心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

関ジャニ∞ コンサートツアー2009“PUZZLE”長野ビッグハット(7月11日)

 12, 2009 15:41
福井公演に習い、長野ビッグハット公演も自己記憶用にステージ構成略図をチャチャッと書いてみた。
1観客がテキトーに書いたものなので転載はもちろん不可。
逆にこんな図を転載したら恥ずかしいと思うので絶対にやめてください。
nagbhat0907.jpg
今回はアリーナ席にしか入っていないので、スタンド席が本当にこのブロック割で正解なのかは自信なし…申し訳程度に作られていたバクステもどきの裏、要するにメインステージを正面に見る席に貴賓席があったので、たぶんブロック割はこんな感じかな~と。

☆入った席☆
7月11日(土)1部 席⇒アリーナCブロ
7月11日(土)2部 席⇒アリーナAブロ
アリーナ奇数ブロックと偶数ブロックの間の通路に、スタッフさん手押しの一人乗りトロッコが通過。
外周花道に上昇する一人乗り用リフトも有。

ただし、前回までメンバーが徒歩で歩いて周ったというスタンド通路には、メンバーは上がりませんでした。
これはジャニーズウェブのレンジャー連載で丸山くんが書いていた注意事項と関係があるんだろうなぁ…ただし、ヒナ@ナスがスタンド2階通路を下ったり、貴賓席上3階席の客席に現れ、ターゲットとなった客に濃厚ボディタッチ(笑)をする演出は健在でした。
ヒナちゃんから、バニラの香りがしたのかなぁ( *´艸`)←これは2部のMCネタ

セトリは福井公演と同じなので省略。

1部、2部ともにeighter達による熱狂的なエイトコールがメンバーに届き、Wアンコール達成でした!!
1部Wアンコはメインステージ上にで挨拶&KAT-TUN歌借用による♪DON'T U EVER~「STOP!」アカペラで盛り上がり終了。これは福井でもやってたね。
2部はちゃんとした持ち歌、「ワッハッハー」でステージ各所をメンバーが歌いながら挨拶まわり。
よほどDON'T U EVER STOPが気に入ったのか、1部では錦戸くんに始まり大倉くんまでサビを熱唱→エイター「STOP!」「Don't Stop!」コール。2部に至っては丸山くんがほぼサビをまるっと熱唱して踊ってた(笑)

あ、冒頭のメンバー@ゴリラによるマナー向上CM、〆の台詞は1部まるちゃん、2部がすばる。
今回のPUZZLEコン、私は結局5公演参戦しましたが、〆台詞@たちょには遭遇できず…残念。
ちなみに東京1日目→ヒナ、福井→まるちゃん、ヤスくん、そして長野~の流れなのでね。

さぁ、完全自己満感想文、読みたい方だけ続きをどうぞ!

**1部の記憶**
・基本の立ち位置としては大倉くんの逆サイドのCブロ、でも目の前通路で見やすいお席で幸せ♪

・通路挟んだ前の列にキャバ系?なんて言ったら失礼かもしれないけど、派手めのぴっちぴちギャル(死語)が並んでいた所為か、センターステから亮ちゃんの視線がバチバチ飛んできていたのが印象的。
ズッコケ男道の時にいたっては、振付無視して余計に腰振ってたし(笑)それも縦に…f^^*)

・My Last Train(たぶん)目の前の通路をトロッコにてヨコが横切りながら、しっとりとバラードを歌い上げてくれた。ほんっとに目の前!隣の横山担の子、放心状態でした。
やっぱり黒髪ストレートの痩せキミくんは綺麗だぁ('-'*)♪

・後半、バンドセッションでは丸ちゃんゾーン。ベースの世界に浸りつつも、アリーナに視線を時折落としてくれるその目線がオトコマエ!元気いっぱいな彼とのギャップを満喫。

・メインステでのレンジャーコントではNewレッド、イエロー、ブルー側の立ち位置のため、ここぞとばかりに大倉くんガン見!「俺、身長デカいのいややねん」Verだった。
ちなみに、必殺仕事人のくだりでは福井から4連続で笑ってて渋くは決められなかったらしい。でもそれが可愛くてツボ~やねん♪

・MCも大倉くんがこちら寄り立ち位置、しかも昨夜、レコメンで企画していたメンバー全員集まってお食事会が実現したということで(?)トークが被りまくるほど舌好調でしゃべりまくる忠義さん。
酔っ払って携帯電話をお酒の中にポッシャーンと入れて「防水やから大丈夫♪」とへらへら笑っていたことを暴露される忠義さん(*^^*ゞ
「なんで酔うとあんなんなるん?」とヒナに冷静に聞かれ、「わからへん」とご本人…普段無口なタイプがお酒の力を借りて大胆キャラに変貌するパターン、あると思います!

・夕方6時くらいから深夜3時まで飲んでいたメンバー。
最初に集まった飲食店を去る際、畳の上で円陣をくみ気合を入れる学生ノリの関ジャニ∞。
移動するタクシーの中で亮ちゃんにからんで甘える忠義さん、「亮ちゃん好きや~♪」「亮ちゃんスネ毛濃いなぁ…トークも濃いけどなぁ」と言い、錦戸さんからはたかれるが、Mっ気全開モードでへらへら嬉しそうにしていたことも暴露される。
普段はSなのに、酔うとMになるのかφ(。。)メモメモ…

・親友を思い浮かべてくださいと咄嗟に言われて頭にパッと浮かんだのが本当の親友。
ヨコは関ジャニ∞のメンバーが即座に浮かぶという素敵なメンバー愛から始まり、関ジャニ∞のメンバー仲って最高でしょう!うらやましいやろ~!とノロケまくる横山さん。
そんな自分達の姿こそが関ジャニ∞の魅力なんだと力強く断言した大倉さん。

・なんだかんだでほとんどヨコ&たちょコンビでMCが盛り上がる中、「昨夜盛り上がって、明日のMCでは被る言うてたのに、どうした?亮!?」とすばるが鋭いツッコミ。
「一度、被せようとして出鼻をくじかれたから、入り損ねた」と錦戸さん。

・「さよか」が最近口癖のヤス。「それって左の様って書く左様?って意味?」「左様でございますか?」とか言うやんな。とヤスいじりでも舌好調なたちょよこ。

・口癖といえば最近メンバー内でやたらと「ベクトル」という言葉が乱れ飛んでいるらしい。

・亮ちゃん、オルトロスの犬と24時間テレビドラマ「にぃにのことを忘れないで」の宣伝。
そこからの流れで、
ヨコ「皆さんの応援があれば関ジャニ∞も24時間テレビのパーソナリティに選ばれることもあるかもしれないので、応援よろしくお願いします」
もし∞が24時間テレビパーソナリティをやったら~妄想大会へ突入。
「手紙は誰が読むんやろ?」「大倉かヤスあたりやろ。」
ヒナが担当しそうという流れになり、大倉「めっちゃ堅苦しい手紙書きそう~(笑)」
ヒナ「そうそう、拝啓、関ジャニ∞様からはじまって敬具で〆るねん」
満場一致でマラソンランナーはヨコ!と決め付けられ、スタジオに俺もいたい~とすねるヨコに、ラストの歌までにゴールできなかったらおいしい!と説得される。


・バンドセッション冒頭ギター参戦が恒例化?今回2ステも錦戸さん参戦。

・ドラマー@忠義、頭にオレンジタオルを巻いて登場。

・アンコール時、長野にしてはヒートアップしたeighter達によるエイトコールの音量は福井各1部以上!「どうした?テンション上がっちゃった?!」とヨコの煽りで再登場。
アンコール後、1部では諦めがちなWアンコールを求める声も、今回はすごかった!応えてメンバー再登場。メインステ上での挨拶のみだったけどメイッパイ2時間半使い切って充実の1部終了~。


**2部**
・1部と真逆のAブロ、前から3列目。こちら側は基本、大倉くんの立ち位置間近なので正に神席!
冒頭演出の幕が上がると、すぐ目の前せり上がったセンターステージ上には大倉くん!!
なぜか付近に同担がいなかったので一人で興奮状態だったかもσ(^◇^;)

・センター、メイン共にダンスナンバーは今までで一番間近で踊る大倉くんを見ることができて、個人的にボルテージ最高潮♪
だって、ターンした瞬間に髪からキラキラ光りながら飛び散る大倉くんの汗まで見えるんだもん!!
血圧低めで良かった~、ヒートアップしすぎて鼻血出しそうな勢いだったからσ(^◇^;)

・kicyuの歌詞を「ボ~クも~」「キミくんも~♪」とヤスくんがアレンジするパターンはほぼ定着。
でも今回はキミくんが反撃!「もうヤスがわかんないよ~♪」「合わせてキミとヤス~♪」と進化を遂げていて大盛り上がり!曲終了と共に照れてヤスくんを置いてプイッ!とステージをくだってしまうヨコに気づいて「えっ?えっ?」とあせりながらも続いて去っていくヤスくん。
キュートな曲、振付。それだけでも大好きなナンバーなのに、ふたりとも可愛くてサイコーです♪

・アリーナ横断トロッコ号、最寄乗車メンバーはこちらではヒナ。
丁寧に歌い上げる姿をナナメ下から見つめさせていただきました。
ヒナちゃん、髪を切って爽やかさUP!童顔だったから10代の頃のヒナを見ていた私的には、∞の中では正直一番老けた(ごめんなさい!)と思っていたんだけど、間近で見たヒナは“ヒナちゃん”のままでした!あの目元が可愛いんだよね~♪
ヨコとは違って、ヒナちゃんは自分のパート以外の箇所で自分のうちわを見つけてくまなく手をふる姿が印象的だったなぁ。自分のファンをくまなく探しだしてファンサをしてた。
ヤスくんやマルちゃんもヒナ同様のタイプかな~と。彼らの場合、自分のファン以外にもリアクションしてくれていたようだけど。

これ、対照的に全体的に漠然と手を振ったり、気分でファンサをするタイプだなぁ…と思ったのが自担とすばる。
なにげに全体をまんべんなく見つめて多くの人に「あ、いまのは私のこと見てたよね?」と思わせる目線配りをするので錦戸くんのキャリアは伊達じゃないなぁ。と実感。
あ、候隆さんはほんっとにシャイなんだろうね。間近のファンには意外とそっけなく見えるんだけど、少し離れた位置から自分のうちわを見つけるとジーッと見てたりするの。今回、偶然にもお隣さんが2度ともヨコ担だったから気づいたことなんだけどね。

あぁ、書きたいことが多すぎる!
2部の感想つづきはまた別記事にて。

F1モードに一旦シフトします。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。