心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

上地雄輔ひまわり物語(3月14日)

 15, 2009 00:03
まだ29歳の青年のこれまでの人生をドラマ化。
上地雄輔人気、いまだ衰えを知らずと言った感じの企画ドラマが放送され、さっき終わったばかりです。

いやぁ、丹波先輩、田中コーチのお話はドキュメンタリーとしても充分泣けますね。
上地くんのブログを読んでいれば、知っているエピソードばかりなんだけど…丹波慎也役の福士誠治くん、田中コーチ役の金子賢さんの好演に余計に泣かされた。
今回、上地くんの中高時代を演じた役者さんは、オーディションで選ばれた新人さんらしいけど、初々しく、そして上地くんっぽくて良かった!
そして、ミスチルの「抱きしめたい」を久々に聴きましたが、ストーリーとあいまって号泣しちゃいました。
。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

田中コーチが亡くなられた時に上地くんがブログで書いていた言葉が、とても印象的だったもので、こうして映像化して見られてよかったです。
奥様やお嬢さんもVTRで最後に登場され、その手紙にも泣かされました。

そして、上地くんが横浜高校に進学することを決め手となった、憧れの丹波投手のエピソードを見て、美人薄命じゃないけど、才能に満ち溢れ、人間性も優れているような人は短命の人が案外多いということを、あらためて感じずにはいられませんでした。
丹波投手のお兄さんが、偉大だった弟の死を受け、やめていた野球を再開してプロ野球選手になったという話は、別のサイトで見て「リアルタッチの世界だ」と驚きました。
このエピソードだけでも映画や単発ドラマが作れそうですよね…。
ノンフィクションなのにすごい。

コメンタリー部分で登場した、久本雅美さん、小栗旬くん、そして松坂大輔投手と素で話している感じは、これほど爆発的に売れる前の上地くんと変わらないんだなぁ…という感想を持ち、最近読まなくなっていたブログも読もうかな。と思いました。

なんか、いつにも増してつまらない文章になっちゃってゴメンなさい。


ごめんよ、上地くん。
最近、ソロデビューもしたし、あいかわらずバラエティでも頑張ってるみたいだけど、全然観てなかったし聴いてもいなかったよ…。

ヒネクレモノの私は、贔屓にしているタレントさんや役者さんが、全国的にバーンと売れると、反比例してファンとしての情熱が冷めていくタイプなので( ;^^)ヘ..

小栗くんもσ(^◇^;)
VTR出演している姿、普通に格好よかったよ。
ヤンキーものは嫌いだけど、「クローズZEROⅡ」観にいこうかな…。
関連記事

COMMENT - 2

Tue
2009.03.17
17:24

ミル #-

URL

あ、もう終わっちゃったんだ……。
ちょっと見たいかな~と思っていたのですが、知らない間に終わっていて残念です。
上地君の明るくおばかなキャラがいかにして出来上がったのかを知りたいなな~とか思っていたのですが。

でも、この感想を読む限りでは、とてもよいドラマだったようで。
上地君の子供時代、見たかったなぁ。

Edit | Reply | 
Tue
2009.03.17
20:11

cocorone #s.Y3apRk

URL

>ミルさん
スペシャルドラマって、見忘れやすいですよね(^-^;
せっかくだから、上地くんのドラマも再放送が
あるといいんですけど…DVD化まで無いかもしれません。

彼のキャラは、なんでもチャレンジ精神!のお父様と、
小学校の教室に毎日説教しに訪れるパワーの
あるおじい様と、そんな彼らの行動を暖かく見守りつつも、
自分は大企業のキャリアウーマンとして
バリバリ働いて家計を支えたお母様によって
育てられた賜物でしょうね。

「上地雄輔物語」って本でも、彼の性格形成
については分るかもしれませんよ♪

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。