上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
公式サイトに詳細なあらすじが後日掲載されているようなので、今回からは簡単な感想文のみ。

ナイト(速水もこみち)は女の子にキスされると、毎回初期設定に戻って彼女のデータを書き換えちゃうんですね。
あれ、詳細は知りませんが、もしも男性が…あ、余計な妄想はやめておこうf(^^;)

人の彼氏を横取りするのが趣味という性格の悪い女・美加(上のなつひ)に社員旅行の温泉でキスされたらデータ初期化されて、あんなに好き好き言ってつきまとっていたご主人の梨衣子(相武紗季)のことをすっかり忘れてしまった様子だったナイト。
あんなに簡単にデータ初期化されてしまう仕様には苦笑いするしかないですね。
そこから巻き起こるドタバタが、今後の梨衣子の気持ちに影響を及ぼすんでしょうから、ロボットの仕様に対してクレームをつけても意味ないんですけど、気になったもので。。

一方、梨衣子が作ったシュークリームの味が、人気製菓会社「ASAMOTO」の原点の味に似ているからという理由で、独断で古くからASAMOTOに勤務してくれている銀座店の店長に頼み込んで、置いてもらうことにした創志(水嶋ヒロ)。
会社では創志よりも絶対的に決定権を持つ、兄でありASAMOTOの副社長でもある将志(中村俊介)からは「こんな見た目の悪いシュークリームはASAMOTOブランドにはふさわしくない」と激怒され、店長は解雇、創志にはなんらかのペナルティを科すと宣告されていましたが、社員旅行先でこの騒動を小耳に挟んだ梨衣子も会社に急行し、創志と共に将志に頭を下げて謝り、なんとか店長の解雇は回避するというシーンがありました。

このASAMOTOの御曹司兄弟の対比シーンも、恋愛とは別の部分で今後が楽しみです。
そして、いつも一生懸命な梨衣子を「重い女」とは捉えず、好意的に理解を示してくれている創志が今後、梨志子とナイトの間にどう介入してくるのかも勿論楽しみです。

ロボットと人間に恋愛が育つのか?
という斬新な設定ですが、根本的にはちょっと前の少女マンガの王道を行くドキドキ展開も入っているようなので、けっこうハマッって見ている女性の年齢層も広いんじゃないかな。

今期、まだ一度も見ていないドラマもありますが、今のところ私は『絶対彼氏』が一番好きかな。
主役クラスの役者さんには、正直あまり興味がない、それどころかニガテな部類に入っていた役者さんもいるのですが、脇の役者さんが好きなのと、予想以上にストーリーが好みでテンポもいいドラマなので、今回は私にしては珍しいパターンです。

次週、ナイトの設定をもう一度初期化すべく、梨衣子がナイトにキスしようと頑張るみたいです。
なにやら創志の梨衣子を見つめる目も変ってきているような予告だったのでますます楽しみ♪

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックお願いします(^∧^)
スポンサーサイト
4月22日、桜も散りかけの安曇野周辺で撮影してきた写真たちです。
 ※画像をクリックすると拡大表示できます。

桜を背景に、ジーノ君をパチリ
gino080422.jpg

安曇野市アートヒルズ付近。有明温泉郷が近く、ガラス工房に訪れる人も多いです。
桜と白樺のコラボ。
aduminosakura0422.jpg

山麓線をちょっと北上すると、いわさきちひろ美術館があります。
松川村から望む北アルプスとしば桜。
mastukawa0422.jpg

さらに北上。
大町市山岳博物館から望む北アルプスを背景にお花見♪
蓮華岳は富山側への奥行きがない山なので、大町から見る姿が一番綺麗です。
曇ってて残念(´・ω・`)
renge080422.jpg


GWにかこつけて旅に出たいと思っているのですが、家族からダメ出しされてそれも叶わず…自宅でくすぶっています。
ちょっとはりきってウォーキングを始めたら、あっという間に体調急降下ですよ(;´д`)トホホ
耳がやられると三半規管が異常をきたすらしく、平衡感覚がおかしい&ちょっと歩くだけでも耳がズキンズキン痛くてたまらんデス…。

おかげさまで食欲不振により、あっという間に2キロの減量です。
ダイエット目標突破?!

ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
こういう不健康な減量は、ぜ~ったい後でリバウンドするから要注意!
もういい加減、普通に運動したいよぉ(´Д⊂グスン

人気blogランキングへ
昨夜のスペインGP、大クラッシュがありました。

ほぼ90℃の角度のコーナーで、制御不能になったマクラーレンのマシーンがタイヤバリアに激突。
それも車体半分がタイヤの中にスッポリと突っ込むという激しいクラッシュ。

乗っていたヘイッキ・コバライネンの姿はタイヤに埋もれたまま、レスキュー部隊がかけつけ作業をしている過程でブルーシートが登場した時には、最悪の事態も脳裏に浮かび、セナの壮絶な激突死をテレビで目撃したときのように冷汗をかいてしまいました。

なんとか無事にタンカに乗せられ病院に搬送されるコバライネンが、「大丈夫」とサインを出してくれた姿を見るまでは、レースには全然集中できないくらい、すごいクラッシュシーンだったんです。

昨年のロバート・クビサの大クラッシュ時も、マシンは大破していたけれどドライバーは頭を少し打っただけで無傷、次のレースでクビサはステアリングを握っていたことを思い出せば、今回のコバライネンもすぐに元気にレース復帰してくれるはず!
あ~、久々にビックリした。

レースは何気にマシントラブルによるリタイアが多く、終わってみれば完走はたったの13台。
期待されたアロンソも、マシンからの白煙があがり、コクピットから降りる頃には炎まで上がるという残念なリタイアとなりました。
その前にピケJr.も不可解なリタイアをしていたので、ルノーは全滅。

コバライネンの事故を除けば、上位はガッチリ成績を残し、キミ・ライコネンが今期初のポール・トゥ・ウィン!
マッサがこれに続き、フェラーリ1.2体勢で完勝ヽ(´▽`)ノ
何を思ったのかスキンヘッドになったキミ、まだ見慣れませんが、シャープなイメージが強くなり、余計に「一匹狼」っぽい風格が出たような気がしました。
喋ってることはなにげにキュートなところは変ってないけど(*^^*ゞ

BMWはまた地味ながら、4位・5位でポイントを確実に積み重ね、コンストラクターズではフェラーリに抜かれたものの、マクラーレンを抑えて堂々の2位です!

3位にはスタートダッシュに成功したルイス・ハミルトンが入り久々の表彰台。
日本勢はよく健闘し、HONDAのジェンソン・バトンが6位、ウィリアムズの中嶋一貴がつづいて7位、その後にTOYOTAのヤルノ・トゥルーリが8位入賞、佐藤琢磨も13位完走という結果でした。

次は翌々週、トルコGP。
ここはフェラーリと相性が良いサーキット&予選でポールを獲ったドライバーがそのまま優勝するパターンが続いているので、まず予選に注目ですね!

最後に、バルセロナサーキットに久々にミハエル・シューマッハの姿があったので、キミがまた優勝できないんじゃないか(昨シーズン、ミハエルが見に来ているレースは戦跡が悪かった)と、ヒヤヒヤしましたが、今年はそんなジンクスもなんのその!問題なく勝ててよかったです(^。^;)ホッ
前チャンピオン、フェルナンド・アロンソの母国GP。
いよいよヨーロッパで本格的なバトルが始まります!!

予選は淡々としたタイムアタックですが、ヨーロッパシリーズに入ると、わりと順当にマシン差で順位が確定していくことが多く、天気が相当悪くもない限りは大荒れのレースにもなりにくいんですよね。

しかし驚いたことに、マシン性能ではまだ今シーズン上位で安定して戦えるとは予想されていないルノーのマシンで、地元の英雄・フェルナンド・アロンソが驚異的な走りを見せて予選2位!

予選最終ラップまでTOPを守っていたマッサのタイムを塗り替え、ほんの数秒でしたがアロンソの名前がTOPタイムに表示された瞬間、バロセロナのサーキットに駆けつけた観客から歓喜の声が地鳴りのように響き渡っていました。

その後、後からラスト周回を走ってきた昨年の王者、キミ・ライコネンがTOPタイムをたたき出し、アロンソは2位に下がってしまいましたが、キミにタイムを更新されてもアロンソにとっては満足いく順位確定だったようです。
アロンソって、ほんとに腕の良いドライバーなんだなぁ…と改めて思い知らされました。

意外にもキミのPPは今期初。
予選後のインタービューでも、「今までミスってポールポジションを捕れなかったから」と珍しく饒舌だったライコネンの姿も見られてよかった♪

<スペインGP予選結果>
1.キミ・ライコネン(フェラーリ)
2.フェルナンド・アロンソ(ルノー)
3.フェリッペ・マッサ(フェラーリ)
4.ロバート・クビサ(BMWザウバー)
5.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
6.ヘイッキ・コバライネン(マクラーレン)


日本勢では今回もTOYOTAのヤルノ・トゥルーリが好タイム。
8番グリッドからのスタートです。

TOYOTAの陰に隠れしまっている形のHONDAは今シーズン、バトンよりもバリチェロの方が安定しているような印象があります。
スペインの予選順位も、バリチェロが11位、バトンが13位です。

そのHONDA二台に挟まれ、初めてチームメイトのニコ・ロズベルグよりも上の順位で予選を終えたのが中嶋一貴、12番グリッドからどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

スーパーアグリは大口スポンサーからの資金援助打ち切りにより、一時期はスペインGPに出場することすらも危ぶまれていましたが、なんとかレースには参加。
しかし充分なテストも行えなかった影響もあり、順当といっては失礼かもしれませんが、最後尾に2台揃って予選を終えました。

決勝での楽しみといえば、私としては贔屓のライコネンがこのままポールトゥウィンを決めてくれることが一番ですが、空タンに近い状態だろうけどアロンソには頑張って表彰台に上がってみせて欲しいと思います。

それから、やっぱり地味だけどクビサは上位にコンスタントに入ってきているので、マクラーレンを抑えてドライバーズポイントでも、コンストラクターズポイントでも上回ってくれると面白いかな~。
アンチマクラではないけれど、BMWがここまでやるとは正直予想の範囲を超えているので、期待したいですね。

人気blogランキングへ
『キミ、犯人じゃないよね』3話も観てみました。
タイトルは、「麗しきダイイングメッセージの彼女」だったので、死人が女性なのかと思ったら、男性教諭だったのは少し意表をつかれました。

この番組については、公式サイトにくわしいあらすじが掲載されているので割愛。
犯人は今回もゲストヒロインの星野真里さんだったのは、なんの捻りもなかったのですが、タイトルにも謳われている「ダイイングメッセージ」というのが、殺された男性教諭の両手が妙なポーズで死後硬直していたことで、今回の犯人が割り出されたという部分もストレートな表現でしたね。

しかし、愛する女性に刺されて殺されたのに、死ぬ間際にわざわざカーテンを引きちぎってまで凶器についた指紋を拭き取って、彼女の残した証拠を隠滅して庇ったというのに、肝心なところで手話を使って彼女の存在を知らせてしまうなんて、意外とこの被害者も間が抜けた愛の告白をしてしまったものだな…と思ってしまったのは私だけでしょうか。

前回もなんだか中途半端なトリック&自白後の犯人の女性の言動に「???」だった部分があったのですが、今回もなんだか微妙でした。
何かがもうひとつ足りない感じがするんですよね…「キミハン」も「パズル」も。

ミステリーに比重を置いていないのならば、メインどころのキャラをもっと強烈にするとか、コネタをもっと利かせるとか、何かもう一つ加われば面白いと思うんですけど…。

ちなみに今回第3話の脚本を書かれた方のお名前で検索すると、上位に私の好きだったドラマ『弁護士のくず』が挙がってきます。
他には『パパムス』『花男』と、この方はTBSドラマで脚本を書かれた実績が多いようです。

そしてタッグと組んだ演出家の方はこちらも私が好きだったドラマ『アテンションプリーズ』、後は微妙ですが…『スワンの馬鹿』『今週、妻が浮気します』などフジテレビでの実績が多いんですね。

TBS色の強い脚本にフジ系列の演出で作ったテレ朝深夜ドラマ。
面白い試みだと思うんですけどね…私個人的には『時効警察』、『未来講師めぐる』のような突き抜けた面白さはまだ感じられません。

けど次も観ちゃうんだろうなぁ。
この枠、なぜか期待しちゃうんですよ(*^^*ゞ

人気blogランキングへ
『パズル』のストーリー進行は、毎回、腹黒さを隠してカワイイ女を装った桜葉女学院のゆうこ(岩田さゆり)が、偏差値は高いが女に騙されやすい近松大学付属の男子校剣道部三人組、今村(山本裕典)・神崎(木村了)・塚本(永山絢斗)をたらしこんで、曰くつきのお宝をGETしようと誘いをかけ、それに乗った剣道部三人組の英語担任である主人公の女教師・鮎川(石原さとみ)が、女子高生の腹黒さの上を行く見事な二重人格っぷりを発揮して、毎回曰く付きのお宝探しに同行、そこで遭遇する殺人事件を解決するも、結局はお宝にはありつけない…。

というパターンが固定されているようですね。

<あらすじ>
第2話では、「100年に一度、いけにえを差し出さなければ三人の村人が不可解な死を遂げる呪われた村」の謎を解き明かせば、賞金100万円と牛一頭が贈られ、さらにこの村には昔この村に落ちのびてきた落ち武者が隠したとされる財宝も眠っているという話を聞きつけたゆうこが、今村たちの頭脳を利用して、賞金をGETしようと画策。
しかし、今回も鮎川が今村たちから、このオイシイ話を強制的に聞き出し現場に同行していました。

この謎解きツアーには、毎朝新聞の記者と名乗る男女、東京大学の教授の大沢(大鶴義丹)、占い師の天野(池津祥子)、倒産寸前の不動産会社社長の土田(河原さぶ)、大学9年生ニートの玉田(城咲仁)も参加。
この村の神主は、「たたりは村人ではなく、この参加者達に与えよ」と神前で宣言した後、自分は神主の会合がるといって村を去ってしまい、残された巫女の宮部(若村麻由美)がこの謎解きの案内役を務めます。

早々に第一の犠牲者となったのは玉田。
村に伝わる巨大な岩の下敷きになって死亡しているところを発見されますが、この巨大な岩が一夜にして3メートル以上はありそうな高さまで移動していて、その下で玉田の死体が発見されるという不可解なもの。

その後、鮎川があやしいお面をつけた落ち武者二人組に襲われますが、剣道部三人組の生徒によって助けられます。
捕らえられた落ち武者の正体は、なんと謎解きに参加していた占い師の女と巫女の宮部。
占い師の女は「少しでもライバルを減らしたくて脅しのつもりでやった」と、宮部は「占い師に脅されて仕方無く加担した」と自白をするが、この二人は信用ならないということで納谷に閉じ込めて外から鍵を施錠。さらにゆうこ達女子高生三人を見張りにつけます。

しかしこの時点で、大沢の姿が見えないことに気づいた鮎川の言葉に警戒を強め、次の祟りの舞台とされる神殿にも鍵を施錠して一夜を過ごす一行。
しかし第二の犠牲者が翌朝、施錠したはずの神殿から逆さ釣りの状態で発見されることになります。

長くなってきましたがつづきます。
人気blogランキングへ
4月に入ってからは体調が安定してきたので、体調不良に甘えて怠っていたダイエットを開始しました!
禁煙1000日達成の頃には、今よりマイナス2kgウエイトをしぼりたいなぁ。
設定はあえて甘めです。達成できないとそれ以降続かなさそうだから。

ちなみに放置プレイしていた<禁煙カウンタ>の現在記録をペタッ。
--------------------------
開始:05年08月15日
経過禁煙時間:984日18時間33分
禁煙した数:19695本
浮いたお金:295425円
---------------------------
絶対にやめられない(´Д⊂と諦めていた禁煙も、こうして達成していることだし、ダイエットだって出来るはず!!

思いおこせば禁煙する前の私の人生には、「ダイエット」という言葉は存在しませんでした。
モデルさんのように痩せているわけではなかったけど、身長165cmあってもMサイズの服が普通に着れてたし、なにより食べることが大好きだったから。

けど、たばこをやめてから味覚が鋭くなって、今までよりもますます何でも美味しく感じられて、ついつい食べすぎちゃって、体調を大幅に崩してからは運動も思うようには出来なくなった影響もあってか、どんどんムダなお肉がついちゃって…Σ(゚д゚lll)ガーン

あまりムリな運動をして、また体調を崩すのは怖いので、じわじわとウォーキングから始めて、筋力が戻ってきたらスポーツもやりたいと思ってます!
これでも3年前までは、テニスやフットサルにも積極的に参加してたんだから!!
12年前にはバレーボールだって…あぁもう飛べない豚ですよ(○`ε´○)

食事記録も別サイトで記録しはじめてますよ~d(-_^)

祖母の目の手術の経過が、思ったよりも芳しくないので、食事も私がメインで作ってるんで好きな献立で、なおかつ祖父母が好む和食を中心に。
朝食抜きだった生活を改めて、朝から白いごは~ん♪
あぁ、なんて健康的。>自画自賛

何をどれくらい食べたのか、あらためて文字で記録していくと、自分の胃袋がどれだけ肥大化してるのかがわかりました…。
まずは胃袋を小さくすべく、食べる量が少なくても満腹感を得られるように工夫しなくちゃ。

たとえ達成できなくても、まずは26日後まで努力を続けることが大切ですよね。
息切れしないように、かめさん走法でがんばります。

人気blogランキングへ
梨衣子(相武紗季)の理想の彼氏のデータを反映させたロボットのナイト(速水もこみち)の無料お試し期間が迫り、レンタル中に梨衣子の為に無茶をして破損したナイトの修理費の支払いをもって、ナイトは返却することになった第2話。

修理費用が40万足らず、手っ取り早くお金を稼ぎたい梨衣子は、同僚の美伽(上野なつひ)のアドバイスを受けキャバクラでバイトを開始。
しかし、お水の世界は純真な梨衣子には合わず、慣れないお酒を勧められるがままに飲んでしまっている梨衣子の姿を、偶然お店に遊びにきていた上司の創志(水嶋ヒロ)が発見。

大虎状態で騒動を起こしクビになった(らしい)梨衣子を創志が背負って家に送り届ける途中、遅くまで帰宅しない梨衣子を心配して探しにきていたナイトと遭遇していました。
ナイトは「梨衣の理想の彼氏です」と創志に名乗り、創志はその不思議な対応に苦笑いしながらも、「彼氏なら、もっと彼氏らしいことをしてやれ」と言い残して立ち去ります。

ナイトは梨衣子が40万円を必用としていることを知り、その日からバイトに明け暮れ、自分の返却日までに35万円を稼ぎ出し、梨衣子に手渡します。
ナイトがバイトしている間、梨衣子も皿洗いのバイトを続けていたため、ナイトの破損修理代金100万円を期限内に支払うことができた梨衣子。

同時に、自分のために40万円を快く貸してくれようとした創志には、丁重にお金を借りることは断っていた梨衣子だったが、幼い頃に創志が祖父に作って食べさせてもらったシュークリームの味と、梨衣子のシュークリームがとても似ていて、その思い出の味を新規プロジェクトの試作品として提出したがっていることを知り、ナイトの返却日に創志と会って、手作りシュークリームを試作することを約束します。

手際よくシュークリームを作り上げていく梨衣子を目を輝かせながら熱心に見つめる創志。
その頃、ナイトは開発者兼ロボット営業の並切(佐々木蔵之介)の車に乗せられ、いよいよ回収されようとしていました。
ナイトの付けていた腕輪をバッグに入れっぱなしにしていたことに気づいた梨衣子は、急いで家に戻り、ナイトを乗せて走り去ろうとしていた並切の車に走って追いつき、今まで、自分のために一生懸命に頑張ってくれたナイトのことを想い、

「わたし、買います」
と、ナイトお買い上げ宣言!
ナイトの購入金額、1億円也…。

来週から、本格的にロボットのナイトVS人間の創志の熱い恋の火花が散りそうです。

感想はつづきからどうぞ。

人気blogランキングへ
月1ペースでてんかんの発作を起こしている風太郎ですが、先月は発作を起こさず、約2ヶ月とても健康状態良好で過ごしていました。

しかし、一昨日、今日と続けて発作が出てしまい、ちょっとお疲れ気味です。
futaro080422.jpg

一度発作が出てしまうと、身体が硬直して痙攣を起こしている風太郎に、何もしてあげられなくて、ただただ「がんばれ~」と見守り、身体を打ちつけないように保護してあげることしか出来なくて、なんとも歯がゆいんですけどね…。

これ以上発作が続くようなら、また病院に連れていこうと思います。

風太郎の老猫な日々。
春の穏やかな気候のように、体調も安定して穏やかに過ごせるといいね(=^・^=)

人気blogランキングへ
日テレ土9枠には、ヤンクミが三度帰ってきています。
『ごくせん3』
仲間由紀恵さん&生瀬勝久さんの絶妙な掛け合いを見ると、あっという間に『ごくせん』の世界にひきこまれるのはさすが!ですね。
音楽も同じだし、ヤンクミが受け持つクラスの生徒がヤンキーでおちこぼれという設定も今までと同じなので、良くも悪くも『ごくせん』だなぁ。というのはナンのひねりもない第一印象です。

今回の主軸生徒は、三浦春馬くんとHey!Sey!JUMPの高木くんですか。
三浦くんは本業の役者さんなので安心して見ていられますが、今まで不良役というイメージは全くなかったので、なんていうのかな…不良っぽさが弱い感じがしました。
今回、ジャ○ーズから選抜されている子達のお名前と顔は全く一致しないので、彼らの経歴、人気度は知りませんが、前シリーズの赤西・亀梨のツートップに比べると迫力が足りないような気もします。
が、これも個人の趣向の問題なのかな。KAT-TUNファンでもないけど…。

個人的趣向といえば、今回、ヤンクミがヒトメボレする素敵な校医役に小泉孝太郎くんが出ていたので、わたしは今後これを楽しみに観ようと思ってます。


さて、今クールは、TBSが土曜8時枠にドラマを持ってきていて、こちらも『ごくせん』に負けず劣らずのイケメンキャストを揃えてきています。
タイトルは『ROOKIES(ルーキーズ)』。
こちらは野球部に所属する不良たちのストーリーということなので、本当に『ごくせん』と被る部分が多いような第一印象です。

キャストの知名度では『ルーキーズ』>『ごくせん』
ドラマ自体の知名度は『ルーキーズ』<『ごくせん』
といったところでしょうか。

しかし土曜8時にテレビでドラマを見る習慣はないので、『ルーキーズ』はすっかり見忘れてしまいました(^-^;

もともと土9枠が10代の若者向けドラマの傾向が強いところに持ってきて、TBSが8時台にも似たようなターゲット層のドラマを持ってきているのは、今後どう転ぶのか楽しみですね。

そういいながら、私はたぶん土曜ドラマはピンポイントでしか観ないと思います。
これは土曜に限ったことではなくて、今クールのドラマには、あまり興味をそそられないので、逆にネタを探すのに苦労しそうです・・・。

人気blogランキングへ
めちゃイケの「色とり忍者」に羞恥心が出ていたので内容レポ。

白い着物に黒い袴、帯止めにはそれぞれ「羞」「恥」「心」マークを付け、つるの剛士さんは赤いメッシュ、上地雄輔くんも黄色のメッシュ、野久保直樹くんはノーマルのちょんまげのヅラ姿で、いきなり登場からおすまし顔で羞恥心を熱唱し始める三人。
容赦なく矢部さんのツッコミが入っていましたが、まずは集中的にスリッパでツッコミを入れられていたリーダつるの氏のヅラが外れるというオチ付きでした。

おなじみの最初の「容赦なく裏切っていく方向で大丈夫でござるな?!」コールに、
つるの「心配ない」
他「だいじょうぶ」
と冒頭から見事なボケっぷりで、序盤のツカミはつるの先生がひとりじめ!

肝心な色とりゲームが始まると形勢逆転。
矢部「白いたべもの」
上地「いちご!あ~違う」


まずは1回戦は順当に(?)上地くんが罰ゲーム確定。
上様との綱引きにより、真っ白な粉の中へ豪快にダイブ!
お顔が白塗りになった上地くんは千秋さん似という新しい発見もありました(笑)

人気blogランキングへ
金曜ナイトドラマ『キミ犯人じゃないよね?』
1話は裏番組を見てしまったので、2話が初見になりました。

この枠のドラマは、基本的に好きで観つづける作品が多いんですけどね…『キミ犯人じゃないよね?』はさてどうでしょう?

NHK大河のヒロイン→NHK朝のテレビ小説『ちりとてちん』ヒロインとして、最近では若手女優の注目株の一角に台頭してきた貫地谷しほりちゃんの役どころは、駆け出しの推理作家志望のフリーター・森田さくら。

さくらの特技は変装、キメ台詞は「このヤマ貰った!」。
2話の中だけでも、しほりちゃんのコスプレのバリエーションは豊富に登場していました。
しかしコメディって本当に難しい分野なんですね…彼女は実力派女優さんだと思っているのですが、このドラマではその魅力が生かされていないような気がしました。

一方、このドラマの主軸の片割れは、さくらの推理力に頼って事件を解決している、恋愛体質の新米刑事“坊ちゃん”こと宇田川。
このなんとも軟弱なアホ刑事を演じるのは要潤くんです。

要くんもずいぶん沢山のドラマに出演していますが、コメディパート、それもオチキャラというイメージは今までには無かったような気がするので斬新でした。
想像以上に要くんのなさけないキャラも合っていて面白かったです。

この“坊ちゃん”のお父様に頭が上がらず、捜査中に美人を見かければすぐ恋に落ちてしまう、なんともつかえない宇田川の、上司にあたる太宰役には渡辺いっけいさんが配役されているので、コメディパートでは、やはりいっけいさんを中心に展開しているシーンが一番安定感がありますね。

しかし、まだ2話なのでこれから先もっと息が合ってくるのかもしれませんが、主役ふたりが「息もぴったり!ナイスコンビ」という設定なのに、イマイチまだ噛み合っていない感じがしたのが残念です。


テレ朝お得意のコメディ調サスペンス?謎解き系ドラマ『パズル』が始まりました。

テイストとしては同じテレ朝の『TORICK』と似ているなぁ…というのが第一印象でした。
後で調べたら、脚本がTORICKと同じ方だったので納得。

このドラマのキャストが発表されたとき、主演の石原さとみちゃんが、実年齢よりも10歳以上も年上の30代女性教師の役だと書かれていたのが引っかかっていたのですが、実際に見た感じ、21歳とは思えない貫禄を感じさせる雰囲気でした。けど、やっぱり30代には見えないですね。
今後、石原さとみちゃんが演じている女教師・鮎川の経歴についても、なんらかの種明かしがあるんじゃないかな?と期待しています。

以下あらすじ→感想と書いていきます。

鮎川が赴任した近松大学付属辯秀高校は進学校。
渡された英語のテキストのレベルの高さに絶句している鮎川の姿が描かれていたので、実は鮎川先生、そんなに実力は伴っていないんじゃないかな?とここで判明。
しかし生徒の前では傲慢で色気のカケラも感じさせない迫力で、頭脳明晰な生徒達もスゴスゴと鮎川に従っていましたけどね。

しかし生徒の前以外での鮎川は、しとやかで熱心な教師の鑑とも呼ばれるような品行方正っぷりで周囲の大人たち(特に男性)からは高い評価を受けているんですね。
この鮎川の二面性を持った強烈なキャラ、ありがちなドラマの主人公とは一味違うような気がして、結構ハマってしまいました。

今回は教え子の一人、今村(山本裕典)が他校の女子生徒・松尾ゆうこ(岩田さゆり)から色仕掛けで頼まれた、名家・青柳家の亡くなった祖父がどこかに隠したという家宝の金の壷を探して欲しいと依頼されたとこから事件はスタート。

人気blogランキングへ

Tag:パズル 石原さとみ 山本裕典 木村了 永山絢斗 岩田さゆり

作者急逝のため、未完のままに終わった人気少女マンガ『イタズラなKiss』がアニメ化されて放送が開始されていますよね。

『イタズラなKiss』すごく好きな漫画のひとつなので、アニメ化を知ったときから、放送開始される4月を心待ちにしていたんです('-'*)

でも…うちの地域では放送されないことを知って、実は軽く落ち込んでいます。
。・゚・(ノД`)・゚・。

悔しいので、古い漫画本をひっぱり出してきて読み漁り、このアニメのDVDを予約して待っているところなんですが…放送局がCBC、TBS、サンテレビだけって地方は無視なんですね。
切ないっす(´Д⊂グスン



☆アニメ版『イタズラなKiss 第1巻』DVD☆

↑アマゾンのDVD予約ページの画像は、もちろんアニメ版「イタキス」の琴子&入江くん。
原作とは特に入江くんの印象が違いますね。

ちょっとフライングして動画視聴してみたんですが、声優さんの声も琴子&入江くん以外には違和感を全然感じなかったのに、肝心なこの主役二人はイメージとちょっと違っていました。
けど、声優さんが上手なので、2話を見終わった頃にはスッカリ慣れちゃいましたけどね♪

入江直樹のキャラは、今でいうツンデレの走りみたいな感じ?
アニメ版よりも原作の入江くんのお顔が大好きでした。
なにより、ただカップル成立→結婚→ハッピーエンドで終わらないところが好きでした。

今回のアニメ化にあたり、10年前に亡くなった原作者の多田先生が残した完結までのストーリーを映像化し、ようやく『イタズラなKiss』が完結を見ることになるそうなので、原作ファンは見逃せませんよね!!

人気blogランキングへ
フジテレビ火9『絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット』がスタートしました。

主演:速水もこみち、ヒロイン:相武紗季
このキャストが発表された直後、「フジテレビ、チャレンジャーだなぁ」とネットでも噂になりましたよね。
視聴率オール一桁ドラマ、ある時には視聴率が消費税割れしたこともあった『レガッタ~君といた永遠』コンビの再共演となった『絶対彼氏』第1話のあらすじ&感想です。

今回、速水もこみちくんの役どころは理想の恋人ロボット。
相武紗季ちゃんはそのロボットの持ち主、恋愛ベタな派遣社員・井沢梨衣子。

恋愛オンチな梨衣子は、いつも好きな男性から「おまえ、重たいんだよ」と言われフラれてきたという設定で、社会人になった梨衣子は、同じ会社のデキル男風イケメン上司・石関(姜暢雄)に手作りシュークリームを差し入れるなど、相変わらずの恋愛オンチっぷりを発揮。

そんな時、クロノスヘブン社のロボット販売員・並切(佐々木蔵之介)に声をかけられ、理想の彼氏アンケートに思いつくまま回答。
後日、大きな箱に梱包された梨衣子の理想の彼氏ロボット(ゼロワン)が自宅に届きました。

梨衣子の住むマンションは同棲禁止。
あまりにも精巧に作られたロボットに困惑し、ロボットの初期整備に訪問した並切に「大家さんに同棲だと思われたら困る」と伝えるが、並切は「あなたはテレビや冷蔵庫と同棲していると言いますか?このロボットもただの家電のひとつに過ぎません」とアッサリ回答、さっさと社へ戻ってしまいます。

会社で仲の良い派遣の女の子美伽(上野なつひ)から、「石関さんの前で、イケメンとデートすれば焦って石関さんからデートに誘ってくれるんじゃない?」とふっかけられた梨衣子は、会社まで自分を迎えにきたロボットを連れて石関が打ち合わせしているカフェでわざと待ち合わせをし、それを目撃していた石関から翌日デートに誘われます。

憧れの石関といい感じになった梨衣子は、石関の前で「梨衣子の彼氏です」「梨衣子のことが好きです」などと言ってくるロボットはお役御免と返品してしまいますが、ロボットは自分の意思で梨衣子の元へ戻ってしまいます。

Tag:絶対彼氏 速水もこみち 相武紗季 水嶋ヒロ 佐々木蔵之介 中村俊介 姜暢雄

本日午前中、バリウム飲んでX線撮影グルングルンしてきました。

アドバイスどおり、炭酸シュワシュワ系薬の飲んだ後、ウプッと来るのを抑え込むように、バリウムをぐびぐびっと一気に飲み干したら、思ったよりは苦しくなかった♪

X線写真撮影時、うつぶせと頭が下になった状態での撮影が苦しかった程度。
胃カメラよりは全然楽勝ッス(^_-)v


私が胃検診を終えると、お昼過ぎから入れ替わりで祖母が左目の手術のため入院。
入れ替わり立ち代り、忙しいわ~(^◇^;)

人気blogランキングへ
ふと思い立って、東京で独立して生活していた時代に撮り貯めた写真&バレー観戦友達からいただいたバレー関連の写真をひっぱり出してきて整理&思い出にひたってみました。

大学のサークル仲間との写真なんかスッピンが多いし、友人の結婚式にお呼ばれした際に不自然にロングのウィッグをつけてたり(ショートの時期が圧倒的に長かったから余計に浮いてる!)、なんだか今振り返ると、こっ恥ずかしい写真ばかりでした(^◇^;)

バレーの写真は、当時わたしがバレーボール応援サイトの管理人をやっていた影響もあって、本当に沢山のナイスショット写真をいただきました。
あの頃は、選手の所属チームに写真掲載許可を片っ端から取って、ホームページに掲載させてもらってたなぁ…(  ̄- ̄)トオイメ

今見返しても、みんな凄腕カメラマンですよ!
素敵な写真が沢山手元に残っています。
もう引退された選手も多いけど、当時(2000年~2003年がピーク)のことを、今でも鮮明に思い出せます。

<被写体ランキング>
1.牛尾正和さん(当時松下電器)
2.平野信孝さん(JT)
3.宇佐美大輔さん(当時NEC→松下電器)
4.奥田晃さん(当時NEC)
5.市橋祐之さん(当時堺)
6.大坪史明さん(当時旭化成)
7.前田悟さん(当時NTT西日本→JT)

なんてチームがバラバラなの(笑)
セッターが圧倒的に多いのは当たり前だけど…
73年生まれが多いこと!あの学年の選手はみんな好きだったなぁ。
今でも現役Vリーガーは平野さんのみですが、まだまだ頑張ってほしいです!

人気blogランキングへ
昨夜、久々に『恋するハニカミ』を見た。

芸能人、著名人同士がデートする模様を放送している番組。
っていうイメージが定着していたのだけれど、ここ最近はデート企画はほとんど無くて、番組的にも久々のツーショットデート企画だったみたいですね。

今回、わたしが見ようと思った理由は単純に、上地雄輔くんがご自身のブログで“ハニカミ彼女。”とのほっぺくっつけツーショを公開していたからなんですけどね。

ハニカミ彼女さんは、TBSで今クール放送される『ルーキーズ』でも共演していて、女優の香里奈さんのお姉さんの能世あんなさんでした。

<おおまかな流れ>
千葉 房総半島の「白浜フラワーパーク」で待ち合わせ

上地くん運転で海岸線をドライブ
お互いタメ口で話そう!ということで、お互いを「あんちゃん」「ゆうちゃん」と呼び合う
野球の話を始めると表情が男っぽくなるゆうちゃん、それを優しく聞くあんちゃん

鴨川シーワールドにて二人でシャチショーを見て、その後シャチからホッペにキスをもらってはしゃぐ

車に戻る
1つめの“ハニカミプラン”
「二人のほっぺをくっつけてツーショット写真を撮り、その写真に今の自分の気持ちを添えて上地ブログにアップ。彼女はそれを読む」

いちご農園でいちご狩り
あんちゃんからゆうちゃんへ、いちごを食べさせてもらってラブラブ

採れたていちごをシャンパンに入れて二人で乾杯

千葉ロッテ 「マリンスタジアム」へ移動
二人とも裸足になってキャッチボール

2つめの“ハニカミプラン”
「彼女への想いをこめて100球以内にホームランを打ってね。
成功したら彼女は彼を抱きしめて愛の告白をしてね。できなかったら「頑張ったね」と言って彼の頭をなでなでしてね。」

100球、真剣にバッティングボックスでバットを振りつづけるゆうちゃん
残り2球、フェンス手前で惜しくも打球は失速→失敗

ゆうすけ「絶対いまいってたと思ってた…力不足でごめんなさい」
あんな「すごい真剣な気持ちが伝わってきたから、もうそれで充分」
ゆうすけ「何かもう…」
あんな「ありがと」
優しくゆうちゃんを抱きしめるあんちゃん。
ゆうすけ「ごめんなさい」
あんな「あやまんないでください」

VTR終了。
スタジオゲストの小泉孝太郎氏のコメント。
(上地とは小さい頃からの友人)
孝太郎「まさか雄輔見て感動するとは思わなかったw」


個人的な感想はココから。

人気blogランキングへ
おーい!わたしの自律神経どーなってんのーっ!!

今日はまた久々に体温・血圧?の上下の振り幅が大きくて参りました(;´д`)トホホ
普段あまり汗をかかない体質なのに、首元やらおでこやらにイヤ~な汗。
足の裏が焼けてんの?!と思うほど突然熱くなったかと思えば、今度はチキンスキンスタンダップ(寒)です…。
こうなると手のひらは氷のように冷たくなり、「生きてる?大丈夫?」と自分で自分の指先に質問したくなるほど寒いモードへ一気にシフト。

おなじみの偏頭痛、耳鳴り、耳の痛みもセットでやってきて、不健康のデパート開店ですよ。
(^0^*オッホホ   (*´д`;)…ハァ

ノニを飲みはじめてもうすぐ1ヶ月。
おっ!ノニの効果が早速出てきたかもヽ(´ー`)ノ
と喜んでいたのになぁ…そんなに甘くなかった。

明日はリフレクソロジーか整体に行けるといいなぁ…。


あ、ここのところ「テレビ番組の感想文」が増えていたので、人気blogランキングも一時期は50位以内に浮上してました!ありがとうございます☆

でも、またテレビネタが減ってきたので、人気blogランキングポイント割振り率を「テレビ番組」カテゴリから減らしました。

つまんない日記が続いていますが、ひきつづきよろしくお願いしますね(^_-)☆
ジーノ君が我が家にやってきてから、2ヶ月ちょっとが経過。

雪がまだ残る季節には、まだ運転が怖くて、なかなかジーノ君でお出かけする気にもなれませんでしたが、3月以降はバックでの駐車もマスターしたし、後ろから煽られても、「追い越したければどうぞ♪」と、臨機応変に対応もできるようになりました。



そういえば、ノーマルタイヤ+純正アルミに履き替えてからは、まだ1回も愛車の写真を撮ってないなぁ。
やっぱりアルミホイールの方がカッコイイですね!

まだ運転する範囲は狭いので、長距離走っても往復で80キロ以内。
それでも、同じ型のミラジーノとよく遭遇します。

旧型ジーノは別にして、現行ジーノは一昨日のドライブ時に「アプリコットキャンディ」のジーノとすれ違って、ついに全色遭遇とあいなりましたヽ(´ー`)ノ
レッド、グリーン、プレシャスブルー、テンダーブルー、ホワイト、シルバー、ピンク…
だいぶ間があいてオレンジ!

あれ?
そういえば、自分と同じグレーには出会ってないゾ。

かわいい系の車なので、地味色はやっぱり不人気なのかな。。
ある意味レア感♪
最近、この色でよかった (^。^*)と思ってます。


人気blogランキングへ
今日は朝も早よから、羞恥心の3人がフジテレビで番宣の嵐!でした。

「めざましテレビ」「笑っていいとも!」「クイズヘキサゴン
こんだけ出ればCDも売れる?!

本日4月9日に発売になった、羞恥心つるの剛士野久保直樹上地雄輔)のデビューシングル、わたしは先月の段階で最寄のTSUTAYAで予約数イッパイと言われていた為、今回は通販で予約→無事に初回版を発売日当日にGETできましたヽ(´▽`)ノ

念のため、隣町のCDショップ2件をハシゴして聞いてきましたが、「羞恥心」は軒並み売れ切れ!!
都会の大きなCDショップなら、在庫もありそうなんですけどね、田舎はこういう時弱いですね…。
通販で確実に予約しておいてよかったぁ(^。^;)ホッ

初回版には“全12種類 羞恥心トレーディングカード”が封入されているんです。
発売前から、つるのさんや品川庄司の品川さんのブログで、なにやら羞恥心メンバー以外のヘキサゴン男性レギュラーメンバーが映りこんでいるハズレ(?)が入っていると書かれていたので、そうじゃなくても目当ての上地くんのカード、もしくは羞恥心3人揃った.VerをGETできるか、それも楽しみのひとつだったんです♪

届いたCDの包装を空ける瞬間、ちょっとo(^o^)o ワクワク

200804091644000.jpg


ジャーン!!

見事1枚目で上地雄輔アイドル風トレカGETぉ☆
o(^^o) (o^^o) (o^^)o

今日の羞恥心生出演イベント(公開ラジオ&サンシャイン噴水広場でのイベント)には参加できなかったけど、トレカが当たりだったから満足♪♪

振付DVDは、アングルボタンで画面設定を切り替えると、自分専用カメラを手にしたようなお得な映像も楽しめちゃいますъ( ゚ー^)☆

久々にベタは昭和テイストのアイドルを見るっていうのも、時代に逆行していてイイですね。

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックお願いします(^∧^)

Tag:羞恥心 ヘキサゴン 上地雄輔 つるの剛士 野久保直樹

(ノ゚ο゚)ノ おっと~っ!!!
せっかく4月に入ってから続いていた、“ブログ毎日更新記録”が早くもSTOPしてしまいました。
日付変るの早すぎじゃー!

と、嘆いたところでTVネタは特になし。
フツーの日記を書きます..._〆(゚▽゚*)

白内障の手術を受け退院した祖母が、ようやく外出禁止令を解かれたので、久々に二人でお買い物に行ってきました。
まだ裸眼で紫外線を浴びるのはNGなので、まずサングラスを購入。
2件ハシゴして、ようやく祖母の気に入ったものをGET♪
久々に外出して、祖母もリフレッシュできたかな?

今月はうちの家族はたて続けに病院にお世話になるので、せっかくの春なのに、不健康気味なんですけどね…。

祖父→人間ドック
わたし→胃腸定期検査&血液検査
祖母→もう片方の目の手術で再入院

今回、わたしは胃カメラではなくて初のバリウム。
あれってゲップしちゃいけないんですよね?
胃カメラ大嫌いだけど、バリウムも苦しそうで嫌だわ…。

でも、検査結果が良ければ先は明るいハズ。
気合だ!(`・ω・´)

人気blogランキングへ
昼ドラ『スイート10』が始まってから、このブログに「スイート10」の結末についての検索ワードで、多数の方が訪れてくださっているようですね。

原作漫画の作者、こやまゆかりさんが現在連載している「1/2の林檎」の感想文は過去に書きましたが、
「スイート10」は未読ですので、こちらのブログには情報はありません。
ドラマも観ていませんので、情報をお求めの方は別のサイトさんをあたってくださいね。


さて、昨夜はF1バーレーンGP決勝でした。
シーズン開幕前には、今シーズンもフェラーリとマクラーレンの2強対決になると予想されていましたが、ここへ来て、BMWザウバーの調子が良く、バーレーンでもポールポジションを獲得したのは、BMWザウバーのロバート・クビサでした。

クビサは昨シーズン、大クラッシュに見舞われ病院へヘリで搬送…なんていうこともありましたが、幸い軽症で、もう次のGPではステアリングを握ってましたからね。
地味だけど、速いしタフなドライバーだと思います。

バーレーン決勝ではスタートに失敗して、あっさりマッサがトップに立ち、後方ではゴタゴタが続いた序盤レースの流れも気にすることなく、2位につけていた同僚のキミ・ライコネンを寄せ付けない安定した走りで、マッサが今シーズン初の完走&初勝利という結末でした。

バーレーンの砂煙は想像以上に路面に悪影響をもたらすようで、同じくスタートで出遅れたルイス・ハミルトンが追い上げの途中、前を走っていた昨シーズンの同僚・因縁の相手でもあるフェルナンド・アロンソに激突、自らのフロントウイングを粉砕する場面もあり。

もっと荒れるかと思いきや、以外と中盤以降は落ちついたレースでした。

【バーレーンGP結果】
1.フェリッペ・マッサ(フェラーリ)
2.キミ・ライコネン(フェラーリ)
3.ロバート・クビサ(BMWザウバー)
4.ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
5.ヘイッキ・コバライネン(マクラーレン)
6.ヤルノ・トゥルーリ(TOYOTA)
7.マーク・ウェーバー(レッドブル)
8.ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)


人気blogランキングへ
『SP(エスピー)スペシャル アンコール特別編』
昨夜放送されましたが、ラテ欄に書かれていた“新映像も加えて”というフレーズに見事に釣られた感じでした。
(*´д`*)ハァ?

冷静にタイトルを読み取っていれば、昨夜の“スペシャル”ドラマ=アンコール特別編→連ドラのダイジェストだということに気づけたかも。

要するに、昨夜の「SP(エスピー)のSP(スペシャル)」は、見事に総集編だったということです。

で、連ドラで終わった後のストーリーは、お得意の“つづきは映画館で!!”でした…。
あぁ、映画化の宣伝ね┐('~`;)┌

昨夜のわたし、ドンマイ×4泣かないでぇ~♪

その後、F1バーレーンGPの予選を見たら、ポールポジションはフェラーリでもなく、マクラーレンでもなく、なんとBMWザウバーのロバート・クビサだったので、予選なのに楽しくなってしまって、SPのSPでムダに疲労した分は取り返して気分よく眠ることができました♪


んで、F1観てるとムショーに自分も運転したくなるんですよね…。

人気blogランキングへ
男子バレーボール、Vプレミアリーグの決勝戦を制したのは、パナソニックパンサーズ!
優勝おめでとうございま~す!!\(^^\)(/^^)/

Vリーグになってからは、優勝した記憶がないなぁ…とは思っていましたが、松下電器バレーチームとしての優勝自体が36年ぶりだそうです。
そりゃあ記憶もないはずだわ(*^^*ゞ

数年前までは、熱心なバレーファンだった私ですが、ここ数年は観ていなかったので、もっと“浦島状態”になるかと覚悟して観ましたが、知らない選手が3人くらい?それも助っ人外国人を含めてなので、全然OKで安心しました(^。^;)ホッ

【決勝戦結果】
パナソニックパンサーズ 3-1 東レアローズ
第1セット25-17
第2セット20-25
第3セット25-20
第4セット25-21



さて、ココから先は長文の上に、マニアックな昔話になりますので、バレー好きな方以外は意味不明かも
( ;^^)ヘ..

人気blogランキングへ

ひとつ世代を遡った純愛ストーリー『眉山』。
ふたつ世代を遡った純愛ドラマ『歌姫』でも泣きましたが、『眉山』も泣けました。

さだまさしさんの原作も、松嶋菜々子さん&大沢たかおさん、宮本信子さんで描かれた映画版『眉山』もまだ見ていなかったので、いきなりドラマ版から入ることになったのですが、あとでフジテレビのサイトを見たら、ドラマ版は原作にも映画にも登場しなかった、母・龍子の若かりし頃の儚く美しい、たったひとつの恋に焦点を当てたものだったんですね。

映画版では大沢さんが演じた役を、今回の常盤貴子さんの相手役、山本耕史さんが演じられているのかとカンチガイしてましたが、大沢さんのポジションは小市慢太郎さんが演じられていたんですね。
で、そもそも今回のドラマ版で山本さんが演じられた龍子の恋人は、映画版では想い出の中に生きる人であって、そんなにクローズアップはされていなかった人物なんだと後から知りました。

ドラマでは、若い頃の母・龍子を常盤貴子さんが娘の咲子と共に一人二役で演じられ、シャキシャキパキパキの粋な江戸っ子ねえちゃんと、イマドキのちょっと後ろ向きな清楚なお嬢さんとの演じわけもさすがでした。

芸者として生計を立てていた龍子が人生に疲れ、船から身を投げてしまおうかと自暴自棄になっているところへ、もうすぐ故郷の徳島へ帰ることになり、東京生活を惜しんむために船に乗船していた医者の孝次郎が死体の醜さと、死というものの尊大さをうったえかけ、龍子を思いとどまらせたところから始まり、たった2~3日間を共に過ごすうちに自然と惹かれあい、情熱を重ね合わせた二人が綺麗で、儚くて…常盤さん&山本さんがすごくお似合いで、うっとり見入ってしまいました。

徳島でも「孝次郎ぼっちゃん」と呼ばれるほどの名家の跡取りである孝次郎には、親がきめた許婚がいます。
それでも龍子と一緒になりたいと本気で願い、彼女を徳島に連れて帰った孝次郎。
阿波踊りの夜、孝次郎の立場と芸者である自分の立場の違いを目の当たりにして涙し、孝次郎の幸せを願って、ひっそりと踊りの輪の中へ身を隠して去っていった龍子。

現代に生まれ・出会っていたならば、二人は離れることもなかったのかもしれないですよね。。

咲子を身篭った後も、孝次郎からの手紙には一切返信はせずにいた龍子。
あなたを忘れられないと手紙を書き続けた孝次郎。

そんな実らぬ二人の恋は、時を経て、龍子が末期ガンに侵されていることを知った娘の咲子によって、最期のときは母がたった一人愛した孝次郎の傍で…と、徳島の病院で過ごすことになりました。
けど、孝次郎の病院に入院はせず、偶然にもう一度出会えることだけを願い、徳島のどこからでも見えるという眉山を眺めて余命を穏やかに過ごす龍子。

本当に龍子という女性は凛としていて、女として憧れるプライドの高さを誇っていました。
それを見事にみせてくださった富司さんと常盤さんに拍手!

最期の最期に、愛する孝次郎の腕の中で息絶えた龍子さんは幸せだったことでしょう。
そんな美しい最期って現実にはありえない!
なんてことは言いません。綺麗でした。素敵でした。泣きました。


涙腺が弱い上に、そのまま寝ると翌日、ありえないほど瞼が腫れてしまうので、昨夜はついつい夜更かし…。
(-.-)Zzz・・・(゚ _ ゚)パチッ ネテタ!!

大沢たかお好きだと言いながら、ここ数年の作品は見ていないものが多いので、『眉山』は近々観たいと思います。
宮本信子さん版の龍子も楽しみ♪

人気blogランキングへ
『未来講師めぐる』のDVD-BOXが6月に発売になるので、さっき予約してみました♪
んで、サイドバーにも「めぐる」のDVD-BOXの広告をのっけてます⇒

ついでにこのドラマの公式ブログを久々に開いてみたら…
ユーキ君(勝地涼)が記事を更新しててうれしかったッス!ヽ(´▽`)ノ

勝地くんによると、またクドカン作品に出演するとのこと。
東映映画『少年メリケンサック』

4月中にエキストラ募集が出ています。
主演は宮崎あおいちゃん。勝地くんの撮影参加日程は「パねログ」に載ってますので、気になる方はソチラへGO!

なんかこの映画、エキストラにそそられるものがあるんですが…。
記念品もお弁当も出るなんて、わりと待遇いいですよね。
そんだけ長時間拘束、ライブハウスでの撮影だからハードなのかもしれないけど。
都内に住んでた頃なら応募してたなぁ。きっと。

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックお願いします(^∧^)

『アテンションプリーズ』のスペシャル、前回のハワイ編につづき、今回はオーストラリア・シドニー編が放送されました。

上戸彩ちゃんといえば「アテプリ」の美咲洋子のイメージなんですよねぇ。
色んなドラマで主演しているけど、美咲の元気キャラがショートヘアの上戸ちゃんのイメージにピッタリで。
美咲といえば、中原翔太ですが、錦戸亮くんは今回のSPではインドに転勤になったという設定で、回想のみの出演でした。

その分、男性キャストでは小泉孝太郎くんが大活躍。
あのチャラいパイロット・堤と、美咲と仲良しのCA、関山ちゃん(大塚ちひろ)の痴話喧嘩が恋愛パート担当。
いつまでも落ち着かず、相変わらず女性とみればスキンシップ、ナンパな堤に関山ちゃんの不安は募り募って…まぁウザイ女になってました。
すったもんだありながら、結局、堤が「関山ちゃん好きだ~!キャプテンになれたら俺と結婚してください!!」とプロポーズしてましたけどね(*^^*ゞ

もう一人、美咲と共に研修生時代を過ごした弥生(相武紗季)は、今回はCA大好きちょいストーカー入っていたお父さん(浅野和之)が入院したことで、父ひとり子ひとり家族の絆の再確認という家族愛パート担当でした。

相変わらず、美咲はパワフルで自信満々。
そんな美咲にも後輩研修生が付くようになっていて、「おちこぼれ研修生だった」ことで後輩に有名になっていた美咲のことを見下す自信過剰な研修生・上野(清水由紀)とのバトルも序盤、見られました。

結局、この上野と美咲には共通する部分があって、それを見越してわざと三神が上野の指導係として美咲を抜擢していた…というもので、最後は美咲を先輩として認め、上野が態度を軟化させてバトル終了。

生意気な上野を簡単に実習に進ませてしまった教官の三神(真矢みき)に対して、美咲は「私の時にはあんなに厳しかったのに、ずいぶん甘くなったんですね」などと怒りをぶつけるシーンもあり。
そんな三神とシドニー便のフライトを共にし、その先で三神が教官をやめることを聞き、同時に、うまくいかないときに自分をもう一度見つめなおす術を教えられていました。

シドニーで一度は仲たがいした仲良し三人組も、美咲が自分を省みることによって無事に仲直り。
シドニーからの帰りの便、着陸を任された副操縦士の堤だったが、機材トラブルにより、車輪が出ているかどうかの確認が取れないという異常事態に遭遇します。
そんなピンチの時も、地上の仲間・整備班と冷静にコンタクトを取りながら無事に着陸。

いいところで渋いナベさん(小市慢太郎)の出番がありました♪
異動前に悩む三神の前に、元キャプテンの桜田さん(小日向文世)も登場してましたが、最近まで喜多善男だった為、素敵な桜田さんも弱・ポジティブ善男とオーバーラップして見えてしまいましたf(^^;)


ん~…ハワイ編はすごく良かったんですが、シドニー編は微妙でした。。
成長した美咲に会えたことは嬉しかったけど、やっぱり翔太がいないと物足りないなぁ。
これは視聴率に関わらず、きちんと二人の結末もSPで描いて欲しいところです。

人気blogランキングへ
高校野球はいよいよ今日、決勝に勝ち進む2校が出揃いますね!
そして、バレーボールVプレミアリーグも今週末、いよいよクライマックスの決勝を迎えます。

決勝戦、男子は決勝の常連チームの「東レアローズ」と、決勝リーグまではいつも勝ち進むのに、なぜかいつも3位決定戦にまわってしまっていた「パナソニック・パンサーズ」の頂上決戦になります!

バレーといえば、全日本の試合以外は地上波での放送も無く、地味な存在ですが、決勝戦は録画ながらもNHKで放送があるので、お暇な方はぜひ♪
さいたまに近い方は、さいたまスーパーアリーナへGO!

☆NHK総合 4月5日(土)16:30~男子決勝(東レVSパナソニック)
         4月6日(日)16:30~女子決勝(東レVSデンソー)


個人的に、NEC時代によく練習見学にいき、贔屓にしていたセッターの宇佐美大輔選手が、パナソニックに移籍して岩田選手と共に司令塔の手腕を発揮しているようなので、さいたままでは観にいけませんがTVで楽しみたいと思っています。


そして、ビーチの妖精と呼ばれ人気の浅尾美和選手も出場する、「ビーチバレージャパン」も今週末、4月4日~4月6日に宮崎県で開幕です。

インドアからビーチに転向された選手が多いので、インドアバレーを観ていた人なら、わりと有名だった選手がビーチで活躍されていて、なんだかお得な感じもします。
まだ砂浜がヤケドしそうなほど熱くならないこの季節、ビーチバレー観戦なんかも良いのではないでしょうか?

私もね、インドア時代に贔屓だった牛尾正和選手が、今年からビーチで本格参戦するそうなので、応援に行きたかったんですけどね…都城は遠すぎるでしょうΣ(゚д゚lll)ガーン
東京からなら、飛行機でひとっ飛び~♪も可能でしたが、長野から宮崎・・遠すぎます。
どげんかせんといかん!と、ドラえもんがどこでもドアを出してくれないかしら。。

ビーチバレー、男子もイケメン選手が揃ってます!
バレーに興味が薄いイケメン好きな九州在住の方も目の保養にいかがでしょう。>違


今週末は、ふたたびウシ・ウサの応援です!!
フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックお願いします(^∧^)
先日、東京でお会いしたおともだちより、大好きな“わちふぃ~るど”のキャラクター、猫のダヤンのカップ&ソーサー&バニラフレーバーティーをいただき、別のおともだちより、北海道みやげの“じゃがポックル”&バターサンドをいただいたので、さっそくご機嫌ティータイム♪

ありがとう!! (^。^*))((^O^)v



今回、新宿のダヤンカフェには立ち寄らなかったので、思いがけずダヤンと出会えて嬉しかったぁ♪
そして、じゃがポックルやばいね!かっぱえびせん並に「やめられないとまらない」ね!!

ほんと、いつもお友達からいただきっぱなしで、私の持っていったお土産など、「ナメとんのかワレ!」的な物だったのでお恥ずかしい限りですわ…( . .)ヾ ポリポリ

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。