心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ザ・クイズショウ 第1回(4月18日)

 20, 2009 20:27
2008年に同局、深夜枠で放送された「THE QUIZSHOW」をキャストを新たに入れ替えゴールデン土9枠で放送。
銀河テレビの人気クイズ番組『ザ・クイズショウ』名物司会者・神山悟(櫻井翔)と対する回答者として担ぎ出された元・売れっ子ミュージシャンの安藤康介(哀川翔)が、日テレドラマ『クイズショウ』の初回ゲストとして登場。

うっわー!文字で表現するのと分りづらい( ;^^)ヘ..
簡単に言うと、初回は「クイズ・“ショウ”」という番組内で、櫻井“ショウ”VS哀川“ショウ”の対決があったというお話です。

というのはキャスティングの洒落的な部分であって、ドラマ本編では人気クイズ番組「ザ・クイズショウ」の収録が行われている中で、ゲスト出演した元・売れっ子ミュージシャン・安藤が名物司会者の神山の出題する7問のクイズに回答していく過程で、安藤がかつてコンビを組んでいたギタリストの殺人事件の真犯人があぶりだされていく。
という、なかなか面白い展開のドラマでしたよ。

ニュースキャスターやバラエティの進行役として活躍の場を広げてきた櫻井くんを、ドラマ内でクイズ番組の司会者として見せるというのは斬新でした。
役者としての技量には、失礼ながら大丈夫かな?と心配していたので、この手があったか!と目から鱗のピッタリ配役に拍手です。

初回ゲストの哀川さん、ミュージシャン役なのでステージで歌を披露しましたが、その歌の歌詞が…ちぶ・恥部・CHIBU連呼で(笑)
内容がシリアスな分、こういった部分で笑える要素もあり、ドラマの進行もスピード感があってなかなか面白かったです。

「ザ・クイズショウ」へゲストを招待する謎の案内人役の篠井さんの妖しさも、ドラマのアクセントになっていてd(-_^)good!!
番組局長役が榎木さんとこれまた渋いキャスティングで、メイン以外のところもなにげに贅沢に思える不思議。

このドラマは完走目指せそうです♪

『ザ・クイズショウ』
脚本:及川拓郎/演出:南雲聖一ほか
神山悟(櫻井翔)/本間俊雄(横山裕)
高杉玲奈(松浦亜弥)/冴島涼子(真矢みき)
案内人(篠井英介)/田所治(榎木孝明)
松坂源五郎(泉谷しげる)ほか…

初回ゲスト:ミュージシャン安藤康介(哀川翔)/マネージャーの駒沢(東根作寿英)

ジャニ好きな私ですが、本業の役者さんとジャニタレさんの演技力の差は認めた上でドラマを楽しんでいるので、今回も櫻井・横山と2名ジャニタレがメインでクレジットされているこの番組の演技面での期待度は、通常のドラマよりだいぶハードルを低く設定して臨みました。

櫻井くんについては、司会者として台詞の多くを普段の櫻井翔とリンクさせて演技力をカバーしていた部分と、標準語のドラマでは少々難ありの横山くんを「有閑倶楽部」で黒・清四郎を演じた時に妙にハマっていたことを踏まえてか、クールで謎多き男という見せ方をしている部分なんかは、うまい使い方だなぁと思います。

今後、神山の失われた記憶の断片で登場している女の子の水死体が、本間との関係性の解く鍵になるのかな。
まだ初回ではいろいろとぼんやりとしている神山と本間の関係性も今後楽しみです。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。