上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
F1日本グランプリ、今年は30年ぶりに富士スピードウェイで開幕です。

今日は予選、昼間から生中継していましたが、いつもはF1=深夜という感覚が染み付いているので、毎年、日本GPは見忘れそうになります(^^;

視聴率UPの為か、ここのところずっと木村拓哉氏をオープニングで起用。今回は中継にも参加。
TOYOTAのヤルノ・トゥルーリの運転する車で、モナコGPのコースを案内してもらったり、TOYOTAチームのガレージから中継したり、さすがはキムタク、F1には詳しくなくても高待遇ですよね。

本日の予選、富士の麓は霧がかかって見通しの悪い雨天。
雨用のセッティングにしたというHONDAが好調で、バトンが7位。ニコ・ロズベルグがエンジン交換をしているので、明日の決勝は10グリッド降格になるので、実質6位の今年最高グリッドからのスタートになります。

肝心なTOYOTAは…ヤルノがイマイチ伸び悩み、ラルフ・シューマッハは山本左近と接触して、せっかく第2ピリオド進出を決めていたのに、悔しいリタイア。

また左近…(以下省略)

スーパーアグリは佐藤琢磨が21位、アンソニー・デビットソンが19位確定。HONDAのバリチェロも17位で第1ピリオド突破ならず…

日本勢はHONDAのバトン以外は、せっかくの雨でタイムが伸びないレースでも残念な予選結果で終わりました。

なんでも富士スピードウェイではポール・トゥ・ウィンの確率70%ということなので、予選から上位チームはタイヤ交換のタイミング等、いつも以上にピリピリしていたような気もします。

注目のチャンピオン争いに目を移します。

スポンサーサイト

Tag:F1 日本GP アロンソ ハミルトン ライコネン マッサ 佐藤琢磨 バトン 木村拓哉

以前、『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』の感想文(8月21日)の記事でも書いたのですが、あのドラマではなにげに沢山の懐メロを、イケメン達が歌ったり、踊ったり(?)していたのですよ。

昨日、病院からの帰り道、ある農協に立ち寄ったところ、車のドアを開けた瞬間流れてきた歌に、思わず人目もはばからず笑ってしまいました(^^;

♪サンクス サンクス サンクス サンクス モニカ~ぁ~♪

吉川晃司かよっ!


ツッコミを入れながら店内へ。

モニカが終わって、何か知らない女性アイドルの懐メロ(?)が流れはじめて、「あ、大根安い」「松茸が出てるよ~」等と買い物に夢中になり始めたところ、またしても聴いたことのあるようなイントロが…

♪た~とえ500マイル離れてても~ (中略)ベイビカムバック!♪

ベイビカムバックだぁ!!
キタ━━━━━━(≧∀≦)ノ━━━━━━ !!!!!

THE ALFEEの「星空のディスタンス」ですよ。←動画貼ってます

花ざかりの君たちへで、第2寮の寮長・難波先輩(水嶋ヒロ)と第3寮の寮長・オスカー・M・姫島(姜暢雄)が息もピッタリで歌ってたべいびーかむばっくですよ(笑)

28歳の姜くんには判る曲かもしれないけど、23歳の帰国子女である水嶋くんには解らない元ネタだったはず。
(゚ν゚)ニホンゴムズカスィネー

買い物は終わっていたのですが、♪星空の下のディースタンス♪を最後まで聴きたかったので、無意味に店内に残っていた私は、きっと危険人物だったに違いありません。。

ついでにモニカの動画、貼っておきますね。

人気blogランキングへ

Tag:花ざかりの君たちへ オスカー 難波先輩 姜暢雄 水嶋ヒロ 懐メロ

10月クールのドラマの情報収集をしている途中、今度の月9『ガリレオ』主演の福山雅治さんと、時計のシチズンのコラボ企画の告知を見つけたのでご紹介♪

シチズンといえば、誰もが知っている時計メーカーですが、そのシチズンが9月からブランドイメージリーダーとして福山雅治さんを起用しているんですね!
で、その福山雅治さんとのコラボレーション企画の第一弾として、シチズン初のフリーマガジン『REAL SCALE
(リアルスケール)』
を9月28日、昨日創刊したそうです。

シチズン商品を取り扱っている店頭で配布されているそうなので、買い物に出かけるときには大きめの時計売り場に行ってみようかな♪
ポリプロピレン製のケースに封入されたユニークな雑誌らしいですよ。
そのデザインも気になるところです。

詳細は「REAL SCALE」公式サイトでどうぞ。

実は私、時計を観るのが好きなんですよ。そんなに安い買い物じゃないから、滅多に買わない。いや、買えないんだけど( ;^^)ヘ..
綺麗な時計、格好イイ時計、アクセサリー的な要素が強い時計…いろいろ見てまわるだけでも時間を忘れてしまいます。
最近、気になっているのは、デザイン性重視の腕時計。

V6の井ノ原快彦さんと女優の瀬戸朝香さんが今夜、結婚記者会見をするようですね♪

日刊スポーツの記事はコチラ

ジャニーズのタレントが結婚するのは、キムタク以来でしょうか。
イノッチと朝香ちゃんも、結構前から交際が報じられていましたよね。

勿論、V6メンバーとしても初のゴールイン。
おめでとうございます(ノ ^ ▽ ^ )ノ‥‥━━━━━☆

その前にデビューしたTOKIOメンバーはどうなんだ?
同じV6でも年上の坂本氏&長野氏はまだ未婚ですよね。

ちょっと気になるニュースだったので、イレギュラーで書いておきますφ(.. )メモメモ

人気blogランキングへ

Tag:イノッチ 井ノ原快彦 瀬戸朝香

お昼にボーッとテレビを観ていたら、『ハケンの品格 再放送!』のCMが!!
やるな、マイチャン、テレビ信州。東京に遅れを取ることなく、再放送をしてくれるなんて♪

ちょうど上地雄輔氏ブームで、折角録りためていた『ハケンの品格』を全消ししてしまった自分を呪っていたところでした。

また今日も面白すぎるブログを更新してましたが、ハケン~を放送していた時、全くのノーマークだった為、役者としての上地氏はどうなんだ??と。
小栗旬写真集『high』が今日手元に届いて、中を見たら『ごくせん』時代の写真に上地雄輔くんも載ってるし。

あ、ごくせんと言えば彼らが出ていたのは「1」ですが、「2」の方に出ていた赤西仁くんが『有閑倶楽部』で主演なんですね。

ってか、あの漫画は主人公、悠里だったよね。
それが何故、魅録が主人公になってるんだろう…
ネット上でもキャスト発表時に論争(?)を呼んでいたけれど、さっき『ハケンの品格』のCMの後に続けて出てきたキャスト全員バージョンの『有閑倶楽部』のCMを見て唖然。

Tag:ハケンの品格 上地雄輔 有閑倶楽部

あのメジャーリーガー・松坂大輔と横浜高校時代にバッテリーを組んでいた男が、クイズヘキサゴンで島田紳助から「メジャー級のバカ」と言われていることを知っていますか?

昨夜、祖母がテレビを見ながら大笑いしていたので、何かと思って祖母の部屋に入ると、テレビに映っていたのはクイズヘキサゴンのメンバー+見たことのあるようなベテラン芸能人達の沖縄合コン?デートの模様でした。

ヘキサゴンといえば、「花ざかりの君たちへ」のメンバーが出演した際、彼らよりもむしろ、あまりにも超越した天然珍回答を連発しまくっていたイケメン達のインパクトが強すぎて、あれ以来、彼らの動向をブログ等でチェックするようになっていた私ポリポリf^^*)

その中でも「海にいる気持悪い物を挙げよ」と問われて「船酔い」と答えてしまう、上地雄輔氏には注目していたんです。

元テレ朝の女子アナ、学習院大学法学部卒の才女、山本モナさんとめでたくカップル成立となり、沖縄の水族館でデートした上地くん。
最初は「俺キャッチャーやってたから、人の心を読んで行動するのは得意なんだ」と自信満々でモナさんをリードしていた姿に、「あれれ?意外とまともじゃん」と思っていたのもつかの間…水族館ではコバンザメを「サメの赤ちゃん!」と発言したりして、才女・山本モナを脱力させていました(笑)

やっぱり上地くんはこうでなくちゃ!d(-_^)good!!

←で紹介している『クローズZERO』にも出演していて、昨夜は記者会見&特別試写会の舞台挨拶に参加したようです。
主演の小栗旬くんとも仲がよく、3年連続で誕生日を祝ってもらった。とブログで明かしています。なんて羨ましいんだ!!

そんな上地くん、絶好調で10月スタートの小泉孝太郎バラエティ『孝太郎Wキッチン』にレギュラー出演するとのこと。
自身のブログでは孝太郎氏と肩を組んた画像を公開中♪

小泉孝太郎氏もクイズミリオネアでミリオネアになった頭脳派ですからねぇ…今からどんな会話になるんだろうo(^o^)o ワクワクと期待しております。

それ以前に、長野で放送されるのか…この番組。
調べなくては。

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)

Tag:ヘキサゴン 上地雄輔 山本モナ 小泉孝太郎 孝太郎Wキッチン クローズZERO

♪う~さぎうさぎ~なに見て跳ねる~十五夜お月様見て跳~ねる♪
今宵は中秋の名月でございます。
しかし、信州安曇野は夕方から雲が多くなり、お月様が拝めるかどうかビミョーな空模様です。

さて、本日は私個人の健康日誌ふたたび。
ということでTVネタはお休みデス( ´ー`)フゥー...

先週金曜から、心療内科で処方され、1年かけて減薬してきたパキシル10mgを完全に断ち切りました。

ドクターからは「この量なら副作用はほとんど無いでしょう」
と言われていたのですが、とんでもございません!
副作用で毎日フワフワとした眩暈が続き、朝~午後3時くらいまでは時折吐き気に見舞われ、夜は眠れず、耳鳴り&耳の奥が痛い!!

PCを20分継続して見ていると、かなりふらつきます。
でも、ここで薬に再び手を出してしまうと、まだまだ心療内科に通わざるを得なくなってしまうので、とにかく1週間は我慢しておとなしくしていようと格闘中です。

しかしあまりにも眩暈と耳鳴りがヒドイので、パキシルに手を出す前に服用していた漢方、“苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)”を改めて服用し始めています。


♪乾いた風を殴り迎えに来たぜ も一度オマエだけを守りたくて♪
男闘呼組BEST、久々に聴きながら感想書いてます。

冒頭からジャニヲタにしか判らないネタから始まりましたが(;^_^A
男闘呼組メンバーだった高橋和也氏演じる馬場信春の台詞が格好良かったので。

「行け!オナゴは討ち取らん!腹の子まで殺してもよいのか」
「かように心の篭った矢を受けたのはこれが始めてじゃ」
「オナゴは皆、心に鎧をまとうて戦っているのじゃ」


諏訪に潜入していた際、身近で観ていた矢崎の娘、ヒサ(水川あさみ)が村上義清(永島敏彦)の正室・玉ノ井(中島ひろ子)が自害したのを追い、自らも自刀しようとした、その手から刀を奪い、その身を逃がした際にヒサから唾を吹き付けられた馬場が発した言葉が「心の篭った矢~」のくだりです。

また、敵である武田の家臣に捕らわれるくらいなら…とためらうことなく死を選んだ玉ノ井の亡骸を見つめ発した台詞が「おなごは皆、心に鎧を~」でした。

武田家臣の中でも最も血の気が多く、御屋形様のためなら命を捨てても惜しくない!と最前線で闘い続ける男・馬場が見せた、女性に対する賞賛の言葉に心を打たれました。

Tag:風林火山 高橋和也 水川あさみ 中島ひろ子 永島敏彦 Gackt 前田亜季

DVDレンタルが開始されていたので、早速借りてきて観ました。

感想…ドラマで終わっておけばよかったのに(´・ω・`)ショボーン

アンフェア』は篠原涼子演じる敏腕クールで一匹狼的な女刑事・雪平夏見を主人公に描かれた物語ですが、連ドラ⇒2時間SPドラマ⇒この続きは映画館でコースだったんですよね。

正直、SPドラマ「コードブレイキング」までは面白かった。
で、SPから登場した江口洋介演じる、公安部管理官・斉木の動向が気になって映画館に足を運ばれた方が多いと思います。
しかし私は「続きは映画館で」系のドラマの終わり方で、腑に落ちた覚えが皆無だったので(あくまでも個人的な感覚です)DVDになるのを待っていたんです。

予想は的中…
正直、雪平の悲しみの連鎖に決着をつけるのは、せめてSPドラマで死んだ、安本までで充分だったんじゃないかって思うんです。
映画に持っていくために、江口洋介という豪華キャストを引っ張ってきた。その意味があったのかどうか…。
江口洋介好きとしては、もったいない使い方をするなぁ…というのが、率直な感想です。

他にも、椎名桔平やら成宮寛貴やら、新キャラが映画版では出てきましたが、とくに成宮くんの登場意義は果たしてあったのか??と疑問だったりもします。

辛口連発ですみません。

連ドラで瑛太が演じた安藤一之という人物があまりにもこの物語では印象的だった為に、他の犠牲者の存在感が薄れてしまったのか…こればっかりは個人個人の趣味の問題なので、平にご容赦くださいませ。

映画は見返さなくていいけど、連ドラはもう1回ちゃんと観たいなぁ…。

女刑事を主軸に描いた作品では、浅野温子主演『沙粧妙子‐最後の事件‐』が好きでした。
もうかなり古いドラマですけど、記憶に残るドラマの一つです。
沙粧妙子、また観たいなぁ…。
今は過激すぎて再放送もしてくれなさそうだけど、DVD出てるのかなぁ。ビデオしか無さそうな気がする…。
調べてみよう。

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)

Tag:アンフェア 篠原涼子 江口洋介 椎名桔平 成宮寛貴 浅野温子 沙粧妙子

戸隠まで行きは祖父の運転だったのですが、山道をゴーゴーとものすごい勢いで走って、81歳とは思えない俊敏なブレーキングで、ガツガツ身体が揺られた所為か、途中で車酔いしてしまいました…( ;´Д`)

帰りは酔い防止の為にも自分で運転する!
と祖父に懇願して、慣れない山道を運転して帰ってきました。
何キロ走ったんだろう…国道や慣れた近所の道では全然疲れなくなったのですが、知らない山道を運転すると疲れます。

ほんとはレンタル期限が近づいている【is A.】と【隣人13号】を観たかったのですが、観始めたら内容がヘビーだから疲れてしまって…だからと言って眠ることも出来ず、こうして未だにPCに向かっております(^^;

来週、「スリーインワン」というアメリカの療法を受けてきます。
心身共に楽になるといいなぁ…。

《業務連絡》
テンプレを一新しました!!
ピンクからブラックへ。
『クローズZERO』仕様…と考えていたのですが、青い鳥が気に入ってしまったので、少々違った趣となっております。
いかがでしょうか?

人気blogランキングへ


テレビ東京の人気番組、『開運!なんでも鑑定団』の公開収録in戸隠に行ってきました。

とはいえ、中には入れませんでした…。
なので収録現場に行っただけで、収録を見ることなく帰宅(´・ω・`)ショボーン

時間を間違えて呑気に「戸隠そば祭」を楽しんでしまって、会場に着いたのが収録開始時間を2分過ぎてしまったからなんですけどね・・・。

私は過去にも他の番組収録やら映画のエキストラやらに参加したことがあったので、それほどショックは無かったけど、この番組を毎週楽しみに見ている骨董好きな祖父は、それはそれは残念そうでした。

とりあえず、今日は戸隠神社上社に参り、おみくじをひいたら「吉」だったし、有名な戸隠の蕎麦も食べてきたので、まぁ良しとしましょう。

banner2.gif
↑地味に参加中。支援1クリックお願いします(^∧^)
忘れた頃に霧山修一朗くんからメールが届きました。

帰ってきた時効警察』の霧山くんですよ。

相変わらずポツネンとした感じのメールで('-'*)
三日月しずかちゃんと今日も夫婦漫才をしているんでしょうね。

オダギリジョー麻生久美子の組み合わせ、やっぱりいいなぁ。
というわけで、もうすぐ『帰ってきた時効警察』DVD-BOXが出るみたいです。

うっかりしてると、あっという間に発売日がきちゃうものなんですねぇ。

帰ってきた時効警察 DVD-BOX◆初回予約限定で プクーちゃんキーホルダー 付き!◆22%OFF祭!

Tag:帰ってきた時効警察 霧山修一朗 三日月しずか オダギリジョー 麻生久美子

チケットぴあプレリザーブ、あっさり当選しちゃいました。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出、古田新太座長の舞台『犯さん哉』。

11月に小栗旬初のタイトルロールの舞台『カリギュラ』を観に行くことが確定しているので、正直10月にも上京するとお財布の中身が…秋の訪れを通り越してブリザード吹き荒れる真冬に突入してしまいそうですが┐('~`;)┌

でもケラさんの舞台が見たかったから、ダメ元で応募しておいたんですよ。
人間、無欲のときにはあっさりと当選するものなんですね(^^;

今回の作品は「毒気たっぷりのユーモアと、ギリギリの笑い」を楽しめるとインタビュー記事で読んでいたので、かなり楽しみな舞台なんです。

『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』の中でも大好きなキャラの1人、オスカー・M・姫島を演じた姜暢雄くんも出ているし、これはなんとしてでも渋谷に観に行かなくては。

しかし10月までに体調は戻っているんだろうか…行くとしたらかなり強行スケジュールで行くことになるから、ちょっと体力が心配。

日帰り突破か…漫画喫茶宿泊⇒早朝あずさ帰宅か…
この年でいい加減まともにホテル代くらい出せよ!とも思うのですが、なにせニートですから。
(´ヘ`;)ハァ

カリギュラのために予約した宿のランクを下げて今回の宿泊費にしようか…。
なんともビンボーくさい悩み勃発中(*´д‘;)…

働いて稼げよ自分。
でもこんな体調じゃムリだよ。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

以上、ひとりごとでした。

人気blogランキングへ

Tag:犯さん哉 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 古田新太 姜暢雄

深夜、地味に『振り返れば奴がいる』の再放送をしていることに最終回直前に気づいた・・・見たかったなぁ。
詳しくは覚えていないけど、あの頃の織田裕二と石黒賢の熱い医者バトルを、もう一度ちゃんと見たかった。

なにげに長野で今再放送がかかってるいるのが「世界の中心で、愛をさけぶ」「ビーチボーイズ」と、ビミョーなので…。
ビーチボーイズって、まだ若かりし反町隆史氏が♪あ~ふぉえばーよぉらぁぶ♪と主題歌を歌われてますからねぇσ(^◇^;)
竹野内豊と並ぶと、濃いはずの反町氏のお顔もアッサリ風味に見える不思議…。
織田裕二も相当濃い顔だけど、主題歌もある意味熱いです♪ヤーヤーヤーヤーヤーヤーヤー♪
今年の夏がなかなか終わらない理由はこれか?!>そんなワケない

本日、2007年夏ドラマの一つ『山おんな壁おんな』も最終回です。
が、一度も見てませんσ(^◇^;)
番宣で出た『クイズ・ミリオネア』で谷原章介氏がミリオネアになったことと、ミッチー王子が面白かったことしか覚えてない(爆)

とりあえず、無興味・最終回に向かって右肩下がりだった月9『ファーストキス』も最終回だけは流し見したので、これも見ようかなぁ。

さて、ここから先は私の健康日誌ですので、特に興味のない方は読み飛ばしてください。

人気blogランキングへ
2007年夏クール、唯一最初から最後まで見たドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』が終わってしまいました…。

昨夜は最終回2時間スペシャルということで、21時から一心不乱にテレビと向かい合い、後半、ヒロインである瑞稀の正体がいよいよバレてしまい、桜咲学園を去る日のエピソードでは号泣状態。おかげさまで今日一日、目が腫れて大変でした(´Д⊂グスン

この夏クールでは視聴率TOPでしたが、最終回では視聴率21%を記録☆
初回から最終回に向かって右肩上がりで視聴率が上昇したこのドラマは、10代~30代くらいまでをターゲットに絞った、学園ドタバタ&ラブコメとしては大成功でしょう!

ただのドタバタドラマで内容が無い。
と酷評もされ、私のような素人であっても、途中では「原作と違いすぎる!ドタバタ脇役がうざい」と思った時期もありましたが、中盤以降、主軸キャラ意外の脇キャラにまで愛着が芽生えてしまって、逆に「このドタバタギャグパートが無ければイケパラじゃない!!」と言い切れるほどにまで心境が変化していきました。
そのくらい、このドラマのキャスト、スタッフの団結力と現場の楽しさが遊び心として、いい方向に現れていたんだと思います。
本当に楽しい夏ドラマでした!

さて、最終回は抜粋して感想を書くのが惜しいほど、どのシーンも印象的でしたが、心を鬼にして(?)抜粋して感想を書いておきます。

超・超ロングバージョンですのでお気をつけて(^_-)☆

Tag:花ざかりの君たちへ 堀北真希 小栗旬 生田斗真 水嶋ヒロ 木村了 姜暢雄 岩佐真悠子

ベルギーGPと相性の良いキミ・ライコネンフェラーリ)がポール・トゥ・ウィン!
危なげないレースでした。
そして2位には同じく赤いマシーン、フェラーリのマッサがこれまた危なげなく追走。

フェラーリの1.2フィニッシュと、先に発表された今シーズンのマクラーレンチームポイント全剥奪により、この時点でフェラーリのコンストラクターズ優勝が確定。
複雑な気分ですが、ライコネンファンとしてはおめでとう!と。

スパの名物、“壁”と称される急勾配「オー・ルージュ」に300km/hで挑んでいくドライバー達の姿は壮観でした。

【ベルギーGP決勝結果】
1.キミ・ライコネンフェラーリ
2.フェリペ・マッサ(フェラーリ
3.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン
4.ルイス・ハミルトン(マクラーレン
5.ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
6.ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)
7.マーク・ウェバー(レッドブル)
8.ヘイッキ・コバライネン(ルノー)


さて、ついに次戦9月最期の週末は、いよいよ富士スピードウェイにF1GPがやってきます!!

日本グランプリは生中継。
鈴鹿とは違った天候の変わりやすい高速サーキットを、誰が制するのか?!
楽しみですね♪

【ドライバーズポイント(9月17日現在】
1.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)97pt
2.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)95pt
3.キミ・ライコネン(フェラーリ)84pt
4.フェリペ・マッサ(フェラーリ)77pt

残り3戦!
ハミルトンとアロンソは2pt差に縮まり、ライコネンが13pt差でチャンピオンを狙っています。
マクラーレンの2人が残り3戦でノーポイントで終わるレースがあれば、まだまだわからない!


人気blogランキングへ

Tag:F1 日本グランプリ 富士スピードウェイ フェラーリ スパ ライコネン マクラーレン

「母の遺言」なので、今回は武田晴信(市川亀治郎)の母、大井夫人(風吹ジュン)が死去する場面が一番の見せ場なのかな?と予想して見ていたのですが、どうやら私にとっては、“父と子の関係”を多方面から描いたストーリーが印象的で“母の遺言”自体はあまり印象に残りませんでした。

久々に登場した北条氏康(松井誠)の息子である北条氏政役が“平成の女形”早乙女太一くんだったことが一番のサプライズって(^^;
松井誠さんも早乙女太一くんも、長野でもうすぐ舞台公演があるので、TVCMで最近よく見かけるのですが、まさかこのお二人が親子役で大河で共演とは!
歌舞伎系の役者さん+松井さん、早乙女くんのような舞台役者さんの掛け合いも面白いですね。

久々といえば、関東管領上杉憲正殿(市川左團次)も登場され、これまたマヌケっぷりを披露されていました…。
あんなに信頼していた長野業政(小市慢太郎)と離れ、越後に自らは落ち延び、今度は長尾景虎(Gackt)にバックボーンについてもらって、「北条を討ってくれ~」と命令するも、丁重に関東管領の立場を重んじて遜っている景虎との格の違いが逆に露呈してしまって…。
関東管領様と京に落ち延びた♪消臭プラグ~♪な信濃守護殿は似てますね。

しかし、自分だけ越後に落ち延びて、嫡男は上州に残してしまったばかりに、家臣に裏切られ、大切な跡継ぎを失ってしまうとは…マヌケにも程があります。
(;´д`)トホホ

あの関東管領の息子でありながら、父には似ず、最後まで北条氏康に勝ち目のない一騎打ちを仕掛けて散った竜若丸(太賀)は天晴れでした。
悲しいけれど、氏康も褒めていたことだし。

北条の格言って格好いいですね。

義を守りての滅亡と
義を捨てての栄華とは
天地格別にて候


そしてそして、父子の関係といえばやはり晴信と信虎(仲代達矢)の因縁を外すことはできませんよね!

Tag:風林火山 内野聖陽 市川亀治郎 松井誠 市川左團次 Gackt 小市慢太郎 風吹ジュン 早乙女太一 木村了



お隣のパンダにゃんこがこの夏、子供を産みました。
仔猫が大きくなってきたので、ここ数日の間に公園デビューならぬ、お披露目となりました
(=^・^=)

ママに似てとても美人さんです♪
ミーミーと可愛い声で鳴き、ママのしっぽにじゃれたりして可愛い('-'*)♪

tonari010.jpg

可愛いので、もっと近くで…とカメラを向けたらママに怒られました(^^;
meg07091601.jpg

いいなぁ…私もお外に出たい…。メグたん、絶対にダメです!脱走禁止!
futaro070916.jpg

あち~ぃ(;´ρ`)オレ、興味ないっす。風太郎さん、まだ夏バテ気味です。

 ※サムネイルをクリックすると画像が拡大表示されます

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)
2007夏ドラマも次々と最終回を迎えていますが、『山田太郎ものがたり』最終回にはゲストでのリーダー大野智くんが出演。
それだけの理由で最終回を見たわたし…。

大野智氏はハッピを来て、太郎にビラ配りするあんちゃんでした(^◇^;)
そして太郎の笑顔に見惚れるおーちゃん(笑)

このドラマ、金10じゃなくて日9でやったほうが良かったかもしれないですね。
あ、でも『パパとムスメの7日間』も感想はあまり書かなかったけど面白かったからなぁ…これでいいのか。

最終回を見なくても結果は見えていた。という人が多かったと思います。
太郎(二宮和也)はアメリカの大学に推薦されたが、幼い弟、妹達、そして不器用だけど優しい母親(菊池桃子)と売れない画家の父親(松岡充)と離れたくない!想いが強く、大学推薦を断る。

貧乏暮らしで日ごろおなかイッパイに食べさせてあげられない幼い弟、妹たちのために「アメリカンジャンボハンバーグ」をプレゼントしたいと考え、エアギター選手権でどうしても優勝したい!家族みんなでこのハンバーグ食べたいの!と御村(桜井翔)と隆子(多部未華子)を説得。

はバラエティでエアギターを早くから取り上げて、自分達もやってましたからね~お得意ですよね。

勿論結果は優勝。

しかし、優勝の喜びを弟たちに報告しようと客席を見ると、全員の姿が消えていた…

Tag:山田太郎ものがたり 二宮和也 桜井翔 大野智 吉沢悠 多部未華子 吹石一恵

2007F1グランプリ、今週末はベルギーGPですが、その最中に激震が走りました。

現在コンストラクターズポイント(チーム総合ポイント)1位快走中だった、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスチームに対して、FIA(国際自動車連盟)が今シーズン全てのコンストラクターズポイントの剥奪と、放映権等の報酬1億ドルの没収を決定したようです。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/formula_one/

Tag:F1 マクラーレン フェラーリ アロンソ ハミルトン ライコネン マッサ

とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナー“新・食わず嫌い王決定戦”に、今旬の俳優、小栗旬が初登場!!

ということで、当然のようにDVD録画をセットして、テレビの前で正座して観ました。
足が痺れました(;´д`)トホホ

小栗旬くんって、バラエティに滅多に出ないんですよ!
今日は9月18日(火)21時~放送される『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』最終回2時間SPの宣伝と、10月26日公開の主演映画『クローズZERO』の宣伝のために出演。

昨夜は遅くまで『小栗旬のオールナイトニッポン』を聴いていたので、今日の小栗旬氏の落ちついた礼儀正しい好青年っぷりには、ものすごくギャップを感じましたけど(^^;
ラジオではテンション高!もしくは下ネタもたまにぽろっと出ちゃうんですが、バラエティ番組には滅多に出ないので、意外と小栗旬がそういうはっちゃけたキャラだとは知られていませんよね。

ご本人、「もじもじ君が大好きで、小学生のころ9時までに歯も磨いてお風呂も入るから“とんねるずのみなさんのおかげです”を見せて!」とお母さんにお願いしていたほど、好きな番組だったようです。
とんねるずのお二人も、家族の裏話やら、好きな女の子のタイプやら、とにかく真摯な態度でウソをつけない真っ直ぐな小栗旬くんの姿勢にメロメロになってました。特にタカさんが(笑)

ちなみに、小さい頃のあだ名は「オグリキャップ」「オグリビー(元近鉄の選手)」だったとか。
オグリビーって(^^;

肝心なメニューですが・・
千秋さん「冷麺」「カプレーゼ」「トムヤムクン」「スパムにぎり」
小栗旬さん「ペンネアラビアータ」「穴子のにぎり」「もつ煮込み」「マンゴー」

なんでも、千秋さんは過去3回このコーナーに出演して全勝しているとか。
これは小栗くんの負けだなぁ…というより、負けて罰ゲームやってくれ!と密かに期待してました。>旬くんゴメン

結果は・・・

Tag:食わず嫌い とんねるず 千秋 小栗旬

「お前のために跳ぶ」
佐野(小栗旬)ハイジャン復活の狼煙は、ヤサグレていた過去の自分との決別と瑞稀(堀北真希)への好きという気持ちの表現、二つの意味があったようですが、肝心な瑞稀は鈍感BOY☆なので、佐野が「お前のために跳ぶから」と伝えたのに、「日ごろの感謝の気持ちだろ?」と拍子抜けな言葉で応えていました(^^;

そして全12回の放送も11回まで来たところで初めて、寮対抗ドタバタイベントに参加した佐野。
前回ラストで瑞稀に「おまえのことが好きだ」と告白した中津(生田斗真)と90番勝負で張り合い、長縄跳びから、水中息止め、ティッシュペーパーで鼻をくすぐってクシャミ早出し対決(* >ω<)=3ヘックション!

ここまで築いてきたクールな佐野くんはどこへ?!
という顔の崩れ方で…イケメン揃いの桜咲学園でも人気No.1のはずが、三枚目に降格した瞬間でした(*´д‘;)…

私個人的には、崩れた佐野=素の小栗旬に近いと思っているので、楽しめましたけどね♪
ドラマ的にあのキャラの変貌はどうなんだ??
1話の佐野と11話の佐野では、別人28号です。

この回は、ここまで2番手なのに出番が少なかった佐野が1時間ずっと出ずっぱりの回になり、内容もてんこ盛り!感想、書ききれません。

いつものシリアスパートは、佐野父(杉本哲太)が十二指腸潰瘍で倒れ、瑞稀に背中を押されて病室に駆けつけた佐野が、ようやく素直に親父と向かい合い、雪解けを迎えた…というシーンだったのかな。

メインは佐野のハイジャン完全復活で間違いなし!



Tag:花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス 掘北真希 小栗旬 生田斗真 姜暢雄 石垣佑磨 岩佐真悠子

8月~9月にかけて、演劇のチケット抽選やら、映画の試写会応募やら、蜷川幸雄先生と小栗旬くんのトークイベントの抽選やら、とにかく【抽選】と名の付くものに連続で応募してきました。

で、結果はというと演劇のチケットは今回かなり壮絶なチケ取り合戦になったようですが、なんとか3公演確保。
試写会は結果待ちは含めずに1つ出して1落選。
トークイベントも落選。
いいのか悪いのか自分でも判断のつかない中途半端な戦跡となっております。

しかし本日、忘れた頃に当選通知が舞い込んできました♪

「お宝探偵団 公開録画 当選おめでとうございます」

これ、テレビ東京の番組なんですけど、地方で結構視聴率が高いらしく、うちの祖父母もほぼ毎回楽しみに観ている番組なんです。

要は、骨董品の価値がいくらか?!鑑定してもらう番組なので、視聴層はジジババが主だと思われます。

今回、戸隠に於いて鑑定団の公開録画があるというので、骨董品マニアの祖父のために私がこっそり応募しておいたものが当選した。というものだったのです。

祖父曰く「鑑定してもらえないなら行っても意味が無い」
などと憎まれ口を叩いていましたが、当選ハガキを大切に引き出しにしまって、収録の日を楽しみにしているようです(^^)v

敬老の日のプレゼントになったかな?

人気blogランキングへ
小山田信有(田辺誠一)討ち死…。
その真実は、側室の美瑠姫(真木よう子)に寝首をかかれて死亡。

NHK「風林火山」公式サイトでも小山田と、美瑠姫が特集されています。
武田家家臣の中でも、クールでシニカルな発言で異彩を放っていた小山田殿があっけなく死んでしまって淋しい限りです…。

惚れた女の産んだ息子が自分の息子ではないことを悟っていたにも関わらず、自分の子として育てようと決意していたことを勘助に語り、勘助の由布姫への想いを肯定する発言をしていたところなどは、なかなか感慨深い遺言になったのでは?

しかし、美瑠姫の産んだ男子が落命した際、思わず安堵の表情を見せてしまった、その油断が命取りとなってしまった…頭脳明晰な小山田も女には弱みを見せてしまったのかなぁ…。
しかし、小山田の命を取った美瑠姫の複雑な想い、壮絶な最期と合わせて見ると、余計に切ないエピソードでした。

「父上、殿(前夫)、藤王丸、仇は取りましたぞ。敵にこの身を任せたこの私をお許しくだされ。仇敵を愛した私を…無慈悲な定めよ!これで、これでお気に召されたか!!」

美瑠姫は小山田の本心に気付かずに死んでいったのかと想うと余計に哀しい。

Tag:風林火山 内野聖陽 市川亀治郎 紺野まひる 真木よう子 田辺誠一 谷原章介

フェラーリの聖地・モンツァ。
イタリアGPですが、結果を見ればマクラーレンの圧勝。

1位 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
2位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
3位 キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位 ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
5位 ロバート・クビサ(BMWザウバー)


昨日の予選前、高速コーナーからタイヤバリアへ激突するクラッシュに見舞われた、キミ・ライコネンですが、決勝レースではスタートで3位に自力で浮上。
マッサがマシントラブルで早々にリタイアしてしまった為、詰め掛けたティフォシ達の期待はライコネン一人にかけられ、身体の負傷と、フェラーリの熱狂的ファンの視線を一心に受け大変なレースだったと思います。

通常、2ストップであるはずのモンツァで、ライコネンは変則の1ストップ作戦に出て、一度は2位になったのですが…ハミルトンはタフだ。

結果的に3位で終わってしまったけれど、ライコネン好きな私としては、これほどライコネンが注目されるレースも久々だったし、トラブルを乗り越えて決勝レースでもベストを尽くしたキミ・ライコネンに惜しみなく拍手を贈りたいと思います。

日本勢ではHONDAのジェンソン・バトンが8位入賞、久々にホンダがポイント獲得でしたね~。

バトンと6位のニコ・ロズベルグの度重なるオーバーテイクショーが地味に面白かったです!!
日本GPまで残り1戦。
TOYOTAはイマイチ元気がありませんが、なんとか立て直していただいて、バトンだけじゃなく、トゥルーリ、ラルフにもポイント圏内に入ってきて欲しいものです。

前回レースからオープニングでキムタク@HEROとのコラボレーションか何か知りませんが、ずっと木村拓哉氏が出て富士スピードウェイの特徴について、暗がりの中、F1マシーンに腰掛けて語っているのがなんとも…。

「以上、古畑任三郎でした」
と言いそうな雰囲気なので、ついつい笑ってしまいます。
あと、途中でFMVとキシリッシュのCMも入っていたので、もうお腹いっぱ~い( ゚Д゚)アキタヨ・・・

ちなみに長野県では現在「HERO」に続き「エンジン」再放送中…。
映画、エヴァンゲリオンに貢献してこようかしら(爆)
な~んて言いながら、今週は「キサラギ」を観に行く予定です。

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)

Tag:F1 アロンソ フェラーリ マクラーレン ライコネン マッサ ハミルトン

またまた久々に『もしもツアーズ』を観ました。
もしツアもしツア ルーレットスタート!d(-_^)

バラエティ番組で『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』の出演者が番組宣伝をかなりしているので、彼らを目当てに普段観なくなったバラエティを観る私…単純です。

「もしツア」には難波役・水嶋ヒロくん、ニャロメもとい関目役の岡田将生くん、オスカー・M・姫島役の姜暢雄くん、ひばり様役の岩佐真悠子ちゃんが出演。

ウドちゃんが桜咲学園の制服姿に黒髪のズラ姿で「ウドり旬です!」と登場。
( ̄□ ̄;)!!
どうやら佐野泉(小栗旬)をイメージしたようですが、全くの別人です(笑)

ウドり先輩率いるイケメン3人(水嶋、岡田、姜)と毎回「Let’sイケ麺パラダイス!!」とポージング&コールをしていたのですが、全員がきっちり揃ったのは番組終了前のたった1回だけ(^^;

オスカー役の姜暢雄くんが年長者らしく頑張ってましたけどね。
しかし、オスカーではなくて姜くんという雰囲気で、イケ麺(イケてるラーメン)を食べ終わった後の感想を1人づつコールしていく場面で

「イタリア~ン トレビア~ン あっ これ テレビや~ん」

と寒いギャグを言いながら照れ笑いする姿が可愛らしかった(*ノ▽ノ*)

水嶋ヒロくんは難波役とあまり変わらないイメージで、キザな台詞も難なくクリア。
オチはやっぱり関目ですね~σ(^◇^;)
岡田将生くん、彼は素が天然なんだとブラウン管越しにも伝わってきましたよ。
なんというのか…面白いことは全然言ってないのに、なんか間とふにゃふにゃな喋り方が笑いを誘うんですね。

岩佐真悠子ちゃん、折角“女性に優しい麺”というテーマのツアーだったのに、ルーレットで2回もハズレてしまって、結局トマトベースのラーメン1回(しかも小鉢)しか食べられず、ちょっとかわいそうでした。

「イケパラ」主要3名はVTR出演。


Tag:もしもツアーズ 水嶋ヒロ 岡田将生 姜暢雄 岩佐真悠子 掘北真希 小栗旬 生田斗真

本日、叔父の経営する宿泊施設のパソコンが壊れたというので、半日オンサイトヘルプデスクに行っておりました。

DELLのマニュアルを読んで、持参したノートPCからOKwaveのヘルプデスク回答を読んで、それでも解決しなくて、困り果ててPCオタクにヘルプ要請電話を…(-_-)B

なにやらヒントを貰いつつも、どうしても処理中のデータだけは復旧させたい!と叔父夫婦から懇願され、ダメモトでDELLのカスタマーサービスへ電話。

これが意外にも(失礼)丁寧かつ迅速な対応で、おかげさまで異常箇所の特定に至り、見事、事務処理中のデータも失うことなくパソコン完全普及しました♪

とはいえ、メモリが256MBしか搭載されていないことが今日判明したので、後日メモリ増強作業のため、再び叔父のところへ駆けつけ保守に行くことになりました(^^;

作業が終わったらすっかり夜も更けてしまっていたので、本日はテレビネタ無しでございます。

ここのところ、バラエティネタを含め、なにげに毎日TVネタでブログを更新していた所為か、カウンターの回転速度も速く、人気blogランキングも、さっき見たら、ついに60番台まで順位が上昇(;゚゚)ワーッ!

ありがとうございます( ^.^)( -.-)( _ _)

今日、これからF1イタリアGP予選を見て、明日は関東で土曜に放送された「もしツア」を日曜にこちらで放送しているのでそれを見て、夜は勿論『風林火山』を観て、さらにF1イタリアGP決勝を見る予定なので、明日はテレビ漬け予定。

明日は朝から朝日新聞を買いに行きたいし、10時から繋がらないだろうけど「カリギュラ」のチケット発売に参加する予定だし…なんだか慌しそうですよ。

朝日新聞、小栗旬くんの記事が出るというのですが、隣の新聞屋さんでは扱ってない…。
日経、毎日、読売、地元新聞まで売ってるのに、何故無いんだ(´ヘ`;)ハァ
世界陸上を間に挟み、放送再開の『山田太郎ものがたり』。
それ以前に8話を見ていなかった私は、9話のオープニングから、いきなり山田家がゴージャスな白亜の豪邸に住まい、「お坊ちゃま、おはようございます」と太郎(二宮和也)がメイドさんに椅子を引いてもらって食卓につく姿を見て、

「???」ヽ(。_゚)ノ ヘッ?

と、意味不明なまま観始めた9話でした。

公式サイトのあらすじを読むと、太郎パパ(松岡充)の書いた画を買ってくれたお金持ちのマダムが、空き家になっている豪邸を山田家の皆で好きなように使って欲しいという話になって、山田一家がボロ家からいきなり白亜の豪邸の住人になっていたんだと、やっとこさ状況把握。

しかし豪邸住まいに馴染めず、バイトをしなくても遊んで生活できることに違和感を感じ、悩みまくる太郎を見て、御村(桜井翔)と隆子(多部未華子)が心配し、スーパーの特売に太郎を連れ出したり、前に家族皆で住んでいたボロ家に太郎を連れていき、「自分が我慢すれば家族は皆豪邸暮らしの方が幸せなはず」と思い込んでいた太郎に「太郎自身が心から笑って輝いていることこそが家族の一番の幸せなんじゃないか」と気付かせる。
美しき友情ストーリーが描かれていました。

そして豪邸暮らしからまた元のボロ家暮らしに戻った山田一家。
またここで貧乏だけど皆笑顔イッパイの暮らしが始まる…と思いきや、校長(宇津井健)と太郎の先輩で、バイオ野菜の研究の最先端にいる永原(吉沢悠)の薦めで、アメリカの大学教授から太郎への留学熱望の知らせを聞かされ、また悩む太郎。

で、次回最終回へ続く!
というストーリーでした。

Tag:山田太郎ものがたり 二宮和也 桜井翔 大野智 松岡充 吹石一恵 吉沢悠 多部未華子

“そんなの関係ねぇ!!”の小島よしおが登場。
これはゲストの宇多田ヒカルが最近ハマってるというトーク
の中でいきなりご本人が登場していたんですけどね。
元ネタ、初めて見ました。
テンションたけ~っ!!!(笑)

そのほか、宇多田ヒカルのコーナーでは「脳内メーカー」の
結果発表をしていて結構おもしろかったです。

うたばん
ほんっとうに久々に見ましたよ~。
バラエティどんだけ見ないんだよ!って話ですが( ;^^)ヘ..

さて、今日「うたばん」を見た目的は20枚目のシングル発売
記念で出演したです。

Tag:うたばん 中居正広 石橋貴明 大野智

原作漫画「花ざかりの君たちへ」とドラマ「イケメン♂パラダイス」は別物だと頭を切り替えてから、逆にドタバタパート不足の「イケパラ」では楽しめなくなってしまったようですσ(^◇^;)

あれほど、ギャグパートがウザイと思ってみていた前半はなんだったんだろう…。
前回の中津(生田斗真)カンニング疑惑に引き続き、10話では佐野(小栗旬)と父親との確執問題がシリアスパートとして描かれていますが、佐野=小栗旬贔屓の私としたことが、今回のMVPにオスカー・M・姫島(姜暢雄)&花屋敷ひばり(岩佐真悠子)の濃すぎるベストカップルを選んでしまった不思議(^^;

桜咲学園&ブロッサム学園の合同舞踏会のパートナーとしてタッグを組んだオスカー&ひばり様という設定は、原作漫画と同じですが、ひばり様に「なんですの?!そんなステップでベストカップル賞が獲れるでもお思い?!」と黄金のマントをひっぱられ、地面に叩きつけられ、挙句の果てにはとび蹴りまで食らっても健気についていった正夫(オスカーの本名)最高です!!

難波(水嶋ヒロ)に憧れている乙女な男子・中央(木村了)が女装して難波とダンスを踊れることになった時の笑顔、そして舞踏会を武道会に変えてしまった第1寮のドタバタに巻き込まれ、事故で難波とチュー(´ε` )できた時の中央の「ハッピー♪」がキモ可愛かった。
対照的に男とキスしてしまった女好き難波の「アンハッピー」も最高(笑)

つづきます。

Tag:花ざかりの君たちへ イケパラ 生田斗真 小栗旬 堀北真希 姜暢雄 岩佐真悠子 木村了 岡田将生 水嶋ヒロ

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。