上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
ひたすらに真一萌え
な第7話でした。
こういうちょっと懐かしい感じの王道胸きゅんラブコメが見たかったんですっ

7話ラストで真一から里美へ突然の愛の告白が
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

真一「ほんとにそれだけですか?僕がいてよかった理由って」
里美「え?」
真一「他に何かあったりしませんか?」
里美「なによ?他に何があるっていうのよ」
真一「僕をす、好き…とか」
里美「え?ばかなこと言わないでよ!な、なんでよ」
真一「でも、僕は…そうかもしれないんです」
里美「え?」
真一「なんかこう時々、このへん(胸)が痛くなって、それっていつも秋山先生の話の時で…
もしかしたら僕…秋山先生のことが…す、す、好きになっちゃったかもしれません!!」


今まで小池徹平くん萌えしたことは一度もなかったし、役者さんとして認識したこともなかった(失礼)私ですが、この『おひとりさま』の“草食系年下男子”役での小池くんにひたすらに萌えてます。
同時期に小池くん主演の映画も封切されていますが、予告を観ただけでも雰囲気が真一とは全くの別人で、WaTとしてウエンツくんとのコンビでアイドルしている彼とは別個に、役者としての才能が今後楽しみになりました。

33歳の“おひとりさま”教師の里美(観月ありさ)の「困った人を放っておけない」性分と「10歳の年下の男の子は恋愛対象外」という考え方からアパートを借りるお金を持っていなかった新人教師の真一は里美のマンションに同居させてもらうことになり、一緒に生活しているうちに居心地が良くなってしまって、里美の方が先に真一への恋心を自覚。
一方の真一は、里美との恋愛モードの気配ゼロ、同世代の“クリオネ女子”君香(松下奈緒)からの猛アタックも華麗にスルーする徹底した草食男子っぷりを発揮していた6話までの流れから一転!


スポンサーサイト
『ROMES 空港防御システム』第7回-真実-

デイビス教授(ジャンフランコ・シモーネ)と成嶋(大倉忠義)のイギリス時代の回想シーンで使われていた家具や食器がすごくクラシカルで私好みでした。

あ、ドラマスタッフブログに書かれていた成嶋爆走⇒エキストラさんにぶつかって“むにゅっ”なシーンは7話で登場しましたね( ̄ー ̄)ニヤリ

大倉くん、台詞まわしもスムースだったし、やっぱり表情演技、自分の魅せ方についてはプロフェッショナルですね。
成嶋というキャラは大倉くんにはお誂え向きに思えます。
ファンの欲目だといわれたらそれまでだけど、とにかくストーリーは別にして成嶋はとても格好良い!
だから最期まで成嶋を満喫したいと思います。


が、先に宣言しておきます。
以降、ストーリーに対して若干辛口な感想を書かせてもらいます。




11月26日、大野智くん&丸山隆平くんお誕生日おめでとう!!
な、おめでたい日でございました

今夜は『ROMES』がNHK総合で放送される直前に『ベストヒット歌謡祭2009』に関ジャニ∞がゲストとして登場。

てっきり最新曲の「急☆上☆show!!」だけ歌うのかと思ってたら、3曲もメドレーで歌っててビックリ!
∞コンのように振り付け万全なヲタは少なくて、一般客が多かったけど、さすがはお膝元の関西でのライブ、盛り上がっててよかったですね。
しかしカメラワークが…なんで大倉くんのソロパートでピンで抜いてくれないの?!
o(`ω´*)oなどとビミョーにフラストレーションが溜まりつつも、テレビの前ではガシガシ踊りながら楽しく観させていただきましたよ(*^^*)v>踊ったのかw

で、20時からは『ROMES 空港防御システム』第7回を視聴。
予想通り原作小説『ROMES 06』メインの事件はサクッと解決して、残りはオリジナルストーリーっぽくなりそうですね。
でも、「06」の機能を披露するほどの規模の事件は結局『誘惑の女神』のストーリーを引用して作り直すっぽいけど。
で、結局まゆ子と貝田の過去の接点については無かったことになってましたね。ま、いっか。

感想文は別途記事で明日以降書こうと思ってマス。


話は変わりまして、先週からうちの地方では『シバトラ』の再放送中なので、『おひとりさま』と合わせて小池徹平くんと真矢みきさんをテレビで見る率が高くなってるんですよね。
あれ?『おひとりさま』はTBS系で『シバトラ』はフジテレビ系…不思議なアシスト状態(笑)

おふたりとも2つの作品では役柄が全く違うため、双方のドラマで受ける印象のギャップがとても新鮮です。
シバトラはオンエア時には全く見ていなかったドラマですが、姜暢雄くんが後半ゲスト出演していたことは知っていたので再放送でカバーできてよかった♪

今週はあっという間に1週間過ぎてしまってもう明日は金曜。
『おひとりさま』オンエアの日が再び巡ってくる~。
里美のお母さんが急に上京してきて、真一と鉢合わせ。
で、真一と生き別れたお母さん絡みの話にも発展しそうで楽しみです♪

よしっ!今夜書きたかったこと殴り書き終了!!
先日のプレミアムナイトinTDSの日は、ディズニーリゾート内のオフィシャルホテルのひとつ
『ヒルトン東京ベイ』のデラックスツインに宿泊してきました。

上戸彩ちゃん主演ドラマ『ホテリアー』の舞台になったホテルですね。
もっと前なら「ねぇさん、事件です!」のフレーズでお馴染みの高嶋政伸さん主演ドラマ『ホテル』の撮影でも使われていたそうです。
CIMG1389.jpg
クリスマスシーズンということで、ホテルエントランスやラウンジ横、そしてシャトルバスもクリスマス仕様でテンションが上がります♪
CIMG1390.jpg

CIMG1398.jpg

CIMG1394.jpg

一休のディズニーリゾート特集じゃらん東京ディズニーリゾートを楽しめるホテルが大集合といったお馴染みの宿泊予約サイトと長いことにらめっこした結果、ギリギリのところで2食付景色の良い7階以上のお部屋確約!といったプランがお得なお値段で出ていたことと、今回に限っては、女性の友人同士での宿泊だったので、ヒルトンはツインベッドの配置がセパレート&ベッド幅がセミダブルサイズだったことが最大の決め手でした。
CIMG1400.jpg
今回、チェックインしたのが日が落ちてからだった為、画像がすごく暗くて観づらいですが…。
2つのベッドの距離は50cmくらい(計ってないけど)離されていたので、充分なプライベートスペースを確保できて、私のような睡眠環境にうるさいタイプでも快適でした♪
ベッドはやや堅めで枕は低めのものが2つ用意されていました。
個人的な好みで言わせてもらえれば、ちょっと枕がふわふわしすぎて眠りつくまで時間がかかってしまったけど、その後は良質な睡眠をとることが出来、翌日思ったよりも疲れが残りませんでした。



遅ればせながら先週放送された『ROMES』第6回「罠」のザザッとあらすじ&感想を。

1つ疑問なんですが、まゆ子(川村ゆきえ)が従姉妹の秋子=レフト(星野真理)から「買い物をしすぎたのでまゆ子の車を貸して欲しいの」と電話を受け、秋子に車を貸すために従業員駐車場から湾空ゲスト用駐車場に車を移動してキーをつけたまま停車、しかしそこには秋子の姿はなく、まゆ子は一旦車から降りて一瞬車から離れ、結局秋子がその場に来なかったため再び仕事が終わるまで従業員用の駐車場に車を戻しロックをかけて駐車していたんですよね?

で、仕事を終えて湾空から出ようとしたところ、検問にひっかかって秋子の死体がトランクから出てきた…と。

おそらく、まゆ子が秋子を探して車から離れたほんの一瞬の隙に、毛布にくるまれた秋子の死体をDH
=貝田(矢島健一)がまゆ子の車のトランクに入れたということになると思うんですが、ドラマ版では貝田とまゆ子には面識があったんでしょうか?
貝田がまゆ子と面識が無ければ、そもそもこの犯行は成立しないはず。
まゆ子の顔を知る秋子は既に貝田が殺した後なので、車をまわしてきた女性がまゆ子だと貝田が事前に知っていなければ、この短時間に停車中のまゆ子の車のトランクに秋子の死体を隠すことは不可能でしょう?

原作どおりのまゆ子と貝田の関係性なら、全く問題にはならないんですけどね…。
原作と設定が変えられているため、ちょっと貝田とまゆ子、秋子の関係性に辻褄の合わない部分が生じてしまっている?!と、ちょっとここが気になってしまいました。

とりあえずまだまゆ子が完全に白で、貝田とは何の関係性も無いとは限らないので7話でその辺が明らかになるのかな。
成嶋(大倉忠義)が砂村(安田章大)に言っていたように「先入観を持たずに」結末を見届けないと。ですね。
怒涛の更新!!
書きたい気分のときは連チャンで(*^^*)v

プレミアムナイトまでは嵐モードにシフトしよう!
と∞絶ちして嵐を聴きこんでいて、特に『時計じかけのアンブレラ』冒頭のおーちゃんのソロにハマってました。
♪もし迷うなら 俺のそばにいて♪そんなに甘い歌声で囁かれたらくだけます(*ノ▽ノ*)

で、帰ってきてからは封印を解いてようやく関ジャニ∞の新曲通常版のカップリング曲2曲『Brilliant Blue』『cinematic』&録画しっぱなしで未視聴だった『ザ少年倶楽部プレミアム』のプレミアムセッションコーナー、国分太一アレンジ&ピアノと錦戸亮のスペシャルセッションでしっとりと聴かせてもらった『あきれるくらい僕らは願おう』をひたすらにリピってます。

TOKIOバージョンの本家『あきれるくらい~』は、大倉くんも出演していた『ヤスコとケンジ』の主題歌だった『雨傘』のカップリング曲の1つだったので、聴きなれていた楽曲だったはずなのに、亮ちゃんが歌うとまた別の繊細な色づけがされて、なんて表現したら伝わるかな?ボーイソプラノ時代の亮ちゃんの天使の歌声に大人の色香が加えられてちょっと危うさのある感じの歌声?それと太一にいさんのピアノの音色とすごく調和していて素敵でした
クリスマスソングじゃないのに、クリスマスに聴きたい感じで。

シングルの方でお気に入りなのは断然『cinematic』。
こういった歌謡曲を歌いこなせるのは関ジャニ∞だけかなって。
なんといっても大倉くんのソロで始まってるし、歌詞と曲調もすごく気に入ってます。
しかし大倉くん、冒頭の歌詞が舌足らずで可愛いのなんのって(〃▽〃)
でも後半の演歌調の歌い方♪輝やいて輝いて君をもし失えば明日さえいらない♪←ここの“うしな~ぇばあしたぁ~さえ”の歌いまわしが特に艶っぽくて好き

『Brilliant Blue』『cinematic』をエンドレスで聴きこみすぎて、うっかり年末の京セラコンに申込んでしまいそうです(笑)
あ、やっぱり我慢できない系?!

当たらないだろうけど、申込むだけ申込んで当たったら行っちゃおうかな(*´m`)
TDSのレポをザザッと書きおえてから『東京DOGS』を観ていたら、奏(小栗旬)とマルオ(水嶋ヒロ)がタイムリーに「ランドよりもシーの方が好きな列記とした大人です~」「ダッフィーちゃんはピノキオの癒しの存在だ」「ダッフィー抱っこしたことあります~」と掛け合いをしていたもので、まだTDSの写真を整理していないけど、コレだけ先に…。
CIMG1479.jpg
お恥ずかしながら、ダッフィーちゃんの存在も先日の嵐inTDSに連れていってくれた友人から教えてもらうまで、キャラと名前が一致していなかった私です(~´Д`)~


★☆『東京DOGS』第6話
いよいよ奏が父の仇を討とうと必死に追跡している神野との距離が縮まってきて動きが出てきた&由岐が神野の恋人だった記憶を全て取り戻し、ストーリーが核心に迫るところまできたみたいで俄然おもしろくなってきました!!
今回は神野本陣と麻薬取引をするヤクザグループに囮捜査で奏とマルオが潜入したので、小栗くん&水嶋くんのヤクザ風スーツ姿でのアクションも格好良かった♪
そして、奏への恋心を募らせている由岐が、奏が最も憎んでいる相手の恋人だった記憶を取り戻したことで切なさに打ちひしがれている姿が、なんとも痛々しく切なかったです。
なにげに勝地涼くんも活躍の回で満足です!
それにしても、前回あたりから小栗くんの格好良さに再びハマってます♪この役は当たりですね。

今のところ、3人の恋のベクトルはマルオ⇒由岐⇒奏という様相ですが、由岐から「神野と恋人だった」と聞かされた奏の気持ちに変化は現れるのかな?つづきが早く観たいです!

★☆『天地人』最終回
中盤から脱落、終盤は見られるときだけ流し見していただけでしたが、大河ドラマの最終回ということで見ました。

家康(松方弘樹)が身罷った後、徳川の若い家臣達から「戦国の思い出話をお聞かせください」とせがまれ、思い出話をはじめる兼続(妻夫木聡)。
回想形式で信長(吉川晃司)の目指した天下、天下泰平のためなら金は惜しまなかった秀吉(笹野高史)の回想を経て、「関が原で最も武勇をたてた武将はやはり家康公ですか」と訪ねられた兼続は、徳川から見たら裏切り者の敵として処刑された石田光成(小栗旬)の名を公然と口にし、実は光成こそが誰よりも戦のない太平の世を実現したがっていたことを説き、兼続と光成の熱い友情を強調する感じでした。

直江兼続が仕事の第一線から退き、お船を連れて仙台から越後へと戻り、次々と子供達を失ってしまったことから「直江の家はわしらで終いじゃ、許してくれるか?」と愛妻に問い、どこにいても越後のこの風景を忘れたことはなかった…と青春時代を回想しながら、穏やかにその一生の幕を閉じドラマも終了。
やはり描きたかったのはあくまでも「愛」と「友情」「義」だったんだなぁ…と。

★☆『JIN-仁-』5話~7話
仁(大沢たかお)がタイムスリップして来ている時代にはまだ存在しなかったペニシリンを、末期の梅毒に犯されて苦しんでいた夕霧(高岡早紀)を治してほしいと切に願う野風(中谷美紀)の心に打たれ、西洋医学所の権威である緒方(武田鉄也)の協力を仰ぎ、現在に残してきた恋人の未来(中谷美紀2役)がレポートにまとめていた内容を思い出しながら作り出し、歴史に大きな変化をもたらしてしまっています。


予てより噂に挙がっていたとおり、ニコ・ロズベルグのブラウンGP(来期はメルセデスGP)への移籍が正式発表されました。

ブラウンGPオフィシャルサイト参照

ニコ・ロズベルグがドイツ生まれであることと、父親が元F1王者でもあるケケ・ロズベルグであること、彼がドイツ語の他に英語、イタリア語、フランス語も流暢に話せる~等など、長々とニコの経歴が書かれているのが、なんともメルセデスらしいというのか、なんというか…。

ニコの方からは来年、シルバーアローのマシンで走れることを幸せに思う、そしてロス・ブラウンと組めることを誇りに思うとコメントしているし、ボスであるロス・ブラウンからもニコのタレント性とメルセデスGPでの活躍をとても楽しみにしているとべた褒めのご様子。

ロスの構想によって、ニコの一発の速さ、勝負勘がどんな風に生かされてくるのか楽しみです。


で、そろそろニコの相棒を発表してくれないですかねぇ。

ノルベルト・ハウグが「驚きのラインナップになる」と発言されたことによって、ニコの相棒が噂されていたニック・ハイドフェルドではなくて、もっと意外性のあるドライバーになるのでは?!
と目下、F1の話題では一番の目玉になってますよね。

メルセデスがオールドイツチームを目指す、そしてハウグの言う“サプライズ”両方を兼ね備えているドライバーといえば…
セバスチャン・ベッテルなんですけどね。

でも、レッドブルと既に複数年契約済のセブを引き抜く大技が出るのか?!
と考えると、ちょっと考えにくい。

後は他カテゴリのレースで相変わらずの強さを見せ付けているミハエル・シューマッハの名前まで挙がっているようですが…いくらなんでもミハエルはないだろうなぁ。

ベッテルorミハエルがメルセデスGP入りとなると、ニコが絶対的な1stというワケにはいかないしね。
その辺、ニコサイドが承諾しているとは思えないし、ハウグの言うサプライズの意味合い的には、むしろドイツ人以外でニコを完全サポートできる2ndドライバーを発表する。という方向性か、なんの捻りもなく結局ニックで確定のような気がしてますけどね。
どうでしょう。

でも、ニコ&セブコンビも面白そうかな…と。
個人的に贔屓ふたり揃いなのでありです。
もしくは「来期はF1に乗らない」と言っていたキミが大穴で乗るとか…。

あぁ、大穴でもいいからキミ、こないかなぁ…。
ブラウンとキミのコンビ、観てみたいんだけどなぁ。
ミハエルよりも可能性低そうだ…。
CIMG1437.jpg

CIMG1501.jpg

CIMG1503.jpg

1418倍という超激戦だったハウス食品プレゼンツ【プレミアムナイト嵐 in 東京ディズニーシー】
11月20日の夜、このスペシャルでレアなイベントに見事当選したおともだちにご招待いただき、人生初のTDS、そしていまをときめくキラッキラアイドルへと成長された嵐を久々に生で観る機会に恵まれました。

自分は15通ほど応募して予想どおりハズレていたので、当選したお友達に誘っていただいたことに、あらためてこの場で感謝します。
貴重な体験をさせてもらいました。
本当に本当にありがとう!!

以下、ザザッとレポです。
大変失礼ながら、前述のとおりわたしはディズニーに今まで足を踏み入れたことが無く、ディズニーソングの類には無知なので、ディズニーソングの詳細はわかりませんでした。
熱心なディズニー&嵐ファンの方が既に沢山のレポをあげていらっしゃると思いますので、詳しくはそちらをご参照ください。
こちらはあくまでも自分の想い出メモ的なレベルですので悪しからず…。


☆華やかな花火が次々を打ちあがりショー開演
シンデレラの靴やミッキーマウスのシルエットの花火も上がってすごかった!

嵐メンバーがディズニーキャラクターとのコンビで1隻づつに分乗しメディテレーニアンハーバー中央の大きなツリーの周りを周回しながら登場
■クリスマスメドレー
・ジングルベル~雪
・Santa Claus is coming to town
ディズニーキャラクターがはけて嵐のみのライブ形式へ
■Beautiful days
■Love so sweet
このあたりでミラコスタ前のハーバー前の通路に嵐メンバーが上陸して歌ってた
■Happiness
このあたりで水上スキーに乗ってハーバーツリーの周りを激走しながら歌ってた
ヤッターマンっぽい演出だなぁ…と漠然と思った
■Believe
ミラコスタ教会の鐘が鳴く
■One love
嵐はシルバー?白?の衣装からゴールドの衣装にチェンジ
円筒状のスクリーンビジョンの上で嵐が歌い踊る
■A・RA・SHI
しっとりラブソングのOne Loveからサクラップに大きく曲調が変わったのはちょっとビックリ(笑)
ハーバーツリーの向かって右手にたぶん「嵐」という文字をかたどった炎が水上に広がってた

曲ラストの大野ソロ♪You are my soul soul いつもすぐそばにある~ってな伸びやかな歌声に触れ、10年前、代々木体育館でスケスケ衣装でデビューを果たしたあの場で見た若かりし日のおーちゃんを思い出し、ちょっとうるっときた( ;∀;) カンドーシタ

■ディズニーソングのヒップホップアレンジ(曲名わからず…)
ミッキー再登場、嵐とヒップホップダンスを披露してビックリした(笑)
ミッキーマウスがヒップホップダンスを踊る姿はかなりレアでしょ?

■ディズニーソング~クリスマスソングアレンジ
ミッキー以外のディズニーキャラクターが別の船に分乗して再登場
ぐるぐるツリーの周りを周回

■We Wish You a Merry Christmas(だったはず)
ドーンとラストにセンターオブジアースの火山が噴火
花火があがって嵐が船上から「バイバ~イ!」と手を振りながらミステリーアイランドへと続く橋をくぐって消えていきショーは閉幕。

場所取りで迷った自分の判断ミスで嵐が上陸した際、、間近でおーちゃんを見るチャンスを逸してしまったのが残念だったけど、次に何かこういった機会があったら同じ間違いをしないように以後の教訓にしたいと思っています。

前半、船1隻づつに分乗してハーバー内を周回していた時には、ちゃんと2回も客の少ないこちらサイドにも手を大きく振ってくれたおーちゃんを見られたので、それでもう充分です。


帰宅したら、F1関連商品が宅配便で届いてまして、ちょっと前にレッドブルF1チームグッズを当てよう!ってなキャンペーンに数口応募していたものだから、てっきりヴェッテル君関連の何かが当選した?!
と送り主をチラ見しただけで開封してみたら、

チームロゴはat&t WILLIAMS
あれ?レッドブルじゃないゾ!
またしてもウィリアムズの懸賞に当選してました。

ニコ・ロズベルグ指導のもと、イギリスでF1マシンをドライブできるかも?!
ってなキャンペーンをウィリアムズのスポンサーであるPHILIPSが主催してキャンペーンしてましたね。
ブログでも書いたのにスッカリ忘れてましたわ。

なにげに今シーズンはウィリアムズグッズが2回も当選してるヽ(´▽`)ノ

来期はウィリアムズを去ることが発表されているニコ&一貴コンビの思い出の品として、せっかくなので大切に使わせていただこうと思います。


昨日は嵐を見るためにTDSに行って、思いがけず宿泊先のホテルでF1ドライバーの写真に遭遇したので記念に1枚撮ってきました(笑)
CIMG1397.jpg
ヒルトンってマクラーレンのスポンサードをしていたんですね。
ルイス・ハミルトンの広告がデカデカと飾られていました。


昨日の嵐&ディズニーキャラクター達によるプレミアムショー&貸切状態だったTDSの想い出話は、また改めて。
今夜はさすがに(;´ρ`)チカレタヨ・・・

20091121175058
20091121175037
20091121175013
昨夜は人生初のディズニーシー、そしてほんっとうに久々の生☆嵐のプレミアムショーを楽しんできました。

まさにファンタジー!
水上で歌い踊る嵐&なぜか嵐の振付けバッチリで踊るミッキーを、∞のPUZZLEコンでも登場した円筒状のスクリーン越しに、双眼鏡をフル活用しつつ眺めながら、おーちゃんのすうぃ~とな生声満喫できて幸せでした。
゚+。(*′∇`)。+゚

プレミアムショーの後はアトラクション4つを一時間弱で楽しんで、混雑の少ないディズニーシーで贅沢に過ごした夢の時間は、あっという間に過ぎ去り…。

オフィシャルホテルで一泊したあと、今はもう夢から覚め帰路についています。

Canジャニのロケで、たっちょん&やすくん&まるちゃんが大盛り上がりでサービスエリア人気Menuクイズしていた双葉SAで記念にパチリ

三連休初日の中央道はやや混み。
帰宅は予定より少し遅くなりそうでありんす。

今年のワールドチャンピオンがマクラーレンに移籍だそうです。
これで昨年のワールドチャンプ@ハミルトンとのコンビ結成が確定。
Button joins Hamilton at McLaren

で、どっちが1st?
カーナンバー1はバトンのものだから、まさかまさかのハミルトン2ndですか?!
成績ではたぶん逆転し…(以降自粛)

ブラウンGPが来期はメルセデスGPとしてメルセデスとのコンビで1プライベーター⇒ワークス直下に入ることで資金面でもテクニカルの面でも上昇気流に乗りそうな中、バトンは憶測どおり地元イギリスチームのマクラーレンに移籍するのか…。

ジェンソンは「僕の人生は常にチャレンジングでありつづけたい」
なんて言ってるけど、やっぱり銭、ですかねσ(^◇^;)
プラス、メルセデス側がドイツ人ドライバーを乗せたがってる、もっと言えばニコ・ロズベルグを絶対的な1stに据えたいってな思惑が働いてるとか…まぁ色々ありそうですね。

先にキミ・ライコネンのマネージャーがフィンランド誌の取材に対して、「来年、kimiはF1をドライブしない」と言っていたからね、バトンがマクラーレンに決まって行き場を失ったんだろうなぁ…とは予測していたんだけど、あの戦闘力の無さそうなフェラーリのマシンで後半あれだけのポイントをひとりでたたき出してきたライコネンが来期はF1で見られないのはすごく淋しい。

キミもギャラのことを考えず、ここは大穴でメルセデスGPのシートを獲得!
という道はもう可能性として完全にゼロなのかなぁ…ロス・ブラウンとのコンビ、観てみたいけどなぁ。

なんてのは私の単なる妄想で、多分ムリでしょう。
で、ニコを1stとしてサポートできるドイツ人…やっぱりニックしかないでしょう。
なにげにイケメンコンビで女子に人気が出そうな来期のブラウンGP⇒メルセデスGPです。

キミはまたまた噂では再来年のレッドブルのシートを見越して1年F1はお休みという選択をしたとかしないとか…。
ベッテル君とはプライベートでもご近所さんで仲良しさんらしいし、それはそれでレッドブルのマシンの戦闘力が今シーズン並~それ以上なら、すごいことになりそうですよね!!

っと、再来年への憶測話は \(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ
その前に、来期のシートの行方も気になる…。
近年稀にみる動きの多いストーブリーグです。
ちょっとバタついております。
なので直近見たドラマの感想文まとめてドーン!

『東京DOGS』第5話(11月16日)
マルオ⇒由岐⇒奏
一方通行な恋愛模様がいよいよわかりやすく見えてきた第5話。
でも、ラストでいよいよ由岐が記憶を取り戻すようですが、皮肉なことに由岐の恋人は奏の世界で一番憎んでいる神野。
という悲しい真実が明らかになっていきそうです。

父の命日、生前父が好きだった釣りをしながら静かに父の仇を逮捕するという決意を新たにするつもりだった奏ですが、夜、天然奏ママから父の命日に家族揃って食事を囲む際、何を食べたい?というご相談の電話に「(ピザ)好きだよ」と答えていた奏の電話での会話を盗み聞きしていた由岐&マルオが「もしかして女とデート?!」とカンチガイをして釣堀まで尾行してきたおかげで、なぜか3人並んで釣り糸をたらすというシチュエーションに...。

肝心な奏の追う父の仇、神野と繋がりのある取引に応じようとしていた組織の下っ端とコンタクトを取り、取引の現場に潜入した奏とマルオ。
しかし取引現場でふたりが見たのは警察に情報漏えいした下っ端は行き絶え絶えの姿。
ふたりを威嚇射撃してきた組織のメンバーの1人の身柄拘束に成功した矢先、神野と思われる人物によって身柄拘束された男が射殺され、結局、神野の尻尾をつかみ損ね、心底悔しさを爆発させていた奏の表情が迫力満点で格好良かった!
小栗くんは怒り、葛藤の演技が特に魅力的ですね。
5話はすごく奏が素敵に見えました。


『おひとりさま』第5話(11月13日)
ドラマを観ながらリアルで何度も大笑いできるのは久しぶりです!!

やっぱり観月ありささんはコメディエンヌですね♪
そして、今までノーマークだったけど小池徹平くんって演技派なんですね。
コメディで生きる役者さんって好きなんですよ♪
主軸の2人がコメディセンスがあるとリラックスして心から楽しんで見られます。

個人的に大爆笑したポイント2箇所、共通して登場していたのは原田博之(橘慶太)なのは意外な盲点でした。
真一(小池徹平)の親友の金髪肉食系男子の原田くん、おいしいキャラです。

真一から里美(観月ありさ)の家に居候していることを聞かされていて、自分が今狙っている君香(松下奈緒)と真一、そして里美と里美のお見合い相手の御曹司(中村俊介)がWデートしている現場に出くわしてしまった原田が唐突に

「あ!もしかしておまえ(真一)、彼女(君香)と付き合って、この人(里美)と同棲して!!」
と口走ったばかりに、里美が口から水をブーッ!!と勢いよく噴射してしまうシーン、べただけど最高でした(笑)

草食系男子の真一と対比するために、肉食系の原田と、可愛い姿なのに狙ったエサ(男)を見つけると食指を伸ばしてガバッと食べてしまう“クリオネ女子”な君香を積極的に動かしてくるのがおもしろいんです!!

里美はみすみす「将来は海外在住セレブ」まっしぐら&ルックスも良く背も高い好条件の二階堂とのお見合いを断ってしまって、リアルで考えたら「なんてもったいないことを!ありえない選択」と思ってしまいましたが、別れ際の二階堂の言葉がキッカケで里美は真一への恋心を自覚し始めるみたいで楽しみです♪

でも、当の真一は10歳も年上の里美を恋愛対象に見るところか、まんまとクリオネ女子に食われそうな勢いのなのが気がかりです(´ヘ`;)


ついにきた、関ジャニ∞単独カウコン3Days
&怒涛のシングル3枚連続リリース


彼らのヲタはチケ取合戦&軍資金調達にこれまで以上に邁進せよ!!
との事務所からのお達しです。

戦の狼煙はすでに上がっております。

無責任~急上昇リリースまでの間、約1年。
これだけじらしておいて、年末に怒涛の3枚連続シングルリリースとか、
ドSっぷりハンパないですね(* ̄0 ̄*)ノ

でも、大倉くんにならいぢめられたい(*´m`)
嘘です。

ちょっといつもとキャラが変わって多少壊れておりますが、理由はシンプルです。

私的に年内の軍資金は別のところに配当済なので、年末年始は大阪に行くことはムリ!
と、確定済だからなのです。

でも…でもっ!!
大倉くんの姿を拝みながらカウントダウンしたいなぁ…。
すごくすごく心は揺さぶられながらも、先のことをトータルで考えると
ここは我慢のしどころか…。

お金と体力の足りない自分に(´・ω・`)ガッカリ・・・ですわ。
しかし、多趣味は身を滅ぼしますな(  ̄- ̄)
テロ実行犯の1人である“DH”の仕掛けた爆破に巻き込まれた砂村(安田章大)の元にいち早く駆けつけた成嶋(大倉忠義)。
幸い、砂村は軽症だったが成嶋は公には「砂村はテロリストの仕掛けた爆破に巻き込まれ、現在は集中治療中により面会謝絶と発表。
実際にはピンピンしている砂村を湾空内の1室に閉じ込め、そこでROMESに記録された過去データを利用して、テロリストグループの正体を掴む地道な照合作業をさせています。

しかし成嶋に信頼されたいもっと認められたい一心で、砂村くん、成嶋には「絶対に外には出ないでください」と言われているのに、過去データからテロに関わっている可能性が高い人物として浮上した築森とに接触。
築森と一緒にいることの多いカメラ少年・翼くんが入院していた病院から、過去に湾空内を案内するツアーに多くの参加者がいることに気づき、病院勤務者から内情を聞きだそうと再び単身調査に乗り出してしまっているわけですが…これが吉と出るか凶と出るか。

ちなみに、この病院にはDHから金銭要求の脅迫を受けている閑野専務(草刈正雄)の愛娘、心臓が悪く渡米して心臓移植するタイミングを待ち、度々見舞いに訪れる成嶋を慕っている流斐(美山加恋)が入院しています。

また、別方面の動きとして、成嶋の計らいにより病気静養休暇をもらっている日高(古館寛治)が、過去に勤務していた成田のつてを使い、今回の湾空脅迫テロリストグループの実行犯の1人としてマークされている貝田公彦と共に昔成田でテロを働き、現在は服役を終えて真面目に働いている大友の元を訪れ、若い頃の貝田の写真を入手してきたことをキッカケに、ROMESは砂村(安田章大)が巻き込まれた一連の爆破騒動の実行犯が貝田であることを証明され、その後湾空内に侵入してきたDH=貝田をROMESが捉え「03」が発動。

程なくしてROMESはさらにもう1つ「03」を発動。
こちらの追跡の標的はこれまで湾空内を歩き回り、ゴミ箱に空の紙袋を思わせぶりに次々を捨て警備の目をひきつける囮の役目を果たしたり、女子トイレ内にニセモノの時限爆弾装置を仕掛けた女=レフト。

ROMESチームからの指示により、素早く貝田の身柄確保に向かっていた警備主任の宮城とその部下の先回りをして、レフトはDHに危機を伝え、2人でROMESの監視管理エリアであるバックヤードに逃がれてしまう。

実行犯2人は明らかにROMESの死角を熟知している上に、自分たちがROMESに追跡され警備担当者に身柄確保の危機が迫っていることをリアルタイムで知りえている事実により、やはり警備担当者内にテロリストグループへの内通者がいることが明らかになりました。

しかし、バックヤードから必ずROMESの監視下にある表に出てこなければ、湾空内から犯人は脱出することは出来ないことから、成嶋をはじめROMESチームは慌てず騒がず、この2人がバックヤードを抜けてくるタイミングを待つが、次にROMESが標的の1人である女の姿を捉えた時には女は既に死亡。

しかもその女=レフトの死体が見つかったのは、木村まゆ子の運転する車のトランクの中…。
まゆ子といえば、砂村に好意を寄せて最近何かと近づいている姿が印象的だった…まさか、内通者は砂村?!

という絶妙な引きで5話は終了~。

次回はいよいよ、湾空内に潜入し、テロリストグループにROMESの情報をリークしていた“エース”の正体が明らかになりますよ!!


ちょっと前からお気に入りだったピンキーリングが行方不明になってしまっていて、密かに落ち込んでたんですよ…。
「そのピンキーリング、可愛いね」
って何人もの人に言ってもらってて、私もすごく気に入っていたものだから…。

ジュエリーって見ているだけでも幸せになれるけど、やっぱり気に入ったデザインのジュエリーを身につけるだけで幸せな気持ちになれるし、気持ち的にもすごくポジティブになれますよね。
輝いてるのは宝石なのに、なぜか身につけた自分自身もいつもより自信をもてたりして…。
私にとって、ジュエリーってお守りみたいな役目も果たしてくれてるみたいです。

なにかといえばすぐに凹みがちなので、また自分的に元気がもらえるお気に入りのデザイン、宝石の入ったピンキーリングが欲しいなぁ…と思いながら私の大好きなジュエリーショップの1つ、“4℃”のHPを久々にチェック。

季節柄、クリスマスジュエリーもお目見えしていて、リングを探していたのに、気づけばネックレスも可愛い!ピアスもいいなぁ…と目移りしまくり(笑)

11月27日には、『LOVE AQUA FAIR』チャリティージュエリーも個数限定で発売されるみたいです。


雪の結晶とピンクゴールドの温かみのある色合いのコラボにすっかり心奪われ…あ、でもお値段、きっとお高いんだろうなぁ…と思ったら6,300円!!
ちょっとビックリリーズナブル♪

知らなかったんだけど、4℃のブランドコンセプトって『水』なんですね~。
クリスマスシーズン、真っ白に輝く雪に形を変えた美しい水。
うん、納得。

チャリティージュエリーということで、このネックレスの売上げの一部は、水供給と衛生に関する活動へ寄付されるとのこと。
綺麗なジュエリーをGetして、さらに綺麗な地球を守るためのチャリティーにも貢献できるなんて一石二鳥だ!!

あぁ、でもクリスマスリミテットのネックレス&リングのセットもいいなぁ…。
しかも、クリスマス限定のハート型ジュエリーケース単品で欲しいくらい可愛い。
店舗で実物見させてもらいに行こうっと♪

最近、ブログ放置する日が増えてますが…
ヒトコトだけ、どーしても書きたいっ!!

忠義さんが「さとしぃ、なにしてんだよ~」と智さんに肩くんで絡んでる姿を想像しただけで顔のニヤケが止まりません。
(*ノ▽ノ*)♪♪

実現しちゃった。
私的に最愛アイドルTOP2のそろい踏み

横山さん曰く、「けったいなメンバー」で深夜1時過ぎからお酒を呑んだというエピ@レコメン&Jウェブ。
嵐・大野、関ジャニ∞・横山、丸山、安田、大倉
過半数が関ジャニだけど、そこにおーちゃんが1人混ざっても違和感ない不思議

ヨコとは候隆時代にKYO-TO-KYO、その後もドラマで共演も複数あって同い年(もうすぐおーちゃんが1つ年をとるけど現状ではね)と、グループ違いのおーちゃんと一緒に呑みにいった~と聞いても違和感ないし、そのメンバーの中ではまるちゃんも歌のおにいさんで共演してたからこちらも違和感ゼロ。
で、今回は「0号室の客」の打ち上げ繋がりとくればやすくんもまぁ、自然な流れですわ。

で、その中で唯一『0号室の客』に何の絡みもない大倉くんがなぜか後から合流して、仕事でもここまであまり絡みのないはずのおーちゃんに絡んで「さとし」呼び(笑)

昔、おーちゃんはJr.時代に苗字が「大」ではじまる2人組&同期で当時はシンメで華麗なダンスを披露する機会も多かった大坂くんという辞めジュと「O.Oコンビ」と呼ばれていた時代もあったんだけど、10年の時間を経て、大野智&大倉忠義で「新・O.Oコンビ」結成~!!

などと勝手に妄想して、ただひたすらにニヤけてます。
あいかわらず傍からみたらアヤシイ女です

おーちゃん&たっちょんナチュラリスト同士の会話はいったいどんな内容だったんだろう…。
いいなぁ、テレビでもいつか2人で競演してラブラブしてくれないかなぁ
3話の録画をまだ完全に観終えていないのに月曜日が巡ってきてしまいました。

4話のサイドストーリーは、おそらくグリコ森永事件の模倣でしょう。
舞島刑事(大塚寧々)が若かりし頃、自分の結婚式をすっぽかしてまで逮捕した犯人が服役を終え娑婆に出てきたタイミングで、再び当時と同じ手口で食品会社への脅迫、スーパーに「毒入り」表記のメッセージ付きで毒入りパンを置くなどの嫌がらせが続発。
結局、舞島が過去に逮捕した犯人は無関係で、嫌がらせをしていたのはその食品会社に内定取消しをされた大学生数名の犯行でした…と簡単に書いてしまうと、そういった内容の事件が1話完結型サイド事件でした。

由岐(吉高由里子)のバイト先でボディガードとして一緒に働いている堀川(勝地涼)が大活躍!
店に来店した学生同士の会話をヒントに、食品会社への嫌がらせ実行グループの一員を取り押さえ、逮捕の突破口を開いていましたから♪
でも…肝心な主犯格が近くにいた女子大生にナイフを突きつけ逆に仲間の保釈を要求されピンチを招いてしまい、最終的には格好よく高倉(小栗旬)が犯人からナイフを取り上げ、お得意の拳銃脅しでアッサリお縄にかけて事件解決しちゃったのはご愛嬌ということでσ(^◇^;)

しかし、堀川くんが由岐ちゃんをバイト先にひとり残して犯人の身柄確保に走っている間、由岐の記憶が戻ることを警戒して同じくバイト先に潜入している犯罪組織幹部のイケメン甲斐崎(水上剣星)と由岐が2人きり…。
帰宅している時間に由岐がマンションに戻ってきていないことに気づいたマルオ(水嶋ヒロ)が血相を変えて由岐を探しに走る!
というとこで4話は終了です。

以下、感想はやや辛口です。





TBS金10ドラマ『おひとりさま』第3話で真一が作っていた
“豆腐と野菜のキッシュ”

先週ドラマで小池くんがこれを作って食べてるのを
観てから、キッシュが食べたくて食べたくて仕方が
なかったの!!

公式サイト内コンテンツの「現場レポート」vol.15にレシピが
掲載されていることに気づかず、我流で再現して夕食に作りました。
200911081725000.jpg
生クリームの分量が多すぎて、キッシュというよりも
グラタン寄りなものに仕上がってしまったけど…。
冷めたらそれなりに固まってくれたのかな?

木綿豆腐(しっかり水切り)、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、
しめじと冷蔵庫にストックされていた有り合わせの
お野菜と余らせていた冷凍パイシートで、テキトーに
作ったわりには美味しかった♪>自画自賛

お菓子以外は基本的に分量キッチリ計って
レシピどおりに作る習慣がない、アバウトなB型女ですが、
次回は、ドラマ公式サイトのレシピどおりに分量ちゃんと
計って作ろうっと(*^^*ゞ
ドラマタイトルは「おひとりさま」ですが、もはや主人公の里美(観月ありさ)が“おひとりさま”をエンジョイする描写はさっぱり出てこない、住むところのない10歳年下草食系男子の真一(小池徹平)を自宅で保護し、ペットのように愛でその成長を暖かく見守っている三十路女教師のドタバタな日常ドラマ状態になっています。

ただし、真一の方も単なる可愛いペット化しているばかりではなく、なにげにお調子者で、家事得意な真一から仕入れた情報を職場で高らかに受け売りしすぎて自爆する里美を隠れてサポートしたり、草食男子らしさの中にも骨太男子的な部分も育ってきています。
里美&真一の凸凹コンビが、結構対等に言い合いをしたりしながら1話~4話で随分ふたりの息もピッタリ合ってきているので、ついニヤニヤしながら2人の掛け合いを見てしまいます。


公式サイトに掲載されている「あらすじ」の続きから内容をザザッと書くと、家庭事情で大切にしていたロレックスの時計を質入してしまった生徒・理香(石井美絵子)の秘密を知っている真一は、理香がその時計を買い戻している姿を目撃し、職員室から消えた10万円を彼女が盗んだのでは?
と疑いを強めますが、一方で、教師として生徒が盗むはずがないと信じていたい気持ちが勝り、「生徒のために本心を殺してでも疑惑のある生徒を問い詰めるべきだ」とアドバイスする里美に対して、投げやりに「生徒を信じられない教師になるくらいなら、僕は教師をやめます」と答えます。
しかし、「こんなことくらいで逃げ出すの?あなたはそんな人じゃない」と里美に言い返されカッとなった真一は「こんな短い間一緒にいただけで僕の何がわかるんですか!お世話になりました」と勢いで里美の部屋を飛び出してしまいました。

翌日、意を決した真一は理香を呼び出し、時計を買い戻すのに使ったお金の出所を問いただしますが、理香は「私はやってない」とキッパリと盗みは否定。理香の友人たちからも「理香のこと疑うなんて最低!」と非難され、傷心の表情で立ち去る真一を、一部始終を陰から目撃していた里美は急いで追いかけようとしますが、「無くなった10万円の謎が解けたかも」と呼び出しの電話を受け職員室へ急行。結局、養護教諭の青木(鈴木亜美)の名推理により、無事に消えた10万円は発見されました。

里美は漫画喫茶で寝泊りしていた真一を見つけ、無事に10万円が発見されたことを告げ、さらに、真一が勇気を振り絞って盗難疑惑を問いただした相手の生徒とも仲直りをさせて一件落着。

「解決してよかった♪」
と自然な流れでふたり里美の部屋に帰宅するラストシーンも良かった!!

里美「やれやれ、一時はどうなるかと思ったけど、これで一件落着ね」
真一「いろいろとすみません。あっ!」
里美「ん?どうかした?」
真一「ここに戻って来ちゃった」
里美「あ、あなた、出て行ったんだっけ」
真一「・・・」
里美「まぁ、いいんじゃない?」
真一「いいですかね」

一緒の部屋で生活していてもお互い意識することなく、むしろ2人で一緒に部屋に帰ってくることが自然に感じられる。
一緒にいて疲れない、お互いに共有する時間も負担に感じられない。この2人はそもそもの人間的相性が良いんでしょうね。
ここから恋愛感情がどんな風に芽生えていくのかな?

と思ったら、5話では里美に同世代の素敵な男性とのお見合い話が!!
相手役、中村俊介さんだ~(*ノ▽ノ*)♪

同時に真一に好意を抱いて何かとアピってきていた同僚英語教師の沢井(松下奈緒)が真一をデートに誘い出すことに成功&お見合い中の里美たちとWデート状態になるみたいですね。

さらにさらに、真一の親友の原田(橘慶太)に里美と真一の同居ばバレるみたいだし、恋愛面での大きな進展がありそうなので5話はこれまで以上に楽しみ♪



そろそろ成嶋(大倉忠義)の天才っぷりと、砂村(安田章大)の抱える家庭に関する暗い過去が明らかになり、そして湾空閉鎖を要求するテロリストグループからの脅迫がエスカレートしはじめた第4話です。

木村まゆ子(川村ゆきえ)のキャラ設定が大きく変えられ、砂村と同じく猪突猛進で何事にも一生懸命な明るい若い女性に描かれていることから、原作よりもまゆ子の出番がすごく多くなっている他は、基本的に原作『ROMES 06』に忠実に描かれています。

ヒロインポジションのROMESチームの紅一点、八坂葵(国仲涼子)だけしか女性で華やぐ場面はないのが原作の淋しい部分でしたが、ドラマではまゆ子がとても可愛くて、表情豊かなのですごく好印象です!こういった改変はいいですね♪

4話で進展した箇所をザザッとあげると…

1、湾空閉鎖を要求しているテロリストから届いた2通目の脅迫文と、1通目の脅迫文では文章から受ける印象が全く違うことから、テロリスト集団が複数存在しているか、もしくはもともとは1つのグループだったが犯人グループ内分裂を起こして別々にテロを起こし始めているのか…いずれにせよ、テロリスト集団は少なくとも2つ存在していることが判明。

2.3話で湾空内を歩き回りゴミを捨てて周っていた女性は、テロリスト集団の中では“レフト”と名乗っている。

3.湾空広場で砂村が巻き込まれそうになったゴミ箱爆破事件で使用された爆弾は、半世紀前に成田で起こった爆破事件で使われたものと類似していることから、犯人は成田事件から逃亡をつづけている“貝田公彦”か、事件後逮捕され現在は刑を終え外に出てきている“大友陸郎”である可能性が高い。

4.テロリストグループ内で情報交換に使用されているチャットの内容から、ゴミ箱爆破テロ計画は当初、1つ目の警告と同じく花火を使用する予定だったが、実行犯である“DH”が勝手な判断で本物の爆弾に差し替えられた。

5.“DH”が単独で閑野専務(草刈正雄)に金銭の要求をする内容の脅迫電話を入れている。

6.“DH”の単独行動がエスカレートし、湾空内に車で侵入し、ROMESの監視対象として囲われた後、その不審車の確認に訪れた砂村を巻き込む大掛かりな爆破事件を起こした。

7.車爆発と同時にROMESのカメラが全て機能停止。
砂村の身を案じた成嶋が現場へ走って行くと、そこには地面に倒れこんだ砂村の姿が…

と、緊迫した場面でつづきは次週!
です。
ブログ拍手へのお返事、メッセージは全てありがたく頂戴しております。
最近、返信がすごく緩慢になってしまっていてスミマセン…。
直近でいただいた分だけ返信したいと思います。

☆★「おしゃれイズム(9月2日)ゲスト:大沢たかお」記事への
ブログ拍手コメント、ありがとうございます!

⇒大沢たかおさん、『JIN-仁-』で久々に連ドラ主演。
本当に素敵な年の重ね方をされ、いつまでも若々しさも
保っておいでですよね。
最近、感想文はサボっていましたが毎週楽しく観ています♪

「おしゃれイズム」等、大沢さんがトーク番組にご出演される
機会が少ないため、前回の出演の動画&レポを検索されて
こちらのブログに漂着される方が最近大勢いらっしゃるようで、
少しでも大沢さんのコメント、出演時の雰囲気を伝えられる
お手伝いができれば幸いです。

感想文、不定期ですがまた書くつもりですので、
また遊びにいらしてくださいね。


☆★ROMES 空港防御システム 第3回(10月29日)記事への
ブログ拍手コメント、ありがとうございます!

⇒『マイガール1話』にもコメントを残していただいていたのに、
なかなか返信できずスミマセン。

そうですね~、大倉忠義くんには非ジャニドラマにも是非チャレンジ
する機会がそろそろ訪れるといいですよね!
ROMESの4話の感想も、書ける日に書きますのでよろしくデス。

「マイガール」については、ちょっと1話に感情移入してボロ泣き
するなど、ちょっと私の今のメンタル事情には負担が大きいかな?
と判断して2話以降は録画したまま未視聴なんですけど…
ヒナちゃんの標準語は違和感ありますか?
彼はコテッコテの関西弁が板につきすぎて、もはや標準語を
話す姿がかゆく感じられる域に達しているのかもしれませんね。

二宮くんの単発ドラマについて、うちの祖母は何故かジャニ
ドラマでは唯一ニノドラマだけは観るのが習慣なんですけど…。
祖母的にも、医者役よりも前回の障害を持つ青年の役の方が
良かったと言ってました。
そんな祖母は、たっちょんとピーちゃんの判別がつきません(笑)
しかし、嵐メンバーは全員顔と名前が一致するのが不思議です。



☆★「祝☆テレフォンショッキングご出演!」記事への
ブログ拍手コメント、ありがとうございます!

⇒直近では山下智久くんがテレフォンショッキングに出演する前
には、YOU&Jメールで事前に紹介されて「お祝いの電報をお待ち
しています!」的な感じで大々的にアピールしていたのに、
今回の大倉忠義くん出演については、事前のアピールがなくて
地味な扱いでしたね┐('~`;)┌

まさに「寝耳に水」状態で、直前で知ることができて私も本当に
助かりました。

当日の衣装、たしかに痩せて華奢になった身体にダウンの
ふっくら感が似合って、ビジュアルもスタイルも良かったですね!

パパさんのお店、今月上京するので行けたらいいなぁ…
と思いつつ、たぶん日程がタイトすぎて寄れなさそうです。
もっともっと商売繁盛して、うちの県にも出店お待ちしています(笑)

2ヶ月前から読んでいただいているということで、ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします。
先ほど、トヨタがF1から完全撤退と記者会見で正式発表されました。
トヨタからのニュースリリースはこちら

せっかく日本人ドライバーの小林可夢偉がF1参戦2戦目で6位入賞、今シーズンはトゥルーリとグロックそれぞれが2位を獲得するなど、TOYOTA F1TEAMとしては明るいニュースが多かったのに…。
やっぱり不況の余波が大きすぎたんですかね(´ヘ`;)ハァ

タイヤサプライヤーのブリヂストンも2010年末での撤退を先に発表していたところへトヨタまで…。
日本とF1の関わりがゼロになってしまったらどうしよう…と不安でいっぱいです。

来年、鈴鹿GPは予定どおり開催できるの?
フジテレビは来シーズンもF1中継をテレビ放映継続してくれるの?

昨夜から、北京で開催されているThe Race of Chanpionsというモタスポイベントにセバスチャン・ヴェッテルが出場してるので、日本ではテレビ放映がないためネット中継で楽しんでいるんだけど、F1もこんな状態になってしまう危機なんだよね…。


日本とF1の繋がりが消えてしまう前に、なんとかして日本人ドライバーには来年のF1シートを確保して欲しい!!
今は僅かな望みを彼らに託して、採用してくれるチームがあることを祈ってます。


今日は一日、トヨタ撤退の噂~正式発表を受けて気持ちがどんより沈んでますが、せっかく昨夜はROCのNations Capが面白かったんで、ちょっとだけ追記で書いておこうかな。


本日、11/4は関ジャニ∞の新曲『急☆上☆Show!! 』発売日です。

昨日はその宣伝もあって大倉忠義くんが、『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに初登場!
大倉くん好きとしては、生放送、ピンでトーク番組出演がここのところ続いて嬉しいっ!!

せっかくの機会なので、タモリさん&大倉忠義くんのトークを端折りながら記録しておきます。

お祝いのお花も沢山届いてましたね。
ROMES共演者は杉浦太陽くん、国仲涼子さん、渡辺裕之さん、草刈正雄さん、原作本出版元の徳間書店、そして“愛犬ハル”からも(笑)
必殺仕事人2009関連からも、藤田まことさん、松竹京都撮影所勝手にPTA(笑)さん、息子役だったまえだまえだの航基くんからも届いてました。

タモリ「えー、山口さやかちゃんからメッセージが届いてます。」
大倉「はい」
タモリ「ごぶさたしています。港区界隈ではたまにお見かけしております。ってか、飲みすぎです。肝臓おだいじに」
大倉「はっはっは、ありがとうございます。」
タモリ「そんなに呑んでるの?」
大倉「結構好きですね」
タモリ「ほぅ…関ジャニ∞全員呑めるの?」
大倉「はい、関ジャニ全員強くて呑めるので、一緒に呑んでると困っちゃいますね」
タモリ「ほんと」
大倉「はい、店のこの一升瓶がなくなっちゃったり、なんか日本酒飲み尽くしちゃったり…とか」
タモリ「関ジャニ∞全員で呑みに行くことはないだろ?」
大倉「いえ、ライブの終わりで大体皆でご飯一緒に行ったりするんですけど」
タモリ「関ジャニ全員で?」
大倉「はい、全員で行って」
タモリ「大変な騒ぎになんないか?」
大倉「いや、ならないのが悲しいところなんですよね」
会場(笑)
大倉「なってほしいんですけど、普通にご飯食べちゃってます」
タモリ「あ、そう。」
大倉「はい」
タモリ「で、呑むの?」
大倉「呑みますねぇ」
タモリ「仕事終わりじゃなくて、休みの日に関ジャニに会おうかってことはあるの?全員で」
大倉「いや、全員は最近なくなりましたけれども、いまドラマでメンバー1人と(一緒に)2人でやっておりまして、で、このあいだは2人で渋谷をず~っと空き時間デートしてましたね」



明日、11月3日(祝)の『笑っていいとも!』テレフォンショッキングのゲストは、なんと、なんとっ!!

関ジャニ∞の大倉忠義くんです

マイミクさんからメッセをいただくまで知りませんでした。
F1繋がりなのに、大倉くんファンだということを忘れずにいてくれて、ホントに本当に感謝です!

『ヤスコとケンジ』繋がりで広末涼子さん⇒山口紗弥加さん⇒大倉忠義くんのリレーになったようですね。
大倉くんがテレフォンショッキングに出るなんて、またまた失礼ながら全くノーマークだったので、その分うれしさ倍増!ドキドキも倍増!!
そのまま興奮状態で眠れなくなってしまった(笑)

明日お昼はテレビの前で「いいとも」チェック
&高画質録画スタンバイして楽しみにしたいと思います!!

関ジャニ∞のニューシングル11月4日発売、関ジャニ∞/急☆上☆Show!!【初回限定盤A:CD+DVD】のチェックも忘れずにね
そうそう、昨夜のアブダビGP決勝後のプレカン、生放送では同時通訳なしでヴェッテルのコメントが聴きたくてそこだけ副音声に切り替えて聴いていたんだけど、やっぱり英語圏のドライバー2人の英語は早口すぎて理解できない部分が多かった…。

でも、ジェンソンが「シーズンが終わってしばらくはお祝いして楽しみたい」とコメントしている横で、なにやらゴニョゴニョとセブが「you will get married?」と無邪気な顔して横槍を入れていて、ジェンソンが焦って言い訳しながらセブの背中をバシバシ叩いて、余計なこと言わないの!と言わんばかりの表情をしていたのが印象的だったんだよね。

でも、結局セブとジェンスが何を言っていたのかがハッキリ解明できずモヤモヤした気分でいたら、、[autosport.com]にプレカンコメント全文が掲載されていて、聞き取れなかった部分のコメントをコンプリートできて、朝からスッキリ爽やかな気分ですヽ(´▽`)ノ

セバスチャン・ベッテル(以下SV): I hear you are getting married.
「僕は君が結婚すると聞いてるよ」
ジェンソン・バトン(以下JB): Are you proposing?
「君がプロポーズしてるの?」
SV: I heard you will get married.
「僕は君が結婚すると聞いたんだ」

JB: You know, they write great things in the press. Thank you for that one Seb, but I am going to enjoy this as we often look too far into the future and I want to just enjoy this moment and then I will look to the future after that.
「君は知ってるだろ?記者は大袈裟に書くんだ。セブ、ありがとう。でも僕たちは遠い未来のことを見がちだけど、今まさにこの瞬間を楽しんでから、その後に将来のことを考えるつもりだ。」

さらに、プレス陣からの質問に回答する中で、セブ&マークが執拗にジェンソン結婚ネタをひっぱってて面白い(笑)

Q. To all three of you: considering there is a long break before February, I suppose you won't be on holiday all the time. What is your working programme?
「2月まで長いブレイクになると思いますが、その間ずっと休暇ではないと思っています。あなたのワーキングプログラムは何ですか?
SV: Jenson's getting married, we heard. So he's busy.
「ジェンソンは結婚するんだよね。僕達はそう聞いてるよ。だから彼は忙しいんだ」

マーク・ウェバー(以下MW): And we're all invited as well.
「それに僕達は同様に招待されているからね」
SV: Yeah, everyone.
「うん、みんなね。」
JB: Next question.
「次の質問にいこうか」
MW: But Japan's a long way.
「でも、日本は遠いなぁ」

マークはいっつもクソ真面目なコメントしかしないと思っていたら、結構セブに合いの手を入れてつっこむつっこむ(笑)

セバスチャン・ヴェッテル今シーズン4勝目!!
おめでとう!\(^^\)(/^^)/


これでドライバーズポイントランキング2位も確定(^^)v 初開催のアブダビを優勝&ファステストラップで飾り、優勝回数も今シーズン4回と伸ばしてきて、ブラジルで泣いた悔しさもきっちり糧にして結果を残したヴェッテルは最高にクール!だと思います。

ジェンソン・バトンも、シーズン中盤以降の不甲斐ない成績つづきだったけど、最終戦はファイナルラップまで前を走っていたウェバーをオーバーテイクしようと果敢に攻めるシーンもあり、結果的に3位表彰台獲得。
ワールドチャンピオンらしいレースで〆られて格好がつきましたよね。

日本勢では小林可夢偉がF1参戦2戦目で6位入賞!
Q2落ちしたライコネン以下10台は1ストップで上位を狙う戦略という中で、結果的にポイント圏内にジャンプアップしてきたのはカムイだけ。
セカンドスティント序盤でタイムを大きく失った周回が1回あった以外は、ほぼパーフェクトなんじゃないかとCS解説の川井ちゃんも、地上波解説の右京さん、森脇さんも絶賛でしたね。

大先輩同僚ドライバーのヤルノ・トゥルーリは6位スタートの2ストップ戦略だったところを、予選11位1ストップ戦略のカムイに前をいかれて、終盤は意地の自己ベストラップ連発で応戦。
カムイも先輩ヤルノに負けじとファイナルラップまで自己ベストを更新しつづけるあたり、これは見所のある日本人ドライバーが出てきたかも?!
とワクワクできる要素を見つけられて、来シーズンもカムイがレギュラードライバーのシートを確保できると面白そうだなぁ♪と期待してます。

それにしても現在のGFが日本人という親日ButtonとKobayashiは因縁めいたものがあるのかな?
ブラジルにつづいて、バトンをオーバーテイクする場面もあったり、TOP3プレスカンファレンスでもバトンに対して小林絡みの質問が飛んだりもして、Kobayashiの注目度が高かったのもおもしろかったです。

一貴はウィリアムズでの最終戦(たぶん)、13位と奮わない成績で終わってしまって悔しいでしょうね…
ふたりの日本人ドライバーの明暗が分かれたレースという印象も強いです。

【2009 F1アブダビGP決勝結果】
Yas Marina, United Arab Emirates
55 laps; 305.470km;
Weather: Dry.
1 S.Vettel レッドブル 1h34:03.314
2 M.Webber レッドブル +17.857
3 J.Button ブラウンGP +18.467
4 R.Barrichello ブラウンGP +22.735
5 N.Heidfeld BMWザウバー +26.253
6 小林可夢偉 トヨタ +28.343
7 J.Trulli トヨタ +34.366
8 S.Buemi トロ・ロッソ +41.294
9 N.Rosberg ウィリアムズ +45.941
10 R.Kubica BMWザウバー +48.180
11 H.Kovalainen マクラーレン +52.798
12 K.Raikkonen フェラーリ +54.317
13 中嶋一貴 ウィリアムズ +59.839
14 F.Alonso ルノー +1:09.687
15 V.Liuzzi フォースインディア +1:34.450
16 G.Fisichella フェラーリ +1 Lap
17 A.Sutil フォースインディア +1 Lap
18 R.Grosjean ルノー +1 Lap
リタイア2台
L.Hamilton McLaren-Mercedes 21周目 右リアブレーキ故障
J.Alguersuari Toro Rosso-Ferrari 19周目 ギアボックストラブル


☆Fastest lap: S.Vettel, 1:40.279 ON LAP 54



まだ書きたいことが沢山…
追記はのちほど。


マシン重量発表があったので夜中に更新♪

「僕達のステアリングについてるKERSボタンがあまりうまく作動しなかったみたいだけど、マシンの調子は良くなってきているから、ルイスはとても速かったけど、明日の決勝が楽しみだよ。」
と、ステアリング握りながらKERSボタンを押してるような仕草をしながら、笑ってこんなことを言っていた予選2位のセバスチャン・ヴェッテル。

相変わらずお茶目♪レッドブルにはKERSボタンなんて最初からついてないのに、セクター2のストレートで速くないからこんなジョークを飛ばしてるでしょ(笑)

セブが予選TOP3プレスカンファレンスで饒舌だったから、結構燃料積んでの2位だったんだろうなぁ~と予想していたけど、やはりルイスよりも積んでた!!

まずスタートダッシュ&ストレートが長いセクター2はマクラーレンに分があることは認めた上で、セブがルイスに勝てるとしたら、ルイスよりも後にピットストップすることが必要条件。
あとはお得意の燃費走行でどれだけ1回目のピットストップのタイミングを延ばせるか。
それとイージーミスには注意。
と…特に某R.Gさん(リアルゲイじゃないよ、ドライバーのイニシャルだよ)がスピンしまくり、クラッシュする可能性も結構高そうなのでもらい事故&SCに注意。
で、最終戦はポディウムの1番高いところで笑顔で迎えて欲しいなぁ。

あまりにもハミルトンがダントツで速すぎる印象だったけど、予選と決勝ではまたレースペースコントロールも違うんだろうしね。

あとは…アブダビは奇数グリッドと偶数グリッドの差はどのくらいあるのかな。
キミがレース後インタビューで「クリーンサイドでよかった」と言っているくらいだから、奇数グリッドの方が断然有利なんだろうけど…。
なにげにチームメイトに先に行かれてしまった場合の幅寄せブロック攻撃が怖い…。

完全にヴェッテルファンモードです(笑)

<2009 F1アブダビGP予選結果>
順位/ドライバー/コンストラクター/重量
1. Lewis Hamilton /McLaren Mercedes/658.5
2. Sebastian Vettel/RBR Renault / 663.0
3. Mark Webber /RBR Renault/660.0
4. Rubens Barrichello/Brawn Mercedes / 655.0
5. Jenson Button /Brawn Mercedes /657.0
6.Jarno Trulli /Toyota /661.0
7.Robert Kubica /BMW Sauber /654.5
8. Nick Heidfeld/BMW Sauber/ 664.0
9.Nico Rosberg/Williams Toyota / 665.0
10.Sebastien Buemi/STR Ferrari / 661.5
---
11.Kimi Raikkonen/Ferrari / 692.0*
12.Kamui Kobayashi / Toyota /694.3*
13. Heikki Kovalainen/McLaren Mercedes / 697.0*
14.Kazuki Nakajima/ Williams Toyota / 704.0*
15.Jaime Alguersuari/STR Ferrari / 696.5*
16.Fernando Alonso/Renault / 708.3*
17.Vitantonio Liuzzi /Force India Mercedes /695.0*
18.Adrian Sutil /Force India Mercedes /696.0*
19.Romain Grosjean /Renault /710.8*
20.Giancarlo Fisichella/Ferrari / 692.5*

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。