心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

魔王 第9話(8月29日)

 30, 2008 20:48
ついに“魔王・雨野真実”の正体は成瀬領(大野智)であることをつきとめた直人(生田斗真)。
成瀬に殴りかかり、なぜ自分を殺さずに周りの大切な人を殺していくのか?とすごい勢いで問い詰める直人に対して、成瀬は冷たい視線を投げかけるだけで、実際には自分の手を一切汚さず、心理的誘導によって復讐を遂げている自分を「早くつかまえてください」と挑発。
いよいよメイン二人が直接対決の状況になった第9話。
物語も佳境という雰囲気です。

自分を落としいれようとした宗田(忍成修吾)に止めを刺ささずに半殺し状態で見逃した葛西(田中圭)。
その葛西の行動を見透かしていたかのように、出張していたはずの典良(劇団ひとり)が満身創痍の宗田の前に現れ、たばこに仕込んだ青酸カリで止めを刺し、目の前で息絶えた宗田の死体近くに万年筆を落としていきましたが、その万年筆は葛西の物で、宗田の死亡時刻に現場付近で葛西の姿が防犯カメラに収められていたことと、葛西のアリバイを証明できるただ一人の人物が、不倫相手の典良の妻・麻里(吉瀬美智子)であったことから、葛西は愛する麻里を事件に巻き込むまいとして黙秘を続けるという泥沼状態へ…。

直人は葛西が殺人などするわけがないと必死で真犯人を探すも、出てくるのは葛西に不利な状況証拠ばかり。
そこへ葛西の弁護人として成瀬(大野智)が再び直人の前に登場。
このとき、もうすでに“天使の弁護士”の顔ではなく、“魔王”の顔で直人の前に佇んでいました。
もうこれ以上、自分の周囲から犠牲者を出したくない想いから、成瀬に必死に頭を下げ、葛西を救うにはどうしたらよいのか教えて欲しいと願い出た直人。
そんな直人に対して成瀬は、憐れみのような目線を投げかけながら
「いいんですか。真実が貴方の胸を貫くことになっても」と、この事件の全てをやはり見通していることを肯定する発言をし、「大切な誰かを庇おうとするとき、人は口を閉ざす」という重大なヒントを残して立ち去りました。

成瀬の復讐を止めたいしおり(小林涼子)は直人に協力し、しおりのサイコメトリーの結果から、葛西と麻里が不倫関係にあったことを知った直人。
葛西のアリバイを麻里が証言すれば、真犯人としてやがて浮かび上がってくるのは、葛西の万年筆を職場から容易に盗み出すことができる人物、葛西の上司であり麻里の夫である兄の典良ということになりますよね。
自分の親友の見の潔白を証明すると同時に、自分の実の兄の殺人を知ってしまう直人…。
まさに真実が直人の心を無残にも引き裂く事態です。

宗田を消す際、プロの殺し屋を雇える立場にありながら、自らの手で宗田に止めを刺さずにはいられなかった典良の行動は、芹沢グループの後継者としてはあまりにも浅はかな行動だと思ってしまいますが、魔王から見たら、妻と信頼していた部下の不倫に激高した典良が冷静さを完全に失い、何かボロを出すことは先にお見通しだったようですね。
次回はさらに崩壊する芹沢家が描かれそうです。

以降、個人的な感想文です。
⇒最新ドラマ情報満載!人気blogランキングへ

このドラマ、原作の韓国版『魔王』は、もっと放送回数が多かったようですが、日本版は11話でまとめてしまって正解かもしれません。

9話で、成瀬が直人に対して「私が今までの一連の事件の犯人、雨野真実、そして11年前に殺された英雄の兄、友雄です。と言えば満足ですか?」と嘲るように言葉を投げかける台詞がありましたが、この二人のやり取りを見て「あぁ、やっぱりこういう設定が韓国ドラマだなぁ」
「昼メロっぽくてちょっと安っぽい」と思ってしまったんですよね( ;^^)ヘ..
昼メロであれば、逆にそのわざとらしい設定や、日本人らしからぬ歯の浮くような台詞連発であってもそれを逆にネタとして楽しむことができるんだけど…。
韓流を否定するつもりはないけど、台詞は日本流にアレンジしないと、ちょっと浮いちゃいますね。

あともう一点。
麻里さんが芹沢の嫁というステイタスを捨てられないけど、愛しているのは葛西。
というズルイ女の感情の揺れがあまり表現されていなくて残念です。吉瀬さん、こういう役はニガテなのかも。
女のドロドロっぷりは『四つの嘘』の女優さん達は皆さん怖いくらいリアルですけどね。
対して葛西は、自分に殺人の容疑がかけられても、愛する麻里のために無実の罪を被ろうとする痛々しい姿がよく表現されていたので、圭くんは役の幅が広がったんだなぁ…と思いました。

個人的に9話で感情移入できたキャラはしおりでした。
成瀬が好きだから、本当は優しい成瀬が苦しみながら復讐を進めていくのをなんとかして止めようと、健気に行動するしおりには泣けました。
切ないなぁ…しおり目線でもそうだけど、成瀬目線でも、直人目線でも切なすぎる。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。