロー「ごはんですよ
ニューレッド「ごはんですよなんてどこにもかかってへんやないか!」
ブルー「ごはんにかかってるよ♪」
ニューレッド「誰か笑点みたいにうまいこと言えいうたっ!おもわず座布団2枚!って言うところやったわ」
レンジャーコーナーも全国まわるうちに進化して大阪ではアドリブもカンペキ(笑)
ちなみにイエロー手持ちアイテムはオーラスでは「ごましお」でした。

・ニューレッド「おまえの夢は何?」
ナス「ワールドカップ出場!」
ニューレッド「おまえまだ諦めてへんのか」

長くなってきたので続きは折りたたみで。



<MC>
・「酒と音楽があれば生きていける」とロックな男・ヤス。
ヒナ「ヤスの作る酒はめっちゃ濃いねん」
ヨコ「俺ら全員酔わせてどうするつもりなん?」
ヤス「いや、さすがに全員はムリやろ~!」
他メン「え?ちょっと待て!それどういう意味じゃオマエ!」
ヤス「だから、全員を酔いつぶさせるのはムリかなって話…」
ヨコ「おまえはいつも言葉が足りないから誤解されやすいんや」

・メンバー7人で食事に行った際、皆年のせいか脂っぽいものは食べられず、さっぱりしたものばかりオーダーしているのに、一人で「角煮みんなで食べようや~」とラフテーを注文し結局全部食べつくした大倉さん。沖縄料理のお店だったんだね。

・たこ焼きを食べたら青海苔か葱が前歯に挟まったままになってしまったヤス。
それに気づいたヨコが指摘すると「とって」と甘えるヤス。

<その他曲中のエピ>
・ライト側サイドステージ寄りのスタンド下段後方席にて…。
サイン色紙をこちら側に投げてくれた亮ちゃん。
色紙は一度はスタンド下段の中段席まで到達したのに、ブーメランのように加速してふたたび亮ちゃんの方へ戻ってしまい、結局アリーナでも客のいないエリアに落下。
スタッフさんに色紙を取ってもらって再びスタンドへ投げ入れ、無事に今度はスタンド最前列あたりに届き満足気にセンターステージへと戻っていった。

ちなみに大倉くんはサインボールをサッカーボールのように蹴り、アリーナの埋もれ席に。
サインボールついでに、オーラスのことなんだけど、ヨコの投げたサインボールが私の右ナナメ後のスタンド入り口スペースに落下。ジャンピングキャッチできそうなところに飛んできたけど…体調さえ悪くなければ!
結局、近くの席の子が走っていってボールをゲットしてた。
さらにヨコの投げたサイン色紙が同じくメインステ真後ろスタンドに飛んできたんだけど、上段の壁に跳ね返って客席のないエリアに落下してしまい、もったいなかった…。

しかしあれだね、7公演入っててサインボール&色紙がニアミスしたのは全てキミくんだったなぁ。
手を繫いだお隣のエイターさんもキミくんファン率がかなりの割合でした。
いつも思ったことなんだけど、キミくんファンのお手製うちわの文字が「候隆」「キミくん」なんだよね。
「ヨコ」とか「裕」といううちわは見かけなかった。(私の近くの席ではね)
会場では一番多いであろう錦戸くんのファンがお隣になったのは、この29日公演だけだったのでなんか嬉しくてテンション上がった(笑)
ちなみに同担とは福井初日1部で繫いだだけかな…同担さん私はうぇるかむなんだけど淋しかったわ。

・たぶん「ヘブンリ~」の際、ドラムに集中しまくっていた大倉くんのソロパートすっとばしがあった。

・「ローリング・コースター」序盤演奏中にヤスくんのギターにトラブル発生。
メインギター無しのサイドギター@すばる&亮+まるちゃんベースのみという変則Ver.に。
途中でギターをヤスに戻そうとスタッフが出てくるも、ヤスはギターを手に取らずドラムの傍に立ち、テンションマックスで会場を煽り、終盤はスティックを片手にたちょドラムに参戦していたのが一番印象に残ってます。

・アンコール後、なにやらツボにはまったらしく、腰をひねりながら横移動するステップ(文字で表現するのが難しすぎる!)を笑顔爆発で繰り返し、その都度腰を少しさすっている錦戸さん。

・アンコール後にはける際、社交界で女性がドレスの裾を持ってお辞儀するポーズ、あれをツアーTシャツの裾つかんでちょこちょことお茶目に挨拶してまわるたちょ。
福井でも見たんだけど、とっても可愛い♪

・「ひとつのうた」のエイターパートの指導を任されたすばるの伸びやかなボーカル、エイター達のテンポを合わせるため、全身をつかって大きく指揮をするすばるの表情が生き生きとしていた。
すばる「カンペキ!」
ヨコ「今日、大阪で3番目に歌のうまい人たちが集まってるんですか?」
レコーディング前にもう一度リハーサル。
ギターで先導するヤスくんの「せーの」という声色がとても優しかった。
無事にレコーディングOKをテイチクさんからいただき、ほっとした安堵の表情と、本当にエイター達に感謝している表情で頭を深々とさげるすばるの姿に、正直かなりグッときた。
これはオーラスでも同じ。
もっとも、すばる自身が「ローリング・コースター」でボロ泣きしていたようだけどね。

このツアー、東京公演で最初に感じた感想が「すばるが今までの中で一番充実した生きた表情をしてるなぁ」だったんですけど、その後、福井・長野・大阪と見てきて、やっぱりすばるの表情がキラキラしていたのがとても印象に残っているんです。
一時期、今後の方向性に迷ったり色々と不安定になっている感じがTVなんかを見ていてもこちらに伝わってきて、「すばる、大丈夫かな?」と、一般視聴者視点でも、地味に心配していた時期もあったのでね。
まるちゃんやヤスくんのように、わかりやすいファンサービスをしてくれるタイプではないけど、ステージ上からエイターを見つめて歌うすばるの表情から、なんていうのかな…すごくエイターを大切に思ってくれている気持ちが伝わってきました。
ジャニーズウェブの連載でも「愛してます」と何度も書いてくれているけど、あの言葉はアイドル特有のリップサービスじゃなくて、本心からの言葉だと思えます。
あぁ、まるですばる担のような感想だなこりゃ(*^^*ゞ
これでも大倉担です。でも、他メンバーも大好きになりました。

Jr.黄金時代、彼らを傍で見る機会に恵まれていた影響も多少はありつつも、あれから10年近く経過して、すっかりオトナになった彼らも自分も、これからもっと熟成されていい年の重ね方をしていけたらいいなぁと思えたパズルツアーでした。



<追記>
オーラス、Wアンコ前のエイトコールの声量はもちろんMAX!
それに応えてメインステに一足先にひとりで戻ってきた大倉くんは、晴れ晴れした素敵な笑顔でした。

大倉「ひとりで帰ってきちゃった(^ー^)ノ」
それにつづいて7人が揃いセンターステに集まり、すばるアカペラから始まる「大阪ロマネスク」。
エイターアカペラ合唱にイヤーモニターをはずして聴き入るメンバーの姿。
すごく感動的なオーラスでした。

正直、すごくすごく体調が悪くて、開演ギリギリまでホテルで熱ざまし薬飲んで寝ていて、途中で倒れたら迷惑がかかるからライブ参戦は諦めようか?と思っていたんです。
結局、せっかく準備していたライブ用の綺麗な服じゃなくて、一番楽な服装で目の下のクマも真っ黒なまま、タクシーで会場に向かったくらい、ふらふらな状態で。

でもね、つくづく私はゲンキンなヤツだと思った。
大倉くんの踊る姿、セクシーな歌声に情熱的なドラムビートに触れたら、火事場のバカ力的な元気がすごい勢いで出てきて、後半はテンションマックスで楽しめたから(笑)
もし、病気とか悲しみのどん底にいて苦しんでいる人がいたら、多少の無理をしてでも、大好きな人に会いにいくべきだと思う。
不思議なパワーがもらえるから。
ひとりで悩んで苦しんで諦めかけていたことがあっても、それを覆せるだけのポジティブなパワーがもらえるよ!!

このツアー、最後にメインステ脇の階段を降りて上のスタンドのエイターに大きく手を振って帰っていったヒナの姿でお開きになりました。
その上、メインステ上ではマルちゃんが「閉店、ガラガラ~」とシャッターを下ろすジェスチャーをしながらステージを降りてたけど。

奇しくもその後、ホテルまで乗せてくれたタクシーの運転手さんが「この前、関ジャニ∞関テレまで乗せたで~」
と話しかけてくれたので「え?誰ですか?」と聞いたら「村上」と(笑)
ヒナちゃん、アラフォーのタクシー運ちゃんにも顔が売れてるんだね。
今回、大阪で乗ったタクシーの運ちゃんは3人中2人が関ジャニ∞を乗せた経験があったので、そういう意味でも楽しい旅になりました。

おみやげは「京都の水ナス」のお漬物を買いました。
ここまできたら、〆はナスでしょ(笑)

ニューシングル&ライブDVDの発売が楽しみ



関連記事

COMMENT - 2

Tue
2009.08.04
15:54

まちゃっぽ #WYTiEdmk

URL

遅まきながら…

先日はありがとねー。
心音が大倉くんにはまったのも分かる気がした時間でした。
1度引っ込んだ時に髪がタイトになっていて、動き出したらまたフワフワにほどけていったのも素敵でしたわ(*´m`)

Edit | Reply | 
Tue
2009.08.04
16:16

cocorone #s.Y3apRk

URL

ありがとー!

>まちゃっぽ
ブログにもコメありがとー!
忙しい時期に快くライブ帯同してくれて、
数年ぶりの再会だというのに挨拶もそこそこに
一緒に盛り上がってくれて嬉しかったよ^^

おっ!大倉くんが途中で髪濡らしてオールバック
にしてきたのに、激しく動きすぎて髪がくるんくるんに
戻ってたところまで見てくれてたんだね!!

貴女も立派な大倉ウォッチャーに認定します(笑)
ドラマ主演が決まったんで、秋ドラもよかったら見てね~!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。