心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

必殺仕事人2009 4話-8話 感想まとめ

 09, 2009 20:33
時代劇の感想は書き始めると長くなるから…
と言いつつも、2007SPから始まり2009シリーズも全話楽しんで観てます、必殺仕事人。

直近8話から遡って4話まで、個人的感想まとめを書いておこうかな。
φ(.. )

◆4話「薬物地獄」
ゲスト出演の市川亀治郎さんがお役人役で登場。
同じテレ朝ドラマ『パズル』では犯人役だったので、今回も悪役?と思っていたら、同じく同心だった父親が、麻薬取締り中に殺され、その意思を継ぎ異常に麻薬の密輸に目を光らせていた矢先、父の相棒であった善人面した同心にワナにはめられ麻薬漬けにされたあげく殺されてしまう被害者役でした。
役人を毛嫌いする涼次は、この現場を目撃しながらも助けなったことを小五郎は責めるシーンもあり、同じ仕事人でも立場や考えの違いが描かれた回でした。

亀治郎さん、どうしても『風林火山』の信玄役のインパクトが強すぎて、同じ時代劇でも普通の台詞まわしだと違和感を感じるんですけど(^-^;
クセのない喋り方も、そりゃ当然できますよね。

◆5話「因果応報」
偉いお坊さんが大仏建立を理由に善良な民から寄付金を募り、裏では手抜き工事を大工元締めに持ちかけ悪事を働いていました。平幹二朗さんの悪役っぷりはさすがに大御所の味でした。
母親を殺され、今は源太が養父となって育てている作太郎の初恋の相手の女の子と父親がこの事件に被害者…作ちゃん、身近な人が次々と悲劇の末に殺されてしまって可哀相ですね…。

個人的には、源太(大倉忠義)と大河原伝七(福士誠治)が並んで画におさまるシーンがあったので、贔屓の役者ふたり並びというボーナスステージ回でもあります(笑)

◆6話「夫殺し」
個人的に2009シリーズでは一番好きなストーリーです。
愛妻家の同心・伊崎は病に伏せがちな妻の薬代を工面するため、知り合ったばかりの小五郎から1両を貸してもらい、感動で涙を流すほどの心の美しい男。
しかし、悪徳陰陽師と医師の罠にはまり妻には黙って悪行に手を染めるようになっていました。
伊崎の人柄を知る小五郎は、初めて「仕事」に難色を示すも、伊崎の妻から「自分のために夫が悪に手を染めているのならば止めて欲しい」と言われ夫を手にかけることに…。
「三途の川を渡ったら、初枝さんの手、もう二度と離すんじゃねぇぜ」←記憶曖昧
小五郎に斬られた後の台詞を聞き、微笑みながら死んでいった伊崎。そしておしどり夫婦らしくほぼ同時刻に病で命果てた妻の哀愁ただようストーリーでした。

西村和彦さん&田中美里さんの夫婦役、すごくお似合いで綺麗でした。
それ以上に妖しい陰陽師役の篠井英介さんの厚化粧が似合いすぎて、インパクツ大!でした(笑)
篠井さん、妖しい人物役の印象が強い役者さんですよね~うさんくささ200%で面白かったです。

端折ってもやっぱり長い!
続きは折りたたんでおきます。


◆7話「金が仇」
涼次宅の居候、如月がひょんなことから知り合った田舎侍・又兵衛と意気投合。
江戸での仕事が終わるまで涼次宅に居候することになった又兵衛だが、その昔、命を助けてやった物流問屋の江上屋に、奥州黒川藩の漁場を担保に借金を申し出て、財政の苦しい黒川藩を助けて欲しいと願い出ていましたが、まんまと江上屋に裏切られ、切腹と見せかけて江上屋の用心棒に殺されてしまいました。
その後、涼次宅へ又兵衛の妻と幼い妻からの手紙が届き、これを見た涼次の怒りが大炎上。
又兵衛が宿賃にと置いていったお金を仕事料として差出し、又兵衛の恨みを晴らすというストーリーでした。
渡辺いっけいさん、こういった田舎っぽくも暖かい人柄の役がピッタリはまりますよね!
江上屋がとことんの悪党なので、仕事人に始末されてスカッとした回です。

◆8話「一発勝負」
裏家業「スリ」の親分役に長門裕之さん、その息子役に神保悟志さんが登場。
息子は親と同じスリの道で生きることに反発していて、親子仲が悪く別居していましたが、スリ仲間がお偉いさんからすった物をめぐって息子が殺され、そのあだ討ちに出た父も殺されてしまいました。
このスリの親分は、主水が若い頃に追っかけて何度もお縄をかけた相手。
しかし晩年はたびたび主水の元を訪れるという仲だっただけに、普段は静観を決め込んでいる主水も外へ出て親分の身を上を案じている流れもありました。
夜、賑わう吉原を舞台に仕事が行われ、そんな人目につく場所で殺しても大丈夫なの?!と、別の意味でハラハラしましたが(笑)美しい桜が舞い散る中、小五郎がキメ台詞と共に悪人をバッサリ。格好よかったです。

父と息子の不仲を描く上で、対比として血は繋がらないのに仲の良い親子として暮らしている源太と作太郎のほほえましい日常も描かれていたのが印象的でした。

なにやら源太メイン?の回が今後あるようで、某大物ゲスト女優さんのブログに撮影秘話?がちらっと書かれていましたが、ちょっと心配な面もありつつ…メインなら当然完全保存版で録画しなくちゃ♪と浮かれております(*^^*ゞ

伝七さん@福士誠治くんも関西ローカルの連ドラ「子育てプレイ」に出演が決まった様子。
田中圭くんがトップクレジットで、福士くんは2番手。
テレ東の時代劇もこちらでは放送されなかったけど、関西ローカル(MBS)も放送されなさそうな…放送されますように。
(^∧^)タノンマス-
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。