心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

流星の絆 第2話(10月24日)

 27, 2008 10:40
どうやって感想文を書こうか…と考えているうちに週明け月曜になってしまいました。
ザザッと感想だけ残しておきます。

今回は1話で出てきた有明三兄妹の幼少期、両親が殺された事件の後、警察の聴きこみ捜査、静奈に両親が殺されてしまったことを告白するシーンなどがシリアスパートの前編として描かれ、現代パートを挟みながら、両親の生前、功一が小学校の同級生たちから「洋食なんて誰が作っても同じだ」とバカにされたことから、父親が書き溜めたレストランメニューのレシピノートを隠れて読み、それを父親に見つかってひどく怒られるが、理由を知った父親が、功一をキッチンに招きいれ秘伝のハヤシライスを功一にレクチャーしてくれるという心温まる思い出のシーンも出てきました。

都内のハヤシライスを片っ端から食べ歩いているという客が、熱心に店に通いつめ、ハヤシライスが出てくるまで粘りそうな勢いなその熱意に打たれた功一が、ダンボールの底に古い雑誌に挟んで大切に保管していた父親直伝のレシピノートを引っ張り出してきて、アリアケ直伝のハヤシライスを作りましたが、「朝からハヤシライスなんか食えるか!」と客には突っぱねられ、結局鍋ごと弟と妹の住むマンションに持って返って三人で懐かしい父親の味に舌鼓を打つシーンでは、ちょっと涙腺やられました。

犯人の似顔絵にそっくりな男が目撃されたという警察の申し出を受け、事件直後に家から出て行った男の顔を唯一目撃している泰輔が、兄と妹と共に似顔絵に似ている男に接触。
結局その男から追い返されてしまい、この男が事件の真犯人であるか等は確認できず終いでした。

今回の現代パートシリアス編では、功一が警察の手は借りずに自分たちの手で犯人を捕まえなければ、憎き親の敵を殺すことはおろか、自分の手で殴ることすらもできない。という強い決意が垣間見られました。
そして普段は軽率で無計画の明るい男に見える次男・泰輔の口から発せられた、台詞がとても印象的でした。

泰輔「うんざりなんだ、いい加減。忘れたいんだよ親が殺されたとか。やっぱ思い出すんだよ。なんでもない飯食ってる時とか、テレビ観て笑ってる時とか、女ひっかけてる時もさ。
遺族が笑ったっていいじゃん。女ひっかけたっていいじゃん。普通の奴らと何が違うんだよ。
親殺されたか殺されてないかの違いだろ。
いつまで遺族なんだよ!いつまで遺族って言われなきゃなんねぇんだよ…」


感想文、つづきます。


クドカンワールド全開の劇中ドラマ仕立の、“アリアケスリー”有明三兄妹の詐欺パートは今後も続くようで、1話では「カナダからの手紙」に乗せて、静奈が資格詐欺で騙し取られた30万円を、詐欺師の女が通いつめ貢ぎまくっているホストをたぶらかし、ホストから30万円を取り返すことに成功。

2話のタイトルは
「妄想係長 高山久伸(前編)
演出 有明功一
<キャスト>
高山係長 高山久伸
南田志穂 有明静奈
銀行員小宮 有明泰輔(新人)
←次男は新人扱い

静奈がポストイット攻撃で退社に追い込まれた大手会社の元上司・高山が次なるターゲットのようです。
この高山という男、静奈や会社の女性社員に対しては間違った方向での“ドS”愛を仕掛けているのですが、功一脚本により生み出された南田という静奈の地味さを化粧でカバーした感じの女(静奈が演じている)の前では“ドM”っぷりを発揮しています。
入院先の看護士たちからも一斉に気持ち悪がられる高山(笑)

高山が投資に興味を持っていることから、高山の好みの女(静奈の地味顔を派手にした感じ)の南田として静奈に高山をたぶらかし、頃合を見計らって泰輔演じる銀行員小宮からドル建て債券を紹介し、高山から金を騙し取ろうという計画。

後編は3話で観られるのかな。なにげに楽しみだったりします、コメディパート。

今回は序盤のクドカンテイストが狙いすぎ?な感じがあって、「あ、これはちょっとやりすぎかな…」と思ったのですが、回想シーン→現代パートシリアス編ではストーリーに引き込まれてしまって、途中うるうるっと来ました。
で、この感動の余韻に浸る暇もなくラストで、「妄想係長」が来たので、そのギャップに度肝もぬかれました(笑)
すごいなぁ~このメリハリが癖になりそう。

あ、2話から劇中歌を歌っている中島美嘉さんが「謎の女」役で、長男の勤め先の客として登場していますが…中島さん、今のところちょっと浮いてます。。
キーパーソンになるのかもしれないけど、ちょっとここだけは個人的には-要因です。
けど、トータルでは断然面白い!次が楽しみです♪

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。