上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
トヨエツ信長が去ってしまって、ちょっと気が抜けてしまって、
STAR DRIVER 輝きのタクトを見終えて満足してテレビを消して
しまいました。
初回からずっとリアルタイムで観てきたのにね^^;
録画予約だけは入れ忘れなくてよかった。

今回の主役は文句なく明智光秀。
市村正親さんの骨太な演技にひきこまれ、信長への尊敬の念を
江に吐露したシーンでは涙腺崩壊しました。

家康と別れ母と姉の元へ戻る途中、野武士に襲われた江が
自らの意思で捕えられ明智光秀に直接会う機会を作り、
大好きだった伯父・信長を何故討ったのか問うという設定も、
突飛だなぁ…と思っていたけど、明智を生きた市村さんに完全に
説得されてしまった感じで。

「わかりませぬ」

この台詞、このドラマではひとつのキーワードになっている
のかな。

信長を討った後に目にした森蘭丸からの手紙を読み、信長の絶大なる
信頼を知った光秀が、江に本能寺の変に至った理由を問われて答えた
たった一言の台詞でしたが、光秀の信長に対する尊敬と畏怖、相反する
感情が凝縮されてヒシヒシと伝わってきました。

そんな光秀の登場回も今回で終了…次の楽しみは柴田勝家と、宿敵の
秀吉にだけは絶対に屈するまいと勝家に嫁ぐお市の方の最期かなぁ。

個人的に、今回の秀吉はあまり好みではない(秀吉に関しては天地人の
笹野さんが個人的にベスト)ので、秀吉が天下を取った後のお話が
とても不安だったりします…。
江の3度の結婚という波乱パートでは切っても切れない関係の秀吉
なので、岸谷さんが“サル”から“関白”へと絶妙なシフトチェンジを
してくださることに期待したいと思います。

たぶん、定番の大奥で描かれているような江VS春日の局の女同士の
ドロドロドラマではなくて、今回の江姫は信長の意思を継ぐ者として
夫・秀忠と対等な関係を結び、凛とした妻・母としての生きた女性
として描かれると予想(原作未読)しているので、いつもなら
徳川初期<大坂の陣な私ですが、今回は早く徳川パートが見たいです。

スポンサーサイト
戦国大河には必ずといってもよいほど登場する、有名エピソードの
「本能寺の変」。

姪御の江姫が父のように慕う優しい伯父。
この大河での信長の描かれ方は、これまでドラマ化されてきた非情で
エキセントリックな信長ではなくて、親族に対しては優しく、孤独な
支配者の心のうちを幼い江や妹の市には度々吐露するという、人間
らしい温もりを感じられる信長でしたよね。

本能寺の変で最期を悟った信長が、小姓の蘭丸、力丸、坊丸に対して
直々に指示を与え、この世に骨一本残さずに炎の中に消えていった
場面、特に蘭丸に対して「これまでよう仕えてくれた」と労を労い、
それに見事応え、「ここより先には何人たりとも通さない」と弁慶の
形相で前に敵前に立ちふさがった蘭丸のシーンにジーンときました。

信長以外が主人公の大河では、なぜか信長の最期の場面で誰かしらの
幻が登場し、これと対話するシーンがお決まりになっているので、
今回の江の幻登場シーンにも、もはや全く驚かず…。

それよりも、「わしは存分に生きた」と言いながら、天下統一を目前に
やはり無念の涙が一滴、信長の目から落ちたシーンは斬新で、人間らしい
信長の素直な感情につられて涙腺がゆるみました。

信長、秀吉、家康の三傑の身近で生きた江姫の立場を生かした、戦国
ロールプレイングゲームだと思えば、次回、いくら子供とはいえ明智光秀
と対面し「なぜ伯父上を討ったのですか?」と江がインタビューしていても、
まぁいいんじゃないの。と思えてしまう不思議f^^*)

どなたかの感想で目にして納得したのは、この大河は一昔前の少女漫画
テイストだということ。
小学生の頃の愛読書だった、学研の漫画で読んだ淀君の妹バージョンだと
思えばなるほど、とってもマイルドでファンタジックな戦国絵巻の実写版
として毎週楽しめそうです。

あぁ、個人的に好きだったトヨエツ信長とのお別れ…淋しいなぁ。
「弁護士のくず」は原作のゴタゴタの所為で続編はムリそうだけど、
またテレビドラマで見たいです、豊川悦司さん。

そして、出番は少なかったけど想像以上に瀬戸康史くんの蘭丸姿が
素敵だったー!!
イマドキの現代ドラマでしか瀬戸くんを見たことがなかったけど、
美しいだけではなく凛々しく猛々しい蘭丸最期の立ちまわりを見られた
ことが今夜の収穫です。
いよいよ主役、上野樹里ちゃんが登場。
父・浅井長政が信長に破れ自害した当時、まだ赤ん坊だった
江は、父の仇とは知らされないまま天下人の叔父・織田信長に
憧れを抱き、信長から安土城に招かれたことを天真爛漫に
喜んでいる、まだ6~7歳の幼い江姫を演じられていましたが、
違和感もなく、トヨエツ信長に突撃インタビューシーンも
とても見応えがありました。

信長が正月の宴の席に浅井親子、朝倉のどくろを薄濃して並べ
杯としたという逸話については、江から信長への直接質問に信長
自信が敵のどくろを薄濃して共に健闘を称え新しい年を祝うもの
だったと語っていました。

「そなたが男なら良き武将となったであろう」
と信長から評価されていましたが、浅井長政の男子として
生まれついていたら殺していたんでしょ。とツッコミを入れた
視聴者は数多…だったとは思います^^;

後に舅となる徳川家康との初対面もありましたね。
信長を裏切る動きを見せたとして、もうすぐ自害を命じられる
家康の嫡男と、その嫁である信長の娘とソリの合わない家康の嫁
の話を、まさか織田の家臣がズラーっと並ぶ席で堂々と家康が
語り、わかりやすい死亡フラグを立てていたのは、視聴者により
わかりやすく…という意図かな?
この事件については次回描かれるようです。

このシーンもツッコミつつ見てましたが、ドラマですもんね。
1話を見て、これはスイーツ大河なんだとわかっていながら、つい
こんなゆる~い戦国は無い!と思ってしまう自分…\(_ _ )

でも、あちがちな信長、家康像ではなく、もっと人間くささが
表現されているお話と考えればとても興味深く新鮮ですね。
創作のあまりに( ゚д゚)ポカーン連続だった「天地人」よりは骨組は
しっかり史実に沿っているしね。

個人的に、後に江の義理の父となる柴田勝家が、お市の方と
三人の姫たちを前に、愛する夫・父親を実の兄・叔父に殺された
無念さを思い、敵方だったにも関わらず言葉を失い悼む姿が
とても心に響きました。大地康雄さん、渋いですね~。
今から北ノ庄城落城が楽しみです。

『龍馬伝』


脚本:福田靖
演出:大友啓史ほか

出演:坂本龍馬(福山雅治)/岩崎弥太郎(香川照之)
坂本乙女(寺島しのぶ)/武市半平太(大森南朋)
平井加尾(広末涼子)/岡田以蔵(佐藤健)
坂本幸(草刈民代)ほか…




福山雅治主演『龍馬伝』の感想を遅ればせながら簡単に。
年末には『ガリレオ』SPの再放送と映画版ガリレオ『容疑者Xの献身』
を2夜連続で楽しみ、大晦日には紅白で雪の舞う長崎で歌う福山雅治を
見て、年が明けて三箇日のうちに同じ福山主演の大河を見るという
ものすごく福山密度の高い年末年始だった気がします。

フジテレビがNHK大河の後押し?
龍馬伝はガリレオの脚本を手がけられた福田靖氏のオリジナル、
久々の原作無しの大河ですよね。
演出は生粋のNHKドラマ演出家の大友啓史氏。

今年の大河ドラマはタイトルどおり坂本龍馬が主人公の幕末物
ということで、徳川初期以前、特に戦国好きな私としては、あまり
興味のない時代ではありましたが、先に『JIN』で強烈に存在感を
放っていた内野版龍馬と、対してスタイリッシュでスマートな
第一印象の福山龍馬との対比に興味を強く持って観てみました。

ドラマの作りとしては、龍馬と同郷、土佐の身分の低い地下浪人から
三菱財閥を立ち上げるほど出世を果たした岩崎弥太郎が土佐の新聞社
の取材に応え、坂本龍馬を回想する。
というところからスタートしています。


来年の大河が幕末モノの『龍馬伝』。
そして再来年の大河ドラマの舞台は戦国から江戸時代への変遷期モノで『江~姫たちの戦国』
お江の方が主役の大河!なにげにこのへんのお話は好きなので、キャスティングに注目したいと思います。

今まで、徳川家光の乳母だった春日の局が主役のドラマはあったけど、生母のお江の方が主役というのは記憶にないですね。
春日の局目線の昼メロテイストドラマなら、フジテレビ『大奥』で描かれていたけど、あの時はお江与という名前で高島礼子さんが演じておられたのが記憶に新しいところです。

織田信長の妹で絶世の美女と呼ばれたお市の方の三女、そして姉は豊臣秀吉の側室、淀君。
と、江姫の血縁女性が派手なだけに、それに比べたら知名度は低めですが、お市の方や淀君が非業の死を遂げたのに対して、なにげに晩年一番出世したのはお江さんですね。
徳川二代将軍・秀忠に最終的には嫁入りし、三代将軍・家光の生母ですから。

こうして考えると、織田の血筋はお江によって徳川に受け継がれていったんですね。
お江さんが三度も結婚させられたのに対して、真ん中の姉さん(初姫)は、名門だけど歴史的には地味どころの京極高次に嫁いだおかげで、ドラマチックとはかけ離れた人生を歩んでいるけど、出家した後のお初(常高院)が大阪の陣で姉妹敵同士になってしまった淀と江の間を取り持ったり、お江の姫を養女に迎えたとか、そのへんも描かれているんだろうか…。

原作なしの『篤姫』の脚本家オリジナルということなので、どんな風に描かれるのか想像はつかないけど、とりあえず戦国の姫たちの華やかさの影にある悲劇性を描いてくれるといいなぁ。
篤姫、見てないから想像できないや(*^^*ゞ
でも、浅井美人三姉妹のお話は小学校の頃に歴史漫画で読んでから好きなので、題材としてとても楽しみ♪
関白の地位に短期間でのぼりつめた羽柴秀吉が、御自ら越後の地を訪れ上杉の当主・景勝を口説きおとす。

今回は秀吉役の笹野高史さんの織り成す“話術で人を制した秀吉”を堪能することが出来、大満足でした。
笹野さんといえば、地味な役者さんですが「銀狼怪奇ファイル」の時に存在を認識した後、私が好んで見るドラマにちょこちょこと登場され、どんな端役でも印象に残るその魅力を再発見したのが「時効警察」での警官役(一人二役)でした。

有名なベテラン役者さんがズラリと名を連ねる戦国大河の中で、秀吉という誰もが知っている大物役に笹野さんという“名脇役”ポジションの役者さんを起用したことは、正直ここまであまり手放しで賞賛できる部分の稀少な大河ドラマの中では、文句なしに拍手したい部分です。

「秀吉の罠」というタイトルに負けない、これぞ秀吉!と誰もが持っているイメージそのままに秀吉を生きている笹野さんに、終始惹きこまれっぱなしで、主役と景勝の存在感がより一層薄~い第20回の節目でした。

兼続役の妻夫木くんや、ほとんど台詞のない無口で頑固だけど一本筋の通った「義」の人・上杉景勝を演じられている北村一輝さんの技量が足りないというのではなくて、この脚本(というか原作)が主人公の周りの魅力を全く伝えきれていないことに原因があるんですけどね…。

今回に至っては、信長の家臣の中において仲間を次々と服従させ、出世をつづけている秀吉の巧みな話術にはまるまい!として一言も発しないことで防衛に出た景勝に向かって、一家老の兼続が「殿、上出来でございます!」とか…ε-(‐ω‐;)

初登場時の石田光成が、主君秀吉の前で腕組みをしている立ち姿に「はぁ?ありえないでしょ」と飽きれていたあの頃の自分が懐かしく思えるほど、相変わらずこの大河ドラマの世界での主従関係というのは現代風なんだなぁ…と改めて思いました。
あれじゃあ、景勝がただの能無しリーダーで部下の言うなりになっているスケールの小さな親の七光りの倅にしか見えず、つくづく北村さんが気の毒になりました。

前回までの信長のくだりで、「この大河はファンタジーなんだ」と割り切って観られるようになったので、光成@小栗旬くんの斬新すぎるヘアスタイルにも、何も違和感を感じなくなった自分…慣れってスゴイですね。
相変わらず、台詞の語尾が聞取りづらい役者さんですが、立ち姿・所作の美しさは見栄えがします。
昔、信長を訪問した際に兼続の命を救った光成(当時は佐吉)のことを、すっかり忘れて初対面だと思い込んでいる兼続に対して「命の恩人の顔を忘れるなんて、「義」とは都合の良い時にだけ振りかざしているのか?あと、太閤には気に入られているようだが、目上の人の前で口数が多すぎて阿呆に見える」とズバズバッと兼続批判をした光成天晴れ!

お願いだから、今後は直江兼続の魅力をきちんと描いてほしいです。
20回も放送しているのに、主役が真正直で泣き虫なんだけど、景勝の信頼を一身に受け若造なのに要所要所でおいしい場面を仕切っているだけで、どうしてそれほどまでに兼続が魅力的な男なのか?という肝心な部分が雑に描かれすぎて見えてこないのが残念でたまりません。

これなら、秀吉@笹野さん&光成@小栗くんサイドをメインにしたドラマが観たい!
と思ってしまいますから…。

今までファンタジー担当だった初音@長沢まさみちゃんは、ようやく素の姿で登場。
お船と対面し、兼続を翻弄していましたが、真田の姫ならば、最初からこのスタンスで登場してくれていれば、毎回「初音うざー」と思わずに済んだのに…と長沢ちゃんにも気の毒に思えたこれまでの脚本でした。

20話以降の方が面白くなりそうな予感はあります。
楽しみです!

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。