心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

小児救命 第4話(11月13日)

 14, 2008 19:26
先週は日本シリーズ延長中継のため休止。
今週はサッカーの試合中継のため25分遅延スタートだったテレ朝木9ドラマ『小児救命』。

4話にして、ようやく主人公以外にもスポットが当たるようになり、重々しい医療現場シーンばかりが続いたこのドラマにも、ヒューマンドラマ的な要素が盛り込まれて少しおもしろくなってきました。

今回でいうなら、そら先生(小西真奈美)の恋人で同じく小児科医の狩矢先生(塚本高史)との医師同士としての繋がり意外の部分。
いままでは「宇宙と狩矢が恋人同士という設定は必要なの?」と首を傾げるような描かれかたでしたからね。
それに伴って、狩矢を密かに想っているような描写をされている狩矢の同僚医師の樋口(山口紗弥加)の思わせぶりな態度もスパイスになってきました。
このあたりで恋愛要素が絡んできたので、次回からの動きが俄然楽しみです!

相変わらず、勝地涼くんの出番はクレジット順に見合わないレアな比率ですけどね…2番手の塚本くんですら、ようやく4話で露出が増えてきたところなんだから仕方がないか┐('~`;)┌

今回は、小児医療の現場に理想ばかりを並べ立て、経営者としては失格レベルの暴走ヒロイン、そら先生に「あなたのそういうところが嫌なんだ!」とブチ切れて青空こどもクリニックを辞めた彰夫先生(正名僕蔵)に拍手喝采!
今までそら先生の言動にイラッとしながら見続けた私のような視聴者の気持ちを、高尾山先生いや彰夫先生が全て代弁してくれたようでスカッとしました。
 ※高尾山先生ネタは「未来講師めぐる」を見ていた人しかわからない(^-^;

そら先生の弱点をわざと3話まで放置して、4話でのこの展開に繫げる狙いがあったんですねー。
ついでに(?)今まで、医者役なのに長い髪を束ねずに診察するシーンが気になっていたそら先生をフォローするかのように、「髪、伸びたなー」と呟きながら、忙しくてなかなか切れずに伸びすぎた髪を束ね、強調するシーンもありました。
視聴者から苦情でも入ったんだろうか…それとも、これも最初から脚本に盛り込まれていたとしたら、へたなミステリーよりも緻密な伏線だと思います。

次回、恋人にも弱音を吐かない優等生なそら先生の深層心理につっこんだ話になりそうです。
4話でも、突然の彰夫先生辞意表明に精神的に追いつめられ、ひとり泣きそうになりながら「狩矢…」と恋人にすがりたさそうにしながらも、いざ狩矢からタイミングよく電話がかかってきたら気丈にふるまう宇宙の言動は気になりましたから。

予想どおり、2週にわたるスポーツ中継の煽りを受けて視聴率は消費税レベルまで落ち込んでしまいましたが、お世辞抜きで4話からは俄然動きがでてきておもしろくなっているので、通常放送枠に戻る次週は見てくれる人が増えるといいなぁ。

ふざけたドラマが多い中、地味に真面目につくられているこのドラマも応援したくなります。
テレ朝、いい仕事してますね。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。