上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
「野菜で体内正常化」
健康志向の高まる昨今、気になるフレーズのひとつです。

で、『みんバラ』っていう言葉を目にして、「なんだろう?」と思って観にいったら、カゴメの野菜ジュースのCMをやってる、塚本高史さん&井上真央ちゃんが登場!!

みんバラ=みんなの栄養バランスチェック
という意味だったんですねポン!(゚ー゚ )


このブログをよく読んでくださっている方、または生・心音と話をしたことがある人はご存知だと思いますが、私は野菜ジュースがこんなに世間に普及する前から、大のトマトジュース&野菜ジュース好きなのですd(-_^)

その中でも特にお気に入りなのがカゴメのトマトジュースと、最近では「野菜一日これ一杯」っていうミックス野菜ジュース(トマトベース)にハマっていて、一日1杯で一日分の野菜の成分が摂れる!って謳われているのにも関わらず、好きなものだからグビグビ飲んじゃってます(^-^;

ヤマピーに釣られて「ラクベジ~♪(これはデルモンテ)」にもフラッとしたのですが、味が凝縮されすぎてどろっとしてるのが気になってしまって…ニンジンやかぼちゃの味が後に残るので、また慣れ親しんだカゴメの「野菜一日これ一杯」に戻りました。

同じ野菜ジュースでも、私は何故かニンジンベースの物はニガテで…(+д+)マズー
その点、カゴメのトマトベースの野菜ジュースはクセがなくて、他の野菜の味が気にならない。後味もスッキリしていてコールドスープのような感覚で飲めるのが嬉しいんですよね♪

スポンサーサイト
5月は気候も良くなってきて、梅雨前の一瞬のオアシス…のはずなのですが、最近暑かったり涼しかったりの繰り返しで、すっかり体調を崩してしまいました(´・ω・`)

先々週、毎日服用しているお薬を減薬することになったのですが、それも失敗に終わり、未だ2種類のお薬によって支えられているエセ・健康体には困ったものです。

それにしてもキモチワルイ(+д+)
胃酸過多なのかなぁ…。
食道裂肛ヘルニアの調子が悪い。

そして5月も終わりだというのに、“五月病”のような気分です…。
ちょうど私が前の仕事を辞めたのも五月でしたが、どうもこの時期はニガテなようで(;^_^A

私が家にいるとメグはとてもご機嫌麗しく、必要以上に引っ掻かれるわ、暴れるわで大変です。
コロコロリン ○)))ヘ(^・・^=)~ ミャーミャー

メグにとってはご機嫌な五月のようで何よりです。

人気blogランキングへ
愛子とミスター・シュンイチナル~ミが出張で二人きり♪
って、公式HPではしきりに愛子(石原さとみ)と三浦(田口淳之介)のラブラブバカップルの間に上長でありファッション業界のカリスマである鳴海(小泉孝太郎)を恋愛絡みで参戦させようと煽ってますね
( ;^^)ヘ..

私個人的には圧倒的にシュンイチナルーミ派なので、この際、エンディングテーマも番組宣言ポスターも無視して、愛子&鳴海が結婚しちゃってもOKなんですよ。
でもねぇ…どう考えても初期設定が愛子&三浦の結婚そして反対するパパという構図だったものだから、イマサラ鳴海の台詞を思わせぶりに次回予告で使われても(*´д`;)…という感じで、ちょっと残念です。

愛子&三浦のバカップルぶりには、ひたすら心が和みます。
けど、台詞の掛け合い、間合いなんかは愛子&鳴海の方がいいなぁ…と思って見てます。

小泉孝太郎…毎回書いてますが、ほんっとに演技が上手くなりましたよね。

そして、低い声の部分ではどうしても♪ふぉーえばらーぶbyX-JAPANを思い出してしまいます。
小泉純一郎氏とやっぱり親子だなぁ…と納得。

今日、鳴海の父親のビジネスのやり方が原因で交渉が決裂していた「アトラス」と直接契約に向かった鳴海に同行した愛子が、「アトラス」のデザイナーに対して「貴方のデザインはとても暖かいと思います」と素人丸出し、しかし父親に愛情いっぱいに育てられた愛子だからこその発想を伝えることによって、契約が成立する場面がありました。
愛子に肩入れする鳴海を見て、ずっと彼の傍でアシスタントを務めてきた槙原(白石美帆)が何やら怪しい動きを…。

ビジネスだけではなくて、鳴海を愛しているという設定が見え隠れしてきた槙原の嫉妬…う~ん怖い。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

Tag:花嫁とパパ 小泉孝太郎 白石美帆 田口淳之介 石原さとみ シュンイチナルーミ

日曜の夜は『風林火山』→『冗談じゃない!』コースだったのですが、ここ2週は見忘れ連発…。
今週はちゃんと見たのですが『冗談じゃない!』はいったい何を描きたいのかドラマの軸がよくわからなくなってきました…。

織田裕二主演なら数字が取れる時代はもう終わったのかも。
それにしても、何が描きたいんだろう…。
40男に二十歳の若いお嫁さん、そしてそのお母さんが元カノっていう設定は斬新だったのに残念です。

『風林火山』は原作有のパート、いわゆる「林」のパートに入ってからは個人的にはあまり楽しめていません。
次週からいよいよ三国決戦やら、信濃攻めが始まるようなので、ここで元々の男くさ~い骨太な大河に戻ってくれると信じて、来週も楽しみにしたいと思います。

「姫様~ぁ!!」と連呼しながら雪の諏訪の山奥て狂乱している勘助には興味などございません。

今クール、そろそろ脱落ドラマが増えてきました…。
頑張って最後まで見届けよう!と思っていても、そろそろ我慢の限界か(-。-;)

個人的興味ランキングの推移を記録。

1.帰ってきた時効警察
2.花嫁とパパ
3.風林火山
4.プロポーズ大作戦

以上。

あれ?当初の半分に減っちゃってない?
どんだけ~ぇ?!

ちなみに今宵は『プロ大』見忘れました…。
F1モナコGPは、アロンソVSハミルトンのマクラーレン対決が最高でした♪

次はカナダ。ジル・ヴィルヌーブサーキットですか。
テクニカルコース⇒高速サーキットですね。
高速サーキットなのに、周囲に湖が見えたりして、広大なカナダのイメージそのまんまのコースです。

過去の勝者リストを見たら、近年はアロンソ、ライコネンと続いていましたが、その前はシューマッハ兄弟の名前が続いていたのが目に付きました。
そろそろTOYOTAくるかな??

人気blogランキングへ
いいお天気だったので、ふらふらと行くあてもなくお散歩へ…。
クチコミで評判のイタリアンのお店のランチをいただいて、そのまま家とは違う方面へ足を伸ばすこと20~30分。

最近通っている接骨院のある駅にたどり着いたので、お昼休み明けまでの時間、お気に入りブログに登録させてもらっている『花福日記』のお店を見させてもらっていました。

ブログのコメントでは2回ほどやり取りをさせていただいていたのですが、実際に声をかけさせていただいたのは初。

お店に並んでいるお花達の紹介プレートにも、ブログと同様にとっても可愛いイラストがとヒトコトが添えられているので、それを見るのも楽しみだったりするんですよ('-'*)

メグに何度も攻撃され、せっかくお花を咲かせる一歩手前まで成長していた「ブライダルベール」も元気なく、お花も咲かずにしおれてきてしまっていたので、新しいお花を…と、kozaruさん、みけこさん、そして店長さんに色々とアドバイスをいただいて、今日は「スィングベル」と、前々から気になっていた「おじぎ草」を購入。
bell070527.jpg

メグの悪戯対策に、わがままを言って上から鉢を吊るせるようにしていただいて、ありがとうございました!

&メグへのプレゼントとして「レモングラス」までいただいてしまって、本当に感謝カンゲキですm(__)m
lemon1070527.jpg

おかげさまで、メグさん大興奮(*´д`*)ハァハァ
今のところ、他のお花および玩具には目もくれず、レモングラスに食らいついています(笑)

福ちゃんの立派なお腹に触れることも出来たし、「花福さん」の皆様にもとても良くしていただき、接骨院の先生にはMな私にはたまらないちょい痛治療をしていただき(?)今日はとても有意義な休日でした♪
ヽ(´ー`ヽ)ヽ(´ー`)ノマターリ

人気blogランキングへ
帰ってきた時効警察』ナイトドラマ枠ながら、未だに視聴率10%を一度もきっていないことは知っていましたが、ヤフーニュースに取り上げられるとは!!
⇒ 『時効警察』好調 ナイトドラマ最高視聴率へ?

今クールは爆発的に視聴率の高いドラマが1本も無くて、10%をきっているドラマが多い、いわゆる“不作”クールとも言われているのですが、そんな中でもナイトドラマは『帰ってきた時効警察』と共に『ライアーゲーム』も高視聴率をキープしているのがスゴイですね!

ライアーゲーム、面白そうなのですが、1話から乗り遅れてしまったのでDVD化されるのを待とうと思っています(^-^;

さて、『帰ってきた時効警察』も残り2話となってしまいました…。

次回第8話の脚本・監督は“トム・ジョンイル”となっていますが、これはオダギリ・ジョーさんの偽名ですよねw
某国の将軍様とオダギリの誕生日が同じことがヒントになっているような気がします。

三日月ちゃんが霧山くんの代わりに捜査をするみたいだし、今から楽しみです♪

その前に第7話の感想を。

ヒトコトで言うのならば「懐かしい!」がテーマだったかなぁ。

Tag:トム・ジョンイル オダギリ・ジョー 池田鉄洋 由紀さおり 帰ってきた時効警察

F1グランプリ2007、今年もモナコGPの季節がやってきました。

モナコは他のサーキットとは大きく違って、普段は乗用車が走っている市街地がサーキットと化す特別なコース。
ガードレールに囲まれ、ヘアピンカーブとトンネル内の高速直線コースとのギャップもまた楽しみです。

モナコGP=セレブの為のGPというイメージも強いですよね。

で、何故か予選を見ようとテレビを付けたら、TOYOTAのヤルノ・トゥルーリの運転する車の助手席に、ロンゲにサングラス姿でやたらと態度のデカイ男が…。

後部座席には片山右京の同時通訳付で、実際にレースで走るコースをヤルノの解説付ドライブとは何事?!

と思ったら、助手席の男は木村拓哉氏でした(´ι _`  )
そりゃあ、高待遇でも納得ですわ。

その後、実際にヤルノがレースで乗るマシーンに搭乗させてもらったり、チームの戦略を立てるコンピュータルームに通される等のVIP待遇を見せ付けられ、久々に「なんじゃこれ?」と思ってしまいました。。

どうせなら、F1オタクの堂本光一氏を連れていってあげてくださいよ、マッチさん!
キムタクは確かにレーサー役も月9で演じたけれど、車とはご縁が薄い人でしょ。もったいない…


キムタクのことはさておき、モナコGPはなかなか抜けないコースとして知られています。
だから、決勝よりも予選が楽しみ!

だったのですが…

Tag:F1 ハミルトン アロンソ フェラーリ マッサ ライコネン モナコGP トゥルーリ キムタク

山田太一スペシャルドラマ『星ひとつの夜
2時間単発ドラマでしたが、今やハリウッド俳優の渡辺謙と、のだめでブレイクした玉木宏の組み合わせ、そして公式サイトに綴られた「誰かを求めてしまうのは誰もが孤独だからです」というフレーズ通り、ドラマにしておくにはもったいないような雰囲気がありました。

逆に言うと、単発ドラマとしての終わり方としては「???」という余韻を残してしまっている。と思いました。

映画なら、「続きはそれぞれの心の中でどうぞ」的な描き方も可だと思うのですが、ドラマではあくまでも「張った伏線はきちんと種明かしまで描ききってほしい」と思ってしまうんですよ…。

愛人殺人の罪で懲役11年の刑に服したが、実際には殺していない50代の清掃員を演じた渡辺謙と、母に反対されながらもネットレードで90億もの大金を動かしている26歳の青年を演じた玉木宏
この二人が別の意味で「他人を信じることが出来ないでいるが、本当は孤独な自分と信じて向き合ってくれる人を求めている」という部分では共通していた部分だったんですね。

個人的には、「冤罪で懲役に服した男」と対比させるのならば、玉木宏の演じた26歳にして50億を動かすディ・トレーダーの失敗も描いてほしかったなぁ…。
挫折を知って、人と触れ合うことも知って、それでも諦めず自分の信じた道に再度ゼロから飛び込む!とか。

関係ないけど、「詐欺師」という台詞を渡辺謙から聞いたとき、『クロサギ』を連想してしまいました。
そういえば、黒崎を玉木宏、刑事役を渡辺謙が演じたら全然違った大人のドラマになったんだろうなぁ…とか。
あ、でもいしだあゆみは『クロサギ』で詐欺師役で出てたなぁ。
しかし玉木宏には♪抱いて抱いて抱いてセニョリータとは歌って欲しくない(笑)

正直、「安易に見られるドラマ」が好まれる昨今のドラマ事情とは逆流しているとは思います。
でも視聴率はそこそこ取れてると予想。

その後に見た『時効警察』のまったりB級感で、一気に心が緊張感が解き放たれました。

人気blogランキングへ

Tag:星ひとつの夜 渡辺謙 玉木宏

祖父が信濃の国から江戸に再び!
という話は大分前から聞かされていたのですが、うちの祖父は典型的なB型。

よくも悪くもマイペース。
楽しいことは何度でも人に話します。
嫌なことは一晩寝れば忘れます。
言いたいことは溜め込まずにストレート直球勝負!
お酒の力を借りて、親戚のお葬式を宴会に変えたり、ヤ〇ザ屋さんの親分さんと道すがら仲良くなってしまったり…

最近とんと聴かなくなった

武勇伝・武勇伝・武勇デンデンデンデデンデン レッツゴー♪
は数知れず┐('~`;)┌

今回も「思い立ったら明日にでも列車に乗るわい」というスタンスで、某一流企業のおエライさんとのアポイントメントも取らずに当日に当然のように会えるものと、根拠の無い自信に満ち溢れているようです。。

孫の私の家に泊まるのは良いけれど、せめて前日までには予定を教えていただきたいものです。

おじいちゃん、今週末に上京するって言ってたけど、とりあえず今夜の段階では

「まだわからないなぁ」

だそうです(*´д‘;)…
ザ・B型家族の我が家においてただ一人AB型の祖母は、こんな祖父に毎日振り回され、必要以上に神経質になっています。

あの夫婦、二人足して2で割った性格なら丁度いいのになぁ。

人気blogランキングへ
「ハレルヤーチャ~ンスd(-_^)」
で毎回過去にタイムスリップして、今目の前で他の男と結婚しようとしている想い人・礼(長澤まさみ)の為に奔走する健(山下智久)の行動もそろそろマンネリ化してきましたか…。

健のタイムスリップの目的は当初、礼と自分が結婚するように過去を書き換えることだったはずなのに、6話では過去の礼に対する感謝の気持ちをなんとか自分なりに返したい。彼女の過去をより幸せにしたい。という気持ちに変わってきていますよね。

けど、健が良かれと考えて行動したことが全て裏目に出てしまい、礼もまた10代最後の誕生日に健への想いを伝えようと試みたにも関わらず、お互いを想う気持ちが作ってしまったすれ違いの結果…運命ってやっぱりタイミングなのかな。。と儚く感じた6話でした。

そして火曜日。
なにげに今クール楽しみにしているドラマのTOP3に入っている『花嫁とパパ』第7話を観終わった感想を。

こちらも好きな人を想うがあまりに、好きな人が自分のために家族と絶縁するなんて絶対に不幸だ。お母さんとどうにか仲直りして貰いたい!と、自分の気持ちよりも恋人の幸せを願って別れを切り出した愛子(石原さとみ)が、なんともいじらしくて可愛らしかった~( ;∀;) カンドーシタ

そして三浦(田口淳之介)に対して「俺は君のお父さんになるつもりはない!宇崎さんのお父さんだ」等と毎回言っているわりに、愛子と別れることになった三浦に「これからも友人としてよろしく」とか、三浦とお母さんが仲直りしたと聞いて心から嬉しそうな笑顔を見せたりして、宇崎パパ(時任三郎)も素敵でした!

ホント、毎回このドラマを見ていると宇崎親子の絆の強さに感動させられっぱなしです。

そして出ました次回予告でシュンイチナルーミ小泉孝太郎)が愛子に
「三浦君と別れてくれ!」宣言!!
キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

Tag:シュンイチナルーミ 小泉孝太郎 花嫁とパパ プロポーズ大作戦 山下智久 長澤まさみ 玉木宏 石原さとみ 田口淳之介 時任三郎

土曜日、先週から自転車屋さんと「配送日」の都合がつかずにずっと保留になっていた自転車がやってきました♪

といっても、結局配送してもらえなかったので、車で取りに行ってもらったのですが…。

いつもホームセンターで1万円以下の安いママチャリを購入して乗っていたもので、今回の自転車は「シティサイクル」というだけでもかなりお洒落な代物です。

自転車を本格的に趣味にされている方から見ると、全然イケていないらしいのですが、私のような街乗り専門の者にとっては、高級品の部類に入ります。

ブリヂストンサイクルの「エコアーチ」エースレッド。
色はカフェブラウンがこの自転車のイメージカラーらしく、実際にブリヂストンサイクルのHPでもカフェブラウンの画像が紹介されていました。

でも、私の中でもイメージは…



Tag:ブリヂストン フェラーリ エコアーチ 自転車

気がつけば『帰ってきた時効警察』も全9話中6話まで終了しちゃったんですね…。既に終わってしまうことが淋しく感じられる今日この頃です。

第6話では総武警察のお馴染みのメンバーで「青春温泉」へ社内旅行に出かけていました。

「青春温泉」では15年前、隣の旅館の女将と温泉源のことで一悶着あり、その際に隣の女将が「青春温泉」で溺れ死んだという事件があったこともあり一時期はお客も激減、もう廃業寸前まで追い込まれた過去もあったのですが、なんとこの温泉の女将であるマユミ(西田尚美)が54歳でも30代にしか見えないピチピチのお肌でテレビ等の登場。
ここの温泉水を使った化粧水もバカ売れ!という現象が起こっていた!!という、それだけでも犯人が誰なのか、謎を解くまでもない設定だったのですが…。

それはそれで面白かったですよ。
マユミが実際は事件当時の女将の娘で、その女将は「ツボ師匠」なる怪しげな名前とキャラでマッサージ師としてその温泉に存在しているという設定だけでもおかしかったですから。

Tag:オダギリジョー 園子温 三木聡 時効警察

パナソニックパンサーズのセッター、一時期は全日本入りもされていたNo.10牛尾正和選手が引退宣言をされました。

まだ公式サイトには掲載されていなかったようですが、ご自身のブログでの丁寧な報告のお言葉を読んだ時の感想は…

「あぁ、やっぱり辞めちゃうんだ」

でした。

シーズン途中で、同じポジションである宇佐美大輔選手がNECから電撃移籍。
そうじゃなくても最近はレギュラーで試合に出る機会も後輩に奪われ気味だったので、宇佐美くんがパナに移籍したと聞いた時、「今シーズンで牛尾さんは引退かも」と予感していたんですよねぇ…。

例年であればパナソニックパンサーズの勇退報告は5月の黒鷲旗でされ、引退の花道(?)としてピンチサーバー起用等のなんらかしらの“非日常”な選手起用があったりするのですが、今回はそれも無かったと聞いていたので、「あれ?私のカンチガイだったんだ。よかったぁ(^。^;)ホッ」と思った矢先の引退宣言だったので、そういう意味では淋しかったかも。

今後、引退試合を企画してくれるようなチームなのかどうか…う~ん、期待しないでおこう。
もし、もしもそんな有難い企画があるのならば、何をさておいてでも今は牛尾選手の引退姿を拝みに行くつもりです。

ウッシーといえばPCは持っているけど、ブログのように活字でファンに何かを報告するようなタイプではないかなぁ…と勝手に想像していたので、この5月に突然オフィシャルブログを立ち上げたことも、まず引退の布石だったんですね。

Tag:バレーボール 牛尾正和 パナソニックパンサーズ

昨日は東京ビッグサイトで開催されていたITセキュリティの展示会に一日参加してきました。

最終日、金曜日、天気は晴れ。
来場者数は3日間の日程の中でも郡を抜いて多かったとの報告がありました。

予想外の来客数があり、用意していたノベライズは全部コンパニオンさん達が配布済。
受付係にいた私もわりとテンテコマイで…完全にイベントが終わってしまうまでは脚の痛みも腰の疲れも、それほど気にならなかったのですが、片付けを始めて気が抜けたら

「もう一歩も歩きたくな~いっ!!」

とビッグサイトの中心で苦しみを叫びたくなるような疲労感に苛まれました…。

その後、以前いた会社でお世話になった方も偶然同じ場所にいらしているということで、渋谷でお食事をご一緒させていただきました。

しかしシラフ(私は梅酒を1杯だけ飲んだけど)で、会場で見かけた大勢のコンパニオンさん達のコスチュームについて、また、コンパニオンさん達のプロ根性について白熱したトークを繰り広げようとは…(^◇^;)

男性の中でも普段から「エロリーマン」系のキャラで通っている人と、逆に「爽やか好青年」系で売っている人がいるじゃないですか。

でも、やはり男は男ですね。
コンパニオンさんのナイスバディをチラチラと横目でチェックする姿なんかは、エロ専門家も好青年ぶっている人も同じで、傍から冷静に人間チェックしていた私としては、なかなか楽しませていただきました♪>悪趣味

そしてコンパニオンのおねーちゃん。
おねーちゃんなんて言ったら失礼ですね。
彼女達もプロですね!
展示会終了ラスト20分でのラストスパートは素晴らしかったです。

中には来客用の首から提げている入場証明書に添付している名刺を胸チラッのサービスと引き換えにゲットしてくるコンパニオンさんもいらっしゃいました。

彼女達の笑顔で名刺ゲット!の数々の技を目の当たりにし、非常に勉強になりましたよ。

女は愛嬌!
もやっぱり必要ですね。
昨夜寝る前に『花嫁のパパ第6話』の感想文を気合を入れて書き綴っていたのですが、送信する前に間違って違うキーを押してしまい、折角書いた本文が水の泡に…(´Д⊂グスン

でもいいんです。
どうせドラマのストーリー詳細は公式サイトに載っているし、私の感想文はいつでもズレていますから┐('~`;)┌

今回も、ミスター・シュンイチナルーミ(小泉孝太郎)がいっぱい出た!とか、孝太郎のタテガミがだんだん軟くなってきてる!とか、取引先のお偉いさんから「君のお父上には煮え湯を飲まされた」という台詞を聞いた時、思わず♪フォーエバーラーブ by X-JAPANと共に小泉潤一郎氏の顔が思い浮かんだとか…そんなことばっかり書いてましたからw

いつの間にそんなに小泉孝太郎にハマったんだろう…。

宇崎パパ(時任三郎)のウザさが薄れていくと共に、三浦の両親との冷えきった関係、鳴海と父との確執など、主人公であるはずの愛子と三浦が別れようがなんだろうが、他の問題の方が気になってしまって、ある意味目が離せなくなってしまった不思議なドラマです。


ちなみに、水曜の『バンビーノ』いつの間にか脱落しておりました…。
木曜は『ホテリアー』今のところ1話見逃しただけで、なにげに楽しめています。
しかし『孤独の賭け』は初回脱落、『ライアーゲーム』は面白いとの評判だったので録画したまままだ見ておりません。

現在残っているのは…

月9『プロポーズ大作戦』ヤマピー最高
火9『花嫁とパパ』シュンイチナルーミ最高
木9『ホテリアー』ベタすぎて最高
金10『特急田中3号』なにげに観てる
金11『帰ってきた時効警察』なにがなんでも最高
土9『喰いタン2』ヒガシさん最高
日8『風林火山』武者震いがするのぉ
日9『冗談じゃない!』なんとなく観てる

以上です。

人気blogランキングへ
Oh baby. No, maybe.
「愛」失くして「情」も無い
嘆くようなフリ残るのは後悔だけ
 by桑田佳祐(明日晴れるかな


月9ドラマ『プロポーズ大作戦』先週見逃してしまいましたが、今週はなんとか追いつきました。

青春時代をずっと傍で過ごしてきて、いつでも愛の告白は出来ると思っていた、けど気がついたら別の男とその子は結婚を決めてしまった…。

で、毎回その結婚を阻止すべく過去にタイムスリップして、過去を書き換えようと奔走する主人公(山下智久)と、そのお相手の礼(長澤まさみ)のストーリーが淡々と続いている感じなので、1週逃してもそれほど置いていかれた!という感じはしないですね。

ものすごくファンタジーのようであって現実的。

最後、エンディングで流れるテーマソング、桑田圭祐の「明日晴れるかな」の歌詞を聞けば聞くほど、泣けてきます。

後悔する頃には、もう後戻りできないんだから、思いたったらすぐに言葉や行動で相手に伝えなくちゃ!という思いが、このドラマから痛いほど伝わってくるんですよね。。

今回も、未来からタイムスリップして来ている健にだけは、広島から礼に会いに来たおじいちゃんが、その年の年末に他界することを知っていて、「お正月に広島に帰るから、その時でいいよ」とプリクラを渡しに行くことを後倒しにしようとする礼の手を引いて走り出す健の姿。
そして、「卵焼き、美味しかったよ!」と素直におじいちゃんい伝えることが出来た礼と、可愛い孫娘からその言葉を聞けたおじいちゃんの素敵な笑顔を見られただけでも、礼にとっての後悔は一つづつ消えていっているんだなぁ。と胸にジーンと来ました。

健は、自分のためだけじゃなくて、愛する礼には後悔をして欲しくない!と言っていたし、本当に礼ちゃんは愛されているんだなぁ…としみじみ思いましたよ。

しかし、藤木直人さんと長澤まさみちゃんのツーショットが似合いすぎて、幸せそうに見えすぎて、どうにも切なさが払拭できないんですよね。
・゚・(ノД`)

最終回、皆が幸せになれるエンディングであって欲しいと願います。

人気blogランキングへ

Tag:プロポーズ大作戦 明日晴れるかな 山下智久 長澤まさみ

元皇帝・ミハエルシューマッハがフェラーリチーム激励に訪れたスペイングランプリ。
その期待に見事応えたフェリッペマッサ、ポールトゥーウィンでした。

母国グランプリの2年連続王者、フェルナンドアロンソは辛くも3位。連続で同じマクラーレンチームの新人ドライバー、ルイスハミルトンに負けてしまっていますね。
これでまさかまさかのニューカマーポイントリーダー誕生です!
ルイス・ハミルトン、凄いドライバーが出てきましたね~♪

それにしても今年のスペイングランプリは大荒れのレースで、TOYOTAは今シーズン最高の6番グリッドにつけていたヤルノ・トゥルーリがまさかのフォーメーションスタート失敗。そのままTOYOTAは二人ともあっけなくリタイア、フェラーリに移籍してから初めてリタイアを喫したキミ・ライコネン等等、リタイアが多かったですね。

こんなことを先に書くと、今回の佐藤琢磨の8位入賞も上が自滅したからタナボタなんじゃないの?!と意地悪な発言もされてしまいそうですが、運も実力の内!そして琢磨は本当によく頑張った!!と、素直に生まれてまだ2シーズン目のスーパーアグリの初ポイント獲得をお祝いしたいと思います。

あの、涙のホンダ初優勝の場面に遭遇したダウンタウンの浜ちゃんがスペインGPに登場。
やっぱり浜ちゃんは日本チームに何らかの影響を及ぼす人なのかも?!と少し思い始めています(^_^;)

次はTOYOTAにもご加護があると良いですね!

今年のレースはフェラーリVSマクラーレンの2強四天王の力が拮抗していて、本当に1レース1レースの結果が大切になっています。
次はセレブな祭典、モナコGPですよヽ(´▽`)ノ

モナコの美しい風景の中を、F1マシーンが音速で駆け抜けていくあのシーンは、何度観ても面白い。
なかなか抜けないコースでも知られていますよね。

予選が大切になるモナコは来週!

昨年のモナコでは途中リタイアしたライコネンがさっさと自分のクルーザーに引き上げて、まだレースリザルトは出ていないというのに既にバカンスモードに入ってお酒を飲んでふてくされていたシーンを思い出します(*´д`;)…

ミハエルが引退してから強く思うことは、マッサって意外と出来る子だったのね(失礼)&アロンソ意外と可愛いゾ。
です。

この心境の変化はなんだろう??

人気blogランキングへ


Tag:F1 スーパーアグリ 佐藤琢磨 フェラーリ マクラーレン ライコネン アロンソ マッサ ハミルトン

先ほど、メグが部屋から脱走しました。
普段、外界の音(バイクの音や人の声)にかなり警戒するだったので、まさか脱走はしないだろう。と油断していた私がバカでした…
(´・ω・`)

幸いすぐにメグの姿を敷地内で発見。
外に久々に出られた喜びを表現していたのか、地面にゴロンゴロンしていたところを捕獲。
すぐに抱っこして部屋に連れ帰ろうとしたところ、近くの野良ちゃん(顔なじみ)と遭遇し、物音を聞いた瞬間に私の手の中から再び脱走してしまったのです…。

管理人さんが野良の家を1F駐車場に沢山設けている影響で、この辺りには野良が多く生活しているので、メグとソックリなもいて捜索は難航…。

もう泣きそうでした。。

興奮状態に陥ったは暫く飼い主にも捕まらないということは、経験上知っていたけれど、それでも夜が完全に明けてバイクや人通りが出てくる時間帯になると、余計に怯えてしまって捕獲が難しくなることもわかっていたので、とにかく必死で探しました。

それこそ地を這って、近くの車の下を片っ端から覗き込んで…。

Tag: 脱走

F1スペイングランプリ、今週末は王者・フェルナンドアロンソの母国グランプリです。

相変わらず地上波では予選の放送時間が遅い!
今夜は録画しておいて予選は日曜の昼間に見ようと考えていたのですが、某友人様からのメールで一気に目が覚めました。
( ̄□ ̄;)!!

「心音の好きな選手のブログ発見したよ~♪」

F1も好きだけどバレーボールもこの選手が現役のうちはファンは止めない!!と心に決めているもので、ブログ開設は嬉しかったんです♪

パナソニックパンサーズNo.10
牛尾正和選手、その人です。

早速勝手にLINKに加えさせていただきました(笑)

この人に出会ってから、私はバレーボールファンに完全に返り咲き、大阪が本拠地であるパナソニックパンサーズの練習を見るためだけに月1で大阪まで通った時期もありましたからね。
そこまで惚れこんで、貴重な20代をおっかけに捧げたんです。
その後、セッターとしてはさらに惚れこんだ選手が出てきてしまったので、NECに鞍替えはしましたが(爆)

おかげさまで(?)今は大好きなウシ・ウサが揃って同じチームに所属しているので、私にとってはまた大阪が魅力的な場所と化しました。

しかし最近は長期に渡る加療生活→お金がない!→バレー観戦にもいけない→仕事が始まったら疲れてまだ余裕がない
と、すっかりバレー離れは進んでおります\(__ )

F1はテレビで観れるけど、バレーは全日本以外はTVで見られないですからねぇ(*´д`;)…

ヤフーチケット情報メールで「全日本男子」のチケット先行予約のアラートも届いていますが、そういえばその昔、全日本セッターが牛尾、宇佐美ペアだった時代もあったなぁ…と懐かしく思い出しました。

ウッシーに会いたいなぁ…。
GO!枚方?!
その後は京都散策でしょう。

う~ん…誰か一緒に行ってください(笑)

人気blogランキングへ
めぞん一刻』といえば、高橋留美子の有名漫画。
他の高橋留美子作品とは違って、『めぞん一刻』はファンタジーでは無くて現実に近いラブコメだったので、アニメもとても好きで観ていました。
斉藤由貴さんの歌と、エンディングのシ・ネ・マとか、未だに頭の中で再生できちゃうくらい(笑)

最近の連ドラはほとんどが人気漫画原作なので、この『うる星やつら』『らんま1/2』のドラマは無理としても、何故『めぞん
一刻』をドラマ化しないのかなぁ?と薄々思っていたので、ドラマ化、そして五代君役の新人をオーディションするというニュースを見たときには心が躍りました♪

五代君役の新人さん、中林大樹さんと仰るんですか、新人さんなのに演技もちゃんとできていたし、何より五代君の優しさと情けなささがイメージどおりでしたね(*^ヮ')b

Tag:めぞん一刻 音無響子 伊東美咲 高橋由美子 岸本加代子 沢村一樹 柳沢慎吾

千葉真一はアクションで、箱崎はジャンクションでセンセーショナルですが・・・って、このドラマはフィクションであり…相変わらず細かいところで笑わせてくれます。

今回の犯人役には鶴田真由さんを迎えて、ちょっとホラーな時効警察でした。

「帰ってきた」時効警察になってから、1話、2話とどうなることやら(*´д`;)…と心配していたのですが、回を追う毎に時効警察らしい「ゆる~い」感じが戻ってきて、必要以上にネタを前面に出しすぎない“丁度いい塩梅”のバランス&クオリティが戻ってきて、とても楽しめています。

時効事件のオチが読めてしまった1話、2話、3話とは違って、5話は最後まで読めなかったですし…。

一人二役、三役まではあっても、一人5役って(^_^;)
鶴田真由さん、久々にドラマで拝見しましたが、変わらずにお美しい。
そして時効警察の前シリーズに登場したコネタ、例えば遺留品を遺族にお渡しする際、ダンボールだけじゃなくて下の机も動いてしまうとか、熊本さんが「このことはくれぐれも他の人には…」と三日月に言うシーンとかもさりげなく盛り込まれていたのが嬉しかったです。

やはり今シーズンは週末が圧倒的にドラマは楽しい!!
視聴率は悪くても『特急田中3号』も好きです。
なにげに、あのウザくて友達がいない田中君と鉄友との友情シーンが泣ける!
今回は素直になれない花形と、素直すぎて繊細な花形の気持ちを逆撫でしつつも、友情を育て、変化していく田中に泣けました。

続いて、単発ドラマ『めぞん一刻』の感想を書く予定です♪

人気blogランキングへ

Tag:帰ってきた時効警

母の日が近いので、お花屋さんの品揃えがいつもより多めで嬉しい季節です。

私も便乗して自分の部屋用に「ブライダルヴェール」を買いました♪

つるが延びる植物なので、高いところから鉢を吊るして育てるのですが、白いかすみ草のような小さな花が沢山咲いて、まるで花嫁さんのヴェールのように見えることから、「ブライダルベール」という名前がついたとか。

しかし、このお花を選んだ一番の理由は…

「上から吊るしておけば、メグに花や葉っぱを食べられず、鉢もひっくり返されないだろう」

という、夢のロマンも希望のかけらも無い、とても現実的な理由だったりします(^_^;)

メグたんの好物はお花&ツンツンした葉っぱ!
このブライダルベールは正しくメグにとっては大好物そのものなのですが、手の届かない場所に飾ることに決めていました。
( ̄ー ̄)ニヤリ

bridal0705101.jpg

案の定、メグがお花を狙っています。

bridal0705103.jpg

どうしても食べたい!!ヘ(^・・^=)~ ミャーミャー

bridal0705102.jpg

頑張って首をつっこもうと格闘中…高さ2メートル以上の高さから落ちて、果たしてメグは無事に無傷で着地できるのか?!

かなり不安…(´-ω-`)

明日から天気の良い日はベランダに飾ろろうと心に決めました。

親ばかです…。

人気blogランキングへ
月1の心療内科検診の記録です。
内容は無いよう(-_-)

信頼できる心療内科の専門医の先生と出会ってから、もうかれこれ1年半くらいのお付き合いになるのかな?あれ?もっとだったかなぁ…覚えていませんが(^_^;)

あれほど悩まされた睡眠障害、左手指のこわばり、眩暈、軽度のうつ状態から晴れて開放され、今ではこうして社会復帰も果たし、それなりに元気に生活が出来ているわけですが、お薬の量だけは結構長い間、抗うつ薬の減薬が許されず、安定剤と共に服用し続けてきました。

うっかりお薬を飲み忘れると、手にしびれが出たり、頭が重たくなったりするので
「あぁ、まだお薬で作られた健康なんだなぁ」
と、自覚することも生活していく中でふと思い知らされたりするんですよね…。

今回の検診でもまだ減薬は無理かなぁ…と思っていたところ、診察室に入るなり先生から、

「あれ?顔つきが変わったけど、どう?何か最近変化あった?」

と質問されて驚きました。

テクニカルサポートの仕事に就いてから、とにかく毎日パソコンとにらめっこをする時間が長くなった所為か、首と肩と背中と腰が痛い!!

ということで、以前派手にコケて膝を負傷したのをキッカケに、今ではわりと頻繁に接骨院に通っております…。
先生曰く

「年のわりには体中の筋肉が硬くてヤバイです!」

なんだそうです…。

今日も行ってきましたが、GW中にすっかり回復していた肩こり、首の痛みが仕事復帰と共にまた悪化…おかげさまで今日もゴリゴリで先生からは呆れられ放題でした(;´д`)トホホ

そして明日は月に1回の心療内科通院の日。
最近は胃腸の調子が悪い(これは慢性)以外、とても体調は良いので、そろそろ減薬…したいなぁ。と願っています。

それにしても、昨日は楽しみにしている連続ドラマ『花嫁とパパ』の放送が10分後倒しにされた原因のプロ野球中継が、本日も引き続き放送されていて、まぁ連敗中の阪神もそろそろ勝ってくれるだろう!と4-4の場面から流し観していたのですが…あれ?私の記憶がある時点では阪神がホームランで5-4と勝ち越していたはずなのに・・二岡タイムリーで巨人首位キープですと?!

ヤフーで結果を見た瞬間に、もうテレビを観る気力が消えてなくなりましたよ。
(´・ω・`)ガッカリ・・・

おかげで『バンビーノ!』は録画も忘れて見逃してしまいました。

つくづく実家でこの試合を祖母と一緒に観戦しなくて良かった!と心から思っています。
祖母は強烈なジャイキチですので(*´д‘;)…
今はとても気分が良いことでしょう。

第4話で高熱に倒れてもなお、宇崎パパ(時任三郎)に、愛子(石原さとみ)との交際を認めてほしいと直訴し続ける三浦(田口淳之介)の熱意に宇崎パパの頑なな心も少し雪解け感が…。

それにしても、4話は最高にコメディしてましたね♪
愛子が三浦を父に見つからない場所に隠すため、熱でぐだぐだになっている愛する彼氏を足蹴にする場面なんか大爆笑しちゃいました!
ギャハハハ(≧▽≦)

そしてそして!
次回予告(今日放送分)では泥酔した愛子がクールなファッションディレクター・シュンスケナルーミ(小泉孝太郎)におんぶされた状態で顔をシュンスケナルーミにスリスリしている場面が!!!ゲゲ(゚_゚;)

5話が気になって気になって1週間待ち遠しかったんですよ~。

今日は早々にテレビの前に陣取り、無意味に10分延長された巨人が阪神に大勝した試合をイライラしながら見て、『花嫁とパパ』が始まるのを心待ちにしていました。
7-1なんて決まりきった試合を延長する意味はあるのか?!
プロ野球はわりと好きで、たまに球場まで観に行ったりもする私でさえもイラッと来たので、野球に無興味の方、アンチジャイアンツの方にとっては不愉快な延長だったことでしょう。

野球中継、競り合った試合なら延長しても観たいと思えるけど、4点差以上の一方的なゲームは定時で終わらせていただきたいものです。

Tag:花嫁とパパ 時任三郎 石原さとみ 田口淳之介 小泉孝太郎 風林火山 柴本幸

GWの間、ずっと録りためていたドラマの数々を一気見するつもりが、実家から送った夏物衣料の整理に時間をとられ、ほとんど見ることができませんでした(;つД`)

それどころか、あんなに楽しみにしている『風林火山』を見忘れる始末…。
呑気に欽ちゃんとキ・ヨ・シ!の東北巡りの旅なんて見ながらゴハンを食べてる場合じゃなかった(T^T)クゥー

なんとか『冗談じゃない!』には間に合ったのですが、よく考えたら先週分の録画をまだ見ていなかった!!

おかげでストーリーが飛んでしまって、いつの間に啓太(織田裕二)は飯島直子のファミレスに就職したの?!
絵恋(上野樹里)はどこへ行ったの?!
等等、展開の速さにしばしオロオロ。

でもとりあえず、今回は大竹しのぶ草刈正雄が離婚するかしないか・・・って部分がキモだったのかなぁ。

なんだっけ。
浮気した草刈正雄織田裕二に言った台詞。

「自分のニオイの染み付いた布団は心地よいけれど、新品の毛布も心地よい」

要するに慣れ親しんだ女も良いけれど、新しい女も良いと。

なんだかこのドラマ、啓太と絵恋の40歳20歳年の差夫婦のストーリーというより、他の部分でのドタバタが多いんですね。

予想していたストーリー運びとは大幅に違っていて、ある意味興味深いかもしれない。

けど、毎週わくわくしながら待つドラマではないです。

人気blogランキングへ


Tag:風林火山 冗談じゃない! 織田裕二 上野樹里 草刈正雄 大竹しのぶ

留守中にコメントをいただいたこまきさんのブログ「おはこんばんじゅわッチ」に訪問した際、ツボにはまったブログパーツがあったのでご紹介を。

その名も『死語ステッカー』
死語ブログパーツ

ちなみに、私が見た時には「ああ言えば上祐」でしたw

人気blogランキングへ
実家で過ごすこと1週間。
信州の眩しすぎる新緑と美味しい空気を吸ってリフレッシュして帰ってまいりました!!

お正月に実家にもADSLを引いたのですが、祖父母がPCを毎日使うわけでもないので解約し、GWは再びPCの無い生活だった為、コメントは先ほど一気にお返ししました。
遅くなってしまってすみませんでしたm(__)m

実家ではいつものことながら祖父母のペースに合わせて、早寝早起きの健康的過ぎる生活を送っていたので、ドラマは録画しておいたものを、今日、明日で一気に見る予定です。

その中でも真っ先に2本立て続けに見たのは、やはり『帰ってきた時効警察』です♪

2話までは個人的に「コネタがくどすぎ」と思っていたのですが、3話、4話は文句無し面白かった!!
やっぱり時効警察大好きだ(≧∀≦)/イイ!!

3話のゲストはセクシー全開の杉本彩さんが、露出の多いゴージャスな姿で「霧山ちゃ~ん バッチグー!」(^_-)☆
と、懐かしの言葉を連発して霧山にお色気作戦を仕掛けたと思ったら、こってこての名古屋弁を連発して事件解決に協力してしまったり、杉本彩さんの濃すぎるキャラをうまいこと料理していたなぁ♪と感心しっぱなしでした。

そして十文字疾風、気の毒な男よのぉ…。

細部まで書き始めるとこれまたコネタ連発すぎて長くなってしまうので端折らせていただきます。

4話のゲストには、ともさかりえさん。
ともさかさんは時効警察には出てほしい!と期待していた女優さんの一人だったので、その願いが叶って嬉しかった!

しかし、ともさかりえさんよりも4話は三日月しずかの壊れっぷりが目立ち過ぎて、少々影が薄かったかも(^-^;
妄想三日月…可愛いけどやっぱりへんだわ。彼女も。

そして密かに、前作絡みのネタが登場して楽しめました♪
なんでも多めに出てくる定食屋「多め亭」が「早め亭」に改名、その名の通りなんでも早めなのですが…まさかあのおばちゃんが・・

Tag:帰ってきた時効警察

実家に帰ってきてから、毎晩祖父の晩酌に付き合っているのですが、今夜、ちょっとしたハプニングがありました。

祖父が熱澗で地酒を飲みながら、いつも以上に上機嫌で喋りまくっていたところ、突然何の前触れもなく右に体が傾き、倒れこんでしまったんです。

幸い1分後には自力で椅子に座り直し、私が取り上げたお酒の残りをよこせ!と言えるほどに回復はしたものの、今までこういった症状はなく、人間ドックが趣味という徹底した健康体の祖父なので心配です。。

しかし問題は意地っぱりな頑固オヤジであること。

脳梗塞の疑いがあると心配なので脳ドックを勧めたり、布団の上げ下ろしをしようとしたら怒るし拒否るし…病院は嫌いじゃないくせに、家族の前で弱音なんか吐けねぇ!
ヽ(*`Д´)ノ

という意地だけは捨てて欲しいものです。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。