上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
初開催のアブダビGPは、これまた初の試みになる“トワイライトレース”。

FP2の時間帯になると、最新の美しい近代設計のサーキットが夜の帳が落ちる瞬間のブルーを貴重としたライトアップされ、コースに灯された照明に照らされて輝く美しいF1マシンが映えて、ナイトレースのシンガポールと同じくらい綺麗です!!

観光地、レジャー施設的な見た目の美しさは抜群ですが、コース自体はフラットで、バレンシアとシンガポールのような市街地サーキットと類似しているため、あまりオーバーテイクポイントが無さそうだし、クラッシュもしやすそうかな…と印象を受けました。
純粋なコース上での順位変動はあまり見られないかもしれませんが、アクシデントや戦略によっての思わぬ番狂わせは見られるかもしれないですね。

ライトアップされてからのオンボード映像では、特にコバライネンのステアリングのデジタル表示で、KERSの残量やシフトなどを確認しながらの解説もおもしろかったです。

そして、このレースがラストランとなるBMWザウバーのマシンが一際ライトに照らされると白とブルーの美しい車体が映えて綺麗でした。
ロバート・クビサはFP2途中でマシントラブルで早々にピットへと戻ってしまいましたが、国際映像でクリスチャン・クリエンと並んでお茶目な表情を見せてくれたりもして、金曜はリラックスしたドライバーの姿を見られるのも嬉しいですよね♪


個人的に今一番注目しているセバスチャン・ヴェッテルは、FP2終盤アタックでタイム更新をしていたのに、セクター2あたりでフィジケラにひっかかってしまい、左手を挙げて怒ってましたo(`ω´*)o
「1位以外は敗者だ」と現在ポイントランキング2位に浮上しているのに捨て台詞的な発言をしていた彼だけど、アブダビの練習走行中でもすでに闘志漲っている様子で安心しました。
ステアリングを握るとスイッチが入ってファイティングモード全開!
で、マシンを降りたらそのへんにいる普通の若い男子なヴェッテル君が好きです。

スポンサーサイト
<3話あらすじ>
“誘惑の女神”強奪事件が解決した直後、今後は空港各部署宛に「湾空を閉鎖しろ。さもなくば災いが雹のように降りかかるだろう」的な脅迫文が届き、イギリスのヒンデル本部に帰ろうとしていた成嶋(大倉忠義)は、湾空専務の閑野(草刈正雄)から直々にROMESチームのチーフとして残って欲しいと要請される。

湾空に設置されているROMESの映像に、死んだはずの成嶋の恩師・デイビス教授の姿が残されていた謎がまだ解決せず、湾空に急遽戻ってきた成嶋の真の目的が達成されていないことから、成嶋はROMESチームチーフとして湾空にしばらく勤務することを快諾。

最初の事件は、湾空の滑走路警備にパトロールカーで出かけた桜井(柄本佑)がドライブ中、突然フロントタイヤ付近から花火のような火花が散るという犯人グループからの軽いジャブ的な警告。

今回、脅迫文を送りつけてきている犯人グループは「エース」「DH」「レフト」などと野球のポジションになぞったメンバーが暗躍している様子がドラマ内では、ウェブサイト上で情報をやり取りしている犯人グループのタイピングした文字として表現されていますね。

その中で「潜入しているエースのためにも」といったキーワードが強調されていました。
どうやら、今回の犯人グループのメンバーが少なくとも1名、既に湾空内に潜入して暗躍しているということが分りやすく伏線として表現されていたと思います。

あらすじだけでも長くなりそうなので折りたたんでおきます。



今クールドラマは今のところ『ROMES』『東京DOGS』『JIN-仁-』『おひとりさま』と、久々に完走できそうな連ドラが4本。
あ、『マイガール』も1話は感情移入してボロ泣きするほど見入ってしまうくらい良いドラマなんですよ。
でも、今のわたしにとって精神的負荷が高そうなので、録画保存して、心に余裕があるときに楽しむつもりです。

そして、ここまで張りきってドラマ感想文を更新していますが、少々疲れてきたので観たドラマ全ての感想文を書こうとするのは自粛しようと思っています。

書きたいことを自分のペースで…
じゃないと、楽しむために始めたブログを負担に感じてしまったら本末転倒だからね。


そうそう、自分で登録した記憶がなかったのですがblogramランキングというところの大倉忠義ランキングで2位に入ってました (^。^*))((^O^)v

なにやら、ブログ分析ができるというので、blogramに今日、このブログを登録。

このブログの「みどころガイド」なる分析結果が見られるようになったので、早速読んでみると…

---「心音日記」には、cocoroneさんのF1・安田章大・TV番組への熱い想いが溢れています。
ちなみに安田章大に対しては「楽しさ」「満足感」といった想いが感じられます。---

ん?大倉くんじゃなくてヤスくんへの熱い想いが溢れてるとな??
どうやら、ブログ上ではヤスくんに関するキーワードの方が大倉くんよりも優勢みたいです。
リアルでは最愛アイドル☆大倉忠義への愛が溢れていますよ('-'*)♪
なぜか大野智というキーワードでは圏外みたいで、ちょっと淋しい…。


パーフェクトな解析結果が出るまで時間を要するみたいなので、明朝、あらためて確認してみようっと。

通常月9アレルギーの私ですが、『東京DOGS』は1,2回共にすごく楽しんで観てます♪

他局で視聴率高めをキープしている刑事ドラマものを月9風にアレンジ。
若手イケメン役者とこれまでフジテレビ臭の薄いベテラン役者のコラボ。
派手な演出、刑事モノだけど頭を使わなくても理解でき、精神的疲労も少ないという点が、ホント月曜夜にちょうどイイですよね。d(-_^)good!!

2話では、高倉が抱えている幼少期に同じく刑事をしていた父親が追っていた大友という犯罪組織のボスに目の前で拳銃で撃たれ死亡した悲しい記憶と、敏腕弁護士である父親が狙撃対象とされマルオの判断で由岐のマンションに匿うことになった弁護士の息子をオーバーラップさせて描かれたストーリーでしたが、コメディ要素を要所要所に散りばめ、マルオの軽い感じと高倉母の天然炸裂っぷりに重たさが中和されて、気分がどんより重たくなることもなく、終始気楽にドラマを観ることができました。

ちょっと流し観してもストーリーに置いていかれることもないし、かといってストーリーが破綻した部分もないし、1話の感想と同じくバランスの良さとスピード感であっという間に1時間過ぎてしまう。
そんな勢いのあるドラマだと思います。

次週は由岐が飲食店でバイトをはじめ、彼女付きの監視役として堀川刑事もバイトをはじめるようですが、今週ちらっと出てきた高倉が追っている父の仇の組織のリーダー格?らしきイケメンも由岐のバイト仲間として店に潜入するみたいですね。

スリリングな展開になるのかな?
ひきつづき楽しみです♪

『東京DOGS』


脚本:福田雄一/プロデューサー:鹿内植
演出:成田岳、石井祐介
出演:高倉奏(小栗旬)/工藤マルオ(水嶋ヒロ)
松永由岐(吉高由里子)/堀川経一(勝地涼)
益子礼二(東幹久)/西岡ゆり(ともさかりえ)
高倉京子(田中好子)/舞島ミサ(大塚寧々)
大友幸三(三浦友和)ほか...



あらすじは公式サイトにわりと詳細に掲載されているので割愛。
以下、感想文だけ残しておきます。


このドラマ、脚本&演出コンビが『結婚できない男』コンビなんですね。
「結婚できないんじゃない、結婚しないんだ」
この台詞、そういえば『結婚できない男』の中で偏屈な建築家役だった阿部寛さんも言ってましたね。
で、今回は主人公を男性から女性に変えて『おひとりさま』を描く…かぁ。


<あらすじ>
2話では女子生徒が「通学途中で怪しい男に襲われた」と自己申告。
学園側は放課後の教師見回り、警備の増強策を講じるが、時を同じくして秋山里美の自宅留守電に無言のメッセージが入るようになり、秋山先生が教育係として教育している新人臨時教諭の神坂が、秋山と一緒にいるときに複数回この妖しい男を近くで見かけたことに気づき、「この男、秋山先生の近くで何度か見ました」と職員室で発言。
それまで1人で外食して遅くに帰宅しても平気だった秋山だったが、さすがに怖くなって防犯ブザーと催涙スプレーを購入し身につけるようになる。

ある夜、遅くに食料の買出しに外出するはめになった秋山の後から、ヒタヒタと近づく足音…彼女の行き先は行き止まり。慌てて催涙スプレーを噴射して悲鳴をあげた秋山が冷静になってみると、なんと秋山の身を案じて見張っていたという神坂が「目があかない!」と転げまわっている姿が。
そんな二人の後から例の妖しい男が現れ、真相を聞いてみれば学園の教頭の妻が夫の浮気を疑い、飲み会の席で酔っ払って教頭が秋山に絡んでいる写真を見て秋山が夫の浮気相手だとカンチガイをしており、妻が探偵を雇って周辺調査をさせていた…というオチでした。

秋山はその後、怖い思いをひとりでしているとき、誰かに心配してもらえることを嬉しく思ったと神坂に伝え、立ち食い蕎麦で夕食を済ませようとしている神坂にまともな食事をご馳走してお礼する。
その流れで、神坂が今まで身を寄せていた友人宅を出て今はネットカフェで寝泊りしていることを知り、「教師がそんな生活をしていたら生徒に示しがつかない!」と説教する秋山。
しかし「アパートを借りるお金は今ありません」とさらっと言って除ける神坂に「じゃあ、お金を貸してあげるからアパート借りなさい」と提案するも「人からお金を借りたくないんで」と返され、結局、お給料が出るまでの間、秋山の部屋に神坂を泊めることになり、来週からは奇妙な同居生活が始まるみたいです。

秋山「念のため言っておくけど、なにもしないでよ!」
神坂「僕たちの間になにかが起こると思いますか?(ありえないでしょう)」
自覚なしの恋愛対象圏外宣告&草食男子っぷりを発揮している神坂くんに翻弄されっぱなしの10歳年上女(笑)おもしろいです。

『おひとりさま』
脚本:尾崎将也・関えり香
プロデューサー:正木 敦ほか
演出:植田 尚・韓 哲ほか
出演:秋山里美(観月ありさ)・神坂真一(小池徹平)
沢井君香(松下奈緒)・青木ちひろ(鈴木亜美)
佐々木麻衣(北川弘美)・矢野冴子(酒井若菜)
野々村伸介(デビット伊東)・田島淑恵(真矢みき)ほか…


1話-2話で、まずはROMESの防御システムの基本01~05の役割、そして天才運用責任者の成嶋優弥をはじめとする東京湾国際空港通称“湾空”を守るセキュリティチームのメンバー紹介を兼ねていた最初の事件、【誘惑の女神強奪未遂事件】が完結しました。

ここまでは原作小説【ROMES06 誘惑の女神】がベースとなり、同時進行で【ROMES06】に関わる人物もちらほらと登場している感じでしたが、誘惑の女神のエピソードは原作とは事件解決までのストーリーを変えることで簡略化し、残りは全て【ROMES 06】で描かれたエピソードを丁寧に描いていくのかな?と予想されます。

原作と違った形での事件解決でしたが、成嶋の「基本、人は信じない、信じられるのはROMES(システム)と愛犬ハルだけ」という無機質さの中に眠っている、「人の本心を見抜く洞察力と、人の痛みに対する優しさ」を部下である砂村が気づく。
そういった意味では、この改変は逆に良かったんじゃないかな?と思いました。

ワーニャ&マギーがドラマでは、最初からボスであるジョンに何の不信感も抱かず、おとりとして身柄確保されるリスクを覚悟して行動していた。という点は彼女達があまりにも愚かな女に見えて残念でしたが…。

リョウとタジリの恋愛=人の感情から派出した団体行動の乱れが、女神像強奪のボスであったジョンの描いたシナリオを大幅に狂わせた結果、女神事件は失敗に終わった。

成嶋の「人は信用できない」「システムは何物にも惑わされることなく正確なデータだけを導き出してくれる」というポリシーは間違っていない。
ということを証明してみせた“誘惑の女神”事件のラストでした。


『ROMES 空港防御システム』


原作:五條瑛「ROMES 06」「ROMES 06 誘惑の女神」
脚本:佐伯俊道 山浦雅大
音楽:森悠也
主題歌:TOKIO【また朝がくる】

キャスト:成嶋優弥(大倉忠義)、砂村多駒(安田章大)
八坂葵(国仲涼子)、黒部武彦(渡辺裕之)
江川宏(杉浦太陽)、宮城章雄(小木茂光)
木村まゆ子(川村ゆきえ)、梶谷甲三郎(池田鉄洋)
日高勇作(古館寛治)、藤堂勝(近藤芳正)
閑野流斐(美山加恋)、閑野忠直(草刈正雄)ほか…



あらすじ…
コンパクトにまとめようと暫く格闘してみましたがムリでした(;´д`)トホホ

『ROME 空港防御システム』2話「奪還」の再放送
★☆10/25(日)17:15~18:00 NHK総合☆★

で是非、ご確認ください。

たぶん、その方が納得できると思いますのでσ(^◇^;)

☆本日第2話放送の『ROME 空港防御システム』

BS hiでの放送時間は1時間前倒しなので注意!

『ROMES 空港防御システム』 2話「奪還」
・NHK BS hi 17:00-17:45
・NHK総合 20:00-20:45

 ※再放送は10/25(日)17:15~18:00 NHK総合での放送です。

NHK総合での放送は通常どおり20:00~の放送ですが、裏にゴールデン進出初回の同事務所先輩グループのバラエティ特番が…
でも、原作「誘惑の女神」事件の完結が見られるはずなので、ぜひ『ROMES』第2話をリアルタイムで見て欲しいなぁ。

おーちゃんゴメン!
私は大倉くん優先でロメスを見るよ。

なんて、測定器ついてない上に関東在住でもないけどね( ;^^)ヘ..


やはり連ドラには数年ぶりの登板ということもあってか、大沢たかおさん演じる主人公がとても新鮮に感じられます。
そして、過去の役とダブらせてへんな先入観を持たずに大沢さん=南方仁を観られる所為か、すごく南方の葛藤を素直に受け入れることが出来るんですよね。

本来、こういったSF系のドラマは、設定が非現実すぎて感情移入はしづらい。というよりも感情移入は不要のハラハラドキドキ感先行型が主流だと思っていましたが、このドラマは南方と一緒に、観ている自分も一緒に江戸末期にタイムスリップして、南方と一緒に自分がもし、ある日突然江戸時代に放り出されたとしたら、どんな風に考え行動するんだろう?と考えながら見入ることが出来ています。

◆2話のあらすじ&感想です。

江戸時代末期へとタイムスリップしてしまった南方は、自分がタイムスリップする直前に出会った身元不明の男性患者と同じ声、土佐弁を使う武士と出会い、なにかと縁深いその土佐弁の武士に名を訪ねると「坂本龍馬」と名乗られてひどく驚いた場面で1話は終わっていました。

歴史的偉人と接したり、江戸時代末期には存在しない現代の医学知識をもって、死ぬはずだった人の命を救うことで、その後の歴史を大きく変えてしまうのではないか?
と気づき、これ以上未来から来た自分の所為で他人の未来、日本の未来を変えてしまってはいけない。と頑なに口を閉ざし、それ以上の医療行為は封印することに決めた南方。

目の前で頭部を負傷した2人を現代の医学知識を持って治療し、当時の江戸の医師の間では「見たこともない方法で手当てをする医者がいる」と噂になっていました。
そこへ、4年前にも流行し、多くの江戸の人民の命を奪った「コロリ」という病が再び江戸の町で流行。
当時の徳川将軍の御匙も務める医学の権威、緒方洪庵が弟子の医師を引き連れ、南方が身を寄せている橘家を訪れ、「コロリの治療方を教えてほしい」と願い出ます。

しかし、南方の意思は固く、コロリ=コレラであることを理解していた上でも一旦は「治し方を知らない」と緒方の申し出を断ってしまいます。

軍隊あがりのニューヨーク市警エリートの高倉奏が追い続ける、謎の日本人犯罪組織のボス神野。
その神野をついに逮捕か?!とNY警が大掛かりなトラップをしかけている末席に、日本から応援要請されていた暴走族あがり、楽天家刑事の工藤マルオと後輩刑事パートナーの堀川。

いきなり舞台はアメリカ高層ビルに囲まれた美しい夜景、飛び交う英語、派手な銃撃戦、そんな危険な現場にふらっと現れた記憶喪失の日本人女性・由岐、そして黒人たこ焼き屋台屋さんのユニフォームには「蛸入ってません」…。

クールで国際的な刑事ドラマ仕立の中にちりばめられた遊び心。
コメディとシリアス、月9の華やかさのバランスが絶妙で、初回延長での放送もスピーディーな展開に引き込まれてあっという間に観終わってしまいました。

素直に『東京DOGS』は面白いです!
10月期は1話を観た印象が良かったドラマがここまで4本。
キャスト、ストーリー、ドラマ全体の印象トータルバランスの良さでは『東京DOGS』に一番期待できそうです。

『東京DOGS』


脚本:福田雄一/プロデューサー:鹿内植
演出:成田岳、石井祐介
出演:高倉奏(小栗旬)/工藤マルオ(水嶋ヒロ)
松永由岐(吉高由里子)/堀川経一(勝地涼)
益子礼二(東幹久)/西岡ゆり(ともさかりえ)
高倉京子(田中好子)/舞島ミサ(大塚寧々)
大友幸三(三浦友和)ほか...


視聴の最大の目的としていた勝地涼くんの出番も思ったより多そうだし♪
ストーカーまがいの可愛い彼女にデレる姿、刑事なのに犯人に簡単に拉致られてしまうヌケた感じ、小栗くんとは付き合いも長いので当然息ピッタリですが、水嶋くんとの相性もバッチリd(-_^)good!!
やっぱり、勝地くんの役者としてのセンス、大好きです!

そんな堀川刑事主役の[MISSION IN 東京DOGS]もすごく気になるゾ~。

肝心な主役、小栗旬くんはコメディには不向き?と、これまで思っていましたが、『東京DOGS』ではアメリカ暮らしの長い堅物設定を生かしたズレた感じと、高倉母の天然っぷりに翻弄される姿にクスリとさせられるように描かれているので、このドラマにおけるコメディパートはすごくイイ感じですъ( ゚ー^)
アクション、スーツ姿もスタイルいいから格好良くきまってます。

水嶋くんは、「メイちゃんの執事」のようなスカした役よりも、こういった暑苦しいくらいのぶっちゃけキャラの方が生き生きとしていて個人的には好きかも。

初回ゲスト出演の犯人組織の一員・棚島役で登場した成宮寛貴くんもすごくよかった!
こちらも小栗くんと縁深い役者さん起用ですね。
成宮くんのキレ者犯罪者役ってハマりますよね~!
うまいことポイントスパイス的に存在感たっぷりだったので、1話で自殺してしまったのが残念。

と、散漫な感想文だけ書いてみましたが、あらすじ、気力があったら後ほど追記します。
予定は未定だけどね(*゚ー゚)ノ

今シーズンはアブダビGPが残っていますが、例年どおりブラジルGPでワールドチャンピオンが決定しましたね。

予選14位、序盤は前を走行中の新人ドライバー・小林可夢偉のライン変えまくり走行に愚痴を言いつつも、ここ数線では見られなかったアグレッシブな攻めの走りで終わってみれば5位に浮上。
直近のライバルであり、チームメイトのバリチェロさんがポールからアクシデントもあって順位を8位まで落としてしまったことと、中盤以降怒涛の追い上げを見せてきたヴェッテル君の予選失敗にも助けられ、レース自体では負けたものの、無事に逃げきりワールドチャンプの座を獲得したジェンソン・バトン、おめでとう!!

せっかくの母国GP、ポールスタートだったのにタイヤバースト危機とか…セヴがダメならせめてルーベンスには望みを繫いで欲しいと思っていたんだけどね…歓喜のウィニングラン(本当は5位)のチームメイトと併走して、勝利を称えるその姿に感動した!
来年も頑張ってくれそうな大ベテラン、ルーベンス・バリチェロの健闘にも拍手です。
ほんまにええ人や~(´Д⊂>何故か関西弁

そして、個人的にはやっぱり最期までセバスチャン・ヴェッテルを応援していたんだけど…結果は残念でした。
でもでもっ!終わってみれば11台抜きの4位ですよ!!
ファイナルラップまでこちらも怒涛の14台抜きで3位に浮上していたハミルトンを追い詰め、マッサからチェッカーを受けたときには、もう既にハミルトンとほぼ併走している姿を見て、来年もこの勢いで、あのキャラできっと楽しませてくれる!と確信できたので、心からセヴにも「ありがとう」と言いたいです('-'*)
最終戦・アブダビではニューエンジン投入して、初めてのコースをエンジョイしまくってね♪

ブラジルGPを制したのは、1回目のピットストップで前を走っていたバリチェロを難なく追い抜き、そのままトップを危なげなく快走したマーク・ウェバー、2位にはオープニングラップから怒涛の走りで久々にポディウムに戻ってきたロバート・クビサ、3位にはこちらはやはり晴れセッティングだったんですね~なんと17番手から3番手までジャンプアップしてきた昨年のワールドチャンピオンのルイス・ハミルトン。

ちなみにファステストラップも優勝したウェバーが記録しているんですけど、国際映像もブラジルの観客も表彰台上の3名のウィナーには反応薄…ちょっと気の毒なくらい地味な扱いでした。

<2009 F1ブラジルGP決勝結果>
1.マーク・ウェバー(レッドブル)↑1
2.ロバート・クビサ(BMWザウバー)↑6
3.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)↑14
4.セバスチャン・ヴェッテル(レッドブル)↑11
5.ジェンソン・バトン(ブラウンGP)↑9
6.キミ・ライコネン(フェラーリ)↓-1
7.セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)↓-1
8.ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)↓-7
---
※9.ヘイッキ・コバライネン(マクラーレン)↑7
※10.小林可夢偉(トヨタ)↑1
※11.ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)↑8
※12.ヴィタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)↑8
13.ロマン・グロージャン(ルノー)⇒
14.ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)↓-2
--
R スーティル(Lap1右後方に迫っていたトゥルーリに気づかず接触リタイア)
R トゥルーリ(Lap1スーティルを抜こうとして接触、縁石に乗り上げスピンリタイア)
R アロンソ(Lap1 前者2台のクラッシュ時、スーティルと接触する貰い事故でリタイア)
R ロズベルグ(Lap27 ギアボックストラブルで白煙を上げながらスローダウンリタイア)
R 中嶋(Lap30 ピットアウトしてきた小林をラインを変えて抜こうとして接触単独クラッシュリタイア)
R ハイドフェルド(Lap22 1回目のピットアウト後マシントラブルリタイア)


※ピットでのライコネン炎上ペナルティ(笑)によりコバライネンに25秒タイム加算ペナルティ。
これにより、小林~リウッツィが1つづつ確定順位を上げます。


地味に日本人ドライバーが2人、F1レースに出場。
ということで注目もされていたかと思いますが、その期待に応えて(?)中嶋&小林がレース中に白熱のデッドヒートを繰り広げ、ドカーンと盛大な花火を打ち上げてくれてました(笑)

いや、本当にふたりともバトンとヴェッテルというワールドチャンプ争いをしている二人のトップドライバーをサイドイッチ状態にして、序盤はナイスファイトを魅せてくれてました!


地球のほぼ真裏、ブラジルで開催中のF1GP。
現地時間14:00スタート⇒日本時間深夜2:00スタートなので仮眠をとってLiveで見ましたが…
予選終了が限りなく5時に近かったんですけど(-.-)Zzz・・・(゚ _ ゚)ハッ!
フジテレビNEXT録画予約が4時に終了し、結局手動でRECしなおした直後にようやくQ2が始まるという、とんでもないロングタイムレースでした。

そうそう、トヨタのティモ・グロックが怪我療養中のため、リザーブドライバーだった小林可夢偉がステアリングを握っています。
中嶋一貴と小林可夢偉、ふたりの日本人ドライバーがF1レースに出場!!
そういった意味では、ブラジルと日本人ドライバーはご縁があるのかな。

<2009 F1ブラジルGP予選結果>
1. ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)650.5kg
2.マーク・ ウェバー(レッドブル)656.0kg
3. エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)656.5kg
4. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)658.5kg
5. キミ・ライコネン(フェラーリ)651.5kg
6. セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)659.0kg
7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)657.0kg
8. ロバート・クビサ(BMWザウバー)656.0kg
9. 中嶋一貴(ウィリアムズ)664.0kg
10. フェルナンド・アロンソ(ルノー)652.0kg
---
11. 小林可夢偉(トヨタ)671.6kg*
12. ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)671.5kg*
13. ロマン・グロージャン(ルノー)677.2kg*
14. ジェンソン・バトン(ブラウンGP)672.0kg*
※15. ヴィタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)683.5kg*
---
16. セバスチャン・ヴェッテル(レッドブル)683.5kg*
17.ヘイッキ・コバライネン(マクラーレン) 656.5 kg*
18. ルイス・ハミルトン(マクラーレン)661.0kg*
19. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)650.5kg*
20.ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)683.5kg*

 ※リウッツィはQ2開始直後のクラッシュによるギアボックス交換、決勝は5グリッド降格


観月ありさ×小池徹平 年の差10歳恋愛?30代独女「結婚できないんじゃない、しないだけ」、歴女、そして“おひとりさま”
キーワードに惹かれて初回、お試しで見てみたらおもしろかった!!

さすがに1話の段階では、10歳年下草食系男子それもあの女子より可愛いくらいの小池徹平くん演じる臨時現国教師の神坂先生と、学年主任に昇格したばかりのプライド高き女性教師・秋山先生との間には恋愛は生まれていませんでしたが、ふたりに共通する「10年後の自分に対する不安」を共有したところや、神坂のミスで絶対的ピンチに瀕することになった里美が、先輩教師としてのプライドから誰の手も借りずにピンチを何とかして切り抜けよう!とテンパっているところに、神坂がスッと発想転換の助け舟を出し、ふたりだけでピンチを脱したというエピソードで、お互いに「怖い女」「頼りなくて使えない年下男」と最悪だった第一印象を払拭したのは、見ていて顔が自然にほころびました。

女子高、さらに若い独身教師が多い環境の中で、あんなに可愛い男子がひとり飛び込んできたらモテるのは必定。
神坂くんの動向も含めつづきが楽しみです♪

『おひとりさま』
脚本:尾崎将也・関えり香
プロデューサー:正木 敦ほか
演出:植田 尚・韓 哲ほか
出演:秋山里美(観月ありさ)・神坂真一(小池徹平)
沢井君香(松下奈緒)・青木ちひろ(鈴木亜美)
佐々木麻衣(北川弘美)・矢野冴子(酒井若菜)
野々村伸介(デビット伊東)・田島淑恵(真矢みき)ほか…


もう明日には第2回の放送が迫っていますが、TBS日曜劇場『JIN-仁-』
第1回放送日にはうっかり忘れていて、15分遅れで慌てて録画しておいたのですが、今日遅ればせながら再生したところ、好みのキャスト&ストーリーも前評判どおり面白かったので感想文、残しておきます。
『JIN-仁-』』
原作:村上もとか/脚本:森下佳子
プロデュース:石丸彰彦ほか/演出:平川雄一朗ほか
出演:大沢たかお(南方仁)/中谷美紀(野風&友永未来)
綾瀬はるか(橘咲)/小出恵介(橘恭太郎)
桐谷健太(佐分利祐輔)/麻生祐未(橘栄)
小日向文世(勝海舟)/内野聖陽(坂本龍馬)ほか…


あらすじ…
長文です。

現代東京で脳外科医をしている南方仁が怪我で運ばれてきた身元不明の男の手術を受け持つ。
しかしまだ傷も癒えないままに、胎児のホルマリン漬け標本を手に非常階段を使って上階へ逃走を図ったその男の後を追た南方は、誤って階段から転がり落ちてしまう。
落ちていく瞬間、「あの時代へ戻るぜよ!」という声を聴いていた。

南方が目覚めると、そこは殺風景な野原。傍らには彼の仕事道具である簡易手術に必要な医療道具が落ちている。
何が自分の身に起こったのかわからないまま助けを求め、人の気配のする方へ近づくと、そこでは時代劇の殺陣のシーン撮影の現場のような武士同士の真剣勝負が繰り広げられている。
しかし斬られた男の身体から飛び散り、南方を直撃した返り血は紛れもなく本物。驚いた南方の気配に武士が気づき、斬りつけられるが、それを庇い南方を逃がしてくれた若い武士・橘恭太郎が頭部を斬られて倒れてしまう。
すぐに頭の怪我を治療しなくては!と駆けつけた役人達によって自宅へと運ばれた男性の屋敷で、即席手術を施すことにした南方。

髷も結わず、正体不明な南方を見て橘の母は不審がるが、兄の命を必死に助けようとしている南方の姿を冷静に見ていた妹の橘咲は率先して南方の手術の助手を務め、なんとか手術は成功。
安堵したところで、あらためて咲に「ここはどこですか?江戸時代?将軍様の名前は?」などと自分の置かれている状況確認の質問をたて続けに投げかけるが、咲にとっては南方の質問はどれもとんちんかんなもので、ひたすらに首をかしげられてしまう。
しかし、咲から聞き出した情報をまとめると、南方がいま存在しているのは江戸、黒船が10年ほど前に訪れているという話から江戸時代末期であることが判明。



大倉忠義くん初主演の連ドラ『ROMES 空港防御システム』
いよいよ昨晩から始まりました!

『ROMES』
原作:五條瑛「ROMES 06」「ROMES 06 誘惑の女神」
脚本:佐伯俊道 山浦雅大
音楽:森悠也
主題歌:TOKIO【また朝がくる】

キャスト:成嶋優弥(大倉忠義)、砂村多駒(安田章大)
八坂葵(国仲涼子)、黒部武彦(渡辺裕之)
江川宏(杉浦太陽)、宮城章雄(小木茂光)
木村まゆ子(川村ゆきえ)、梶谷甲三郎(池田鉄洋)
日高勇作(古館寛治)、藤堂勝(近藤芳正)
閑野流斐(美山加恋)、閑野忠直(草刈正雄)ほか…



NHK総合では毎週木曜20時~の放送ですが、BSハイビジョンでは先行して18時から観られるので、私はハイビジョンを録画しつつ視聴させてもらいました。

1話の率直な感想を。
あらすじは手短にまとめる力がないので今回は割愛。


本日スタート、NHKドラマ8新ドラマ『ROMES 空港防御システム』
より主演の大倉忠義(関ジャニ∞)くんがゲスト生出演した、『スタジオパークからこんにちは』感想、簡単に書いておきます。

インフルエンザで数日ダウンした後、初めて元気な姿をオンタイムで拝むことができた大倉くんは、シュッとしてスタイリッシュ(ヤスくんの言葉をそのまんま拝借)な秋の装いで、ジーンズにブーツを合わせ、むしろドラマ本編よりも顔色も良く元気そうでした♪

スタパの見学、中で見られる人数は通常30人程度、多くても40~50人立ち見状態でもラッキーかな。
という印象ですが、予想どおり、スタジオ内に入りきれず、スタジオへ向う通路の両脇に溢れんばかりのギャラリーが花道を作っていましたね。
大倉くんを一目生で拝みたいっ!!という女子がそれはもう沢山。
平日の今日でもあれだけの人数が集まったんだから、土スタはいったいどんな状態になっちゃうのかな?NHK前に女子が何百人と並ぶ姿、すごく私にとっては懐かしい感じですw

私もね、ここ数日の体調絶不調がウソのように、今朝は5時から爽やかにスッキリ目覚めたもので、そのままマイカー飛ばして高速で渋谷にかっとんで行こうか!!と真剣にしばらく考えましたが、さすがに今月頭に品川に行ったばかりなので自粛しましたが、行ってたら生大倉くんをちゃんと見ることは出来たんだろうか…う~ん、やっぱり強行突破すべきだったかなぁ。


ヲタの話は\(^_\)ソレハ(/_^)/コッチニオイトイテ

肝心な大倉くん、12歳から関西Jr.として事務所に入って、オーディションの経緯とベタなところで新聞配達のバイトをしていた~等、基本的には他のバラエティ(特に徹子の部屋と内容は被ってたかな)で語られてきた今までの苦難の道のりを紹介。
関ジャニ∞デビュー前、他の7人がステージで派手にアクションしながら歌ってるのに、一人だけドラムに固定されて地味にドラマーに徹している18歳の大倉くんの思い出VTRを恥ずかしそうに見る、24歳の大倉くんの姿が新鮮でした。

もちろん、肝心なROMESの見所なども紹介され、安田くんからのメッセージVTRも見られました。
いっつも一緒にいるヤスくんから、改めて仕事場ではNGを出さない、キッチリ仕事をマジメにしている姿を褒められて照れくさそうにしている大倉くんの姿がかわいかったぁ!!

★ROMES 初回放送までカウントダウン中♪
の記事へ拍手コメ、ありがとうございます!

⇒主題歌について、実は前々から私もブログに書きたいと
思っていたことなので、ちょっと長文で返信失礼しますね。

ROMESで大倉くんが主演、安田くんも準主役で出演と情報解禁
された直後から、主題歌は関ジャニ∞とまことしやかな情報がネット
で噂されていた影響からか、主題歌がTOKIOと発表された後、
「∞から2人もドラマに出ているのにTOKIOが主題歌で残念」
といった感想を少なからず目にしています。

関ジャニ∞のファンなら特に、ツアーオーラスでメンバーから
「次のシングルのカップリングをここでレコーディングします」
と、宣言されていたので、次のシングル発売が遠からず
予定されていることが分っていただけに、
大倉くんが主演のドラマなら当然主題歌も∞でしょう!
と期待が膨らむのは当然ですよね。

だから、大人の事情かも?と頭で理解していても、やっぱり∞に
主題歌を歌わせてあげたかった…というお気持ちも、ごく自然な
感情だと思いました。

しかし、悲しいかな…私はテレビドラマの感想文をここ数年、
ブログに書きつづけてきた結果、「ROMES」の放送枠である
“ドラマ8”の過去作の主題歌を、ドラマ出演者が歌手である場合
でも、その所属グループが担当しない。
というデータが頭に入っていた為、最初から∞が主題歌を歌う確率は
ほぼゼロだと思い込んでいたんですよ。

【ドラマタイトル】【主演】【主題歌歌手】
・バッテリー/中山優馬(関西ジャニーズJr.)/Mr.Children
・乙女のパンチ/山崎静代(南海キャンディーズ)/安室奈美恵
・キャットストリート/谷村美月/いきものがかり
・七瀬ふたたび/蓮佛美沙子/GReeeeN
・Q.E.D.証明終了/高橋愛(モーニング娘。)/青山テルマ
・ゴーストフレンズ/福田沙紀/ゆず
・ふたつのスピカ/桜庭ななみ /ORANGE RANGE
・プライミーバル/※日本のドラマではないので対象外
・ROMES 空港防御システム/大倉忠義(関ジャニ∞)/TOKIO

『ROMES 空港防御システム』
いよいよ今週木曜、10月15日20:00~NHK総合で放送開始です!!
◆2009/10/15 20:00~20:45 NHK総合
 ROMES/空港防御システム(1)<新><全9回>「帰還」


が、初回放送はNHK BS hiにて先行放送があるんですね
BS加入の皆様は、 ハイビジョン放送で18:00から先取り!お忘れなくφ(.. )メモメモ

◆2009/10/15 18:00~18:45  NHK hi
 【ROMES/空港防御システム(1)<新><全9回>「帰還」】



その他、成嶋優弥役の大倉忠義くん&砂村多駒役の安田章大くん主演の番宣番組出演もチェック

◆2009/10/15 13:05~13:55 NHK総合
 「スタジオパークからこんにちは」 ゲスト:大倉忠義

◆2009/10/17  14:00~15:00 NHK総合
 「土曜スタジオパーク -あなたの声に答えます-」ゲスト:大倉忠義・安田章大

◆2009/10/17 24:00~24:45 NHK総合
 「着信御礼!ケータイ大喜利」ゲスト:大倉忠義・安田章大


初回の再放送も10月18日(日)にあるみたいですね。

◆2009/10/18 17:15~18:00 NHK総合
 (再)ROMES/空港防御システム(1)「帰還」



今週はいろいろ楽しみイッパイでso happy♪
1週間のテレビ番組検索ワード「大倉忠義」で8件Hitって、やっぱり嬉しいものですね

テレ朝金曜深夜枠ドラマ、『TRICK』『時効警察』『キミ犯』『未来講師めぐる』など、深夜枠らしくサスペンスあり、コネタ満載の笑いあり…の良作が多い枠なので好きなんですが、この枠で嵐メンバーが主役のドラマはハートフル系路線なんですね。
大野くん主演の『歌のおにいさん』に続き、『マイガール』もハートフル系です。

涙腺の弱い私は、『マイガール』かなり序盤からボロボロ泣きながらの視聴となりました。
原作漫画は未読ですが、このままドラマが終わるまで、まっさらな状態で楽しもうと思っています。
これは映像も綺麗だし、なかなか良作の予感です!
『マイガール』


原作:佐原ミズ/脚本:大島里美ほか
演出:高橋伸之、麻生学ほか

出演:笠間正宗(相葉雅紀)/コハル(石井萌々果)
柴田友哉(村上信五)/笠間光代(室井滋)
塚本志織(朝加真由美)/塚本陽子(優香)ほか…



主人公、正宗は高校3年の時に出逢った年上の陽子と恋におちるも、彼女は「留学が決まった」と正宗の前から突然消えてしまう。
それから6年…3年もの間、陽子宛のエアメールを頻繁にポストに投函しつづけ、毎日彼女からの返信を待っていた正宗も、いつしか「陽子に振られたんだ、もう忘れられているんだろう」とよくある失恋のひとつだと思いこみ、忙しい日々の中で彼女の存在は薄れていた。
ある日、職場に陽子の母から電話連絡が入り、陽子の住むアパートに駆けつけ、そこで遺影の中で微笑む陽子と再会した正宗。
その帰り道、幼い女の子がたった一人で公園に佇んでいる姿を見つけ声をかける。少女は「コハル」と名乗る。
「ママは言いたいことをなかなか伝えられない人だから」…と、コハルはママの為に糸電話を作ったと言う。そんなたわいも無い話をしていると、てんとう虫が正宗に停まり、再び空へと飛び立っていく。
そのてんとう虫に「いってらっしゃい」と声をかけて送り出す正宗をジ~っと見つめていた少女の口から唐突に「正宗くん?」と。
「なぜ僕の名前を知ってるの?」とコハルに問うと「ママが教えてくれた。コハルのパパはてんとう虫の正宗くん!」。



長いこと続いてきた【のだめカンタービレ】原作漫画が、今日発売の『Kiss』掲載文で完結。

かなり終盤まで読み進めても、終わりが見えない、このまま終わって欲しくないような、でものだめや千秋の未来ビジョンがどうなって終わるのか知りたいような…1読者の私の中でも色々と揺れた【のだめ】のラスト、終わり方もクラシック音楽的な余韻を残したポジティブなものでした。

でも…なんだかもの足りないような( -人-).。oO(・・・・・・)
と、思いながら読み終えたら、

やはりコンサートにはアンコールですよね!!
12月10日発売号からは“番外編”の連載がスタートするとのグッドニュースが♪

映画版のだめも楽しみだし、まだまだ楽しみいっぱいデスね。


その他の連載の感想はつづきで…
発売直後なのでネタバレ注意報発令しときます。


鈴鹿では地上波放送のドライバーズゲストとして出演もされた佐藤琢磨選手ですが、モナコから日本に帰ってきている期間にイベント開催(東京)があるようです。

Takuma Club Meeting 2009
 11月21日(土) ディファ有明

佐藤琢磨選手ブック発売記念イベント 
 10月12日(祝) F1 PITSTOPCAFE六本木

ちなみに、F1 PITCAFEの方では夕方~入れ替わりで川井ちゃんこと川井一仁さんのトークショーが予定されているそうです。
こちらは通常どおり、1ドリンク制入場料は1,000円。
琢磨選手のイベントは、サイン入りの本とワンドリンク込で入場料は5,000円。

日本では現役の一貴選手と並び、琢磨選手の人気はいまだ衰えずな雰囲気なので、熱心なファンな方はとっくに知ってる情報かと思いますが、なんとなく書いてみました。

個人的には、川井ちゃんのトークショーに行きたい…先日の女性限定イベントの小倉さんのトークショーも近ければ行きたかったよ~。
なぜか日本人ドライバー<渋いおじさま解説陣 な私の価値観って

好きなドライバーが全て外国人というのは、レアなタイプなのかな?
そんなことないよね?

ちなみに、ニコ・ロズベルグの「僕が失くしたヘルメット探してくれた人には、パドックパス(ブラジル)プレゼントするよ」メッセージから派出した宝探しゲーム。

地球の真裏、日本にずっといる私には無関係のフィリップスさんプレゼンツサプライズ企画のようですが、とりあえずニコがマメにTwitterを更新してくれているので、毎日楽しんで読んでます

先日、英語得意な友人と一緒にF1ドライバーのコメント動画を見てもらって出た結論。
ドイツ人の話す英語の発音は、英語ヒアリング能力の乏しい私のような日本人には、とても聴き取りやすい発音なのでは?
という結論に達しました。

たしかに、ベッテル、グロックの英語コメントは特に聴き取りやすい…。
ニコもドイツ人なんだけど、GFと英語で話すというだけあって、早口な英語なので少しわかりづらい…。

それ以前に、自分の英語力を磨け!
って話ですけどね

大学受験の頃に詰め込んだ単語の半数以上が既に抜け落ちていて、そもそも基本の単語力が無さ過ぎる自分…

もっとがんばるゾー!!

やっぱり大倉くんもインフルA型陽性出ちゃったみたいですね…。
デイリースポーツで確認してきました。

今日の段階でも37.9℃の発熱が残ってしまっていたなんて
体力が奪われてキツイでしょうね…。
インフルのお薬投与で、早く全快できますように。

安田くん、横山くんは先に9日復帰ということですが、病み上がり、栄養しっかり摂って乗りきって欲しいですね。

あ、ブログ更新した後にメールが届いたので追加更新!

10月10日(土)~11日(日)
に開催される【モータースポーツジャパン 2009

F1からは中嶋一貴選手(ウィリアムズ・トヨタ)、小林 可夢偉選手(トヨタ3rdドライバー)がデモランで出走予定なんだそうです。

◆トヨタスペシャルランイベント
10月10日(土)12:10~12:30、15:30~15:50
10月11日(日)12:10~12:30、15:30~15:50

出走エリア等は公式サイトでご確認ください。

◆F1ドライバートークショー
0月10日(土)13:55~14:15
出演:小林 可夢偉、中嶋 一貴

◆フジテレビCS番組公開収録
10月11日(日)10:20~10:50
出演:小林 可夢偉、中嶋 一貴

◆サイン会
10月10日(土)11:00~12:00/16:00~16:45
出演:小林 可夢偉、中嶋 一貴、飯田 章、石浦 宏明、大嶋 和也、平手 晃平

10月11日(日11:00~12:00
出演:小林 可夢偉、中嶋 一貴、飯田 章、脇阪 寿一、伊藤 大輔、立川 祐路
石浦 宏明、大嶋 和也、平手 晃平

等、いろいろイベントが企画されているようです。
外国人ドライバーの出演がないのがちょっと淋しいような気もするけど…。
グロックは怪我だし、トゥルーリもお疲れなんでしょう。
ホンダが撤退する前は、バトンも参加してましたよね。
いずれにせよ、ワールドチャンピオン争いの筆頭にいる今年は、こういったイベントには出なさそう…。

レッドブルも鈴鹿開催前には、デモランイベントを数回開催していたけど、主に活動していたのはデビッド・クルサードだし、現役ドライバーでは埼玉のイベントにマーク・ウェバー、鈴鹿の近くでセバスチャン・ブエミが登場したんだっけ。
やっぱりこの時期、トップ争いをしているベッテルは出てこなかった…。

つくづく、昨年の神宮でのカートイベント、帰りの予定を遅らせてでも行けばよかったよ…。
すっかりセバスチャン・ベッテルに魅了されてる今日この頃。

来シーズン、ルノーからフェラーリへの移籍が先に発表されたフェルナンド・アロンソに続き、
ロバート・クビサが来シーズンはルノーへ移籍すると先ほど、Renaultプレスリリースで発表されましたね。

ING生命という大口のスポンサーが下りてしまったので、ルノーは来年どこがスポンサードするのかな?とか、それに伴ってマシンカラーが今のイエローオレンジ主体から、どんな風になルノー?
などと、極寒オヤジギャグを飛ばしたくなってりもしています(笑)

東京から戻ってきてから、日本GP予選・決勝の録画をCS⇒地上波(副音声)でリピっていて、ライコネンはどこに移籍するのかなぁ??
などとF1ストーブリーグ関連ニュースを漁っていたところ、ルノーから「クビサと契約」の公式発表が更新されて3分後には見つけていたので、今回の情報ゲットは我ながら早かった!
なのにブログ更新はその1時間後…ダメダコリャ

ともあれ、グロージャンは放出される可能性が高いと言われているので、クビサの相方は、またニックになるのかなぁ。
それともグロックとか、スーティルとか、色々と来期はフリーになりそうなドライバーが多いから楽しみです♪


なんかねぇ、先週末から関ジャニ∞のイベントとF1鈴鹿GPが同日開催になったり、そのほかにも初回からずっと見続けているアニメ版『花咲ける青少年』の監督が変わったらしく、帰ってきてから録画再生して観たら、今までのテイストと全く違うアニメになっていてw(゚_゚)w オオー!っとリアルにこんな顔文字的なリアクションをしてしまったりもして…。

とにかく好きなものに同時に動きがあるというのは、嬉しいけど1日24時間じゃ足りないっ!!
と、ムダに焦ってしまうものなんですね。

智恵熱か、昨夜は37.9℃の発熱をしましたが、私の場合はいつものことで、朝にはすっかり平熱です。

今日予定されていた『ROMES 空港防御システム』
制作記者会見でしたが、なんと…

主演の大倉忠義くん、共演の同グループ所属安田章大くんが
発熱ダウンで出席できず…と。

はるさんからコメントをいただいて、サンスポの記事を読んできました。
最近いろんな趣味が同時進行していて、ROMESの情報収集が遅くなってしまっていますが、はるさんの情報、それと暖かいコメントに本当に感謝です!

安田くんはその前日、インフルエンザと診断されて休養中ですが、土曜日に名古屋で開催された関ジャニ∞DVD購入特典のイベントに大倉くんも一緒に登壇していたし、移動も一緒だったとJwebの日記で書かれていたので、もしかしたら大倉くんもダウンしちゃうかも…。
と少し心配はしていた矢先のダウン。
あ、でも大倉くんはインフル陰性みたいだから過労かな…それに、普通に風邪も流行ってるし。

いずれにせよ、せっかくの初主演ドラマの記者会見欠席を余儀なくされて、ガッカリしているだろうなぁ
そして責任を感じて落ち込みすぎていないか心配です。

NHKドラマは先取りメインだし、ドラマ撮影がオンエアに間に合わないという心配は少ないと思うので、今はひたすらに休養に専念して、早く良くなりますように…。
久々に品川に舞い戻って楽しんだ2日間。
この1つ2つ先駅の街で暮らしていたものでね、やっぱり品川の景色は懐かしさ半分、帰ってきた感が半分でおちつきました。

今回はお友達と2店、お得意の「おひとりさま」ランチで1店。
おいしいものをいただいて来たのでブログにφ(.. )メモメモ

おひとりさまランチで選んだのは同じく品川プリンスホテル内、メインタワー39Fにある
【トップオブシナガワ】
ランチブッフェは家族連れ、お友達連れなど3~4名での利用客が多いですよね。
そんな中あえて1人で並ぶ私(笑)
だって、どうしても景色の良い高いところでランチがしたかったんだもん!
相変わらず、高層階と夜景には拘りが強い女です
200910041247000.jpg
1名利用だと、窓側ではないお席に案内されることが多いのですが、
今回は「窓側のお席が空くまで待ちます」とリクエストした為、品川駅とは逆側、少し六本木ヒルズの高層ビル群が見える絶景席に案内していただけました
200910041248000.jpg
シェフの方が目の前で焼いて特製トリュフソース(だったかな?)をかけてくださるふわっふわオムレツ&こちらもシェフが食べやすくカットしてくださった柔らかなローストビーフにサラダ。
それと、最近滅多にお目にかかれなかったハイCレモン(笑)
200910041309002.jpg
雨の予報も覆し、なかなかのクリアヴューです
品数は少なめながらも、ホットメニューもおいしかったし、デザートは結構沢山の種類が並んでいましたよ♪どちらも、おいしゅうございました
200910041336000.jpg
案内していただいた席とは反対側、品川駅~遠くに東京湾が望めるお席もあります。
レジ付近の窓から記念に1枚

こういった景色良く、高層階にあるお店ではスタッフさんの対応がイマイチ…という印象が個人的にはあったのですが、こちらのお店はどのスタッフさんも親切、丁寧、少ししか待っていないのに「大変お待たせして申し訳ございませんでした」と一声添えてくださったり、私のように景色指定をした客に対しても嫌な顔ひとつせず、フロアスタッフとヘッドマイクですぐに交渉し、柔軟に対応をしてくださったので感激しました!!

夜はバーになるので、夜景も次回は楽しみたいなぁ

東京からの帰りは節約して高速バスで帰ってきました。
体力なし子な私は、帰宅したらもうクタクタ…(;´ρ`)チカレタヨ・・・

出掛けにバタついてしまいランチはスタバのラテとラップサンドだけ、朝食も寝坊して食べそこねていたのでお腹ぺこぺこ…でも疲労困憊で夕食は簡単に済ませたい。

そこで、先日スーパーで見かけて気になって購入しておいた究麺 しょうゆラーメン
200910051658000.jpg

と、ほうれん草、キャベツのお浸しで今晩は手軽にパパッとおいしくいただいちゃいました。
( ´ー`)フゥー...
200910051707000.jpg
「さらなる食感の追求と進化」をめざしたという、しっかりともっちり噛み応えのある太麺が、とんこつベースのこってり系醤油とよく絡んでる!!
200910051708000.jpg
実家に戻って暮らし始めてから、インスタントラーメンは本当に久しぶりに食べたんだけど、もはやこれは“インスタント”ラーメンの麺の食感ではなかったです!
ノンフライ麺製法という言葉はよく目にしてはいたけれど、実際に究麺 しょうゆを食べてみたら…なるほど納得です。
なかなかやるな、明星食品さん!( ̄ー+ ̄)キラリ

佐々木蔵ノ介さんがCMの中で「ほうばるごとに美味さ広がる」「絶妙なる麺のコシ」と舞台調でスケール大っきく究麺 しょうゆを紹介されているのを見て、インスタントラーメンなのに大袈裟じゃない?
蔵ノ介さんも役者だからなぁ~( ̄ー ̄)
と少々侮ってしまっていました。ごめんなさい!

お湯を注いでから持ち時間5分と、ウルトラマンのタイムリミットには間に合わないけど、5分待つだけの価値はある、おいしい麺だと思いました。
ラーメン屋さんまで出かけるのが面倒、料理するのもちょっと億劫…でも美味しいラーメンが食べたい!ってな時にはオススメです。
究麺のやきそばも気になってるので次回試してみよっ♪

ごちそうさまでした(^∧^)♪

今夜は爆睡できそうです。
急遽決まった今回の東京遠征。
お友達と久々再会トークに花が咲き、体調は不安定ながらも楽しい2日間でした。

そして、今回の遠征の目的のイベントも楽しかった。

生演奏で二曲プレゼントしてもらえたし、すばるのギターの弦が切れてしまって、張り直している間、間をつなぐ為に、トークはふだん得意としていない亮ちゃんが、「俺が面白い話聞かせてあげるから、もうちょっと待っててな」と頑張って盛り下がらないようにトークで場を暖めてくれたり、ヒナもまるちゃんも盛り上げてくれたし、本当に手作り感いっぱいで、タレントを身近に感じられる楽しい時間を過ごさせてもらいました。

個人的には特に、アコースティックギターアレンジの「渇いた花」のすばるの歌声が心にじんわり染みてきて癒されました。


F1日本GP鈴鹿、決勝はホテルの部屋で地上波放送+ライブタイミングをネットブックでにらめっこしながら、手にはボールペンを持ち要所をメモりながら、いつもの自宅観戦スタイルで観戦しました。

主音声では、お馴染みの解説陣+つい最近までF1ドライバーだった佐藤琢磨氏がゲスト出演していた為、英語でのチームラジオの日本語訳は正確だし、解説も森脇さんが理論的な解説、右京さんが元ドライバーの経験に基づくメンタル論での解説でバランスが良かったですよね。
母国のチーム(ファクトリーやドライバーは日本人じゃないけど)のトヨタが3位スタート、2度目のピットストップ時にみごとハミルトンを抜いて2位浮上に成功。
その後、44周目のアルグエルスアリクラッシュ事故でSCが入り、だいぶ引き離されていたトップのベッテルとのギャップがリセットされるという好機も巡ってくるという、まだ優勝経験のないトヨタチームとしては願ってもないチャンス到来だったので、実況アナと右京さんのテンションは最高潮でしたね(笑)
日本人なのにベッテル、1位死守してお願い!(人'д`o)
と真剣にベッテル優勝を願っていた私とは、正反対の大熱狂だったと思います。

一方、ファン目線+マニアック論+安定した実況アナトリオでの副音声も楽しかったです♪
無線翻訳テキトーだし、ベッテル1回目のピットストップ時間が長かった理由が、狭いピットレーンで後ろに接近して入ってきていたニックとの接触を避けるため、大事を取ってチーム判断でロリーポップを上げなかったことには気づいていなかったみたいだったけど、そんなところも含めてざっくりとした副音声中継も、たまには良いものですね!

次の仕事が生放送番組だったため、残り4周を残した終盤のいいところで堂本光一氏は退場を余儀なくされ、後ろ髪ひかれまくり、後ろからはマネージャーさんからのせっつくような視線と葛藤し、本当にギリギリまで鈴鹿の実況席に駄々をこねてとどまっていた姿に、親近感がすごく沸きました。
残りセイフティカーの抜けた再スタートだけは粘って現地で見て去っていったあたり、本当にF1が心底好きなんだなぁ…って。
一緒に解説していたプロドライバーの土屋さんと、自宅テレビを見ながら好き放題言いあってF1を楽しんで観てるみたいな雰囲気で新鮮でした。


結果、セバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウィン!!
おめでとう!(*´∀`)o∠☆゚+。*゚PAN!!★゚+。*゚

失うものはもう何もない。
ワールドチャンピオンになる権利が残っているうちは、どんなにわずかな可能性でも絶対に諦めない。
敵の結果はともあれ、自分の出来ることは残りのレースをすべて勝つことだ。
シンプルに勝つことだけを求めて走り続けるベッテルの考え方が好きです。
だいぶ年下だけど尊敬できる人です。

帰宅したら、録画しておいたCS放送を再生して、地上波では放送されなかったプレカンでのドライバーのコメントもじっくり聞きたいと思ってます。

結果はそこらじゅうに書かれていると思うので、今日は割愛。
また自己満足のまとめ記事を帰宅してから書くのが楽しみφ(・ェ・o)♪


というわけで、再び東京に舞い戻っております。

せっかく鈴鹿でF1開催中だというのに、もうひとつの大切な趣味である関ジャニ∞のイベントに当選したため、予選は自宅で録画予約を入れて後で見よう!とバタバタと準備しF1予選と丸まぶりの時間帯に開催されたイベントに参加してきました。

あ、結果だけはイベント終了後、すぐにチェックしましたよ!
すごく大荒れの予選だったんですね゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚
度重なる赤旗レース中断の影響で、せっかく生中継していた地上波フジテレビでの中継は、ものすんごく中途半端なところでぶつ切り糸冬 了とか(ノω`*)

そんな中、難しいコース状況をもろともせずポールを勝ち取ったのが他でもない、熱烈応援中のセバスチャン・ベッテルということで、まず予選結果を見た段階ではほっとしました。
KERS搭載、最近上昇気流に乗っているハミルトンが2番手というのが気がかりだけど、レース後にブエミに絡むペナルティがバトン、バリチェロ、アロンソ、スーティル、ブエミに課せられグリッド降格になるドライバーが続出!!

ブラウン勢ふたりが5グリッド降格するため、奇跡の大逆転ワールドチャンプを目指し、もう失うものは何もないぜ!状態のベッテルにとっては好機。

明日の決勝は生中継+LTのいつものセットでガッツリ楽しみますよ!!


あぁ、久々に再会した友とピンクのスパークリングワインを1本あけて、語り合った時間が楽しすぎて、こんんな夜中だというのに交感神経元気すぎて眠れないや(´-∀-`;)

でも、明日も楽しみが待ってるんだ。
早く寝よ。




『ROMES 空港防御システム』主題歌が発表されましたね!

タイトルは【また朝がくる】
大倉くんが今までドラマ共演でお世話になってきったTOKIOの兄さん達が主題歌を担当されるということで、情報更新を見つけた直後に長年のTOKIOファンであり、学生時代からの友人にメールで喜びを速攻伝えてしまいましたヽ(´▽`)ノ

予想どおり、NHK木8ドラマでは出演者が主題歌を歌うことは無いというセオリーどおりですが、関ジャニ∞にも何やら動きがあるようなので、年内に1枚はシングル発売があるといいですよね~。
(^∧^)タノンマス-

主題歌情報の他にも、ROMESの番宣特集ミニ番組とプレマップ第2弾のオンエア予定日程も、NHKドラマスタッフブログに更新されているので各自ご確認を(*^^)/


手抜きですみませぬ…。
完全にハズレると思い込んで諦めていた、関ジャニ∞DVDイベントに当選したので、遠征準備やら何やらでドタバタしてますσ(^◇^;)

大倉くんに会えるといいなぁ…品川、щ(゚д゚щ)カモーン


折りたたみ以降、またまたイレギュラーですが

☆ブログ拍手へのお返事、2件連チャンでいきます!!


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。