上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
今朝はNHK連続テレビ小説【おひさま】のオンエア中に、緊急地震速報の
テロップが二重で画面にドドーンと表示され、その後震度5の地震が
長野県北部、千葉県沖で連続して発生…。

結局、途中でドラマが中断されて地震報道に切り替わったので、
明日あらためて今日放送する予定だった分を放送するようですね。

幸い、この【おひさま】の舞台になっている安曇野は震度1-2レベル
の揺れを感じた程度で、大きな被害はありません。

こちらは広い長野県の中部(北アルプスを挟んで真裏が富山、岐阜)
なので震源からは遠いんですよ。
心配して安否確認をくださった友人様、その優しさに感謝です!

さて、地元で撮影された作品といえば、東京で試写会が始まってるのかな?
小栗旬くんのオフィシャル携帯サイトから以前、試写会の告知が着て
いて思い出したんだけど^^;

映画【岳-ガク-】

こちらの撮影は、実際に安曇野から臨む北アルプス山麗での撮影、
大町市の山岳博物館を長野県警北部署分庁舎という設定で地元
小学生をエキストラに入れての撮影が行われた、こちらも安曇野の
風景がガッツリ作品に繁栄されている作品になっています。

大町山岳博物館で【岳-ガク-】特別企画展が8月の夏登山ピーク時
まで公開されているそうです。

例年より桜の開花が遅れているため、ちょうどこの映画が封切りされる
5月7日頃まで、山岳博物館前の古い桜並木がタイミング的に桜吹雪で
美しく桜色に染まる頃合いに当たるかも!

GWに桜の見ごろを迎えるというのに、震災の影響で観光客は激減していて
観光産業は閑古鳥が鳴いています。

幸い、地震の被害や原発の影響も受けていない元気な地域のはずなのに、
連鎖的に日本全体の経済が滞ってしまっている…それを痛感しています。

今話題のドラマ、映画の舞台となった自然の癒しがいっぱいの安曇野へ
疲れた心身を休めにぜひお越しください(*^^)/

スポンサーサイト
どうしよう、声オタの症状が進行早すぎて最近、実写ドラマやF1への
興味がかなり薄れてしまってるよ…^^;

でも、明日はF1マレーシアGP予選⇒TBSオールスター感謝祭、生出演の
大倉忠義くんの見切れる姿をチェックしようと思ってます(*^^)/

今頃だけど...
◇◆2011年春ドラマ簡易リスト◆◇
------
TBS 月20「ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ4」(佐々木蔵之介)
フジ 月21「幸せになろうよ」(香取慎吾)
フジ 火21「名前をなくした女神」(杏)
フジ 火22「グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~」(反町隆史)
テレ朝 水21「遺留捜査」(上川隆也)
日テレ 水22「リバウンド」(相武紗季)
テレ朝 木20「おみやさん」(渡瀬恒彦)
テレ朝 木21「ハガネの女」(吉瀬美智子)
フジ 木22「BOSS」(天海祐希)
日テレ 木23「四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 告らせ屋」(城田優)
TBS 金22「生まれる。」(堀北真希)※大倉忠義
テレ朝 金23「犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~」(錦戸亮)
日テレ 土21「高校生レストラン」(松岡昌宏)
TBS 日21「JIN-仁-」(大沢たかお)
フジ 日21「マルモのおきて」(阿部サダヲ)
テレ朝 日23「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」(武井咲)
------
あはは、タグ使ってリスト化しないと自分用とはいえ見づらい!!

結局、前クール完走したのは「デカワンコ」「黒田」「バーテンダー」
感想文、書きそびれたドラマが多かったけど一応3作観たんだね。
アニメやゲームにかなりの時間を費やしたワリには頑張ったね、自分。

とりあえず、ゲームは自分的にひと段落したからその分の時間をF1に
移行して、アニメとドラマに費やす時間を調整して…

うーん、それでも実写ドラマに対する興味がかなり薄れてるので、
1話の内容次第では大倉くんが出演していても「生まれる。」は
録画にまわしてしまう可能性大です。

題材もね…命にかかわるシリアスドラマは今、精神的に観る余裕が
ないので…。

JIN続編とマボドラマは観たいけど週末だからF1がフライアウェイ
を抜けたら、思いっきりLIVE中継とかぶる…W録じゃないんだよ、
どうしたらいいんだー!!

って、なぜか週末ドラマばかり食指が動く私は毎年同じことを
ブログで叫んでるような気がする(笑)

オンタイムでF1中継観て、連ドラを毎週録画にするのが賢明
なんだろうなぁ。で、F1はリピート放送を録画すれば問題解決!
あとは…録画保存しておきたいアニメともかぶらないことを願うのみ。

( -人-).。oO
幕末大河はやっぱり興味薄だったので龍馬は早々に脱落したまま
舞い戻ることはなかったけど、今週末スタートの新大河ドラマ
【江~姫たちの戦国】は今から楽しみに待機中であります('◇')ゞ

なにげに好みのキャストが揃っているのがまずポイントね。
女性陣はクールビューティ系が揃っているし、男性陣はこれまた
ド派手系じゃないけど存在感のある薄味系統多しでイイъ( ゚ー^)

江姫の最終的な旦那様は徳川秀忠役にゲゲゲで年配者にもすっかり
顔なじみになった向井理くんでしょ。
もう向井くんってだけでも観たい!と思ってたところへ…

トヨエツが織田信長!!
これまで色んな役者さんの信長を見てきたけど、豊川さんはまさに
イメージどおりだと思うんです。江姫にとっては叔父様、出番は
序盤の数話だけだと思いますが、とにかく楽しみです。

そして信長といえば小姓の美少年、森蘭丸。
こちらは時代劇ではやや不安は感じつつも、見た目はこちらも
イメージどおりな瀬戸くん♪

美形といえば浅井三姉妹真ん中のお初さんの旦那様、京極高次も
オトコマエじゃないと!!と、NHK時代劇常連さんの斉藤工くん
がキャスティングされたということでこちらも楽しみ。
福士誠治くんも出してほしい…。←セット販売

書き出したら全ての登場人物にふれたくなってきちゃったんで
あと一人だけ。

茶々さんとの絡みはどのくらいあるのかな?
石田光成といえば、一昨年の天地人で小栗くんが演じられていた
印象がまだ残ってますが、今回は萩原聖人さんですよ!!
キレすぎて余りある頭脳が邪魔して敵はつくりやすいけど魅力的な
光成のイメージどおりで鼻血が出そうですw

語りと浅井三姉妹の母、お市の方役で女優復帰される鈴木保奈美さんも
相変わらず美しいですね。
F1ファン的にはどうしてもこのお方、石橋夫人というイメージよりも
先に川合ちゃんの元嫁とパッと連想してしまうのはご愛嬌^^;

あまりにもドラマ離れしすぎて年末年始のSPドラマも全て見逃して
しまったけど、とりあえず土曜日に放送される【味いちもんめ】新春
スペシャル
からゆっくりドラマ視聴復帰できたらなぁ…と思ってます。

中居くんの若い頃のドラマで好きだったのは、今回12年ぶりに復活の
味いちもんめの他にナニワ金融道。
ナニワ金融道はもう緒形さんが亡くなられたから続編はムリなのかなぁ。
小林薫さんとの絡みだけでなんとか…社長さんいないと締まらないか。
主役は井上真央ちゃん。
タイトルは「おひさま」
で、舞台が思いっきり地元なんですけどー!

脚本家の岡田さんの最近のドラマは見ていないけど、
ちょっと前の連ドラはわりと好きだったので、
これは観ようかな。

ヒロイン以外のキャストの発表も楽しみ♪

ゲゲゲの女房が高視聴率なので、たまーに観ていたんだけど、
“連続テレビ小説”なんだからスポット的に観ても
あまり意味は無いことに気づいて、これはもう、完結して
からまとめて観ようと決めました(*^^*ゞ

昨夜は、結局【のだめカンタービレ 最終楽章 前編特別版】
をオンタイムで見て、【怪物くん】第1話は録画コースを選択。

のだめ映画は4月17日(土)にいよいよ後編が封切され、これで
のだめ&千秋の恋の結末、そして2人の音楽との関わり方の結論が
映画でも観られるんですね。

【のだめカンタービレ最終楽章】公式サイト

原作漫画は掲載誌「Kiss」を定期購読しているので、のだめ自体は
コンプリート済みですが、実写版の完結もやっぱり見てみたい!
と、常々思ってはいたんです。

けど…映画館にわざわざ足を運んで見る気力が起こらず、気づいたら
「最終楽章 前編」の公開が終了してしまっていた…と(;´д`)トホホ

私のような前編見忘れ組をフォローする為に、土曜プレミアム枠で
前編のダイジェスト+テレビドラマで描かれた名場面ダイジェストを
うまいことまとめた特番を放送してもらえたおかげで、後編から映画館
へ観にいってもストーリーについていけそうです♪

しかし前編は既に映画館では見られない…。
6月に発売されるのだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション
を買って、特典映像もひっくるめて楽しもうと思ってます。


スペシャルエディションの方がお値段は高いんだけど、映画では観られない
“のだめ×松田の名場面”が特典映像のみで見られる!謳われているので、
見逃す手はないでしょう。

千秋「その中で自分で選んだのは変態(のだめ)だけですから」
のシーンのことですよね?!(*´m`)

谷原章介さんは、ドラマ版のだめには登場されていませんが、原作を
読んでいた頃から、松田のイメージは谷原さんだったので、つくづく
実写版のだめは神キャスティングだと思います。

さて、せっかくなので、昨夜テレビで放送された、のだめ映画前編
ダイジェストのあらすじ&感想を…。

現在、BS日テレで毎週火曜に再放送中の【ホタルノヒカリ】
イマサラですがこのドラマ、おもしろい!
ホタル役の綾瀬はるかちゃんと部長役の藤木直人さんの掛け合いが度々
ツボにハマり、録画再生しながらクスクス笑いながら楽しく見てます。

原作漫画掲載誌「Kiss」を定期購読しているため、最終回&スピンオフ
まで読破済みでしたが、何故かドラマはレギュラー放送中は完全スルーして
しまっていたんですよね( ;^^)ヘ何故だろう??

原作を読んでからドラマを見ると、イメージが違うとか原作を改変されている
とか、色々いちゃもんを付けたくなりがちですが、このドラマはそういった
ストレスが無く、4話まで再放送されたものを思いっきり楽しめてます。

同じ「Kiss」で連載されていた(今も番外編連載中だけど)【のだめカンタービレ】
もドラマ化された際、キャラに合った配役、原作の世界観を壊さないアレンジで
楽しめたけど、【ホタルノヒカリ】はある意味、原作より面白いかもしれないと
思えるドラマで、良い掘り出し物を発見した気分です♪

あ、ちなみに原作コミックは『TSUTAYA DISCAS』のレンタルコミックで未読
だった序盤は借りて読んだんですけどね。
ドラマ化された当初はまだ原作未完結だったので、どんな感じで終わっているのか
最後まで再放送を楽しもうと思ってます♪


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。