心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

メイちゃんの執事 第1話(1月13日)

 14, 2009 06:38
『メイちゃんの執事』第1話

脚本:古家和尚/演出:石川淳一ほか
出演:柴田理人(水嶋ヒロ)/東雲メイ(榮倉奈々)
柴田剣人(佐藤健)/ルチア様(山田優)
忍(向井理)/華山リカ(大政絢)/青山(真山明大)
山田多美(谷村美月)/神田(阿部進之介)
夏目不二子(中別府葵)/根津(姜暢雄)
竜恩寺泉(岩佐真悠子)/シスターローズ(堀内敬子)
本郷金太郎(津川雅彦)ほか…


『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』と同じく少女マンガ原作・イケメン多数出演の学園ドラマがスタート。
イケメン執事を華麗な花で囲む乙女ちっく演出、冒頭の主要キャスト集合写真は明らかにイケパラと同じ作りでしたが、主人公メイが貧乏人から一躍大金持ちの令嬢として金持ち学園に入学するという点、そこでお嬢様達からイジメを受けるもそれを真正面から受けて立つメイの性格は『花より男子』のつくしと被るな~というのが第一印象でした。

もっとドタバタコメディになるのかと思っていましたが、そうでもなかったのでコアなファン層以外にも見やすいと思います。

ある日、海辺の小さなうどん屋のひとり娘として父と母と三人、つつましくも幸せな普通の高校生生活を過ごしていたメイは、事故で両親を失いひとりぼっちになってしまう。
そこへ現れたのが本郷家から遣わされたSランク執事の柴田理人。
実はメイの父親は大金持ち本郷家の子息だったため、メイは年老いた本郷金太郎の唯一の直系の孫娘として引き取られることになったというお話。

まだつづきます。
息子(メイの父)の葬式にも顔を出さなかった祖父の世話にはならない!
と当初メイは申し出を突っぱねていましたが、本郷家の跡継ぎと身バレしたメイを消そうとする組織から住んでいた家を壊され、身の危険を感じて仕方なく祖父の世話になり、1ヶ月の学費1億円というスーパーお嬢様学校・聖ルチア学園に転入。
そこでお約束どおり、場違いだと数々のイジメを受けていました。
しかし祖父から、息子である父の遺骨は引き取るが、息子をたぶらかした女(母)の遺骨は引き取らないと告げられ、仲の良かった父母を一緒のお墓に入れてあげたい!という想いから、メイはイジメにも打ち勝ち、本郷家にふさわしいレディになってみせる!!と決意したところで1話は終わりです。

このイジメを裏で糸引くのは、聖ルチア学園の生徒の中でも一番のレディと認められ特別視されている「ルチア様」のようで、ルチア様に仕える執事の忍が、とりまきの生徒たちに指示して悪質なイジメを展開しています。
また、メイがルチアと初対面した際、理人とルチア・忍が対面していましたが、過去にこの3人はかかわりがある空気がビシビシ出ていたので今後、その部分もキーになると思います。

理人には剣人という弟がおり、メイとはビンボー時代通っていた高校の同級生で、メイに惚れてるのにツンデレで悪友のような関係にあるようです。
しかし、メイがイジメを受けている現場を見て心配になった剣人は、執事にはならない!と兄に反抗していた前言を撤回、聖ルチアでメイど同級生になったお嬢様に見習いとして仕え、今後はメイをめぐって兄と火花バチバチになる?!という点も楽しみです。

個人的には、理人タイプよりも剣人タイプの方が好みなので、なにかとタイミング悪く、兄にいいところをかっさらわれている弟を応援したいと思います。
花男では道明寺より花沢類が好きだった私ですから、好きな女の子を自分も認めるいい男に奪われても、密かに想いつづけるというこの手のタイプが好みなんでしょうね(*^^*ゞ

ちなみに、剣人役の佐藤健くんといえば、若者ターゲットの「ルーキーズ」「ブラマン」に出演して、熱狂的なファンの子が多いようですが、私は彼の出演ドラマは初見です。
この役では「まめしば」と愛称で呼ばれていますが、そのまんま人懐っこいワンコ的なルックスなので期待したいと思います。

で、このドラマで目当てにしていた姜暢雄くんですが、今度の役はエロイ!
仕えているお嬢様が、グラマラスな不二子ちゃ~んだから、執事も必用以上にセクシーオーラを出しているんですね(笑)
あれはあれでインパクトがあっていいんですが、オスカーが恋しいです。
関連記事

COMMENT - 0

TRACKBACK - 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  佐藤健
  • 佐藤健 成人式の心境「大人だと感じる時はくるか」 J-CASTニュースドラマ「ROOKIES」の岡田優也役でブレイクした、若手俳優の佐藤健が2009年1月13日のブログで、成人式に出席したことを報告している。 「ぜひとも行きたかったんです」という佐藤は、現在の心境について「
  • 2009.01.14 (Wed) 18:16 | 日刊ニュース

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。