上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
『花咲ける青少年』の感想文は途切れがちですが、毎週欠かさず録画&視聴はつづけています。
今年の夏ドラマは昨年にも増して、全く食指が動かされず、ついに最終回まで完走できたドラマは1本も無くなってしまったという…(*´д`;)…

さて、『花咲け』の感想文、22話は数少ないカールの見せ場があったのでカール中心、21話・23話は
カールのほか、私はクインザのキャラが好きなので、やっとストーリーがラギネイ内部崩壊を描くパートへと進んできたところで、今回の感想は主にクインザについて感想を書こうと思います。
特に23話では、原作には描かれなかったクインザ×ナジェイラのとっかかり部分が補完されて描かれていて面白かった!!

さて、毎度のことながらここから先、原作漫画ファンの視点バリバリの感想文になりますので、まっさらな状態でアニメを楽しみたい方の閲覧はご遠慮ください。



スポンサーサイト
予選2位、3位につけていた活きの良いドイツ人ドライバー2人が相次いで痛恨の自爆ペナルティ…。
ニコはLap18、1回目のピットストップを終えてコース復帰する手前で、ピットレーンを踏み越すというケアレスミス。
今シーズン、ニコ・ロズベルグにとってベストグリッドで迎えたシンガポール。
昨年も2位表彰台には上っていたけれど、贔屓の私から見てもあれはタナボタ2位と言われて何も反論ができないラッキーな状況がいくつも重なった2位獲得だったので、今回はなんとしてでも自力で、ウィリアムズのマシンで表彰台を獲ってほしかったんだけどなぁ…。

ベッテルはLap39、2回目のピットストップも無事に終え、ブレーキと空力にも少なからず影響を及ぼすと言われた(森脇さん解説より)右サイドミラーを欠く手負のマシンを絶妙にコントロールしながら、2位で終えられるはずだったレースを、ピットレーンスピード違反でドライブスルーペナルティ…。
Car No.15ペナルティ裁定の文字を見た瞬間、「あぁ、もうこれでベッテルのワールドチャンピオンズシップ争いは終っちゃったな」と頭を素で抱えてしまいましたヽ(τωヽ)ノ
それでもなんとか踏みとどまり、4位=5ポイント獲得できたのは不幸中の幸いかな。

ギリギリのところで、まだセバスチャン・ベッテルのワールドチャンピオンの権利は生きてる!!

さらにドイツ人絡みばかりの感想でナンだけど、地味に2007年アメリカGP以来41戦連続完走を続けていた、ニック・ハイドフェルドがリタイアに追い込まれてしまったことも残念で仕方がありません…。

思えば、予選時にバラストを間違って積んでしまった為にペナルティで降格、その他諸々の理由が絡んで、せっかく8番グリッドを獲得していたのに、決勝ではピットレーンスタートとこちらもチームのケアレスミスで最初からツイてなかったよね…。
せめてもの今後への好材料としては、このペナルティに乗じて9基目のフレッシュエンジンを10グリッド降格ペナルティ無しで獲得できたことくらいかな?

レース序盤から13位とか14位あたりでペースが全く上がらない新人・アルグエルスアリ君率いるドライビングスクールの受講者筆頭を走っていたスーティル君が、どうにもこうにも我慢しきれずにアルグエルスアリを抜きにかかって接触。
その反動でスーティルはエスケイプゾーンに弾き出され、これまた後続が沢山続いていたものだから、順位を大きく失いたくない一心からなのか、ただ単に頭に血が上ってしまっていたのかは定かではないけれど、後方を確認せずにスピンターンしてコースに戻ろうとしたところへニックとドカーン…。

フォースインディアのマシンからパーツが大量にばら撒かれ、その場で動きが取れなくなったスーティルに対して、満身創痍のBMWのマシンをニックは冷静にエスケープゾーンからコース外へと自力で運んでいったのが好対照でした。


ここまで長々と感想文を書いておきながら、肝心な優勝者&Top3については全く書いていないことに今気づいたわ( ;^^)ヘ

モンツァでは快走していたのに、ファイナルラップでまさかの自爆単独クラッシュで表彰台を逃したルイス・ハミルトンでしたが、シンガポールではキッチリお仕事ポールトゥウイン達成。
2位にはまさかまさかのダークホース、トヨタのティモ・グロックが表彰台に上がり、暴れるマシンと格闘している様がオンボード映像で印象的だった昨年の覇者、フェルナンド・アロンソが3位というTOP3でした。



私は豆電球点けたままじゃないと眠れない派です。
真っ暗にしないと眠れな~い!というお友達とは、一緒に旅行に行ってもツインの部屋は取れません。割高でもシングルを2部屋予約で。

そんなことはさておき、一昨日の晩、さぁ寝よう♪
と部屋の電気を消そうと、いつものように蛍光灯の紐を引っ張ったところ…

ブチッ

老朽化していた所為か、蛍光灯の明るさをカチカチッと切り替えるあの紐が根元が切れてしまい、寝室は真っ暗闇状態に!!

慌てて懐中電灯を探そうとして立ち上がり、テーブルの脚につまづいて思いっきり転んだ真っ暗闇の部屋の中…(>_<")
愛猫のメグさんは異常事態を察知したらしく、そのまま廊下に脱兎の如く逃走していきました。

私は夜目は利くほうなんですが、やや面堂終太郎の気がありまして…そう、暗所恐怖症なんですよ。
懐中電灯の在り処は日ごろから心得ていたため、床に転がった体勢のまま懐中電灯を点け、小型照明を隣の部屋から引っ張りだしてきてその晩は、いつもよりも明るめのライトを点けたまま就寝。

翌日、部屋の照明器具を外して解体して、なんとか直そうとしたのですが、一緒に手伝ってくれた祖父が手元を誤ってダメ押し的に照明器具を床に落下させて破壊してしまい、結局新しいものを購入してきました。
CIMG1342.jpg
う~ん、明るい被写体を撮影するのは難しいσ(^◇^;)
よく見えないけど、グリーンの花びらカットのセード(傘)のかわいらしいデザインのものを選んでみました♪

こちらの照明器具に付属していた蛍光灯が変わっていてビックリした!!

完全に消灯してから暫く、ブルーグリーンに蛍光灯が光ってるw(゚_゚)w オオー!!
ホタルックって商品らしい。
普段、蛍光灯を買うときにメーカーなんて全然気にせずにお得なお値段のものを適当に買っちゃうもんだから、NECの蛍光灯は一度も買ったことが無かったからなぁ…こんな残光機能が付いているなんて知らなかった。

このブルーグリーンの残像光の美しさを見た祖父が「俺の部屋のもこれと同じのに変えるか」と言い出し、今日から祖父の部屋とお揃いの照明器具になりました(笑)


しかし、電気器具って壊れるときには連続して壊れません??

市街地コースはやはりウォールが近く、コース幅も狭く、ちょっとしたミスですぐにクラッシュ事故が起こりますよね。
しかも、エスケープゾーンが少ないからマシンがコース内でストップしてしまうと、すぐに赤旗レース中断という…。
去年のピケ子クラッシュの時も、クラッシュしたマシンの撤去に異様に時間がかかってるなぁ…と思っていたけど、クレーン車がコースに出るまでに他のコースよりも時間が余計にかかるんだと今回、フリー走行中の川井氏の発言でやっと理解ができました。

で、予選Q3のセッションも佳境、パンプも吹き飛びコースにもラバーが乗ってタイムがグングン伸びてきていて、セクター1、2でポール目指して激走していたニコ・ロズベルグ&セバスチャン・ベッテルのタイムがどこまで伸びてくるか?!
o(^o^)o ワクワク

と手に汗握りテレビ画面にかじりついて見ていたら、タイムケージが突然レッドに…。
バリチェロさんが単独クラッシュして赤旗が出ており、あっけなく予選セッションは終了してしまうという、なんとも淋しい結末になってしまいホントに残念…。

ポールポジションは好調マクラーレン、ルイス・ハミルトンの逃げきり。
でも、予選後のトップ3の会見の場にニコがいたのは新鮮で、ベッテル&ニコのドイツ若手コンビが顔を揃えていたので、個人的に嬉しくて顔が緩みっぱなしでした(*ノ▽ノ*)

<2009 F1シンガポールGP予選結果>
順位**ドライバー**チーム名**予選後マシン重量
1. Hamilton McLaren-Mercedes 660.5
2. Vettel Red Bull-Renault 651.0
3. Rosberg Williams-Toyota 657.5
4. Webber Red Bull-Renault 654.5
5. Barrichello Brawn-Mercedes 655.5
6. Alonso Renault 658.0
7. Glock Toyota 660.5
8. Heidfeld BMW-Sauber 650.0
9. Kubica BMW-Sauber 664.0
10. Kovalainen McLaren-Mercedes 664.5
11. Nakajima Williams-Toyota 680.7 *
12. Button Brawn-Mercedes 683.0 *
13. Raikkonen Ferrari 680.5 *
14. Buemi Toro Rosso-Ferrari 678.0 *
15. Trulli Toyota 690.9 *
16. Sutil Force India-Mercedes 693.0 *
17. Alguersuari Toro Rosso-Ferrari 683.5 *
18. Fisichella Ferrari 678.5 *
19. Grosjean Renault 683.0 *
20. Liuzzi Force India-Mercedes 656.0 *

 ※バリチェロはギアボックス交換ペナルティで決勝では5グリッド降格10番手スタート




またまたイレギュラーですが、【PUZZLE’con DVD 】記事にブログ拍手をくださった
☆はるさんへ☆

⇒いつも拍手コメを残してくださって嬉しいです♪
 今回のはるさんのご意見、私も同意ですよ。
 ブログという公共の場で、自分の思いを万人に同じ
 ように感じていただけるとは限らないので、やや抽象的
 な書き方になってしまいましたが、その伝えきれなかった
 部分を、はるさんも同じように受け止め、
 感じていらっしゃるんだなぁ…と心強く思いました。
 
 全て許して受け入れる愛もひとつの形だとは思いますが、
 愛ある故に、たまには否定して「それは違うんじゃない?」
 と言えることも愛情だと私も思います。
 
 またよろしければ拍手コメ、非公開コメでも結構ですので
 お気軽にコメ、残していってくださいね♪




今年もシンガポールの美しい夜景に囲まれた市街地サーキットでのF1GPが始まっています♪
次週はいよいよ鈴鹿に戻っての開催となる日本GPとの2週連続開催で、いよいよ今シーズンも佳境に入り楽しみイッパイですよ (^。^*))((^O^)v

日本とも時差があまりないし、夜間のレース開催ということで通常のレースでは見られないF1マシンのステアリングのデジタル表示がハッキリ見えたり、ダウンフォースの強くかかる区間では地面とマシンがほんの僅かかすめた瞬間に火花が散るのが見えたり、ヘルメットのバイザー越しにドライバーの表情が見える瞬間もあったりと、見た目にも新鮮で見ごたえのあるシンガポールGP、普段F1を見ない人でも美しい景色を楽しめると思うのでオススメです!

地上波(フジテレビ)での放送は
9月26日(土)F1シンガポールGP予選 01:35~
9月27日(日)F1シンガポールGP決勝 22:03~

時差があまりないとはいえ、地上波は録画です。
生中継は通常どおり、CSフジテレビNEXTのみ。


実家近くの神社の秋祭りが先ほど終わりました。
CIMG1314.jpg
2日間かけて、町内別に昔から保持している山車の練り歩き、素人相撲大会その他の催しが行われるのですが、生まれはこの街でも育ちはここではない私は、昨年始めてこの秋祭りを目の当たりにしました。

育った街のお祭りでは、全国的にも珍しいとされる流鏑馬が見られたりしたのに比べて、この街のお祭りはシンプルでこれといった特徴は無いかなぁ…。

今年は2度目ということで、夕方から出店の並ぶ境内付近を祖父とお隣のおじさんと一緒にぷらっと歩き見しただけで、賑やかなワッショイワッショイ♪の掛け声を尻目にヘッドフォンをして関ジャニ∞のNewDVDを鑑賞してたから、ほとんど参加していないんだけどね

あ、出店といえば今年は業者さん同士被りまくりで、大阪焼きが3~4店あったのに、王道のたこ焼きがなんと1店しか出店しないという不思議な状態になっていたのが密かに気になった。

たこ焼き、食べたかったなぁ

チョコバナナがおいしかったから、まいっか
甘栗オマケしてくれたおにいちゃんありがと!

9月23日、【関ジャニ∞ Tour2∞9 PUZZLE LIVE DVD】発売日の朝9時ちょい過ぎ。
( ゚∀゚)σピンポーン 我が家に宅配便で届きました。

業者さん、はりきって1番のりで配達してくれましたか?(笑)
すぐに見ることは出来なかったけど、気持ち的にとても嬉しかったです。

CIMG1321.jpg

DVD映像を再び観ることで、あの感動を再び♪o(^o^)o
と期待して、めずらしく2パターンとも大人買いしたのですが…。

うん、東京ドームって広いんだね!
6月1日公演はライブで見たけど、DVDに収録されている2日の公演は初めて観たから少しだけ新鮮だったよ!
大倉くんのドラムセッションは、やっぱり素敵(*ノ▽ノ*)♪
ヤスくんは金髪が一番似合うなぁ。

ってな感じで…。

やっぱり、関ジャニ∞は生が最高です。
特に、アリーナクラスの会場での一体感、間近で観たあの感動を味わった後では、やはり東京ドームという大きすぎる箱で果てしなく遠く、小さく見える大倉くんの姿では、もはや満足できない身体になってしまったようです。

実際には果てしなく遠い大倉くんが常だというのに…
感覚だけ贅沢に育ってしまって困ったものです。


個人的にこのライブDVDの最大の見所は、“エンドロール”でした…。
特に大阪公演の映像が使われている“ドキュメント盤”エンドロール!
それと、自分があの場に参加できたから思うのかもしれないけど、“ひとつのうた収録映像”も、臨場感たっぷりで大満足です♪


大倉くんの連載、マメに更新しつづけてくれてマスね

ファンを持つ立場であっても、きっと大倉くんもどこかでファン心理というものを理解してシンクロできる人なんだと思うんです。
っていうか、アイドルという職業に選ばれてそうなれた人には、そういう人であって欲しいと願っているんですよ、常々。

たまに自分の感情や感謝の気持ちを表現するのが下手な人とか、芸術的表現でレアに愛を与えてくれるタイプにも惹かれてしまうんですけどね…理想としては大倉くんタイプが王道なんだと最近気づきました。

こんなことをしてくれたら嬉しいなぁ
と、相手が喜ぶツボを得て、絶妙なタイミングと言葉とトーンで愛を届けてくれる。
そんな大倉忠義という人は、やはりとてつもなく魅力的な男だと思える今日この頃

今日はROMESの撮影、砂村くんの撮りが多いみたいで、待ち時間が長そうな感じが伝わってきますが、待っている時間にもファンの存在を忘れずにいてくれる大倉くんの愛のお届けもの、しかと受けとめ、いつもよりも余計に携帯チェック頻度を上げて、日がな一日ニヤニヤして過ごしております。

あいかわらず、傍からみたら気持ちの悪い女です(~ ̄ー ̄)~


PUZZLEコンDVDも、多くのCDショップの店頭では21日には並び、フラゲしているeigher達の感想文を方々で見かけます。
私はちょっとでもお安くGETしたくて、ネットショップで予約をした為、DVDを手にすることが出来るのは、発売日当日になる見込みです。


約10年前にゲーセンでハマってたメダルゲーム
【What if?】【cool104】がパソコンでも遊べるよ!
とお友達から教えてもらって、ここ数日ふたたびハマってます♪

トランプを使い、同一数字、同一マークのカードを1枚でも多く出せるか?!
を競う、シンプルだけどなにげに頭も使うトランプゲーム。
昔は52枚出しきって、第2ステージへ進んだことも数回あったけど、今回の最高記録は今のところ42枚。がんばろう!

連休中、自宅で暇つぶしにオススメ。⇒こちら


★☆またまたイレギュラーですが【ブログ拍手】へのお返事☆★
 ★期間限定連載☆リターンズ (9/18)へ拍手コメントくださった方へ
⇒テンプレ変更にコメントありがとうございます!
 実は3~4年前にこのブログで使っていたテンプレの復刻版なんですよ。
 ちょっとROMESっぽい雰囲気だと思って(*^^*ゞ
 ドラマが始まったら、ROMES風テンプレ第2弾の用意もしてますんで(*^^)/

 ★病院嫌いだけど… (9/19)へ拍手コメントくださった方へ
⇒プレマップ直前に早朝覚醒したのは、成嶋に呼ばれたんですね、
 きっと
 原作のイメージとは違い、ヤスくんの魅力を生かした設定に
 砂村はキャラチェンジされていて、大倉くんは予想以上に
 成嶋仕様になっていて、たった3分の宣伝番組だけどそれぞれ
 魅力満載でよかったです
 主題歌は過去作どおりならば、関ジャニ∞の可能性は低い
 のですが、ドラマ開始直前に発表されると思うので、密かに
 期待したいと思います

昨日の朝、うっかり↓この動画を見つけてしまい、朝っぱらから涙腺崩壊。
。・゚・(ノД`)・゚・。

F1好きな方なら、少なからず印象に残っているでしょう。
2006年F1サンマリノGPのフジテレビ地上波オープニングです。

'94年、サンマリノで事故死したアイルトン・セナの背中を追い続け、セナ死亡のレースを結果的に制覇した若かりし日のミハエル・シューマッハ。
このレース、私も夜中に見ていて、ショックのあまりに口も聞けなくなり、しばらく経ってから号泣したことを覚えています。

「Senna was my idol」と言い、セナ亡き後のF1で一時代を築き、赤き皇帝と呼ばれた男の涙。
フジテレビ制作のF1グランプリOPの中でも、個人的にこのサンマリノは歴代トップ3に入るお気に入りです。

自分の力で真っ向勝負して、いつかセナに打ち勝ってワールドチャンピオンになりたかった。
その夢は果たされることはなくなってしまったけれど、そんなM・シューマッハもいつしか、打ち負かすべき最強のチャンプとして2005-2006年は若き才能、フェルナンド・アロンソの挑戦を受ける立場となり、そのアロンソにワールドチャンプの座を奪われる形になりました。

赤き皇帝の時代の終わりと共に、2年連続ワールドチャンピオンに輝いたアロンソの時代到来か?と思いきや、さらなる若い力の台頭がその後も著しく、2007年はアロンソVSルイス・ハミルトンという混沌の中をすり抜けてキミ・ライコネンが制し、昨年はついにアロンソが記録した史上最年少ワールドチャンプ記録を塗り替え、ルイス・ハミルトンがワールドチャンピオンになりましたよね。

最年少記録といえば、今年シーズン中に22歳になったばかりのセバスチャン・ベッテルの躍進からの目が離せません!!

【ニコニコ動画】ベッテル初優勝:表彰台~インタビューまで・2008F1イタリアグランプリ

今シーズンも中国・イギリスと既に2勝していますが、なんといっても史上最年少優勝を果たした2008年モンツァでの初優勝時のポディウムでの表情が最高でした!

「Who is your idol?」とスペインの番組で質問され「Michael Schumacher」
と即答していたセバスチャン・ベッテルの言葉を思いながら、ベッテル憧れのM・シューマッハがフェラーリ時代に何度となくポディウムに鳴り響かせたドイツ国歌→イタリア国歌のメドレーを聴くことのできた昨年のイタリアGPは、ミハエルファンだった私としてもとても感慨深い出来事だったことを思い出します。

最後にオマケ。
私がF1GPを見始めた1993年のOP映像。
シンプルにエンジン音と近代F1を象徴するメカニカルな映像のコラボが格好イイ!

No---ぉ!!!
転寝してそのまま本格的に眠りこけてしまったさ( ・д⊂ヽ゛
化粧も落とさずに寝ちゃったもんだから、慌てて洗顔後めずらしくパックでお肌ケア
ってなワケで丑三つ時にこんばんは更新ですよ。

大倉くん、初日に4回、昨日も3回もweb連載の更新をしてくれてso happy♪
な結果がこんな文調でございます

\(^_\)ソレハ(/_^)/コッチニオイトイテ
夜中におかしなテンションすぎるので通常に戻します。

あと1時間半あまり起きていたら、いよいよ【ROMES】がプレマップ初登場するはずなんですが、ブログ更新したら二度寝しよう…。

ここから先、小説風健康日誌です。
わりと長文です。
スルー推奨。




大倉くんの連載コーナーが帰ってキタ━━\(T▽T)/━━ !!
タイトルが『倉' mas』じゃなくて、『倉' yas』ってヤスくんとペアで

文調も、必殺~以前のかわいいたっちょんワールドが帰ってきてるし
しかも初日から既に3回も更新してくれてるし(*ノ▽ノ*)♪

ムダに私もケータイメールに使っちゃいますヨ!
(~´Д`)~ ~(´Д`~)

って、携帯有料サイト「Johnny's Web」のお話です。
ジャニヲタ以外の一般の方にはサッパリなんのことやら??ですよね^^;

『ROMES 空港防御システム』出演の関ジャニ∞、大倉忠義くん&安田章大くんによるきまぐれ連載コーナーが今日から始まり、テンション上がりっぱしの顔にやけっぱなしでございます(笑)
大倉くんの期間限定連載コーナー、そういえば昨年は無かったんだね…倉'smasリターンズ?くらりある?はもう2年前だったとは…(  ̄- ̄)トオイメ

なにはともあれ、今まで毎週木曜に定期更新されるレンジャー日記を読むことだけが、直近の大倉くんの近況を知ることが出来る唯一の場だったのでね、10月15日からは主演ドラマも始まり、不定期とはいえ、わりと筆まめな大倉くんのことだから「倉'yas」もちゃちゃっと更新してくれそうだし、淋しい感じの秋も元気に過ごせそうで幸せ♪



☆イレギュラーですが、こちらから【ブログ拍手】へのお返事♪
>はるさん
プレマップ初回の放送が休止…残念でしたけど、
大倉くん&ヤスくんの連載がJ-webで始まったり、
あと数日でPUZZLEツアーDVDも発売になったりで、
楽しみがイッパイですね♪

そうそう、『ROMES』の携帯公式サイトの人物紹介、
ジャニタレおふたりも、あまり大きな修正をせずに
顔写真が掲載されていてうれしいですよね!

体調のご心配もありがとうございます。
マスクかけて小走りしたら酸欠になりました(笑)
はるさんも充分にお気をつけくださいませ。

◆ROMES 空港防御システム 公式サイトオープン⇒こちら

◆ROMES プレマップでの紹介予定
※9/16更新9月17日(木) NHK総合 午前2:00~2:03(オンエア中止)
9月19日(土) NHK総合 午前4:10~4:13
 ※9/16追加情報↓
9月22日(火)総合・デジタル総合 午前3:32~3:35
                       午前4:57~5:00
                      午後1:50~1:53
9月25日(金)総合・デジタル総合 午前11:42~11:45
9月26日(土)総合・デジタル総合 午後0:42~0:45
9月28日(月)総合・デジタル総合 午前0:07~0:10
 ※報道・スポーツ中継等で予告なくオンエア中止になる場合があり
NHKスタッフブログ情報を元に修正・追記しました(9/16)


土曜スタジオパーク ゲスト出演(大倉忠義、安田章大)
10月17日(土) NHK総合 午後2:00-3:00


10月15日の本放送スタートまで1ヶ月を切り、プレマップをはじめ土曜スタジオパークへの大倉忠義くん&安田章大くんゲスト出演決定など、いよいよ動きが出てきましたね♪

ちなみに、携帯NHKサイト内、「ドラマ8」のメルマガに登録しておくと、オンエア前にあらすじメールが届きます。
まっさらな状態でドラマを楽しみたい方にはオススメできませんが、イチオウお知らせ。


cocoroneは早速、秋の風邪をひき、風邪薬の副作用で一日中睡魔と格闘してます。
ノド痛と胃腸系にキテますが、インフルエンザとは違って高熱は出ないので楽だけどね。
昼夜の温度差が激しい時期ですので、皆様もくれぐれもお身体ご自愛くださいませ。
★ただいま、ROMES
の記事へ拍手コメ、ありがとうございます!

⇒はじめまして(*^^)/
やはり大倉くんの痩せ具合を見ると、
ちゃんと食べてちゃんと眠れているのかなぁ…と
ちょっと心配になりますよね。
ヤスくんは元気そうだから余計にギャップが(´ヘ`;)
まだまだドラマ撮影は続くので、倒れない程度に
がんばって欲しいですよね。

来月の土スタ、大倉くん&安田くん揃ってのゲスト出演は
今から楽しみですね♪
その前に、今週から深夜プレマップでいよいよ「ROMES」
が取り上げられるみたいなので、録画スタンバって
動く成嶋&砂村をリピりまくって、本放送まで妄想して
楽しもうと思ってます(笑)

また、お気軽にコメント残していってくださいね(*゚ー゚)ノ


★モバイル猫
の記事へ拍手コメ、ありがとうございます!

⇒おひさしぶりです(^O^)/
メグ嬢、今月も通院ですが元気な日が多く、仔猫
の頃のようにイタズラをすることも増えてます。
いつもメグのことを気にかけてくださって、ありがとう
ございます!

F1、マンセルやデーモンヒルがご贔屓ですか。
ウィリアムズのイメージが強いドライバーですね。

私がF1を見始めたのがちょうど93年なので、
この二人のドライバーのことは覚えていますよ。
この時代のF1はコース上でのオーバーテイクが
今よりも激しかったし、見た目=成績という点でも
見やすくておもしろかったですよね。
まだこの当時の私は、ミーハーで新参者のF1ファン
だったので、派手なセナやM・シューマッハばかり
見ていて、因縁深いデーモン・ヒルには全く興味が無く、
彼らの走りをまともに記憶していないのが今となっては
とても残念です…。

なんとなくのイメージですが、マンセルがお好きだった
のならば、マシンが壊れるリスクよりもレース終盤まで
決して諦めずに無茶走りをするセバスチャン・ベッテル
あたりは見ていて面白いドライバーだと思いますよ。

来週はシンガポール、その翌週は鈴鹿でのレースなので、
お手隙でしたら是非!
久々にCS⇒地上波とリレー視聴しながらブログ更新。
初っ端から実況アナがクビサとニコを見間違えていたのが気になりつつも、地上波オリジナルの映像やドライバーインタビューVTRも組み込まれていて華やかでいいですね。CSに慣れてしまうと実況が騒がしくて多少耳障りに感じてしまうけどσ(^◇^;)

今日のレースは序盤は思ったよりは混乱がなかったわりにはリタイア4台、何よりファイナルラップで3位から2位のバトンを猛追していたハミルトンが自爆クラッシュするという番狂わせがあったおかげで、地元フェラーリがポディウムに上がり、9位からいつものように最期まで諦めない攻めの走りで前を行くハイドフェルドを追い上げていていたベッテルが結果的に1ポイント獲得など、随所で小競り合いが見られた目まぐるしいレース展開でおもしろかったです。

珍しいといえば、フロントウィングがグラグラしたままで走行していたクビサにオレンジボールが出され、強制的にピット作業指令が出てましたね。
結局リタイアのクビサに対して、またしても地味にコツコツ順位を上げて気づいたら7位入賞のニック(笑)
中盤ではトヨタエンジンの3台がずっと僅差で走っていて、トゥルーリが一貴をオーバーテイクしようとして一貴に気づいてもらえずにコースアウト、その隙をついてすぐ後を走行していたチームメイトのグロックがヤルノを抜き去るというドタバタ劇も。

しかし、チャンピオンズシップ争いとしては、低迷していたブラウンGPがシーズン序盤の勢いを取り戻しお得意の1ストップ作戦が大当たりで1.2フィニッシュ。
対する後追いレッドブル勢は、ウェバーがオープニングラップでクビサと接触してリタイア、ベッテルがやっとこさ8位入賞1ポイントゲットに留まり、ここへきてブラウン逃げ切り体勢か…。

バリチェロさん今シーズン2勝目で喜び爆発!の隣でシャンパンファイト、その前にまずは一口グビッといかずにチロッとシャンパンファイトしてから勝利の美酒を口にしたライコネンの姿が新鮮でした。
勝者はブラウンGP、しかしポディウム前にはティフォシ達が真っ赤なフェラーリフラッグを大きく広げ、そちらにシャンパンを浴びせていたしね。そういうところはちゃんとしてるライコネンさんは、アイスマンだけどジェントルマンですね。

前戦のスパにつづいて、フェラーリVSフォースインディアの僅差の戦いが最期まで見られたのも見ごたえがありました!

イタリア人ドライバーのジャンカルロ・フィジケラがフェラーリに電撃移籍。
今年のモンツァはティフォシの視線と熱い声援はジャンカルロに集中!ですかね。

フリー走行3までは慣れない赤い跳ね馬にてこずり、バドエルの二の舞か?!と若干心配させる場面もありつつも、さすがに長いことレギュラードライバーを務めてきたフィジケラさんです。
予選はQ2進出し、決勝のロングスティントの中でフェラーリマシンに慣れて、KERSもカンペキに使いこなせるようになりそうな雰囲気ですね。
憧れのフェラーリドライバーになって地元モンツァを走れる喜びのあまりに、FP3のように勢い余ってコースオフ⇒リタイアなんてことにはならないことを祈ります。

<2009 F1イタリアGP予選結果>
1. McLaren Mercedes Lewis Hamilton 653.5
2. Force India Mercedes Adrian Sutil 655.0
3.Ferrari Kimi Raikkonen 662.0
4. McLaren Mercedes Heikki Kovalainen 683.0
5.Brawn Mercedes Rubens Barrichello 688.5
6.Brawn Mercedes Jenson Button 687.0
7.Force India Mercedes Vitantonio Liuzzi 679.5
8. Renault Fernando Alonso 677.5
9.RBR Renault Sebastian Vettel 682.0
10. RBR Renault Mark Webber 683.0
---
11.Toyota Jarno Trulli 703.0*
12.Renault Romain Grosjean 699.8*
13. BMW Sauber Robert Kubica 697.5*
14. Ferrari Giancarlo Fisichella 690.0*
15. BMW Sauber Nick Heidfeld 697.5*
---
16.Toyota Timo Glock 709.8*
17.Williams Toyota Kazuki Nakajima 706.2*
18.Williams Toyota Nico Rosberg 708.6*
19.STR Ferrari Sebastien Buemi 706.0*
20.STR Ferrari Jaime Alguersuari 706.0*

英文コピペで手抜き( ;^^)ヘ
11番手以下のドライバーの搭載燃料は自由選択、自己申告制なので*付きです。

メルセデスエンジン搭載車が上位ほぼ独占、すごいなぁ。

エンジンとフィジケラに話題集中している中、淡々とキミ・ライコネンは予選でも力を発揮して3番グリッド獲得。
重めの方が調子が良いとレース後にコメントしていたとおり、ポール獲得のルイス・ハミルトン、スパに続きフロントロー獲得のフォースインディア、エイドリアン・スーティルよりも燃料を沢山搭載した上での予選3位なので決勝は、スタートで失敗しない限りは表彰台が限りなく近いと思われます。

キミといえば、過去にカナダでハミルトンに後から追突されリタイア、逆に対スーティルではモナコでポイント獲得圏内にいたスーティルに勢い余って追突リタイアさせてしまうという…なにかと因縁のある3人がTOP3につけているのが何とも…。
これを尻目に、なにげに圧倒的に燃料を搭載した状態で4番グリッドからスタートするコバライネンが優勝~とか、そんな結果も無きにしも非ず…なのでとにかくスタートには大注目です!


土スタで『ROMES』の記者会見の模様が流れましたが、率直な感想は、

「え?これだけ??」
( ゚д゚)ポカーン

でした…。

そりゃあね、メインは『派遣のオスカル』で、わざわざ女優さんお二人もゲスト生出演されていたのでね、ROMESの扱いは短いとは思っていましたよ。
しかし短っ!

それでも、成嶋がROMESにひとり語りかけるシーンをちらっと先取りして見られたのだけは収穫かな。

大倉ヲタ的には
「ただいま、ROMES」
という短い台詞だけでもかなり萌えられました。

でもね、普通のドラマ好きとして一言いいですか。
成嶋「ただいま、ROMES」←語尾にハートがつく雰囲気の口調
だったので、成嶋が必用以上に幼く見えてしまったのがちょっと残念ポイントです。
大倉くんって、テレビよりもラジオの方が口調が落ちついていて声のトーンも低くて大人っぽくないですか?何故かテレビだと舌足らずで声が高めに聴こえるんだけど…。

あ、でもあの短い台詞だけで成嶋@大倉くんを評価するつもりは全くないので、あくまでも今日見た第一印象という括りでの感想ですよ。
これから、対テロの緊迫したシーンではそういったクールな成嶋も見られるはずなので、そちらとのギャップ・成嶋ドSモードに期待したいと思います!


<追記>
録画をリピって見たら、最初に受けた印象とはまた違って採点が激甘になりました。
たまにはジャニという括りを捨てて、普通に若手俳優さんたちと同じレベルで採点!
なんて考えて辛口発言したばかりなのに、大倉くんがいっぱい映ってる~(*'д`*)萌ぇ度が強すぎて、口元緩みっぱなしに(笑)
やっぱり成嶋@大倉忠義に早く会いたい


あいかわらず、袋系が大好きなメグ嬢。
ネットブックを持ち運ぶため用意したケースを広げたままその場を離れ、戻ってみたらメグ嬢がスッポリ中に入ってご満悦の表情だったのでパチリ

ちょっとイタズラして、きんちゃく状の紐を絞ってみたところ…
CIMG1296.jpg
「なにすんのよっ!」
ってな表情で睨まれました。
CIMG1304.jpg
モバイル猫?
仕方がないのでネットブックをケースに収納するのはまた後で

本日はF1イタリアGP予選です。
フリー走行2、3と見ている限りでは、前戦にひきつづきフォースインディアのセッティングがピタッと嵌っている様子。
トップタイムはエイドリアン・スーティル。
久々にレギュラードライバー復帰のヴィタントニオ・リウッツィもブランクを感じさせない良い走りっぷりです。

イタリア人の憧れ、スクーデリア・フェラーリに電撃移籍を果たしたジャンカルロ・フィジケラさんはFP2のセッション中、パラボリカで減速しきれずコースアウト⇒クラッシュ⇒マシンはクレーン宙吊りドナドナド~ナド~ナ~♪されてしまいました。
古巣のフォースインディアが絶好調で、新天地フェラーリのマシンは慣れないKERS搭載…思うようには結果は出せていないフリー走行を終えて予選はどうなるのかな?

このあと楽しみ♪
まずは明日、土曜スタジオパークは絶対チェック!
で、以下全てのジャニタレ出演ドラマを網羅した訳ではありません。
あくまでも自分の興味にひっかかっているタレントさん出演のドラマのみですので悪しからず…。

☆9月12日(土)14:00-15:00 
NHK総合 『土曜スタジオパーク 』大倉忠義・安田章大
 【ROMES/空港防御システム】取材会の模様がオンエア

☆9月24日(木)21:00-
TBS 『天国で君に逢えたら』二宮和也

☆10月3日(土) 21:00-
日本テレビ 『左目探偵EYE』山田涼介・横山裕

☆10月5日(月) 21:00-
フジテレビ 『世にも奇妙な物語 秋の特別編(仮)~自殺者リサイクル法』生田斗真

☆10月6日 21:00- 
フジテレビ 『誰かが嘘をついている』手越祐也

☆10月9日(金)23:15-
テレビ朝日 『マイガール』相葉雅紀・村上信五

----
昨日、フジテレビ開局50周年記念ドラマの〆として発表された『わが家の歴史』に松本潤くんが出演しするようですが、エキストラ募集も開始されています。
東京近郊はいつものことですが、このドラマは九州での撮影が多いようなので、お近くの方は公式サイトから応募してみてはいかがでしょう?

【出演者】柴咲コウ、佐藤浩市、松本潤、佐藤隆太、堀北真希、榮倉奈々、長澤まさみ、大泉洋、玉山鉄二、山本耕史、天海祐希、富司純子、西田敏行ほか

【脚本】三谷幸喜 【プロデューサー】重岡由美子・稲田秀樹ほか
【演出】河野圭太


今年もF1日本GPが近づいてきました。
それもお馴染み鈴鹿サーキットへ戻っての開催!

◆10月2日(金)フリー走行1.2
 10月3日(土)フリー走行3、予選
 10月4日(日)決勝 14:00スタート予定

F1大好きジャニタレ筆頭者の堂本光一くんが、満を持していよいよ鈴鹿サーキットでの前夜祭イベントに登場!ってな目玉企画も飛び出しております。

堂本光一氏のF1オタクっぷりは有名ですよね。
ライブやテレビ番組、ラジオなどでF1について熱く語りすぎて、興味のない共演者やファンは置いてけぼり…なんてこともしばしば(笑)
彼の場合は、単なる客寄せパンダじゃないのが高ポイントです!
予選・決勝の解説ゲストにも出演してくれるといいなぁ。そしたら久しぶりに地上波+ライブタイミングモニターのセットで観戦しようと思います♪

イベントは10月3日(土)予選後の鈴鹿サーキットグランドスタンド前での開催とのこと。
入場希望者が多数の場合、グランドスタンド前に設置された【V1】【V2】スタンドのチケットを持っている方が優先されるようですので、「絶対にイベントを見たい!」というファンの方は、お高いお買い物になりますが鈴鹿サーキットをフルスロットルで駆け抜け、1コーナーへのブレーキングを見ることが出来る特等席でF1観戦も楽しまれてはいかがでしょうか。

フジテレビF1チケットショップへ

東京発の新幹線往復ツアープランの中にも、【V2】指定席で3日間観戦、名古屋市内ホテル宿泊+現地まで送迎バス有の女性、F1初心者にも心強いプランが出ています。

ちなみに、光ちゃんとは全く無関係ですが、唯一の日本人ドライバー・中嶋一貴選手(ウィリアムズ・トヨタ)応援席は今年も発売されています。
アフィリじゃありません(笑)、コースレイアウトや鈴鹿サーキット駐車場情報など、見やすく掲載されているサイトなのでご参照ください。


その他、ドライバー全員参加のサイン会イベントもあるんですよね。
どこかのオフィシャル発表を読んだのですが、Webページをブックマークし忘れたので詳細は不明です。レッツ検索!


◆大阪城公園では来週土曜日、9月19日にレッドブルレーシングF1マシンによるデモランイベントが開催されます!
ドライバーは昨年引退し、現在もレッドブルレーシングのリザーブドライバーのデビッド・クルサード氏。
こちらは無料です!


愛用している携帯電話の電池の持ちが悪くなったので、久々にドコモショップに行ってきました。
2年も同じ機種を使ったのは今回が初。
替えの電池パックを無料でもらえることすら知らず、ドコモからお知らせメールを貰うまで、充電アダプターを1日最低でも2回は使用するという、めっちゃヘヴィな使いかたをしてました( ;^^)ヘ..

たまにエラー表示が出たり、一時的に不調になる機能もあるんだけどね…もうしばらく使い慣れて自分的にしっくりきているN904iをひきつづき使おうと思ってます。

こんな私ですがNTTドコモユーザー歴、もうすぐ10年のベテランです(笑)
もちろん、携帯の利用料金ポイントや、他社カード利用ポイントをドコモポイントとして貯められるドコモプレミアクラブ会員なので、ポイントもだいぶ貯まっているんだけどねぇ…機種変したい!と思える機種にそろそろ出会えるかな。

その前に今、プレミアクラブで9月末まで受付中の「あなたのドコモがクーポンになる!」キャンペーンに応募すれば、温泉旅行や眠ってる間にお肌ケアできると話題のpanasonicのナノケア、そしてインテリアとしても優れたデザインで人気のアマダナ製ポケットビデオカメラが当たると聞き、このチャンスをみすみす逃すまい!と、そろそろドトールか夢庵あたりに行こうかと考え中デス♪

狙うはこれ↑
ナノケアナイトスチーマー(^_-)☆

最近、レディースプランや女性専用フロアのあるホテルに、サービスで設置されているところもあって、ナノケアでお肌ケアを自宅でもしたい!
と思っていたところなんですよね♪

今回は、ドコモプレミアクラブ会員ページから欲しい商品を登録。

それから、キャンペーン対象店に行って簡単なアンケートに回答するだけで応募できるみたいだし、そろそろドトールのカフェモカが恋しい頃だったし、プレミアクラブのクーポン券を使えば無料サイズアップしてもらえるし一挙両得!でしょ(*^^)v

あぁ、でもアマダナのポケットビデオカメラも欲しい…これ持ってたらデジカメとは違った用途で、旅先の景色を記録して持ち帰れるから良さそうだぁ(´ー`)♪

迷う…。
当たる前からすごく悩む(笑)

そんな時間がちょっと幸せ
本日は完全なるヲタ話を…。

ジャニヲタ復活宣言をしたものの、さすがにアイドル誌には手を出せず、こう…ちらっとスーパーで大倉くんとおーちゃんのページを確認して終了。
という感じだったのですが、本日発売のアイドル雑誌3冊を視察に本屋を訪れたところ、“嵐10周年記念ソロ表紙巻頭企画”でドドーンと表紙を飾っていた大野智氏の姿にクギヅケ。
さらに、白衣姿の大倉忠義氏をちら見した瞬間、なんの躊躇いもなく、【Wi○k up10月号】を手にレジに並んでました(笑)

大野さん、屋形船に乗ったり、下町をぷらっと散歩しているショットが自然体で、すっかりTOPアイドルになって遠くへ行ってしまったおーちゃんが、未だに身近に感じられる素敵な巻頭特集ですね。

そういえばおーちゃん、A型だったね。
私の中でもO型と情報変換しちゃってたよ(笑)

記事の中で、ジャニ入所初の雑誌仕事がW誌だったと懐かしんでコメントしてるんだけど、その記事持ってたよ、私。
Jr.時代のおーちゃんの掲載記事は全部クリアファイルにまとめて、宝物として大切にしていたんだけどね…最初のジャニヲタを卒業宣言と共に他のジャニ友に譲ってしまったので、今は1枚も手元に残ってないけどね。


大倉くんはですね…
多くは語るまい。とにかく、白衣姿が素敵

まだ髪がくるんくるんパーマになってない(ヤスくんも金髪)から、撮影自体は他誌よりも前なんだろうけど、スーツにキリリとネクタイ締めておすまし顔も(≧∀≦)/イイ!!
前から書いてるけど、「イタズラなKiss」を再び実写化するなら、入江くん役にぜひ大倉くんを!
24歳、もう年齢的にはギリギリだけどね。

ROMES撮影現場潜入記事では、もうすでに成嶋モード全開。
ヤキソバマンヘアーも、見慣れるとクールでイイわ~♪
だいぶ痩せてキリッとシャープな成嶋仕様の風貌だけど、撮影の合間のエピソードは普段の大倉くんらしく、ギャップ(*´Д`)モエッです。


しかし…知らないJr.の子がイッパイだ。
大野、大倉関連のページのためだけに570円の雑誌を購入するのは効率がだいぶ悪い気がする。
ふと我に返ると心とお財布に秋風…
でも、昼間は30℃超で暑かったからいいのだ!>意味不明


8月は、声優さんメインのイベントの模様を放送していた為、アニメ本編は2週お休みだった『花咲け青少年』。
声優さんたちのキャラやストーリーに対する考え方を聞いていると、原作好きとしては「???」と、どんどん興冷めしていく傾向が強いため、イベント放送回は完全スルーさせてもらいました。
18話から再開され、今週は後半戦3週目です。

20話『ターニングポイント』
いよいよハリー・バーンズワースが娘に仕掛けた“婿選びゲーム”の3人の候補者が明らかになりましたね。
ハリーが婿候補3人の元へ自ら赴き、その行動に気づいた花鹿が父ハリーに真意を問いただす。
しかし当事者の花鹿はユージィン、ルマティ、そしてカールに対しての“好き”の感情が、生涯の伴侶に対して抱く“好き”なのかどうかがわからない。そんな段階ですけど。

原作を読んでいた時から思っていたことだけど、ハリーはユージィンとカールに対しては、自分の娘が好きか?将来の妻として迎えたいほどの魅力を感じているか?と問いただしているのに、ルマティに対してだけは「王になりなさい」と、花鹿に対しての感情確認ではなくてラギネイという国家に対する責任提議をしているだけなんですよね。

同時に、花鹿本人の口から3人の婿候補はユージィン、ルマティ、カールだと確信めいた発言を受け、「嫌だ、誰にも渡すものか!」と花鹿に対しての恋愛感情が止められないところまで育ってしまっていることを改めて自覚して悩む倣立人の姿も描かれる…と。
そろそろ立人の少女漫画王道のヒロインっぷりが露骨になってまいりますよ♪

花鹿をめぐる恋愛ゲームのプレイヤー4人が出揃うという意味では、ラギネイ問題以外の本来のメインテーマを描く上ではタイトルどおり、“ターニングポイント”ですね。

今回は作画も綺麗だったし、ユージィンの儚くも美しい「花鹿を愛しています」宣言と、凛々しいカールの「お遊びの時間は終わりだ!」宣言が聞けたので大満足です。

特にカール贔屓の私としては、ここ数回はカールの出番が多くて単純に嬉しい!

しかし、この原作がアニメ化に今更押された要素として“腐女子ウケ”の要素がやっぱり強いのかなぁ…あまりその部分は強調して欲しくなかったんだけど。
カール…アッー!すぎる(;´д`)トホホ

★秋スタートドラマ情報追加
の記事へ拍手コメ、ありがとうございます!

⇒横山くんドラマ関連でいつも拍手コメントを残して
くださっている方ですよね?
別の方だったらスミマセン( ;^^)ヘ..
もしよろしければ次回コメをいただく際、ぜひハンドルネームを
入力してくださると幸いです。

DVD発売イベント、倍率がすごいことになりそうですよね(´ヘ`;)
5会場のうち、どちらかの会場のお近くにお住まいなんですか!
とても庶民的な会場なんですねσ(^◇^;)
それはそれで、彼ららしくて良いんですけどね(笑)

『0号室の客』
これまた関ジャニ∞怒涛のドラマ押し、きてますね~。
関ジャニ∞の半数以上が出演するとはビックリです。
しかし、放送枠がほぼ関東ローカルというのは悲しいですね…。
地元含め、もっと多くの地方局でも放送されることに
期待しつつ、テレビ局にリクエストメール出しておきます!

右サイドバー中ほどに『すべらんぞう』ゲームブログパーツを追加中です。

すべらんぞう君と「あそぶ」をポチってもらうと…
お暇なら試してみてね(^_-)☆

そして、「すべらんぞうキャンペーン」の部分をクリックして、特設ページへ飛んでいただき、“すべりそうな言葉”を3つ、制限時間内に入力すると、すべらんぞう君がすべり台から滑っていきます。
一番遠くまですべらんぞう君をすべらせた方には、豪華プレゼントが!!ってな企画に参加できます♪

ちなみに私の現在のハイスコアは28m…
同時チャレンジャーの方は40m超!してましたよ。
現在のハイスコアは84m。
どうしたらそんなハイスコアが出るの~?!
しばらく頑張ってみようと思います('◇')ゞ

こちらのブログパーツ、先日まで世界陸上ベルリン大会の熱狂を後半に向って右肩上がりにテンションを上げて伝えてくださった織田裕二さんのCMでおなじみのヨコハマタイヤさん提供コンテンツです。

世陸の織田さん、前半はテンション低すぎて心配でしたが、大好きなタイソン・ゲイ選手が不調だったからかなぁ…。同じく大好きなアリソン・フェリックスが登場してからはテンション高めキープで、いつもの織田さんの陸上愛を確認できて嬉しかったなぁ~!!

そんな織田さんのCM商品、雪道走行も絶対に滑らないアイスガードシリーズ。
本格的な冬の到来前に、スタッドレスタイヤ選びもしなくちゃ!ですね。
★日テレ水10ドラマ 『ギネ~産婦人科の女たち~』
のキャスト等詳細情報が発表されました。

【出演】藤原紀香、板谷由夏、松下由樹ほか
【原作】ノーフォールト 著:岡井 崇
【脚本】大石 静 【チーフP】櫨山裕子

★フジテレビ金曜深夜新枠 『0号室の客』
スポーツ紙にて情報解禁されました。

10月23日(金)25:05~15分のオムニバス形式
ストーリーは1ヶ月で1本完結。

ストーリーテイラー役には関ジャニ∞横山裕。
初回主役は嵐の大野智。
キャバ嬢同伴のサラリーマン役と、これまたシュールな感じで楽しみです!

以後、丸山隆平&安田章大(共に関ジャニ∞)、加藤成亮(NEWS)、
村上信五(関ジャニ∞)、小山慶一郎(NEWS)、城島茂(TOKIO)が
それぞれ、売れないお笑い芸人や熱血医師、チンピラにニート、頼りない夫とそれぞれ斬新な役で登板するみたいですね。

昔放送していた『演技者。』に近いテイストかな。
演技者。といえば、初回主役の大野くんと横山くんコンビでふたりの「ミツオ」の奇妙なストーリーを展開してましたよね。願掛けで爪を伸ばし続けて異様に長い爪でふらふらしてる大野くんのインパクトが強すぎて、横山くんの印象があまり残っていないんだけど( ;^^)ヘ..

今回のオムニバスドラマも、制作陣営がなかなかバラエティに飛んだ顔ぶれで面白そうですよ!
詳細はフジテレビ広報記事をご参照ください。


が、しかし…

フジテレビ系列金曜深夜のその時間帯、うちの地域では「百識王」が放送されているんですけど…。
関東では火曜深夜に放送している番組をちょい遅れで放送するパターンで。

もっと困ったことに、裏の長野朝日放送でこの時間、「Can!ジャニ」が12回遅れで放送されているんですよね…。
数少ない関ジャニ∞の番組が深夜でバッティングって…。

ちょっと遅れ別枠での放送でもいいから、ローカル局で放送してくれますように!
長野放送様、お願いします。

ダメなら、首都圏在住の友人様に録画のお願いを…。
せめておーちゃんの回だけはどうしても見たい。
先に一覧にまとめた「2009年10月期連続ドラマ」に追記。

・日テレ水10枠『ギネ~産婦人科の女たち~』テレビ誌情報より
 キャスト等は正式発表後に追記予定

・TBS金10枠『おひとりさま』
 観月ありささんが33歳日本史教師役、その10歳年下の草食男子系彼氏の臨時教師役には小池徹平くん。
 今マスコミが流行こぞって取り上げている“歴女”“草食系男子”“格差恋愛”に続いて“おひとりさま”

 とにかくトレンドをめいっぱい盛り込んでドラマに仕立てます!的な感じですが、自分も“おひとりさま”だし、“歴女”なんて言葉が流行る前から戦国好きだし、年下男子好きだし…なにげにビンゴすぎて逆に楽しみなドラマです。10歳年下彼氏ってのはいささか夢がありすぎるけど(笑)

・日テレ土9枠『サムライ・セブンティーン(仮)』
 若手イケメン俳優の中でも躍進のつづく三浦春馬くんが主演。
 TBS日9の「仁~JIN~」とちょっと被るテーマですね。サムライを流行らせようとしてますか?
 普段は草食系男子で地味な主人公が、先祖である戦国武将バリのサムライに変身して正義のヒーローになる!という…日テレさん的には“痛快エンターテイメントドラマ”らしいです。

***
来期イチオシ!
NHK 木8ドラマ『ROMES/空港防御システム』情報~♪

先月28日に恒例のNHKドラマスタッフブログにて、スタジオ取材会が行われた旨、紹介されていましたが、そのときの模様が9月12日の『土曜スタジオパーク』内で放送されるそうなので要チェック!

この取材会の模様を記事にした『オリ★スタ』は9月11日発売です。
最新号のテレビ誌にも最新カラーショットが掲載されてますね。
また、携帯有料サイト『ジャニーズウェブ』内の関ジャニ∞コンテンツ内でも、この取材会レポが掲載中。

土スタパ番組公式サイトの予告に出ているとおり、その翌週19日のゲストは小栗旬くん(天地人より)ですね。
先日は『オトコマエ!2』主演の福士誠治くんが平日スタジオパークのゲストとして出演されていたし、最近、私のご贔屓さんが相次いでスタパに出演中で嬉しいっ(*^^)v

コーヒーカップに注がれた一杯のコーヒーに癒されるひととき+遊び心いっぱいのメッセージを添えてプレゼント♪
といった雰囲気のメールツールがネスレさんのサイトで紹介されています。

“NESCAFÉ Mug Messenger(ネスカフェマグメッセンジャー)”

届けたいメッセージの気分をバロメーター式に選択すると…

メッセージクッキーや紙飛行機にメッセージを託せるメッセージカードや、もっとオリジナリティを追求するならば、ご自身の顔写真を組み込んでジャズ演奏者に変身してメッセージカードの中で演奏している姿を相手に送ることが出来るカード等が選べたりして結構楽しい!

コポコポと注がれるお湯の音だけでも癒されるし、フリーのウェブメッセージカードとしてはすごくオススメですよ♪

お友達のお誕生日祝い、ちょっとしたお礼、年始のご挨拶などのメッセージを届けたいときなどには、電子メールで送れるタイプのグリーティングカードをよく利用していますが、フリーで送れるサイトさんは限られているので、このマグメッセンジャーは目新しくて喜ばれそうじゃないですか。

年賀状、今年は数年ぶりに枚数限定で遠方の友人に出しましたが、基本的にはメールやグリーティングカードで代用することが多い私です。
お誕生日おめでとう!メッセは携帯デコメールか、パソコンで読めるタイプのグリーティングカードが半々くらいかなぁ…。

こうして考えると、手書きのメッセージカードって、そういえば滅多に使わないんだなぁ( ;^^)ヘ..
ブラジル在住の親戚から届くカラフルなクリスマスカードに加えて、昨年キミ・ライコネンの記念切手をフィンランドの郵便局から購入したら、すっかり雪化粧した森の中からクリスマスパーティに出かける動物たちのかわいらしいデザインのクリスマスカードが届いて感激しました。
さすがはサンタの国!ですね('-'*)♪

「元気ですか?」となにげなく送るメッセージにも、オリジナルの色と短い言葉を添えるだけで、素敵な贈り物になる。
ちょっとした工夫を大切にしたいですね。
今年のパーソナリティを務めたNEWSの6人中、山下智久くん、錦戸亮くんが今流行りのA型インフルエンザに感染、お仕事休止とニューストピに上がってます。

24時間テレビオンエア中も、錦戸くんの表情がずっと冴えなかったのが気になっていたんだけど、31日にインフルエンザと診断されているということは、番組中に既に発熱していたのを我慢して出演していたということ?

マラソンランナーを務めあげたイモトアヤコさんを、ゴールで出迎えて涙ながらに彼女を抱きとめてよい子よい子してあげていた手越祐也くんも、番組開始前日に発熱があったと聞くし色々と心配ですね。
他の出演者、特に身体の弱いあの番組の主役でもある身体にリスクを抱えた方達への感染が無いことを祈りたいと思います。

山下くんは月9で主演中の『ブザービート』の撮影がまだ少し残っているようだし、錦戸くんの方も金10『オルトロスの犬』の撮影がおしているんでしょ?
ドクターストップで完全休養になったみたいだけど、本当に今はひたすら安静にして、しっかり治してから復帰してもらいたいですね。

こんな形でまとまったお休みが取れるなんて皮肉だけど( ;^^)ヘ..

それにしても、新型インフルエンザ含むインフルエンザの感染が、初夏の頃よりも勢いを増してませんか?
すごく心配です。

手洗い・うがい・マスク。
油断せずにしっかり徹底しないとね。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。