心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2009 F1トルコGP決勝(6月7日)

 08, 2009 21:28
1週目でバトンブッチギリの優勝が見えてしまったトルコGP。
全ては、ターン9~10で大きくラインを外れてしまったベッテルの若さの自滅か…な。

ひとり3ストップ戦略でショートショートで激走し、最期まで諦めなかったベッテル君ですが、後半はチームメイトを必用以上に追い立てているベッテルに対し、チーム無線から「マークの方が速いよ。エンジンを労わって燃費走行してね」となだめられるシーンもあり。
レッドブルチームとしては2位、3位フィニッシュ。
ブラウンは今期初のルーベンスリタイアによってポイントはバトン一人の10のみに留まり、コンストラクターズ争いでダブルスコアで離されていたところ、少し挽回した形だったので結果オーライなんだろうけど、ベッテル君、レース後トップ3のインタビューで相当悔しそうな表情でした。

<2009 F1トルコGP決勝結果>
1.ジェンソン・バトン(ブラウンGP)
2.マーク・ウェバー(レッドブル)
3.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
4.ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
5.ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)
6.フェリペ・マッサ(フェラーリ)
7.ロバート・クビサ(BMW)
8.ティモ・グロック(トヨタ)
---
9.キミ・ライコネン(フェラーリ)
10.フェルナンド・アロンソ(ルノー)
11.ニック・ハイドフェルド(BMW)
12.中嶋一貴(ウィリアムズ)
13.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
14.ヘイッキ・コバライネン(マクラーレン)
15.セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)
16.ネルソン・ピケJr(ルノー)
17.エイドリアン・スーティル(フォースインディア)
18.セバスチャン・ボーデ(トロロッソ)
---
R.ルーベンス・バリチェロ lap48 マシントラブル
  ジャンカルロ・フィジケラ lap15マシントラブル


地味にトヨタが2台揃って入賞。
ここまでいいところ無しだったBMW、クビサの粘りの走行で久々のポイントゲットです。
ニコは予選に続き、コンスタントにミス無い走り+今回はピットミスもなく、トラフィックでタイムロスすることもなく5位入賞。
現行のウィリアムズではこの位置に食い込めれば万々歳でしょう。

しかし…一貴は可哀相でした。
ベストスコアは実はニコよりも速かったし、2回目のピットストップ時にタイヤ装着で大きくタイムロスしなければポイントゲットできた筈の良いレースだっただけに、12位という結果は勿体なかったです。

普段、ウィリアムズ好きな私でも完全にニコ派なんだけど、今シーズンは一貴のピット戦略があまりにもお粗末、ニコとの扱いの違いがここまでくると、そこはやはり日本人なのでね、一貴を贔屓目に見ちゃいますよね。
シルバーストーンでは、トルコのような安定した走りをみせて、ニコに迫る勢いでピットクルーにミスなんてさせないゾ!と言わんばかりの怒涛の走りを見せて欲しいです。
あと、地味にピケJrも現ワールドチャンプ相手に、粘りのオーバーテイクショーを魅せてくれました!
ギリギリのところで攻める。しかしKERS搭載のハミルトンが次のコーナー出口では加速してピケJrを簡単には抜かせない。
それでも諦めることなく、もう一度次のコーナーでハミルトンに仕掛ける!
男をみせてくれるじゃないの!アンジェロ、格好良かったです。

あと、気になったのはバリチェロ。
スタートで失敗し、一気に順位を落としてしまった焦りからか、スーティルに無理なオーバーテイクを仕掛け、タイヤをぶつけてしまい自らフロントウィングを破損させてしまう大失敗を…ベテランらしからぬミスでした。


あともう一言。
前回も同じことを感想文に書いてますが、実況アナが今回も失笑ものでした。
フジテレビさん、お願いだから小穴アナを有料チャンネルで使うのはやめてください。

川井氏や小倉さんが「ベッテルは1回目のピットストップ時間から考えて3ストップの可能性が高い」と説明していて、かつ、燃料軽めのショート・ショートで繫ぐベッテルが勝つ為には、1回目のピットストップを終え燃料を重めに持ってラップタイムの上がらないはずのバトンを少しでも早いタイミングで抜き、ギャップを広げておかないと、3位を走行し2ストップ戦略できているチームメイトにも次のピットストップで抜かれてしまう。
と、わかりやすく説明してくれているにも関わらず、トンチンカンな質問を川井氏に投げかける等など、F1中継をCS加入してまで毎レース楽しみにしている視聴者なら、呆れるレベルの実況っぷりでした。
「だ~か~ら~!(怒)」とキレてしまった川井氏のお気持ち、お察しします。
温厚で物腰柔らかな小倉さんまでイラッとしてましたからねぇ…。

その他いろいろと実況中のアナの発言があまりにも的外れすぎて、ツッコミを入れながら中継を見てしまいました。
(,,゚∀゚)\(--;)ナンデヤネン

次はシルバーストーン。
母国GPを迎える絶好調ジェンソン・バトンですが、シルバーストーンとは相性があまり良くないようなのでどうなるかな?
今の勢いなら、晴れようが雨だろうが優勝しそうですが、できることならベッテルか意外なチームに勝ってもらいたいものです。

こんなに早く、ワールドチャンプ確定しちゃったらそれこそつまらん。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。