心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

花咲ける青少年 1-3話

 21, 2009 15:24
4月5日から毎週日曜 夜11:01~30 NHK-BS2で放送が開始されているアニメ『花咲ける青少年』ですが、現在3話までストーリーは進行しています。

元々、原作漫画『花咲ける青少年』のファンだったので、アニメは普段見ないのですが1話から毎週欠かさず楽しんで見ています。

1話冒頭から、主人公のアメリカ富豪の一人娘である花鹿の“3人の婿候補探しゲーム”というストーリーの一つ目の主軸が明らかにされ、オープニング映像などを見ていると、単なる“逆ハー”漫画?と誤解されているかもしれませんが、この漫画、ただの恋した愛したドキドキ胸きゅん☆少女漫画ではないので、その魅力が全開になってくる中盤~後半が今から楽しみ♪

まだまだ、メインキャラ登場が続々とつづくので、ここまで見逃した方も是非!

1話では、主人公・花鹿の生い立ちが紹介され、童顔のボディーガード寅之介と、日本へ来て初めてできた花鹿の同性の友人・一般人代表の結衣が登場。
花鹿が不良に絡まれているところへ花鹿の兄的存在の立人も格好よく登場。
「おまえが呼べばいつなりと」この台詞、原作では立人の母国語である中国語で描かれていましたが、アニメではわかりやすく日本語に変換されていたのが個人的には印象的だったかな。

2話では急に父親からアメリカの自宅へと呼び戻された花鹿が、いよいよ父親プレゼンツ・3人の婿探しがスタート。花鹿はレストランで絶世の美男子・フランス貴族の三男・ユージィンと出会い、彼の中にかつて愛していた白ヒョウ・ムスターファの魂を見出しユージィンと接触。
しかし彼の自宅に拳銃を持った女性が待ち伏せしており、「あなたを殺して私も死ぬ!」と愛情を強要。ユージィンから冷ややかに「一緒に死ぬのはゴメンだ。ここで死ぬのは僕か君か、どちらか選んでくれ」と告げられた女性は、自分に向けて引き金を引こうとするが間一髪で花鹿が阻止。
さらにユージィンの身辺調査をした結果、過去にも色恋沙汰がもとで女性が3人自殺していることをつきとめていた立人が現場に立ち入り、花鹿には「二度とヤツに近づくな!」といつになく強い口調で花鹿をユージィンから遠ざけようとしていました。

普段は若くして大財閥グループの総帥として、冷静沈着でパーフェクトな立人が、花鹿のこととなると激しい感情を露にすることが最初に露呈した事件です。
ひきつづき、3話-4話はユージィン・ド・ヴォルカンの悲しい出生の秘密を元にストーリーが進行していくパートが続きます。
この漫画をリアルタイムで読んでいた頃、私はこのユージィンの儚く、自虐的な美しさに魅了されていたんですよね。
大人になってからは、好みが変わってしまったけど( ;^^)ヘ..

4話ではユージィンの出生の秘密と、花鹿との接近が描かれるはず。
ここ、序章では大切なエピソードのひとつなので日曜が楽しみです♪


原作漫画は1989年 - 1994年と、15年も前に完結した作品、さらに花鹿の花婿探しのルーツとなる父親・ハリーの出生の秘密を描く部分はさらに昔の話になるので、現代物とはだいぶ違った世界観を持っています。

さらに、原作者の樹なつみさん独特の美学を表現する独特の台詞も飛び交うので、そのへんも声優さん達によって命を吹き込まれた数々の名台詞を耳で楽しむことのできる、幸せをかみしめながら原作ファンは楽しんでいるのでは?
少なくとも、私は今のところ声優さんたちの声が各キャラクターにぴったりなので、それこそ花鹿が動いている!立人がキレた!ユージィンの声が素敵~♪と、それはもうヨダレもたらさんばかりにクギヅケ(笑)

原作では登場の遅いカールが、3話でちらっと登場したのもアニメ化修正が良い方向で働いてますよね。
原作連載時には、あまり好きではなかったカールですが、おとなになってからは案外好きなキャラへと成長した一人なのでね、原作では目立たなかった分、アニメで扱いがよくなっていると嬉しいものです。

ちなみに、公式サイトにはまだ案内が出ていないキャラについて、公式サイトの「おたより」からちらっと質問したところ、すぐにNHK担当者さんから丁寧な回答をいただけて、さらに印象アップです。
まだアニメでは登場していない、ルマティとその侍従・クインザ。さらにはルマティの従姉妹のナジェイラあたりがお気に入りなので、声優さんたちがどんな風に命を吹き込んでくれるのか今からとても楽しみです♪

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。