上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
2006年も残り1日と数時間を残すのみになりました。
年越しの買出しに今日は午後からアチコチに出かけ、一日早く年越し蕎麦(戸隠のそば)を食べて大満足です。

明日はおせちに蟹に焼肉に…(^¬^)
考えただけでもヨダレがw

そんな一日の終わり、家族で囲む食卓で見ていたテレビ番組は『日本レコード大賞』。
こうしてブログを更新している間もまだ放送中ですが(^^;

今年流行った曲に対して賞が贈られる番組だというのに、合間に流れる過去の大賞・金賞受賞曲のVTR特集の方ばかりに見入ってしまい、やはり最近の曲よりも昔の曲の方が親しみやすかったし、歌手の歌唱力も優れていたんだなぁ…としみじみ聴きいりながら、懐かしさにふけってしまいました。

なぜか自分が生まれた年以前のヒットソング(昭和40年代とか)も過去の映像と共に流れる歌詞テロップさえ見ていれば、口ずさむことが出来ちゃうんですね。

一緒にレコ大を観ていた祖母からは「なんでオマエは生まれる前の曲まで全部歌えるんだ?!」と不思議がられましたけど( ;^^)ヘ..
年はごまかしてませんよ(笑)
誰も「昭和43年と44年の曲は名曲そろいだなぁ」なんて言ってません(自爆)


スポンサーサイト

Tag:日本レコード大賞 紅白歌合戦 年末 歌番組

無事に実家に帰省し、遅めのお昼を家族揃って(といっても、祖父母と私だけだけど)いただいていた時、付けっぱなしだったTV番組が「吉本新喜劇」。

関西在住の方には珍しくない光景なのでしょうが、関西圏以外在住の者にとっては、新喜劇を見ると「あぁ、お正月だなぁ」と思うものだと思うんですよねぇ。
どうでしょう??

目がチカチカするようなド派手な衣装のめだか師匠と寛平師匠のダブルボケの掛け合い、さすがにベテラン同士の喜劇は乙ですねぇ ( ^‐^)_且~~

今日の新喜劇は関東でも放送されているのでしょうが、長野に帰ってくると、お正月特番以外でも、たま~に関西の番組や東海の番組も見られるので、このゴッチャマゼ感も実家に帰ってきたなぁ…と実感できる要素の一つです。


なにはともあれ、無事に実家でもPCが使えるようになって快適です♪
ADSLでも収容局が近いと意外と通信速度が速いんですね。
不自由なく快適に使えていますよ(^_-)v

人気blogランキングへ

Tag:新喜劇

久々の禁煙日誌です。

禁煙カウンターをふと覗いたら、禁煙開始から501日経過と表示されていました。

おかげさまで、禁煙500日もクリアですヽ(´▽`)ノ
------------------------------------
開始日時 2005年 8月 15日
経過時間 501日経過
吸わなかった煙草 10020本
浮いた煙草代 150300円
(原価 72282円 たばこ税+消費税 78018円)
-------------------------------------

あの時、禁煙開始していなかったら、1万本もタバコを吸っていたんだなぁ…と考えると、感慨深いものがあります。

禁煙1年達成も嬉しかったけれど、500日っていう大台を超えたことも嬉しいものです。


来月は引越しが待ち受けていますが、前回のように、タバコのヤニが原因で敷金よりも多く金額を請求されそうになった!な~んていうトラブルとは無縁の、真っ白な部屋の壁を見るのも、なんだか誇らしいです。

これは元・喫煙者だからこその感覚なんだろうなぁ…。


人気blogランキングへ

Tag:禁煙 禁煙500日 禁煙カウンタ

年末年始といえば、毎年ドラマのSPやら、お笑いの特番だらけで、録画するにも1つの番組の放送時間がやたらと長いから、すぐに容量オーバーになっちゃうんですよね(ーー;)

私のように実家にDVDはおろか、ビデオも無いような場合には、必然的に帰省前に一気に録画予約をすることになります。

TV雑誌を眺めて、あまり時間が長くない番組に絞り込んで録画予約を地道に進めましたが、結構見たい番組の時間帯が被るんですヽ(τωヽ)ノ

とりあえず、実家から戻るまでの録画はもれなく予約完了!(たぶん)

ちょうど東京に戻ってくる頃に、新番組・大河ドラマ「風林火山」が始まる感じで、後はどうしても見たいSPは「アテンションプリーズSP」くらいなので、1月期連ドラ組と一緒に、これは楽しもうと思ってます♪

ちなみに、年末でもドラマのSPは沢山あって、『ブスの瞳に恋してるSP』とか『Happy!』、その他色々あったみたいですね。

ブス恋SP、タイトルにエビちゃんという文字が入った時点で却下してしまい、イチオウ録画したのですが観てません(^^ゞ
前半はほとんど、連続ドラマの回想が多かったし、途中で見る気が失せてしまって…感想なしですスミマセン。

それ以前に、我が家のメグ姫がTVやPCに長時間見入っていると、不機嫌で(*´д`;)…
meg061228.jpg

紙袋は相変わらず無残な姿に…。

そして、だんだんこんな顔になってきます。
meg0612282.jpg

いつまで四角い箱みたいなのとにらめっこしてんのよ!
o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

というわけで、明日からメグと一緒に信州の実家に帰省します。
むこうにもADSLのモデムは届いているようなので、順調に接続できたら、またブログ更新します♪

人気blogランキングへ
楽しみにしていた“月9”『のだめカンタービレ』も昨日ついに最終回を迎え、“日本編”大団円で幕を閉じました。
 ※パリ編があるとは限らないけど…

最初から最後まで、原作漫画に忠実で、これほどまでに漫画に登場する人物とキャスティングされた役者さんたちがイメージどおりのドラマも珍しい!と感動しっぱなしでした。

最後、のだめを迎えに行った千秋の台詞が若干テレビ用にわかりやすいように改善されていましたが、千秋が福岡駅から乗車したタクシー車内の“アイスムクーリ”広告ステッカーやら、のだめ父(岩松了)が乗っていた海苔漁船にわざわざピンクのハートを描くところまで原作に忠実なコネタを披露してくださって、本当に楽しかったです!
ギャハハハ(≧▽≦)

コネタ好き仲間(?)の「Orange Garden Extra」のせるさんも同じところで、ちゃんと反応されてます(笑)

峰の実家、「裏軒」のメニューもチェックすると面白いし、ほかにも隠されたコネタは方々にちりばめられているので、リピートして見るのも別の意味で面白いかも。

順当にストーリーは千秋の指揮するR☆Sオーケストラの最後の演奏、ベト7で綺麗に終わったところも◎!!

個人的には、2006年はコネタドラマ『時効警察』で始まり、『のだめカンタービレ』で終わる、ドラマを久々に満喫しまくった1年になりました。

この両方の作品に出演されていた、豊原功補さん(時効では十文字役、のだめではハリセン役)、そして最後の最後に期待どおりのだめ父役でいい味出しまくってくださった岩松了さん!(時効では熊本さん役)脇役ながら存在感はさすが!でしたね。

豊原さんは東京出身なのに、なぜか2作とも関西出身の設定で、苦労されたかと思いますが、岩松さんは長崎出身ということで、大川弁?は堂に入ってました。


Tag:のだめ 時効警� ヾ箴称� 豊原功補 千秋様 上野樹里 玉木宏

まずは皆様に、我が家の愛猫・メグよりクリスマスのご挨拶を。
merimeg06.jpg

プレゼントの中身はワ・タ・シ(^з^)-☆Chu!!

な~んてことは思っていないでしょう。
本人(本猫)的には、美味しいカスタードクリームにありつければ、クリスマスも大歓迎♪なのです。

基本的に袋の中が大好きなので、クリスマスプレゼント用の赤い袋の中でもご機嫌です。
でも、あんまり構ってあげないと…

merrymeg2.jpg

↑こうなりますo(`ω´*)o
哀れ、紙袋は食いちぎられ無残な姿に…。


さて、こんな我が家のメグ姫と一緒に暮らせる、ペット可物件を探していたのですが、無事にクリスマスイブに賃貸契約成立しました_〆(゚▽゚*)



Tag:クリスマス 賃貸契約 引越し 1K 愛猫 ペット可物件

年末も押し迫り、秋ドラマも最終回ラッシュを迎えました。
水曜には『14才の母』、木曜には『Dr.コトー診療所2006』『嫌われ松子の一生』が全話終了。

結局わたしは日テレ水10枠『14才の母』とTBS木10枠『嫌われ松子の一生』を全て視聴しました。
=コトー先生は1度も見ずに終わりました…今クール視聴率では圧倒的な安定感で1位だったドラマなんですけどね。
そういえば木10枠はいつもTBSを選んで、メジャーなフジテレビドラマを捨てた1年になりました。

あ、でも1月期はフジ『小早川伸木の恋』、TBS『ガチバカ!』共に見なかったけど(^^;

ちなみに4月期この枠はTBS『弁護士のくず』を視聴、裏にはフジ『医龍』、7月期はTBS『花嫁は厄年ッ!』を視聴、裏は涼子対決『不信のとき』でしたね。
こうして見ると、フジテレビって不倫ドラマ、医療ドラマ、不倫ドラマ、医療ドラマって繰り返しだったんですね(笑)


さて、まずは『14才の母最終回まで見終わっての簡単な感想を。

Tag:最終回 14才の母 嫌われ松子の一生 木10

テレビ雑誌を眺めていたら、次のNHK大河ドラマ風林火山』の写真とあらすじが目に留まったので余談程度に。

先日高視聴率キープのまま終了した『功名が辻』ですが、私は最初の1~2話しか見ませんでした。というより、大河ドラマを見る習性がないため見忘れちゃうんですよね(^^;
再放送までご丁寧にあるというのに…。

朝の連続テレビ小説も見ないので、NHKのドラマを見ることはほぼ皆無です。

そんな中、次の『風林火山』は私が生まれ育った信州、住んでいた場所の目の前を“塩の道”が通っているため、珍しく興味をそそられています。
というのも、“塩の道”という名称の由来となっているのが、有名な歴史的エピソード、敵同士であった越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄だが、武田に塩が不足したとき、上杉が塩を贈ったその経路であることなんです。

いやぁ、上杉謙信って太っ腹のオトコマエだわ♪
と幼心に思った記憶があります。

そして、今回の大河ドラマ風林火山』で若き日の上杉謙信(景虎)役に抜擢されたのが、なんと元ビジュアル系バンドヴォーカルのGacktさんだと聞いていたので、美しい男子好きの私としては興味をさらにそそられていたわけなんです(^¬^)


大河ドラマ風林火山」完全ガイドブック(<クローズアップインタビュー>内野聖陽、市川亀治郎、Gackt、柴本幸)

Tag:大河ドラマ 風林火山 Gackt 武田信玄 上杉謙信 内野聖陽 男闘呼組

都古ちゃんへ」「カレーはやっぱりチキンカレー」
等、毎回のように繰り返し主人公テル草なぎ剛)が発する言葉たち。

自閉症という障害を抱えた子供について描かれた作品で真っ先に思い出すのは「光とともに…」篠原涼子さんが自閉症児を抱えた母親を演じ、日々の奮闘を親の目線から描いたドラマはありましたが、主人公が自閉症の患者というケースは初めてではないでしょうか。

このドラマを通じて、自閉症という障害がどんな特徴を持っていて、周囲の人たちはどのように接したのかを学ぶと共に、障害を持っていても常に前向きなテルから健常者が逆に学ぶことが多いという側面もうまく描かれていたドラマだと思いました。

Tag:僕の歩く道 草なぎ剛 都古 テル 香里奈

月曜夜9時「さぁ、楽しいのだめカンタービレの時間だ」by千秋センパイ

本屋さんで今手に入りにくい「のだめカンタービレ キャラクターBOOK」
今週もあっという間に1時間が過ぎ去ってしまいました。
最終回1回前、ストーリーは今までよりもコメディ要素は控えめに、千秋とのだめ、それぞれに未来の自分のために真剣に音楽に没頭する佳境に入ってきて、原作を既に何度も繰り返し読んでストーリーは頭にきっちり入っているはずの私でも、のだめ役の上野樹里ちゃんの真剣な表情に感情移入して、うるっときてしまいました。

あと、やはり個人的にはハリセン先生役の豊原功補さんの演技が好きでした。
のだめがロクにご飯も食べずに、マラドーナピアノコンクール発表曲の練習に明け暮れ、最終予選で弾くはずのシューベルト「ピアノ・ソナタ第16番イ短調」を練習中に高熱に倒れたとき、熱にうなされるのだめに枕元でかけた言葉の優しい口調に涙が(ノ_・、)グスン

「無理しすぎや。飯も食わんで、ずっとコンクールで疲労もピークに来とる頃やのに…これで、完全にタイムオーバーやな。
もうえぇから、ゆっくり休め」


その頃、当ののだめは、マングースの着ぐるみ姿で、
ペトルーシュカの輪をくぐれば、賞金200万!のだめ行きます!!」
と、気合いを入れたところへ、幼き頃の悪夢再来・ピーナッツ頭の瀬川悠人くんが行く手を阻むな~んて夢を見ていたわけですが(^^;

結局、コンクールファイナルの舞台で弾く課題曲の最後の1曲、ストラヴィンスキー「ペトルーシュカからの3楽章より“ロシアの踊り”」は手付かずで、CDを何度か聴いて譜読みをしただけの手付かずの状態で本番の舞台に臨むことに…。

移動中のバス車内で乗り合わせた人の携帯着メロ「今日の料理」を耳にしてしまったのだめは、本番のステージ上でペトルーシュカから曲の記憶が今日の料理に混ざってしまい、結局、譜面どおりに最後まで演奏できなかったということで失格。
本来であれば1位を獲得するはずだった野田恵の不在により、コンクールは1位無しの2位で瀬川悠人がイチオウ優勝という形で終わりました。

Tag:のだめ 上野樹里 玉木宏 ハリセン 豊原功補 千秋センパイ ペトルーシュカ 今日の料理

ギャ~ッ!!!!!食われるぅo(`ω´*)o
meg061218doco.jpg


ドコモダケ危機一髪!の図。


昨日、お隣の駅の某携帯安売りショップにて、欲しかった機種が激安になっていたので1年8ヶ月ぶりに機種変更しました。

なぜか発売されたばかりのF903iの方が前期型のF902isより低価格のキャンペーン中。
しかし、キムタクの特大ポスターと、あの妙なフォルムがしっくりいかず、P902isとの三つ巴の選択肢の中で激しく迷いながらも、結局オダギリジョーがCMしていたから&格好イイから。
という短絡的な理由で、F902is白に決めました。

前々から富士通のFMVのCMにはキムタクが起用されているとはいえ、オダギリジョーからキムタクに携帯のCMまで乗り換えた富士通…ちょっと淋しかったんだよぉ
ヽ(`Д´)ノウワァン

ウィダーinゼリーのCMはキムタクから一度オダギリに変わって、その後すぐに獅童に変わって、問題起こしてまたオダギリに戻ったんだっけ…いろいろありますな。CM事情。


さて、危機一髪つながりで、くりごぼうのブログで紹介されていた“バルタン星人はウルトラマン以外にもこんな奴と戦っていた!!”のネタ、かなり笑えたので是非どうぞ♪

人気blogランキングへ


Tag:バルタン ドコモダケ キムタク オダギリジョー F903i

パピプーの赤ちゃん生まれました。3万円』
ん?パピプーとはなんぞや(・_・")?

ワンコのトリミング&ホテルのお店の店頭に貼られていた手書きの告知を見て、早速帰宅後に検索..._〆(゚▽゚*)

なんてことはない、“パピヨン”と“プードル”の掛け合わせMIX犬を“パピプー”と呼んでいるんですね!勉強になりました。

そういえばあのお店のマスコット犬はパピヨンだったなぁ…あの子がきっと子供を生んだんだね。


さて、ワンコの話はこの辺にしておいて2006年連続ドラマ・お気に入り作品を振り返る。の続きです。

心音お気に入りの2006年連続ドラマは以下のとおり、勝手にランク付けさせていただきました (^^))((^^)v

1.時効警察(1月期・テレビ朝日 金曜23:15~)
2.のだめカンタービレ(10月期・フジテレビ 月曜21:00~)
3.マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(7月期・日本テレビ 土曜21:00~)
4.弁護士のくず(4月期・TBS 木曜22:00~)
5.結婚できない男(7月期・関西テレビ 火曜22:00~)
6.アテンションプリーズ(4月期・フジテレビ 火曜21:00~)
7.夜王~YAOH~(1月期・TBS 金曜22:00~)


そして、前回は2位『のだめカンタービレ』まで感想を書いたので、3位の『マイ☆ボスマイ☆ヒーロー』以下、簡単に振り返っていきたいと思います。

Tag:連続ドラマ マイ☆ボスマイ☆ヒーロー 結婚できない男 弁護士のくず パピプー

久々にハマった“月9”『のだめカンタービレ』にすっかり染まっている今日この頃。
ノートパソコンの壁紙をついに玉木・千秋に設定してしまいました(*ノノ)ギャボー!!

壁紙は自分で楽しむためだめに作ったものなのですが、茶髪の玉木宏さんの壁紙なら、公式サイト&NECパソコンSPサイトでも無料でダウンロードできますよん♪

勿論、上野樹里ちゃんも同じCMに出演されているので、こちらも壁紙ゲットできます(^_-)v


壁紙の話はこのへんにしておいて( ノ゚Д゚)ノ

2006年度 連続ドラマも10月期のドラマが最終回を次々に迎える季節になってまいりました。

1月期から4クールに渡って、今年は例年になくテレビドラマを見た年でもありました。
そして現在、このブログの記事の大半をドラマの感想に当てるほどのハマりっぷり(^^;

全てのドラマを見たわけではありませんが、個人的にハマったドラマを1月期から遡って、振り返っておこうと思います。

Tag:連続ドラマ のだめカンタービレ 結婚できない男 木10ドラマ 時効警察

先週、未希(志田未来)の出産が難航しているところで9話が終了して10話に14才の母と未熟児で生まれた赤ちゃんの生死を描くストーリーは持ち越されました。

結果的には仮死状態の未熟児で生まれてきた未希の赤ちゃんは、集中治療によって自力呼吸、ミルクも飲める状態まで回復。
その後、しばらく意識の戻らなかった未希も無事に意識を取り戻しました。

このドラマ、ずっとナレーション部分は未希の母(田中美佐子)が担当しているので、もしかしたらヒロインである14才の母は命を落としてしまうのでは?!
という憶測もできましたが、なんとか命を取り留めたようでよかったです。
死をもってお涙頂戴ドラマはあまり趣味ではないので。


今回、新生児集中治療を受け持った小児科の医師役で、反町隆史さんが登場。
先週から反町さんがこのドラマに出演することが急遽決まったと報道されていたので、ひとつの目玉になったのかな?

そういえば久々に見たような気がします。
前回は戦国自衛隊だったかなぁ…あれはなんとも言えなかったけど(^^;


Tag:14才の母 田中美佐子 志田未来 室井滋 反町隆史

竹中直人シュトレーゼマン日本再上陸!いよいよ千秋(玉木宏)は飛行機恐怖症を克服してヨーロッパへ飛び立てる体になり、のだめ上野樹里)はそんな千秋センパイについて行きたい一心で、ピアノコンクール出場を決心し、ハリセン先生の家での特別強化合宿へ。

のだめカンタービレ』第9話もあっという間に1時間過ぎてしまいました。
いつものことながら、これだけ沢山のクラシックを聞きながら、細かいギャグも同時に楽しむことができるお得なドラマです♪

原作を先に読んでいる限りでは、ここから第9巻(ドラマ化では最終回)までのストーリーは、千秋にとっても、のだめにとっても人生を左右する大切な時期になるので、ギャグ度は前半に比べて激減してしまうのですが、ドラマはただのシリアスモードでは終わらせず、細かな笑いどころをちゃんと用意されていましたね!

千秋が峰と北海道に飛びたっている間、40数件の真澄ちゃんからの「千秋様!真澄です。どこにいらっしゃるの?!」留守電メッセージ攻撃(笑)

3又をかけていることが前回バレた菊地亨君は3人の彼女に囲まれ修羅場真っ只中だしw
菊地くんといえば縁者の向井理君はスバルのインプレッサかな?CMにも出てますよね。
見かけたとき、思わず「あっ!菊池くんだ!!」と叫んでしまいました(^^;

孤高のオーボエ黒木君役の福士君をはじめ、のだめカンタービレでは今まであまり注目されなかった若手俳優さんたちが活躍されていて、そういう観点でも“お宝発見”的な楽しみがありますね(*^.^*)

Tag:のだめ 上野樹里 向井理 玉木宏

日曜劇場『鉄板少女アカネ!!』低視聴率続きで1話短縮となった為、今日が最終回でした。

私も序盤、1、2話だけ見て途中離脱してしまったクチなのですが、TBS日曜劇場が打ち切りを決めたというニュースを見て、ちょっと驚いてしまい、最終回1回前を録画しておいて今日の最終回とまとめて見てみました。


率直な感想…役者さんが可愛そう。
です。

陣内孝則さんといえば、今までもコメディで同じような役柄を演じられてきた実績はあるのですが、今回はとにかく役者さんがどうのこうの言う以前の問題で、ストーリーは毎回おんなじパターン。
アカネの料理人としての成長を描くというわりには、最初から最後まであまり変化が見られなかったし、堀北真希ちゃんってこんなにヘタな女優さんだったっけ??と逆に今までのイメージを悪くしてしまうような設定・台詞が多かったのがとても残念です。

心太役の塚本高史くんもしかり…せっかく前作は「結婚できない男」で好演されていたのに、心太というつかみどころのないキャラを演じられたことで、よくわからなくなってしまいました…。

たぶん、片瀬那奈さん演じるエレナお嬢様の壊れっぷりは笑いどころなのでしょうが、片瀬さん、お疲れ様です!としか言いようがなかったし、最終的にこのドラマのジャンルとしては、何に分類してよいのか判断に苦しみます。


これも漫画原作なので、脚本家だけに責任があるわけではないと思いますが、これを見てしまうと、前クール同じ脚本監修の方でそれなりに視聴率を保っていた「花嫁は厄年ッ!」での、篠原涼子さんの力はスゴイんだなぁ…と改めて思い知らされました。

次回、TBS日曜劇場は『華麗なる一族』
今回は視聴率とクオリティを保たないわけにはいきませんよね!
キムタク主演、白い巨塔をはじめとする有名原作者の作品!!ですから。

キムタクの演技はあまり好きではありませんが、華麗なる一族には興味があるので、楽しみにしています。

人気blogランキングへ

Tag:鉄板少女アカネ 陣内孝則 塚本高史 掘北真希

世界バレーでの成績が良かった影響もあってか、このブログへ検索エンジンを通じて訪れる方の検索ワードにも影響がでています。

いやぁ面白いですね!検索ワードってたまに見ると、書いた本人が意図していない意味で検索してくる方もいらっしゃったりして(^^;

バレー関連の記事もそれなりに書いていますが、私が数年前に男子バレーボール応援サイトをブログ形式ではなくて、きちんとしたホームページで立ち上げていたとき、やはりアクセス解析を付けていたので、どの選手が一番検索されてくるのか、毎回密かに楽しみにしていたものです。

世界バレー前には、私自身が好きな選手のことばかり書いていた影響か、「宇佐美大輔 移籍」関連のワードが一番多かったかなぁ。

それが最近、ダントツで多い検索ワードが「千葉進也 結婚」になっているんですw
そのほか、千葉進也選手関連のワードが多いのなんのって!

千葉様、先日12月5日にお誕生日を迎えられ、20代最後の年になったわけですが、今年のVリーグは堺ブレイザーズ関連のチケットが争奪戦になるかもしれませんね。
ブレイザーズはクラブチームとして、とてもファンを大切にするチーム。
千葉くんの貢献度は大!ですね。ガイチさん。


以前の世界大会では、細川、宇佐美人気の影響でNECの練習見学者の数が異常に増えた現場も見てきた私としては、新日鉄体育館が満員になる姿をちょっと想像してニヤケたりしています。

やはり全日本の影響力ってスゴイですねぇ。

他の検索ワードですが…

Tag:プレミアリーグ Vリーグ 男子バレー 千葉進也 オノケン

メグが我が家にきて、早いもので1ヶ月半になりました。
もともと野良だったので正確な誕生日は不明ながらも、獣医さん曰くそろそろ月齢11ヶ月に入るところだろうというお話。

かかりつけの動物病院で私が発した一言を、獣医さん&獣看護士さんが覚えていて、最近病院嫌いになりつつあるメグに毎回かけてくださる言葉があるんです。

「メグちゃんはセレブなニャンコになるんだもんね♪」

元野良だというのに、アホな飼い主が「めざせセレブ!」などと口走ったばかりに、ブタにはなれないメグなのですが…


昨夜は同居人がメグの大好物、カスタードクリームのたっぷり入ったシュークリームをお土産に買ってきてくれたもので、それはもう夢中でクリームを召し上がっておられました。

カロリー高いんだから、たまにしかあげないよ…(`´メ)


そんなメグの大好物はなにもスイーツに限ったものではありませんよ。


↑ケーキが入ってた紙袋の中はジャストサイズ!
「なによ!勝手に写真撮らないでちょうだいo(`ω´*)o」
meg0612082.jpg


お袋さんは大切にしなくちゃね♪(意味が違う)

Tag:サビ猫 月齢11ヶ月 回虫 動物病院

内山理名版、『嫌われ松子の一生』も第9話まで終わりました。
前半、わりと豪華キャスト(?)というかイイ男が代わる代わる出演したため派手なイメージもあった『嫌われ松子』でしたが、松子がヒモ男を殺し&麻薬所持で刑務所に収監された回あたりから、松子の人生の歯車もますます不幸へと転がり落ち、出演俳優さんも、要潤さんくらいしか旬のイイ男も見られなくなり(失礼?)個人的には興味をそそられなくなってきました。

思えば前半は豪華だったなぁ…。
谷原章介VS萩原聖人、そこへ北村一樹でしたからねぇ。

要くんも幅広い年代に渡って、松子とは一番縁の強い男性である龍洋一役を好演されているんですが、やはり精神的にあの暗さはやられますね。

それにしても、松子という女性は本当に男性に心から尽くし、孤独を一番恐れていた・・という印象ですね。
あの一途さは可愛らしくもあり、男に人生を狂わされるなんて馬鹿な女だなぁ…とも思える。

そして松子が選んだ男性はとても繊細なタイプ、女々しいタイプなど自分よがりな男性が多かったことも、そもそもの不幸の原因にはなっているんでしょうね。

テレ朝「だめんずうぉ~か~」なんてドラマもたしか放送されていたはずですが、嫌われ松子の一生の方が断然ダメ男に惚れたあげくに転落人生を送ってしまった女性を見事に描いているような気がします。
テレ朝とTBS、もしや題材が被った?!

Tag:嫌われ松子 要潤 内山理名 美木良介

衝撃的なタイトルで始まる前から話題だった『14才の母』も今夜の放送で第9話まで終了。

CMで再三煽っていたとおり、今回は大方の予想に反して最終回前に未希(志田未来)の出産を描く重要な回になりましたね。
私も最終回に出産を迎えるものだと予想していたので、以外な流れです。

出産予定日より1ヶ月も早い陣痛に見舞われた未希を助けたのは、他でもない、週刊誌に未希と智志(三浦春馬)の中学生カップルの妊娠騒動を掲載した本人、週間トップ編集長の波多野(北村一樹)だった。

記事の余波をまともに受け、女社長として羽振りの良い生活をしてきた智志の母(室井滋)は多額の負債だけを抱え、息子と共に姿を消したままだったが、早期胎盤剥離のため母子ともに危険な状態に陥った未希がうわごとでつぶやいた「キリちゃん・・・」という一言を聞いた父は、波多野から聞き出した智志の居場所を尋ねる。

しかしそこにいたのは、廃人と化した母の姿…。

Tag:14才の母 志田未来 田中美佐子 生瀬勝久 北村一樹 出産

のだめカンタービレ』も第8話まできましたね。
公式サイトの更新が遅いような気もしますが(^-^;

飛行機恐怖症&水恐怖症のため、せっかく才能に満ち溢れているのに海外に行くことができない千秋
それでも国内の優秀なソリスト候補たちを集結させて、学生オーケストラ“R☆S(ライジングスター)オーケストラ”の公演を見事成功させました。

その間、のだめの甲斐甲斐しい千秋のお世話っぷり、変態とは言われながらも可愛いですね(*^.^*)

千秋のためにスーパーひとし君のタイムセール、うなぎ300円をGETしようと奥様方の群れに体当たりするも、突破することはかなわず、唇の端から血を流しながら、隣に売られていた、穴子500円を手に「高い」(ノ_・、)グスン
とつぶやくのだめを見て失恋を悟る黒木君のせつなさ…。

コンクール当日に首を寝違えてまさかの2位に終わった清良と、それを慰める峰君がくっついたり…。

コメディの中にも、恋愛要素もふんだんに盛り込まれた第8話でした。

いよいよ第9話からは、千秋が本格的にヨーロッパへ出られることになり、一緒にいるためにはのだめはもっとピアノを頑張らないといけない!と、ハリセン先生とタッグを組んでピアノコンクールにエントリーする。
という感じになるんでしょうかねぇ。

ドラマ視聴率は、相変わらず20%手前ギリギリのところで留まっているのですが、最終回までには20%に届くでしょう。

『月9』ってやっぱり高い壁ですよね…視聴率19%も取れたら、ほかの枠なら万々歳なのに、ここでは低く感じられるもの。

その20%の壁を楽々越えていくイメージが強い、『SMAP×SMAP』に、のだめ役の上野樹里ちゃん&千秋役の玉木宏さんがビストロSMAPゲストとして出演!



Tag:のだめ 上野樹里 千秋 玉木宏 スマスマ ビストロSMAP

心が折れました。。
社会復帰してまだ1週間弱だというのに(-。-;)

久々の発熱&体が動かない、どうしようもない後ろ向き思考。
社会復帰、やっぱりいきなりフルタイム勤務は無理だったかなぁ。
いろいろ考え始めると止まらない。

考え疲れると眠りの世界へ引き込まれていく。

そんなこんなで時間が過ぎて、夜になると起き上がることも、食事を採ることもできるようになるんだけど。


明日は心療内科の日。
本当は今週、通院の日じゃないけど行ってこようと思う。

その前に、会社行かなくちゃ。ね。


Tag:心療内科 社会復帰

メグお嬢、セレブへの道。

マイ・フェアレディのように、野良生活からセレブレティな生活を送るニャンコになるべく、メグの身体キレイキレイ作戦は続いています。

中でも一番難航しているのが、耳ダニ駆除。
3週に渡って動物病院での耳掃除~外耳へお薬を入れていただく治療の効果も思ったようには上がらず、今日ついに耳掃除&耳ダニ駆除のための注射治療に切り替わりました。

お注射代…お高いのねん(ノ_・、)グスン
それでもメグお嬢がセレにゃんになれるのならば、シモベは喜んで働かせていただきます。
ハハァ( ^.^)( -.-)( _ _)




本日はとてもご機嫌が悪く、いきつけの動物病院までの道のり、ずっとケージに敷いていた新聞紙を食いちぎってストレス発散。

大嫌いな耳掃除の際には大暴れしたため、初のバスタオル巻きの身体固定診察へ。

トドメに、耳ダニ駆除注射の際は断末魔の叫びのような声を上げてしまったメグでした(-。-;)


野良生活から完全室内生活になって、早1ヶ月超。
食事はピュリナワンのプレミアムフード(サーモン味)を主食に、大好物の鳥のささみ・鰹節を添えて…などをお召し上がりになり、おトイレも「にゃんとも清潔トイレ」最新作、針葉樹の力でいつでも清潔、におわないトイレをご使用。

あとは耳ダニだけが完治すれば、完璧☆でしょ!!
そろそろ治るといいねぇ…。

人気blogランキングへ

Tag:耳ダニ 動物病� .汽喃�

せっかくのお休みだというのに、社会復帰の疲れがドット出たらしく、今日は一日ほとんど寝て暮らした心音です('o').。oOO

ゴハンを作ろうと冷蔵庫を開けたら、ロクなものが無い…。
近くのコンビニまでぷらっと出かけることにしました。

最寄は先月開店したばかりのローソンなのですが、私はセブンイレブン派。

ミニカーコレクションや昔集めていたキティちゃんストラップが置いてある場合以外は、基本的には外のコンビニには入らないのですよ。
そろそろチョコエッグの季節なんだけど…。

今日はセブンイレブンに入ったとたん、吸い込まれるように“リラックマ・クリスマスバージョン”なのかな?ウインターバージョンなのかもしれないけれど、リラックマ・コリラックマ、ヒヨコさんが白いマフラー&毛糸の帽子をかぶっているぬいぐるみを発見!!!

ついつい衝動買いしてしまいました(*^^*ゞ

061202piyo.jpg


Tag:リラックマ コレクション

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。