上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
初回に三井峯子(原田美枝子)殺人事件のプロローグを描き、
2話以降は主人公の加賀(阿部寛)がひとりひとり容疑者を
「シロ」と断定していきつつ、人形町で繰り広げられる人情劇
を描いていく。

結局、9話で初登場した岸田の息子(速水もこみち)が
会社の金を横領し、投資に失敗してつくった多額の負債を
父親である税理士の岸田(笹野高史)が旧知のビジネスパートナー
である清瀬(三浦友和)が峯子名義で開設していた口座の
金をくすねて息子の負債を帳消しにしていた。
それがバレそうになって峯子を殺害。

凶器は岸田が孫にプレゼントしたコマのまわし紐。
孫には後日、別の店で売っていたコマのヒモをつけて
改めてプレゼントしたが、ヒモの形状が違ったためにうまく
回すことができず、捜査中にコマの異常に気づいた加賀によって
捜査の手がこれまで全く及んでいなかった岸田の罪が暴かれた。

真犯人解明の流れだけ見ると、初回からちらちらと登場しながら
これまで容疑者として取り上げられず、演技力のある役者さんは
もはや笹野さんしか残っていなかったので、「やっぱりね」と
思ってしまいましたが、「息子の前では格好イイ親父でいたい」
「息子の為を思って罪を帳消しにしてあげたい」という親心が
間違った方向へ発揮されてしまった…という真相はやはり原作が
小説ならでは。といった感じでした。

逮捕後も岸田が息子を庇いつづけ黙秘をつづけていた中で、
その砦を破ったのは、同じく息子の罪を間違った方法でもみ消して
しまったことを悔いている上杉刑事(泉谷しげる)だったところも
ちょっと泣けました。

峯子が離婚後、若い頃に果たせなかった翻訳家の夢を果たした
原稿を遺品整理をしていた息子の弘毅(向井理)と元旦那の清瀬が
読み、息子は母が遠くから自分の夢を応援しつづけていてくれた
ことを知り、亡き母へ「ありがとう」と心からの感謝を捧げ、
清瀬もまた、離婚するまで仕事に打ち込みすぎて家族と過ごす
時間を持たず、妻の夢に耳を傾けようともしなかったことを反省。
あらためて今後の生き方を考え直すキッカケになった。
やはり最終回も人情に溢れるストーリーで、すごく一貫性のある
いいドラマだったと思います。

細かいことを言ってしまえば、岸田が凶器に使ったコマの紐を
別のコマの紐にわざわざ付け替えて孫にプレゼントせず、新たに
買ったコマをそのまま渡していれば証拠隠滅が完璧だったのに…
なんて考えてしまったんだけどね^^;

個人的には、同原作者の「流星の絆」の真犯人の動機には、
心の底から(°Д°)ハァ?と呟き、二度と見返そうとは思えない
ほどのガッカリ感を感じたものですが、「新参者」は原作も
改めて読んでみようかな?と思っています。


先週から次クール「GM~踊れドクター」のスポット予告が
流れ始めて、いよいよテンションが上がっております (^。^*))
予告映像には大倉くんはチラリとも登場してないんだけど(笑)

なにやら毎週ヒガシさんは踊るそうで (ノ゚ο゚)ノ
これまでの林脚本では見られなかったコメディ要素が
ちりばめられているそうなので楽しみです♪

で、大倉くんは踊らないの?(*´m`)
スポンサーサイト
意思疎通不足なために関係がギクシャクしている
親子(父と息子)がテーマになっていた7話、8話のあらすじ感想
をまとめてザザッと。

7話では、殺された峯子の別れた夫、清瀬(三浦友和)と、
どう見ても親密そうな秘書(マイコ)の関係に土足で
踏み入るような質問をした上杉刑事(泉谷しげる)が、
カッなった清瀬と悶着し、結果上杉が清瀬を殴ったとして
刑事職を解かれることになりました。
しかし、この現場を目撃していた亜美(黒木メイサ)が
加賀(阿部寛)に事実を報告。

相変わらずマイペースで神出鬼没な加賀は、上杉が道路脇に
花と缶コーヒーを供える姿と、「今日が命日なんだ」という
言葉と亜美が調べていた上杉の息子がバイク事故で亡くなった
日付に誤差があることに気づく。

結局、上杉と息子(早乙女太一)が日ごろから会話をほとんど
していなかったことが悲劇の原因だと悔いている上杉が、
同じように息子と絶縁状態にある清瀬と、息子の弘毅(向井理)
を自分と息子に重ね合わせ、つい個人的感情を捜査に交えて
しまった…というお話でした。

そして8話では弘毅が意を決して父の会社に乗り込み、秘書との
愛人関係が原因で母・峯子を殺したのでは?
もし離婚しなければ母は殺されずに済んだのでは?
と感情的に父を詰り、父は秘書との関係や自分が峯子を殺した
のではと疑っている愛息の言葉に傷つき、こちらも感情的に
なって息子の胸倉を掴んで追い返してしまいました。

こちらも加賀がのらりくらりと清瀬の会社の財務を担当している
税理士の岸田(笹野高史)から、清瀬行きつけの銀座の店の
存在を聞き出し、元秘書が銀座で水商売をしていた頃、清瀬が
親密に通いつめていることを元同僚ホステスから聞き出します。

清瀬と秘書が実は親子であることは、なんとなく予測できましたが、
峯子と出会う前、まだ若かった清瀬の将来を案じて、年上の恋人が
身篭ったことを告げずに清瀬の前から姿を消していたことで、
ここまでずっとミスリードされてきた清瀬犯人説は消され、いよいよ
犯人に近づいてきたような気がしています。

秘書=娘がつけていた50円玉の中心を削って作った清瀬手作りの
指環は、貧乏だった清瀬が恋人の為に贈った物で、その思い出の
指環を大切に引き継ぎ身に付けていた娘との縁を結ぶアイテムだった
という描写が、いかにも人気ミステリー作家らしい描写だなぁ…
なんて思いました。

事実を知った弘毅が、即座に腹違いの姉の存在を受け入れたのは
ちょっと唐突すぎる気もしましたが…。
でも、7話ではちっとも泣けなかったのに8話では涙腺がゆるみました。

それにしても、最終回までには加賀はあの人気のたい焼きを
食べることができるのかなぁ。

次回、速水もこみち氏がゲスト出演です。
絶対彼氏。以来?あ、小さい女の子と出てたドラマも1話だけ
ちら見したっけ。
記憶が曖昧になるほど久々にドラマで見ることになりそうです。
記憶が戻ったデモキンが、魔王石を再び奪還し、
悪魔界、怪物界、人間界を我が物にするために、純粋な
怪物くんの前では“正義くん”として振る舞い、怪物界
への入り口を聞き出そうと皆で仲良くバーベキューへ。

怪物くんの中の人といえばバドミントン、そして釣り。
ということで、怪物王子×悪魔王子の仲むつまじい
バドミントン対決やらアスレチックで戯れる姿やら、
一緒に釣りをする姿やら、とにかく前半は無邪気で和やか。
中の人ファン的にはサービスショット満載でした。

さすがに悪魔界のプリンス、デモキンは相手を欺くことに
長けていて、まんまと怪物界へと押し入り、怪物くんとの
戦いをけしかけ、息子を助けようとした怪物大王様は石に
されてしまいました…。

「成長した今のおまえならデモキンに勝てる」
と言い残した大王様。
「僕じゃ勝てないよ!パパ!」
と石になってしまった父親を前に悲しみと絶望にくれる
怪物くん…。

悲しみをこらえ、怪物界を担うプリンスとしての自覚に
目覚め、最終回ではいよいよデモキンとの決闘へ!
人間界で大切なことを沢山学んで成長した怪物くんが、
どんな風にデモキンと対峙するのか、結末が楽しみです。

この親子にシンクロしやすいのはきっと、子供さんとその
親御さんでしょうね。
親目線ではない大人目線でシンクロしやすいのは、むしろ
デモキン×デモリーナの方なんじゃないかな。

初回から、私はずっと悪魔としてデモキンへの揺ぎ無い
愛情と忠誠を貫いているデモリーナの中に生きている、
人間時代の記憶と感情に揺れる心がせつなくて、なにげに
デモリーナ目線でこのドラマを見ています。

デモキンも悪魔界のプリンスなのだから、もっと邪悪で
理不尽な悪魔なのかと思っていたら、人間界を一度滅ぼす
理由は「欲望のない理想の世界をつくるため」と言っていたし、
案外話のわかる男なのでは?と思って見てますが…そんなに
甘くない?

皆が幸せになれる最終回が見られますように。

<追伸>
大野智くんが歌っていたカーイカイカイ♪
【ユカイツーカイ怪物くん】がCD化決定。
日テレ&ジェイストーム最高!!


新参者も初回からずっと見続けてますよー。
感想はサボりまくってるけど^^;

そして、あらすじは公式サイトに「完全版」なるものも
掲載されているので割愛。

個人的には5話のストーリーが好きでした。

役者を目指し家を飛び出したひとり息子の夢を応援して
あげられなかったことを後悔していると、息子の恋人とは
知らずに知り合った亜美に語っていた峯子。
そして峯子が「あのとき妊娠しなければ私も夢を追えた
のに…」と友人に電話で話しているのを聞いてしまった
ばかりに、自分は望まれて生まれた子ではないと思いこみ、
母のお葬式にも無作法に参列したひとり息子。

お互いにちょっとした誤解からすれ違ったまま永遠の別れ
を迎えてしまった母子だったけど、加賀によって、峯子が
人形町に引っ越してきた理由は、息子と恋人が目撃された
街に住み、妊娠している(と思い込んでいた)恋人を遠く
から暖かく見守る為だったと解り、母の愛を知った息子が
初めて母を失ってしまった悲しみに泣き崩れるシーン…
泣きました。

銀行同士が合併した影響で、数ヶ月前には別の銀行だった
ところに別の銀行があること、都会では特によくある話
ですよね。
「×△銀行の角を右に曲がって~」
と説明することも普通にあります。
それがミステリーを解く鍵に使われていたんですね。

その所為で、息子の恋人(亜美)のバイト先の喫茶店を
誤解して、別人(深雪)をずっと息子の恋人だと思いこみ、
妊娠している彼女のために水天宮の犬の人形を贈った峯子は、
もうすぐ生まれる孫を楽しみにしていたんだろうなぁ…とか、
事件が起こらなければ、この誤解はどんな形で解けたんだろう?
と、ストーリーの中に入り込んでしまいました。


6話は峯子の遺体第一発見者で峯子に翻訳の仕事を紹介
していた多美子の婚約者で、日系イギリス人のコウジ
役の谷原章介さんの犯人めいた怪しげな雰囲気にゾクッ
ときました。

ここまで1話完結型、ミステリー要素よりも人情話が
メインで描かれてきて、中途半端な6話で峯子殺しの
真犯人が判明するはずがないとわかっていても、谷原さん
の演技に圧倒されてしまったというのが正解かな。

欲を言えば多美子がもう少し谷原さんの見た目年齢に
近い女優さんなら、一途な愛の美しさがもっと綺麗に
際立ったのになぁ…なんて思ってしまいました^^;
地デジってホント、女優さん泣かせですよね。

オッカケ再生がようやく追いついた!
ので、2話以来感想文をサボっていた【怪物くん】の
3話-6話のざざっと感想を。

下っ端キャラではなくて、いよいよデモリーナ自身が
人間界に自ら出向き、老人の生命エネルギーを奪って
死に至らしめ、デモキン復活を急ごうとしたり、ヒロシ
の体内から魔王石を奪い取ろうとアパートの隣の部屋に
清楚な美人よし江として登場したり、怪物くんのピンチ
を傍観していられずにコソコソと人間界に降り立って
サポートしてしまう大魔王様が見られたり、回を増す毎に
大物の動きが活発化してきて面白くなってきてます。

それと、懐古思考の大野ファンとしては、怪物くんが
念力を使わずにデモリーナwith下っ端と対峙する
アクションシーンで連続バク転や華麗な殺陣を見せて
くれる場面を見て、♪京都五条の橋の上~♪な牛若が
脳内再生されるという懐古にふける時間も…(*^^*ゞ

長いこと水に浸かりっぱなしだったデモキン@松岡昌宏氏
も目覚め、記憶喪失で良い人キャラのまま怪物くんと
出会い、ガッツリ絡みが見られそうなので7話は今まで
以上に楽しみ!!

実は5-6話は録画失敗してしまったので、今後は失敗
しないように、F1を観ながらも録画もキッチリ出来て
いることを確認しなくては…。

楽しみといえば【新参者】も先にリアルタイム視聴
した昨夜の6話と合わせて、5話をオッカケ再生して
感情をかなり揺さぶられて涙腺崩壊。
向井くんに持っていかれてしまった…。

感想はまた別途。

月の恋人~Moon Lovers~
満を持して木村拓哉主演の月9がはじまりましたね。

すみません、最初に断っておきますが、私は木村氏主演のドラマは
数年来ニガテな上に、月9アレルギー持ちでもあるので、ポジティブな
感想は書けません。
そういった意見がお嫌いな方の閲覧はご遠慮ください。


率直な感想を…

木村氏「おまえが欲しい」

のシーンまでは、正直「おっ、今度の月9は完走できるかも?!」
と、アレルギーを覆して楽しんでいたんですよ。

その後の「アメンボスツール」「リン・チーリンさんによる情熱のタンゴ」
「(彼女と)何をしてたの?」「幸せを探しに…」
と、怒涛のコッテコテのロマンス(笑)てんこ盛り展開に、ゾワゾワッと
背筋が寒く…。

傲慢でモテモテな敏腕社長×病弱な母を守るため、貧乏ながらも強く
前向きに生きる美しきヒロイン×ヒーローを学生時代から知る強気で
美しいキャリアウーマン

この構図、ハーレクインロマンスではよく見かける設定なんですけどね…。
数ヶ月前からハーレクイン漫画にハマって、もう200冊以上の夢のような
恋物語を読んできた私ですが、ヒーロー&ヒロインがアジア人だと、
激しく拒否反応が出てしまうことがわかったことは収穫かな。


篠原涼子さんのキャリアウーマン役はいつもどおり格好よかったし、
ニガテだったはずの北川景子ちゃんも、お金持ちのお嬢様で人気モデルで
キ○タク社長に一方的に熱を上げてしまっている感じがハマっていて
わりと好きだったし、花男コンビ(松田くん、阿部くん)のうさんくさい
役回りも今後の動きが気になったし、要するに肝心なくっさーい恋愛要素
を削って、もっと国際ビジネスをめぐる人間関係を掘り下げて描いて
くれたら好きなドラマなのに…と思ってしまった。

けど、後で確認したら、1話で最もアレルギー反応が出てしまった台詞が
サブタイトルだったんですね…。

要するに、「お前が欲しい」のシーンこそがこのドラマのメインディッシュ
なワケで…。

見て即日に、F1の感想文を中断してまで感想を書こう!
と思えるほどのインパクトを与えられたドラマという意味では、
「イノラヴ」以来の衝撃度でしたが、感性が合わないので脱落します。

<余談>
背筋が寒くなった原因のひとつは、リアルで発熱してるから
というのも無きにしも非ず…^^;
ここ数日の気温差は身体に堪えますね…。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。