上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
関ジャニ∞ ツアー2∞9“PUZZLE”
5月10日広島からスタートし、仙台・東京・熊本・北海道・大分・福井・長野・石川と巡り、いよいよ彼らのホーム大阪京セラドームでツアーラストを迎えました。

ジャニヲタに戻ることを頑なに拒み、これ以上大倉熱は上げないゾ!
と必死にあがいていた自分が、かなり昔のことのように思えます。
今回のツアーをもって、立派な“eighter”に育った自覚があります(笑)

地方では1万人以下レベルのアリーナクラスの会場で、より近くに感じられた関ジャニ∞のメンバーでしたが、やはり東京ドームや京セラドームクラスの大きな箱で見る彼らは、ジャニーズのキラッキラしたアイドルなんだなぁ…と当たり前だけど少し淋しくなり冷静になった自分もいました。
小さく見える彼らを肉眼で追うには限界があるスタンド席で、時には双眼鏡を覗き込み、基本的には会場のスクリーンに映し出される映像を見ながら、リズムに合わせてペンライトを降り、彼らと同じ振りで踊り、終盤は一緒に歌い、アリーナクラスの公演とは違った楽しみ方で満喫してきました。

オーラス公演については、発売日はまだ未定ながらDVD化され発売されること、そして同時にサプライズ企画としてイベントも行われることがメンバーから発表されたので、詳細レポは割愛。

個人的にとくに心に残った断片的なエピソードだけ綴っておきます。


☆大阪公演 セトリ☆
1.無責任ヒーロー
2.イッツマイソウル
3.関風ファイティング

<センターステージにてバンド形式)
4.ミセテクレ
5.Heavenly Phycho

6.一秒KISS

<ユニット曲>
7.Glorious
8.Kicyu
9.YOU CAN SEE

10.パズル
11.渇いた花

<∞レンジャー>
12.どんなに離れてたって傍にいるから
13.ギガマジメ我ファイト

<MC>
<関西Jr.メドレー>

14.アカイシンキロウ
15.ブリュレ
16.My Last Train
17.大阪レイニーブルース
18.好きやねん、大阪。
19.∞SAKAおばちゃんROCK
20.ズッコケ男道 

<バンドセッション メインステージ>
21.Do you agree?
22.ゴリゴリ
23.情熱Party
<エンディング横山MC>
24.ローリング・コースター

EN.ひとつのうた
  咲いて生きよ
W,EN.大阪ロマネスク
   ワッハッハー

ドームコンでは「ミセテクレ」「Heavenly Phycho」「好きやねん、大阪」「∞SAKAおばちゃんROCK」※東京ではここで「ワッハッハー」だった
アンコール時に「大阪ロマネスク」が追加され、「無限大」⇒次のシングルCDカップリング曲の「ひとつのうた(正式表記は不明)」に差し代わり。
短縮Ver.だった一部曲もフルVer.でした。Kicyuとかね。
スポンサーサイト
本日、デビュー曲『ひとつのうた』をレコーディングしてきました。

今度出る関ジャニ∞のNEWシングルカップリング曲の1パートを今日コンサート会場にいたファンの合唱に任せ取り入れるという、関ジャニ∞からの粋な計らいなんですけどね。して

すばる先生指揮、安田先生ギター先導による入念な練習の後、ぶじレコーディングオッケーいただきました!!

その他大勢の中の一人とはいえ、自分の好きなタレントのCDに一緒に参加できたことは、一生の思い出になるだろうなぁ。


関ジャニ∞ツアーラスト。
彼らのホーム京セラドーム大阪。
参加できて本当によかった!

京セラドームは暑く、熱気もすごくて一瞬気が遠退きかけたりもしたけどね。


東京ドームに続き、マイクミス、照明ミスもあり、さらにはバンドセッション中に安田くんのギタートラブルにも見舞われましたが、メインギター無しの変則演奏も、ギターをマイクに持ちかえたヤスくんロック魂全開のハイテンションステージングで最高に盛り上がったよ♪♪


我が愛しの大倉くんは、パーマをかけ、ソフトだった外見がワイルド系に変貌をとげておられました。

ストレートさらさらヘアが大好物な私的には、オープニング現れた大倉くんを見た瞬間、正直凹みました。

でも、ドラムセッション時のフェロモンがさらにエライことになっていたのを見て、パーマもしばらく楽しんでみようと思い直しました。


明日いよいよオーラス!
思いっきり見切れ席、ほとんどバクステでのパフォーマンス構成のドームでは、置いてきぼりなメインステ側の席だけど、楽しみ方を自分なりに模索してオーラスを満喫してやるんだ!


さて、いい加減寝よ。
ようやく現・ワールドチャンピオンが1勝目をあげたハンガリーGP。
2位もライコネンだったし、昨年までは見慣れたマクラーレン・フェラーリの揃ったポディウムが新鮮に映りました。

でも…個人的に今シーズン贔屓にしているアロンソとベッテルが揃ってリタイア。
バトンが7位でもコツコツと毎レースポイントを重ねていっているところへ、それを一番近いところで追撃していたベッテルがノーポイント…痛すぎる!
同僚のウェバーがこちらも地道に3位表彰台を獲得し、ついにドライバーズポイントでベッテル逆転し2位に浮上です。

さらに悲惨なのはアロンソですよ…。
せっかくポールスタートでスタートダッシュに成功し、ハミルトンに差を縮められながらもなんとかTOPを死守していたのに、1回目のピットストップでとんでもないミスが発生。
なんと右フロントタイヤのホイールナットがきっちりはまっていない状態でロリポップが上がり、コースへ出たマシンから途中でタイヤが外れて勢いよくバウンドしながらコース外へと転がっていくという、なんとも危ないシーンが!
3輪のままピットへ戻ったアロンソは勿論リタイアでしたが、予選でのマッサ事故や別カテゴリで同じく転がってきたタイヤに後続ドライバーが衝突し命を落とすという事故があったばかりなのに、このタイヤ離脱…幸い、タイヤが外れたタイミングでは周囲に他のマシンがいなかったことが幸いだったけど、とても危険な走行であったことには変わりはなく、ルノーチームに次戦出場停止の処分が言い渡されました。

次戦=バレンシアGPですよ!
アロンソの母国GPに肝心な地元のヒーローがいないなんて…。
昨シーズンはオープニングラップで一貴と接触してすぐにリタイアしてしまったアロンソの走りを、今シーズンこそリベンジ!と楽しみにしているファンも多いでしょうに…。

良かったことといえば、久々にライコネンが表彰台にてシャンパンをグビグビと豪快に飲む姿を拝めたことくらいかな。
あと、地味に3位争いを2度目のピットストップ勝負に賭けてきたニコVSウェバーの見えないところでの競り合いにちょっとドキドキさせてもらいました。
ニコもねぇ、コンスタントに入賞は出来るようになったのに、表彰台が遠いなぁ…。
タナボタじゃなくて、誰の目からみても文句なく表彰台を勝ち取る姿を近々見たいです。

最後に、予選ではだいぶ後の方につけたトヨタが、気づけば2台揃ってポイントゲットしてました。
最後、8位1ポイントをかけてヤルノを一貴が懸命に追っていたんですけどね…そろそろポイント獲っておかないと。
ピケ子ちゃんといえば、まだレース中なのにフラビオ・ブリアトーレは帰途につくという…もうダメなの?

なにやら不穏な雰囲気漂うハンガリーでしたが、これから1ヶ月F1は夏休みに入ります。
8月はつまんないなぁ。

近年、F1マシンの安全性が劇的に向上したおかげで、大きなクラッシュがあってもドライバーの命に別状はないだろう…と安心して見ていた矢先のマッサの今回の事故。
ここ最近で大きめのクラッシュだとコバライネン、クビサなどの事故があったけど、彼らは幸い大した怪我も後遺症もなく、次のレースにも普通に参戦していたんだけどね…。

マッサのヘルメット左側面に衝突した物体が、前を走行していた同じくブラジル人ドライバーのバリチェロのマシンから落下したパーツだったというのも皮肉な話だね。
パーツが落ちて、それがバウンド?してマッサの頭部に真っ直ぐにヒットするオンボード映像を見ると、なんて運が悪かったんだ…と驚くし、良い方に考えれば、あのパーツがあと数センチでも右に飛んでいたら、ヘルメットのバイザーに命中して、マッサの命が瞬時に奪われていたかもしれない…と思うと、不幸中の幸いだったような気もするし…。
とにかく、マッサの手術後の経過が良好であり、今後なにも障害が残らないことをただただ祈っています。

マッサの事故のため、予選Q3のスタート時間が遅れ、いや~な空気が漂う予選でしたが、肝心なQ3終盤でライブタイミングモニターが落ちてしまうという珍事にも見舞われ、予選を終えマシンを降りた後、アロンソやバトンがライバルドライバー達に「君は何秒だった?」と聞いてまわっている姿に少し心が和みました。

ここのサーキットでは後半、路面状況が出来上がってからのタイムの上がり具合がとても顕著でした。
Q2、Q3と残り3分からのタイムの伸びは圧巻です。
結果的にポールポジション獲得は、なんとフェルナンド・アロンソ!!
今シーズン初のポールなのは当然だけど、去年も優勝は2回果たしているけどポールは獲っていなかったんですよね。ってなわけで2年ぶりのポールポジション獲得おめでとう!
前回、ニュルブルクリンクでのアップグレード後、アロンソの速さが目だってますね!
昨シーズンも後半、怒涛の追い上げを魅せてくれてアロンソなだけに、今シーズンもここからの躍進に期待して楽しみたいと思います。

あとは…ウィリアムズは2台揃ってQ3進出。
一貴はQ2でうまいことトラフィックを避けて3番手タイムを出していたし、ニコはQ3ラスト周回まではトップタイムだったし、ひきつづき安定したポテンシャルを保っている様子。
こちらにも期待!
でも…ニコがKERS搭載車に囲まれてるΣ(゚д゚lll)ガーン

そして、FPから好調だったマクラーレン。
いよいよここから追撃開始の狼煙かな?
ハミルトン4番手、コバライネン6番手からの決勝スタート。
スタート時、KERSで自爆しなければハミルトンの今シーズン初の表彰台の可能性も高いかな?
個人的には予選順位のまま決勝も終えて欲しいんだけどσ(^◇^;)

KERS搭載ハミルトンに食われて順位を落とさないよう、特にアロンソ、ベッテルは踏ん張れるか?!
うーん、ウェバーの幅寄せщ(゚Д゚щ)カモォォォン



手を触れただけで傷や病を治すことができる特殊能力を持った囚人、宇崎(滝沢秀明)が手を触れ殺したいと思った相手を痛みも苦しみもなく瞬殺する特殊能力を持った善良な高校教師、蒼井(錦戸亮)を言葉巧みに騙して塀の外への脱出に成功するまでを描いた第1話。

同枠で放送され同じくジャニ2人のW主演という形でわりと好評だった『魔王』と触りの印象は似ているように感じました。
なにせ宇崎という3人もの人を殺めた囚人が収監されている牢獄がガラス張りの教会のような妙にヨーロピアン風味の部屋だったり、登場人物も魔王と数人被ってましたからね。
(それ以上に『必殺仕事人2009』出演者の多さにもビックリしたけど。)
ただし、魔王はあくまでも人間の深層心理を突詰めたミステリーだったのに対して、『オルトロスの犬』はファンタジー要素が前提のミステリーなのが大きな違いですよね。
「そんなのありえねー」と現実と重ね合わせてツッコミながら楽しむタイプのドラマではないので、ハマれる人とそうではない人、初回でまず大きく振り分けられると思います。

台詞が少なく、夜や雨、牢獄でのシーンばかりだったのでとにかく画は暗かったです。
悪役の滝沢秀明VS善人役の錦戸亮。
このコントラストも近年では逆パターンの印象が強い両者なだけにとても新鮮。
それに、思った以上にこの二人の並びがバランス良く似合ってますよね。
そして脇を固める役者さんが出番が少ない中でも初回からピリリとスパイスになっていて、個人的には次回も俄然楽しみになりました。

宇崎と蒼井、対極する力を持つ二人の橋渡し役になってしまった女刑事、長谷部⇒水川あさみ
蒼井の力で殺された麻薬密売青年の検死を行った検死官、前園⇒原田夏希
日本のCIA組織に所属し、特殊能力に興味を持つ次官、沢井⇒佐々木蔵ノ介
内閣総理大臣を目指す女性政治家だが病を抱えている榊⇒高畑淳子
竜崎の存在に怯える元警察官、二宮⇒六角精児

このあたりの役者さん達の存在感、今後楽しみです!
1ヶ月の夏休み期間に入る前のF1GPは今週末、ハンガリーです。
で、残念ながら結果が出せず途中でトロロッソのシートを失ってしまったセバスチャン・ブルデーの後釜には、なんと19歳のF1経験ほとんどナシというスペイン人ドライバー。
お名前はハイメ・アルグエルと慣れるまでちょっと噛みそうなお名前の若き青年なんだそうで…。

まぁ、夏休み明けのヨーロッパGPで地元スペイン出身のドライバーが2人走ることになれば、スペインのF1ファンは盛り上がることでしょう。
アロンソのようにいぶし銀ドライバーになるのか、アルグエル君の走りに、とりあえず今日のフリー走行inハンガロリンクに注目してみようと思います。

はぁ…ニコはやっぱりマクラorBMからもオファーが来てるのかぁ。
ウィリアムズのパドックパス、さすがにお高くて自粛してたけど、一貴絡みでもなければ今後ニコを日本で間近で観られる機会なんて無さそうだし…つくづく貧乏な自分が悲しく思える今日この頃です。
今からでも遅くはない!ロト6大当たりしないかなぁ。パドックパス~!!!

F1といえば、昨夜のレコメン(文化放送)のゲストが光ちゃんだったそうで、F1に興味のない後輩ふたりを置いてけぼりにして濃ゆいF1トークでも炸裂させちゃったのかな?(笑)
ライブのMCでマニアックなF1トークをしても、おそらく多くの光一ファンは「???」なんだろうけど、私的にはF1に関するMCなら歌半分削ってでも続けて欲しいと思っちゃうなσ(^◇^;)


フリープラクティスと思いっきり時間が被ってますが、今晩10時から『オルトロスの犬』がいよいよ始まりますよ!

本日の皆既日食、南の島では見られたようですが、こちら本州のほぼ中央、少~し空が暗くなったかな?程度の違いしかわかりませんでした( ;^^)ヘ..

ブログの更新、最近4日毎とか、ものすんごくペースダウン中ですが、とりあえず先週の日テレ土9『華麗なるスパイ』初回と、2クール目突入中のNHK衛星アニメ劇場『花咲ける青少年』「月下の巫女」はリアルタイムで見ました。

いつものような感想文は書く気力が起こらないので、簡略バージョンにて。

『華麗なるスパイ』第1回。
『踊る大捜査線』シリーズの脚本で有名な君塚良一さんの脚本のコメディですが、君塚さん、もしかしてコメディはあまりお得意ではないのでしょうか…踊る~シリーズやナニワ金融道は好きだったんだけどなぁ…ちょっと、いやだいぶテンポとギャグが不自然な感じだなぁ…というのが正直な第一印象です。

主演の長瀬智也くん、ヒロインスパイの深田恭子ちゃんのコメディ演技はハマっていたし、懸念していたお笑い有名タレントが複数名出演している点も全く気にならず、キャストはすこぶる良い感じなだけに、脚本と演出がもったいない感じかな…。
お笑い班ではどうしても世界のナベアツが普通にしていてもインパクトが強く目立っていますが、個人的にはパソコンオタクスパイ役のライセンス藤原さんの化けっぷりが目につきました。
『小児救命』の先生役よりこちらの方がハマってますね。

初回は時間延長したわりには、長瀬のキメポーズ→ペンダントキラーン☆→天才詐欺師としての適正開花!の場面が複数回出すぎ&間延びしすぎで肝心な後半にはダレてしまったので、次回からの通常版に期待。

つづいて『花咲ける青少年』
第15話「月下の巫女」の感想を。

夏ドラマが続々とスタートしてますね。
明日は長瀬主演のコメディ、日テレ土9『華麗なるスパイ』見ようと思ってます。
で、来週遅れぎみでスタートするTBS金10『オルトロスの犬』、こちらは出来ることなら完走したいと思ってます。

が…既に『恋して悪魔~』は2週目にして脱落。
イチオウ録画はしてあるけどね…脇の姜暢雄くんの魅力だけで見続けるのは、思いのほかしんどそうです。

『任侠ヘルパー』なにげに面白そうなので、こちらも録画だけしてあります。
見たら面白くてハマった!とブログに書けることに期待。

そして、既に週末ですがスタートした山下智久くん主演の月9『ブラザービート』じゃなくて『ブザービート』こちらはオンタイムでちゃんと見ましたよ~。

初回から次々と主要キャラが登場してきましたが、それぞれのキャラがちゃんと初回から印象に残るドラマという意味では、王道の月9が戻ってきた!感が強かったです。
それに、ちゃんとタイトルの「ブザービート」の意味を、試合を描くシーンで印象的に描いてきたのもさすが、脚本家・大森美香さん!といった印象でした。

まずはマーク・ウェバー、F1参戦132戦目での初WINNERおめでとうございます。
レッドブルの1stドライバーとして、いつも予選はキッチリ上位に着け、決勝でも大きな取りこぼしはしなかったけど、若くて勢いのある同僚のセバスチャン・ベッテルの影に隠れながらも良い仕事をしつづけた、だからこそ遅咲きながらも表彰台の1番高いところに上がる栄誉が転がり込んできたのかもしれないですね。

欲を言えば母国GPのベッテルに勝って欲しいと思っていたけど、予選で失敗した感のあったベッテルが2位で終え、なによりバトンとの差をジワジワと縮めていけているこの後半戦、楽しませてもらってます!

終わってみれば予選15位から4位まで順位を大きく上げてきたウィリアムズ、こちらも母国GPのニコ・ロズベルグの結果にも大満足。
カズキは…なんだかなぁ、せっかく予選でニコに勝ったのにロングランでは差が出てしまって…。
ウィリアムズがいつも戦略のイージーミスで順位を無駄に落としてきたことを考えれば、今回のニコの結果はGood Job!としか言いようがないですよね。やればできるんだ!今年のウィリは速い。

同じく、予選で珍しくピケJrに負けたフェルナンド・アロンソ。
こちらもコツコツ順位を上げていって、前がクリアになったところで上位をぶっちぎるファステストラップ3連発!気づいたらチームメイト同士で5位争いをしていたバトン、バリチェロのすぐ後方までピタッとつけてきて7位フィニッシュ。やっぱりこの人は必殺仕事人だ( ̄ー+ ̄)キラリ

長野公演7月11日2部のつづきを…。
1部&2部前半のレポはコチラ
200907111303000_20090713154537.jpg
そうそう、書き忘れていたことを追記。
長野ビッグハット、会場の外にも中にも五輪のマークが付いてます。
グッズ売り場はほとんど並ばずにスムースに買えたなぁ。もうツアーも後半だからかな。

長野オリンピックの会場の一部にもなっていただけのことはあって、長野駅からビッグハット直通のシャトルバスを長電バスさんが片道200円の運賃で沢山出してくれている&タクシーのりばにも誘導係の方がきちんと配置されていて、ひどい渋滞&長蛇の行列が流れないという現象は見られなかったので、良い意味で驚かされました。
中に入っても、トイレ渋滞がほとんど見られなくて、ほんっとに観客に優しい会場で快適でした。

さてさて肝心な11日2部の感想スタート!

福井公演に習い、長野ビッグハット公演も自己記憶用にステージ構成略図をチャチャッと書いてみた。
1観客がテキトーに書いたものなので転載はもちろん不可。
逆にこんな図を転載したら恥ずかしいと思うので絶対にやめてください。
nagbhat0907.jpg
今回はアリーナ席にしか入っていないので、スタンド席が本当にこのブロック割で正解なのかは自信なし…申し訳程度に作られていたバクステもどきの裏、要するにメインステージを正面に見る席に貴賓席があったので、たぶんブロック割はこんな感じかな~と。

☆入った席☆
7月11日(土)1部 席⇒アリーナCブロ
7月11日(土)2部 席⇒アリーナAブロ
アリーナ奇数ブロックと偶数ブロックの間の通路に、スタッフさん手押しの一人乗りトロッコが通過。
外周花道に上昇する一人乗り用リフトも有。

ただし、前回までメンバーが徒歩で歩いて周ったというスタンド通路には、メンバーは上がりませんでした。
これはジャニーズウェブのレンジャー連載で丸山くんが書いていた注意事項と関係があるんだろうなぁ…ただし、ヒナ@ナスがスタンド2階通路を下ったり、貴賓席上3階席の客席に現れ、ターゲットとなった客に濃厚ボディタッチ(笑)をする演出は健在でした。
ヒナちゃんから、バニラの香りがしたのかなぁ( *´艸`)←これは2部のMCネタ

セトリは福井公演と同じなので省略。

1部、2部ともにeighter達による熱狂的なエイトコールがメンバーに届き、Wアンコール達成でした!!
1部Wアンコはメインステージ上にで挨拶&KAT-TUN歌借用による♪DON'T U EVER~「STOP!」アカペラで盛り上がり終了。これは福井でもやってたね。
2部はちゃんとした持ち歌、「ワッハッハー」でステージ各所をメンバーが歌いながら挨拶まわり。
よほどDON'T U EVER STOPが気に入ったのか、1部では錦戸くんに始まり大倉くんまでサビを熱唱→エイター「STOP!」「Don't Stop!」コール。2部に至っては丸山くんがほぼサビをまるっと熱唱して踊ってた(笑)

あ、冒頭のメンバー@ゴリラによるマナー向上CM、〆の台詞は1部まるちゃん、2部がすばる。
今回のPUZZLEコン、私は結局5公演参戦しましたが、〆台詞@たちょには遭遇できず…残念。
ちなみに東京1日目→ヒナ、福井→まるちゃん、ヤスくん、そして長野~の流れなのでね。

さぁ、完全自己満感想文、読みたい方だけ続きをどうぞ!

FC2拍手にコメント、ありがとうございます。
「任侠ヘルパー」をまだ再生していない&週末はコンサート&F1ドイツGPのネタが続くので、先に拍手への返信を♪

★花咲ける青少年 2クール目突入
の記事へ拍手コメありがとうございます。

⇒倣立人やユージィン、ルマティに比べて、カールはどうしても地味になりがちなキャラなので、贔屓にしている方からコメントを残していただけて私も嬉しいです♪
次回もカールにスポットが当たる回なので、期待したいですね!
ちょっと毒舌が入ることもある感想文ですが、また遊びにいらしてくださいね。


★恋して悪魔 ~ヴァンパイアボーイ~第1話(7月7日)
の記事へ拍手コメありがとうございます。

⇒カイトのポジション、確かにルカより目立ってはいけないし、キャスティングのサジ加減が難しいかもしれないですね~。
マッチさん以外なら、及川ミッチー!色白で妖艶なヴァンパイアっぽくてイイですね!!
横山くんも今痩せているし、やはり色白もち肌なのでイメージ的に良いかもデス♪
ただ、横山くんの甘い声質で不敵な笑い声にエコーをかけてワッハッハッハッハ…と去っていかれたら、個人的には笑ってしまいそうなので、コメディドラマでヴァンパイア役がハマりそうかなぁ~と。

私的には、姜暢雄くんとマッチさんの役を入れ替えてもらうだけでも、だいぶドラマの印象が違うのでは?!と思いながら1話を見てました。
ジャニの大御所を使うなら、マッチさんではなくてヒガシさんの方が“永遠の若さ”を持つヴァンパイアらしいですよね。
ただし、ヒガシさんが中山くんの脇でドラマに出るのは現実的ではないですね。

キャスティング妄想大会、結構好きです♪
気づかないうちに2009年7月クールの連ドラが始まってました。
TBS日曜劇場はダイニングで付けっぱなしになっていたのを少し見たけど、渋くてプロフェッショナルなお馴染みの役者さんがどんどん出てきて、キャスティング豪華だなぁ…ちゃんとした骨太ドラマなんだろうなぁ…。と思いつつも、ドキュメンタリーチックな作りが私には退屈に感じられ、視聴はパスです。

で、番宣のイメージで勝手にフジテレビ火9だと思い込んでいた『恋して悪魔 ~ヴァンパイアボーイ』を、姜暢雄くん目当てで見てみましたが、21時にテレビをつけたら森光子さんとドリフをまだ放送していて、「あ、そっか火10枠だ」と、改めて枠の違和感を感じました。

1話を見た率直な感想を。
学園の理事長息子役の姜暢雄くんがかっこよかった!!
今回はおちゃらけキャラではなくて、マジメで育ちの良い青年役なので最大限にカッコよさを発揮してます。
本筋には興味は全く持てなかったけど、素敵な姜くん見たさだけで次回も録画予約したくらい!
姜くんの出番が多いなら、ストーリーとは別口で見続けたいと思ってます。

あと、ルカの下宿先のお母さん役の堀内敬子さんがこれまた素敵です!
シスターローズ役も好きだったけど、こんなに可憐で優しいママがいたら幸せだろうなぁ…というか自分がなれたらいいなぁ…と憧れる存在という感じ。
理事長役の高橋ひとみさんも出番は少なかったけど、クールビューティな女優さんなので、オトナな脇役キャスティングは個人的にツボだったりします。

ルカと最初に接近して目立っているクラスメイトの女子、NHKドラマ『ふたつのスピカ』では主演なんだ!桜庭ななみちゃん、清楚で可愛い子なので今後の成長が楽しみな素材を発見しました♪


肝心な主役クラスの役者への感想、およびストーリーについては…
う~ん( -人-).。oO(・・・・・・)

先に言っておきます。
ものすごく辛口な感想文になると思います。
そういった感想がお嫌いな方の閲覧はご遠慮ください。

花咲けも中盤へと入った第13回、タイトルは『太陽の国』。
前回、腐りきったラギネイ王室の一部侍従たちの計画により、無実のルマティにありもしない冤罪がふりかかり国外追放の身となり、その原因を突き止めるべく花鹿がいよいよ運命の地・ラギネイに足を踏み入れる、静かな嵐の始まりの回でした。

個人的に、オトナになってからお気に入りに昇格したカール・ローゼンタールが本格的に登場!
若きアメリカ財閥TOPの子息らしく、シャキッと頭の回転の早いカールらしさがよく出ている声でよかった~♪
回が進む毎に、肝心な花鹿が意外と棒読み・・というのか、原作イメージとは違った冷たく感情の豊かさがあまり感じられないことに不満が出てきていたので、とにかく花婿候補たち&次回登場するナジェイラにはかなり期待しているところです。

毎度のことながら、私は原作漫画のファンなのでネタバレ的発言が感想文に色濃く出てきます。
原作未読でアニメを楽しんでいる方はこの先、閲覧はご遠慮ください。



関ジャニ∞コンサート1部、思いがけず今最高にハマっているタレントさんを激近で見る機会に恵まれ、興奮冷めやらぬまま、「いま、コンサート終わったよ~」と再び地元在住の友人様へ連絡を…が、しかし…

ケータイが全く繋がら~~~ん!!!

恐ろしいことに、1万人弱収容可能なサンドーム福井付近で携帯電話を同時に使う人口密度が高すぎたようで、docomoが一時的に通信不可になっていたみたいです。
ヘ(__ヘ)☆\(^^;)オイオイ

15分ほどその場で携帯電話と格闘してみたものの、全く埒が明かないので、会場からとにかく離れよう!と徒歩で鯖江駅方面へ。
途中、ようやく携帯が復活したのかお友達と連絡を取ることが出来、ふたたび車で拾ってもらい、まずは福井市内のホテルにチェックインです。

禁煙を希望したけど、あいにく空きが無いとのことで喫煙可のお部屋になりました。
しかし久しぶりに煙草の強い残り香の中、一晩過ごすことになり、ノドが痛くなって目覚めたけど、夜景好きとしては上層階からの夜景は、ニオイよりポイントが高かったです(笑)

ディナーは、こちらも福井に行ったら絶対行きたいっ!!
と数年前から言い続けていた、やきとりの秋吉へ連れていってもらいました♪
akys3.jpg
車運転のお友達はお酒が飲めないのに、遠慮なくジョッキでビールいただいちゃいました。
ごめんよ…次は帰りを気にしない環境で呑もうね!
akys1.jpg
すぐ傍でゴーゴーと炎に焼かれ、絶妙な焼き具合で、どんどん運ばれてくる焼き鳥たち!
そして、西へ来たら食べたくなるのが串揚げ~♪
どちらもタレ&ソースが絶妙すぎっ!!( ゚Д゚)ウマー
ほっといても笑顔になれちゃう瞬間って最高の贅沢ですよね(*ノ▽ノ*)
akys2.jpg
変わっていたメニューといえば、新鮮なきゅうりの浅漬けが串に長いまんま刺さってるコレ(笑)
他にも生キャベツを丸ごと1/6カット?したものに塩orマヨorソースをかけただけで出てくる、新鮮地元野菜自慢のメニューもおいしゅうございました♪

つくねが完売してしまっていたのは残念だったけど、次回必ずリベンジに来るんでヨロシク!

7月4日、朝6時に家を出発して糸魚川駅から北陸線普通列車に揺られて富山駅へ。
富山駅から以前から乗ってみたかった特急サンダーバードに乗車、爆走するのに車内は全然揺れない♪
あっという間に福井駅に到着!

こんにちは、はじめまして福井。

10:40、地元在住の友人様の車で拾ってもらい、コンサート開始までしばし地元観光へ出かけます。
suiro1.jpg
朝倉氏ゆかりの地へ、一乗谷へ向う途中。
道路の真ん中を清流が流れている不思議な光景が!

夜、水路を挟んで対向車線があることを知らないと、思いっきり逆送してしまいそうだね~!
なんて言いながら、清流の澄んだ水で元気よく泳ぐ鯉の群れをパチリ。

山へと車を少し走らせたところにありました。
朝倉義景ゆかりの地、一乗谷遺跡です。
itijyo2.jpg
朝倉氏が滅亡するまで栄えていたであろう、お屋敷跡が川を挟んで広く残されていました。

自分用記録なので、作図はテキトー。
こんなラフでテキトーな構成図でも無断転載は絶対にお断りします。

そして担当くんの立ち位置も覚えている範囲で記録しているだけなので、間違っている部分もあるかも。
いや、むしろ記憶があまりにも不鮮明すぎて、わたしは健忘症か?!
と、自分の足りない記憶力に呆れております( ;^^)ヘ..

今後、関ジャニ∞のコンサートが同会場で行われる可能性は勿論ありますが、「○△くんの立ち位置はどこですか?」とか「私の席から良く見えますか?」などの質問には私からはお答えできませんので、先にご了承ください。

★サンドーム福井★
sundome.jpg

7月4日(土)1部 席⇒南5 スタンド2階前半列
7月5日(日)1部 席⇒北8 スタンド2階前半列
sdo090704.jpg

J列とK列の間の通路に、一人乗りスタッフさん手押しのトロッコがアンコール時に通りました。
トロッコに乗らないメンバーもいたし、2公演でトロッコの周り方の速度が違ったので、誰がどこの辺を確実に通過したよ~とは言い切れません。

しかし少なくとも、私が入った両部では⑦の外周花道から南7ブロ1階スタンド通路の階段を昇って、2階スタンド通路のトロッコに乗り、⑦⇒④⇒⑥と大倉くんが通り、北ブロック半周は通常の外周花道を通ってメインスタンドに戻っていったと記憶しています。

5日1部では北7ブロック1階スタンド階段を昇り、トロッコで⑧⇒⑤方向へ錦戸くん。
どこからトロッコに乗ったのかは不明ながら、⑧⇒①⇒⑦とヤスくん、丸ちゃんが通過。

南北1ブロック前には通路と同化したようなバックステージ?があったかも。
そちら側の席ではなかったので詳細不明。
親子席がたぶんそちらサイドだったらしく、レンジャーの際、スタンド1階席のお子さんの隣にナス@ヒナが座り、頭をぐわしゃぐわしゃと撫でてステージへと戻っていったのを確認。

あと、今回わたしは北1~7ブロック付近の記憶は全くと言ってよいほど無いので、担当くんの立ち位置の記憶が曖昧な曲は、たぶんそちら側メインだったと思われます。

大倉くんの立ち位置をセトリにそって以下に記載しておきます。

ワイドビューしなのに揺られ、帰路についております。

福井・鯖江弾丸ツアー、サイコーです!

湿度は予想以上に高く、夜は正直寝苦しくて、あまり眠れなかったんだけど、発熱もなんのその!
昼間はパワフルにコンサート2ステ、楽しい時間を過ごさせてもらいました。


今回の遠征、1日目は多忙な中、わたしの我儘スケジュールにお付き合いくださった友人様!本当に感謝です!!


観光は諦めていたのに、戦国好きのわたしを、越前の歴史的名所に連れていってくれて、福井名物ソースカツ丼にやきとりの秋吉の味も堪能できるなんて、ぜいたくな旅でしたわ♪


∞コンについては、また明日以降ゆっくり振り返りつつレポにもならない思ひ出日誌でも書く予定であります。


ただ一言だけ先に。
同じ目線の高さで微笑みかける大倉くんに会えて、近年稀にみる幸せを実感できました!!
゜+。(*′∇`)。+゜


アンコール中、他のメンバーが流し気味に歌っていても、力一杯主旋律を歌い上げる貴方、CDよりもしっとりと情感を歌にこめている姿、いつも以上に積極的にMCに参加していたところなど、すごくすごくコンサートを頑張っておられました。


今回は少し心に余裕があったので、大倉くん以外のメンバーもチェックしてきたし♪

思い出しながら、自宅パソコンで改めて…。


列車は木曽の山間部に入り、振り子電車の本領発揮区間へと入ってまいりました。
ちょっと酔いそう…。


ケータイいじるのはこのへんまでにしておこうっと。
気がつけば七月、文月。
放っておくとTVを全く付けずに過ごしてしまうので、通常のブログのネタが無い…。
そして月が替わったのに、ブログを全く更新しないという連鎖。

さて、明日は福井遠征です。
微妙に富山に足を踏み入れたことがある以外、北陸には行ったことがなかったので楽しみ~♪

目的は観光じゃないんだけどねσ(^◇^;)
来週の地元長野公演と2連チャンで、関ジャニ∞コンサートツアー参戦なのだ(*^^*)v

どうか、週末だけは健康維持できますように(^∧^)

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。