心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

関ジャニ∞ PUZZLEコンツアー 京セラドームオーラス(7/30)

 31, 2009 17:43
関ジャニ∞ ツアー2∞9“PUZZLE”
5月10日広島からスタートし、仙台・東京・熊本・北海道・大分・福井・長野・石川と巡り、いよいよ彼らのホーム大阪京セラドームでツアーラストを迎えました。

ジャニヲタに戻ることを頑なに拒み、これ以上大倉熱は上げないゾ!
と必死にあがいていた自分が、かなり昔のことのように思えます。
今回のツアーをもって、立派な“eighter”に育った自覚があります(笑)

地方では1万人以下レベルのアリーナクラスの会場で、より近くに感じられた関ジャニ∞のメンバーでしたが、やはり東京ドームや京セラドームクラスの大きな箱で見る彼らは、ジャニーズのキラッキラしたアイドルなんだなぁ…と当たり前だけど少し淋しくなり冷静になった自分もいました。
小さく見える彼らを肉眼で追うには限界があるスタンド席で、時には双眼鏡を覗き込み、基本的には会場のスクリーンに映し出される映像を見ながら、リズムに合わせてペンライトを降り、彼らと同じ振りで踊り、終盤は一緒に歌い、アリーナクラスの公演とは違った楽しみ方で満喫してきました。

オーラス公演については、発売日はまだ未定ながらDVD化され発売されること、そして同時にサプライズ企画としてイベントも行われることがメンバーから発表されたので、詳細レポは割愛。

個人的にとくに心に残った断片的なエピソードだけ綴っておきます。


☆大阪公演 セトリ☆
1.無責任ヒーロー
2.イッツマイソウル
3.関風ファイティング

<センターステージにてバンド形式)
4.ミセテクレ
5.Heavenly Phycho

6.一秒KISS

<ユニット曲>
7.Glorious
8.Kicyu
9.YOU CAN SEE

10.パズル
11.渇いた花

<∞レンジャー>
12.どんなに離れてたって傍にいるから
13.ギガマジメ我ファイト

<MC>
<関西Jr.メドレー>

14.アカイシンキロウ
15.ブリュレ
16.My Last Train
17.大阪レイニーブルース
18.好きやねん、大阪。
19.∞SAKAおばちゃんROCK
20.ズッコケ男道 

<バンドセッション メインステージ>
21.Do you agree?
22.ゴリゴリ
23.情熱Party
<エンディング横山MC>
24.ローリング・コースター

EN.ひとつのうた
  咲いて生きよ
W,EN.大阪ロマネスク
   ワッハッハー

ドームコンでは「ミセテクレ」「Heavenly Phycho」「好きやねん、大阪」「∞SAKAおばちゃんROCK」※東京ではここで「ワッハッハー」だった
アンコール時に「大阪ロマネスク」が追加され、「無限大」⇒次のシングルCDカップリング曲の「ひとつのうた(正式表記は不明)」に差し代わり。
短縮Ver.だった一部曲もフルVer.でした。Kicyuとかね。

7月30日オーラス。
席はメインステージナナメ後方のレフト側外野下段の前の方。
東京でも同様の位置の席、もう少し列は後方に入ったんだけど、京セラではメインステージの作り方や外野スタンドの高さが8m超という球場の構造に阻まれ、私的メインディッシュである終盤のバンドセッションにおける情熱ドラマー大倉忠義の姿は肉眼では拝むことが出来ませんでした…。
ドラムセットごとリフターで上昇した瞬間だけ、セクシーなドラマー@たちょの姿が垣間見れたんだけどね…見切れすぎて切なかったよ。

スクリーンに映し出される大倉くんの表情を見つつ、見切れていないギタリスト、ベーシスト&ヴォーカリスト達の楽しそうなセッション姿を肉眼で見たりしながら、基本的にはずっと大倉くんのドラム音に身を委ね踊り、時に歌いめいっぱい楽しんだけどね♪

バクステで歌う曲が多く、ものっすごく遠方だった為会場モニターで見ていたんだけど、「一秒KISS」の♪I need you I miss you I kiss youの「I kiss you」のところでカメラに向ってチューしてた大倉くんのアップを見て、それまで体調絶不調で立っているのがやっとだったのに一気にボルテージUP!

しかし再び貧血に見舞われ(興奮しすぎた?(笑))Gloriousは失礼ながら座ってじっくり聴かせていただきました…。

「Kicyu」フルバージョンで再び立ち上がり、ヤス・キミ・ヤス♪の可愛さを一緒に踊りながら満喫。
ここから先は立っていてもおとなしめにしてさえいれば耐えられる体調に戻って一安心。

基本的にメインステでガッツリ聴かせてもらえるのは終盤のバンドセッションだけだったので、周りもそれまではパワーセーブエコモードだったかも。
ヒートアップして盛り上がりまくるバクステ側、センターステ付近の∞メン&熱狂するeighterを客観的に見つめる貴重な時間でもありました。

全7公演入ったのに、ここまで担当くんの「大阪レイニーブルース」の振りを近くで拝む機会に恵まれなかったんだけど、大阪ラストでようやく最寄下に見えるアリーナ横断トロッコ上で♪か~えられへんもどら~れへ~ん♪とあの振付で踊る大倉忠義を拝むことが叶い満足です。

レーシックで視力矯正してるせいか、長野コンでは暗い中ステージから落ちてしまうというアクシデントもあった大倉くん。
今回のコンサートの照明は全体的に暗めで、ピンスポが当たっていても遠くのファンには表情が見えない、もっと言わせてもらうとスタンド中段列以降の客には「あれは誰??」と判別に苦しむほど見づらかったくらいなので、トロッコ上では足元踏み外さないようにあまり動かなかったのも印象的でした。
他のメンバーはトロッコ移動中にしゃがこんでアリーナのファンに近づいたり、柵にもたれてスタンド上段まで見渡してオーバーアクション気味になってアピールしてたから余計に目立ってたかも。

後、なによりも(*ノ▽ノ*)キャー!!
だったエピといえば、バンドセッションドラムソロ時に、なにやらフェルト生地の編みぐるみちっくなミニチュアエイトレンジャーグリーン人形を取り出し、そのお人形さんに(^з^)-☆チュッ!!としてドラム脇にポイッとしてドラムを叩き始めた大倉くんでしょう!
DVD早くみたいぞー!!!!リピりまくってやるぅ(笑)

可愛さ全開の無邪気な表情、確信犯的なアイドルスマイル、そしてドラムセッション中の最高に最強なセクシー忠義!!
1ステージの中でも、本当に多彩な表情をミセテクレるので、ライブ中毒になるファン続発なのも納得です。
自分もなんだかんだで7公演も入っちゃったし。
ジャニに縁のないお友達にもファンクラブに入ってもらって、チケット確保にご協力をいただいたりしてねσ(^◇^;)

29日公演につづき、次にリリースされるシングル曲のカップリング曲「ひとつのうた」のeighterパートのレコーディングがオーラスでも行われ1発OKいただきました(*^^*)v
すばる先導で指揮を見ながらアカペラで歌うんだけど、私のいた席付近の指揮を担当してくれたのは他でもない、大倉先生だったので、俄然張りきって歌っちゃいましたよ(*^^*ゞ
隣のヨコ担のねえさんが引くくらい(爆)
昔、高校時代にこれでも一度はウィーン派遣合唱団メンバーオーディションを受け、ヴォーカルレッスンしたこともあるのでね、本気で歌えば声量だけはあるんだぞー。
もう十何年も前の話だけどさ(  ̄- ̄)トオイメ

そしてWアンコール、本場で歌う「大阪ロマネスク」。
すばるのアカペラ⇒eighterアカペラ合唱の繋がりには鳥肌が立ちました。

他のジャニコンにも何十公演と入っているけれど、関ジャニ∞のファンはどのグループのファンよりも踊るし歌うよね。
彼らの曲が曲なだけに(どういう意味だ)振付があまり難しくないことも手伝って、eighterはコンサで初披露の曲でも振付をすぐにマスターして一緒に踊ってる。

今回の「ひとつのうた」のレコーディング時、すばる他メンバーがリップサービスも入りつつも「みんなサイコー!」「大阪で3番目くらいに歌のうまい人たちが集まった」とeighter達の歌唱力を褒めて伸ばしてくれていたけど、ほんとにあの大合唱の声量はハンパなかったと思います。

最後の曲「ローリング・コースター」演奏前、いつものヨコMCが入ったわけですが、ここで思いがけず再び長野コンの前にメンバー全員で久しぶりに食事に行ったエピソードが飛び出しました。
長野のMCでは言わなかったんだけど、その席でメンバー同士本音でぶつかり合い、喧嘩もしたこと。それによって関ジャニ∞7人の絆がさらに強まり、このメンバーではならなんでも出来そうな気がする。」という内容のコメントがありました。
長野ラスト公演では感極まるメンバーもおり、「これはオーラス?」と参戦したファンが各所でブログに書いていましたが、やっぱり長野でのメンバー食事会を経て、こうして大阪ラスト公演まで回を追うごとに充実していったライブの内容を見ても、すごく実りのある経験ができたんだな…と、言葉以上に伝わってくるものがありました。

長野県民として、長野という場所での出来事が、これからの関ジャニ∞のさらなる飛躍の糧になり、一生彼らの思い出の土地として片隅に残りつづけてくれると嬉しいなぁ。


こうして日記を書いているうちに、色んな細かいエピも思い出してきたけど、長くなったのでこのへんで。

もういっちょ、別口で書こうと思います。

しかし今回は大倉くんばっかり見てたから、他メンの感想がほとんど書けない(f^^)

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。