心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~卒業式&7と1/2話スペシャル(10月12日)

 13, 2008 21:47
今年の夏はとっくに終わってしまったけれど、熱かった去年の夏を思い出させてくれるドラマのSPが昨夜放送されました!

その名は、『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~卒業式&7と1/2話スペシャル』。
タイトル長すぎ(^◇^;)

☆卒業式=主人公、芦屋瑞稀(掘北真希)が男子として潜入していた男子校、桜咲学園の先輩3寮長(難波(水嶋ヒロ)、天王寺(石垣佑磨)、オスカー・M・姫島(姜暢雄))の卒業式

☆7と1/2話=2007年夏クールに放送された連続ドラマの7話と8話の間にドラマ化されなかったけど桜咲学園で巻き起こったエピソードを描く。
という意味のタイトルだったようです。

連続ドラマでは、最終回で瑞稀と佐野泉(小栗旬)がめでたくカップル成立して終わりましたが、連ドラでは描かれなかった、佐野が瑞稀を好きになった瞬間を描くという触れ込みで番宣されていたSPドラマの感想を。

短めにまとめる自信がないので、つづきは読みたい方だけどうぞ。
⇒最新ドラマ情報は人気blogランキングで!
昨年の夏は最終回で号泣するほどハマっていたドラマでしたが、1年以上の歳月を経て、あのドタバタコメディの世界に以前ほど入り込むことができず、ギャグの滑りっぷりに苦笑いしながら見てしまった部分もありました(^-^;
なにかこう、むりにギャグパートでイケメンを全員強調しようとしすぎて、ギャグが壮大に滑っていたりとか…。
けど、懐かしさのほうが勝っていたので最後までちゃんと楽しめましたよ。

連ドラ本編でも、瑞稀が佐野を好きになり、瑞稀を男だと思い込み、自分はホモなんじゃないかと悩みながらも瑞稀への恋心を抱く中津(生田斗真)、そして佐野が瑞稀のひたむきな応援を受けて、一度は辞めてしまっていたハイジャンプをもう一度飛べるようになるまでを描くメインストーリーに負けないくらいの存在感を示していた、桜咲学園の濃すぎるサブキャラ達のドタバタギャグパート。
今回のスペシャルでは、より一層目立っていました。
むしろメインの瑞稀&佐野よりも、今回はサッカー少年・中津とオカン(萬田久子)の心の対話+学園イベントにおけるサブキャラのドタバタがメインだったような…。

来週スタートの月9ドラマに堀北真希ちゃんが主演することから、夏も終わって秋風も肌寒く感じられるようなこの季節まで放送が延期になっていた「イケパラSP」。
撮影されたのは今年の桜がまだ咲いていた季節だったようで、夏設定の場面でも背景に春の風景が入り込んでいたのが気になりましたが、1年経ってそれぞれのキャストが別々のドラマや映画で活躍していたのに、ちゃんとイケパラモードに戻って、みんながちゃんと「イケパラ」のキャラに戻っていたことは本当にスゴイ!と思いました。役者さんってやっぱり一度演じた役はそう簡単には忘れないものなんだなぁ…ってあらためて感心しました。
ちょっとオスカーがメタボっていたけど(笑)

けど、やっぱりまさおが好きだ~!!!
まさおって言うな~っ!!と怒られてもいい、オスカーがそこにいるだけで心から笑えるから。
さすがに中の人は29歳…メタボも台詞でネタにされていたけど、お肌もやっぱり18歳を演じるにはもう限界ラバーズ(寒)

それから、今回のSPでは原作にも登場した瑞稀のアメリカの友人、金髪美少女のジュリアが登場していました。
ジュリアが出るだけでも嬉しかったけど、ジュリア役が美波ちゃんだったのも高ポイント!
有閑倶楽部でもハマっていたけど、やっぱりいいなぁ…美波ちゃんの演技力。
難波先輩がハートを奪われ、そのたびに流れる♪オーマイ ジューリア~byチェッカーズ
が最高にツボでした。でも、このドラマのメイン視聴層はチェッカーズの曲をリアルタイムでは知らないんだろうなぁ…(  ̄- ̄)トオイメ

三寮長+ひばり様(岩佐真悠子)の卒業式の日、アメリカから急遽かけつけた瑞稀。
佐野と思いがけず再会できた瑞稀は、男子制服のままだったけど、話し方と表情はちゃんと女の子になっていて可愛かったなぁ。
そんな瑞稀と佐野のツーショットを見つけて「チューはさせないぞー!」と割って入る中津。
中津に対しては男版瑞稀のままで接するのを見て、佐野に嫉妬の炎を燃やす中津が切なくも可愛かったです。

佐野も今回は、中津一人芝居の佐野バージョンを披露してくれたり、瑞稀への恋心自覚の芽生えをいい感じに描いて見せてくれました。
やっぱり小栗旬は、こういうザ・少女漫画的なヒーロー役が最高にハマりますね('-'*)♪

「どんどん好きになって…気持ちが止められなくなっていった…今度会ったときはちゃんと言うよ…瑞稀が好きだ」
なーんて、優しい目線でジッとヒロインを見つめながら、歯の浮く台詞をサラッと言いのけてしまう佐野泉!
(*ノ▽ノ*)キャー

でも、あんな男子リアルでいたら…ちょっと引くでしょσ(^◇^;)
漫画の世界から抜け出して、最高にカッコイイ王子様キャラを実写化する才能って、誰にでも備わっているとは思わないなぁ。

花沢類につづき、佐野泉にも夢をみさせていただきました。
少女マンガ的ラブシーンが美しい役者さんは貴重です!
現実逃避、たまにはさせてください。

貴重といえば、私にとってはこのドラマにおけるオスカー・M・姫島の存在は、ここ数年見てきたドラマの中でも特別な意味で光っています。
姜暢雄くん、昨年は舞台でも見させてもらって、その後のドラマでの活躍もそれなりに見ている役者さんのひとりに加わりました。
シリアス系や悪い男役がドラマでは多いようですが、彼はコメディセンスがある役者さんだと思うので、またコメディで特殊な役を演じて欲しいなぁ…。
オスカー、卒業おめでとう!

明日の「笑っていいとも!」テレホンショッキングのゲストに出演するようなので、姜くんの素のトークも楽しみ♪

このドラマは「イケメンパラダイス」のタイトルどおり、とにかく若手イケメン俳優が多く主演しているので、それぞれの感想を書き始めると長くなりそうなので、このへんで終了しておきます。

あ、書き忘れるところだった!
ドラマにちょい役でラモスが出てた!!
先日、ご本人を生で見たばかりだったので、タイムリーすぎて笑っちゃいました。
(´∀`)b グッジョブ!!
関連記事

COMMENT - 2

Fri
2008.10.17
01:19

あんこ #-

URL

佐野ぉぉぉ♪

コメ遅くなってしまいました(^-^;)

リアルタイムで見れず、やっとこ昨日みることができました。
やっぱ、佐野イイですね~☆
ひさびさドキドキしました!小栗くんには、是非どっぷり恋愛モノ、
やって欲しいですね(*^o^*)

美波ちゃんも、かわいすぎ!!
キャストが発表されてから心待ちにしてたけど、
見事に期待以上にハマってて嬉しかったデス♪

一年も前のドラマだったのに、あのテンションがまったく
変わってなくて、楽しめました(。◡‿◡ฺ。)ウンウン

姜くん、いいともで見たら意外と足が長くて、カッコイイんだぁ~、なんて今更感心しちゃいました。

Edit | Reply | 
Fri
2008.10.17
19:51

心音 #s.Y3apRk

URL

佐野リターンズ☆

>あんこさん
コメントいつもありがとうございます!
やっぱり久々に見る佐野泉は格好よかったですね~♪
ご本人は、イケメンキャラを脱出したがっているようですが、
やっぱり少女マンガ原作のヒーローをもう少し見ていたい!
と「りの君SP」を見て改めて思いました。
ファンメでも送ってみようかしら…読んでるのかは知らないけど。

美波ちゃん、テンポの良さでハマってましたね!
難波センパイとの絡みも良かったけど、なにげに中津との絡みが面白かったです。

姜くん、ちょっと太ったように感じましたが、スタイル良いですよね!!
オスカー役では顔面崩れっぱなしのぶっとんだキャラだったから、
気づいていない人が多いけど、彼、格好いいですよ。
かっこいいいのに、気取らず、関西弁丸出しというのも高ポイントでしたよね!
舞台でもスタイルが良く、思い切りも良くて素敵でした。
これからまた、当たり役に恵まれるといいですね♪

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。