上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
『バンビーノ!』最終回が綺麗に決ったドラマの一つに追加です。

博多でちょっと腕っぷしが良いと認められていただけで天狗になり、東京の本格イタリアンリストランテに修行に出かけた当初はどうしようもなく世間知らずだったバンビ。
1話から通して全話見た人はもっと最終回に成長したバンビを見て感動できたんだろうなぁ…。
最終回、「立ち止まることなく前進すること」を学んだ判は、イタリアへ単身修行へ。

オーナーも旧友と共に、再び本場イタリアの小さな島で店を構え、また1からのスタート。

残ったメンバーも後ろを振り返ることなく、それぞれの成長のためにいつもと変わらず、六本木のお客様へ最高の料理とサービスを提供する毎日が続く…と。

1話からの回想がフラッシュバックで流れたのですが、こうして見返すと、松本潤という人も判君という役と共に成長しているんだろうなぁ…と思いました。

顔つき、目の輝き、最終回は爽やかにバシッと決りましたね!
こういう終わり方をしてくれると、連続ドラマっていいなぁ…と思えるんですよね。

スポンサーサイト

Tag:バンビ~ノ! 松本潤

月9ドラマ『プロポーズ大作戦』&火9ドラマ『花嫁とパパ』最終回の感想まとめてど~ん!!

長澤まさみ山下智久コンビのラブストーリーだった『プロポーズ大作戦』。
最後も「どんだけ~ぇ?!」な感じでしたが、“過去を振り返るよりも今をどう後悔なく生きるか”が鍵になっていたので、これは主題歌の勝利!かなぁ…というのが感想です。

妖精役の三上博史さんが良いスパイスになっていて、ぐだぐだになりすぎず、月9らしいドラマだったと思います。

それにしても、新郎役の藤木直人さん…そんなにあっさり新婦を手放さなくても(*´д`;)…

「なにやってんだ俺…」正解です。
でもそれが“月9”ですから。

そしてヤマピー、『クロサギ』でも演技指導で要求されていなかったのに自然と涙が流れていた。と雑誌か何かで読んだ記憶があるのですが、今回の涙もきっと素で流していたんでしょう。
涙もろいのね(*´д)ハァ(*´д`;)ハァ(д`;)

プロポーズ大作戦』最終回でようやく20%超を達成したようですが、これはキャスト萌え!じゃないと最後まで完走するのは難しいドラマだったんじゃないかな??

ともあれ、次の月9もビミョーな感じなので、最後に視聴率ご祝儀が入ってめでたしめでたし。ということで。

続いて『花嫁とパパ』こちらは全12話完走しましたっ!!

Tag:月9 プロポーズ大作戦 花嫁とパパ 山下智久 長澤まさみ 掘北真希 新垣結衣 舘ひろし パパとムスメの7日間 NEWS

2代目・喰いタン誕生で終了?
横浜メンバーと最後の食卓を囲む喰いタン
自ら皆に振舞ったのは「ナポリタン」でした。

喰いタンは再建した横浜ホームズエージェンシーを去って、海外でのミッションへ。
喰いタン愛用の銀の箸は金田一少年に授けられました。

東山紀之さん、いつまでもお若いですね~。
今日も中盤、日本刀振りかざすラスボスとフェンシングの剣で応戦シーンがありましたが、アクションもバシッときまってました。
あんな体系の中年が存在していることに驚きです。
森田剛氏も後へ続け!?

最後まで桃ちゃんのお決まりの台詞、
「い~が~ら~すぃ~っ!!!」o(`ω´*)o
が響き渡ってスカッと爽やかな最終回でございました。


主題歌「愛しのナポリタン」も初回限定版、DVD付はあっという間に完売。
このブログにもなにげに「愛しのナポリタン 振り付け」という検索ワードでひっかけて来てくださる方も多いようです。

トリオ・ザ・シャキーンを結成して大正解?!かな。

喰いタン』⇒SP⇒『喰いタン2』と続いた作品ですが、今回で終了という感じですね。
淋しいけれど、喰いタンになるためには「さよなら」をしっかり言えることが条件の一つ。と言っていましたから。

次回、この日テレ土9枠の主演は速水もこみてぃ。
動物のお医者さんの役を演じられるようですが、夏にもこみち君の顔はあまり見たくないのは私だけでしょうか。

伝説の消費税割れ視聴率を連発したドラマ「レガッタ~君といた永遠」の続編にならないことを祈念しております。でも多分見ません(爆)

ふと思ったのですが、「しょうゆ顔」と呼ばれた東山紀之氏の後継に、おそらく「ソース顔」に分類されるであろう速水もこみち氏を持ってくるのは、そのギャップを楽しみましょう♪ということなんでしょうか?>日テレさん

ちなみに、私は「しょうゆ顔」が好きです。
昔は「ケチャップ顔」が好きだったんだけどなぁ。
って、この~顔って表現を理解できるのは何歳がボーダーラインなんだろう…27~8歳くらい?もっと上??

う~ん…つまらないことが気になり始めたのでこのへんで。

人気blogランキングへ

Tag:愛しのナポリタン 東山紀之 喰いタン しょうゆ顔

「俺の特急に乗ってくれるの?」
「ノンストップでお願いします!」


正真正銘の“ペアウォッチ”特急田中3号スペシャル腕時計が一郎&照美の腕に揃って、めでたしめでたし♪

最後は寝台特急北斗星に3カップル6名様ご乗車で、ハッピーエンドでした。

仕事で延岡に転勤になった照美。
今日は「金スマ」でも宮崎の特集だったし、東国原知事のおかげで観光客も急増、いま注目の県の話題を密かに織り交ぜるあたり、脚本がんばった?!

一度は別れた一郎&メーテル(付き合ってないという話もある)が先に恋の勝者となった桃山&花形のおせっかいにより、一郎が意地を張って最後まで照美に渡すことが出来なかったプレゼント(特急田中スペシャルペアウォッチ)を照美の勤務先に送りつけ、オマケに無謀にも翌日出発の約束をしていた「寝台特急北斗星」の乗車券も送付。

ヲタである桃山が珍しく「照美さんがその気になって「エル特急にちりん3号」に乗れたとしたら宮崎空港から羽田行きの飛行機に乗って、東京モノレールとJR山手線を乗り継げば多少の遅れがあっても16:20までに上野駅から「寝台特急北斗星」に乗れる」と、道を乗り継がないルートを予測している台詞があったので、まずここでひっかかった!

Tag:特急田中

『帰ってきた時効警察』が全9話で終わってしまったので、他のドラマの残り回数が多いような気分になっていましたが、そろそろ本格的に春ドラマ最終回ラッシュがやってまいりました!

で、途中見ていなかった『孤独の賭け』の最終回を見てみたのですが…途中の経緯を見ていない私ですらも、最後、伊藤英明が刺されて死ぬんだろうなぁ…と読めるストーリー展開。

真っ白なシャツ、あまりにも麗らかな昼下がり、笑顔の主人公⇒刺される⇒倒れる⇒ハセキョー振り返る⇒END

刺されたのが腹部だったんだから、誰かすぐに救急車を呼んであげれば助かるだろうに、誰も近寄らないわ、近づいても誰も「大丈夫ですか?!」「おいっ!救急車!!」と、ならないところも『孤独の賭け』のリアリティの無さを象徴していました。

ハセキョーがデザイナーとして成功して終わることも初回見た直感そのまんまだし、何か捻りは無いのか?!と期待するドラマではなかったようですね。

キャストはそれなりに豪華だったのに…。
笹野さん、『ヒミツの花園』長男←名前度忘れ、高岡早紀…その他。

『華麗なる一族』から『孤独の賭け』と、少し古い時代の役が連続した長谷川京子さんですが、どっちも全然変わんないですね~。今にも「私は万俵鉄平の妻です!」と言いそうな勢いでした。

『鬼嫁日記いい湯だな』に出ているエビちゃんもそうですが、モデルだけやってれば綺麗だしスタイルも抜群で、イメージが良いのに、へたに女優業に足をつっこむと…(以下省略)

伊藤英明さんは次回月9に出演が決っているそうですが、フジテレビの方がイメージ的には合ってるかもしれないですね。
彼にシリアスな役は似合わなさすぎる!!!

あ~、でも『弁護士のくず』は早く観たい!!
豊川さんとのコンビは最高だったし♪
コメディならどこの局でもOKってこと?!

予告でチラッと移った悪女じゃない米倉涼子さんに興味をひかれました。
なんだかんだ言いながら、次のドラマの予告が流れ始めたら、それなりに興味を持てるんだから、まだまだ自称ドラマフリーク、続けますよ~ヽ(´▽`)ノ

人気blogランキングへ
エンゲージリングを三浦(田口淳之介)に返して、自分は父の傍で暮らし、今の仕事を続けようと決心した愛子(石原さとみ)が、仕事とはいえ沢山のウェディングドレスに囲まれている姿は切なかった…。

自分の命を引き換えに自分を産んでくれた母と、男手一つで育ててくれた父(時任三郎)を思えばこそ、自分は三浦と結婚して静岡に行くことはできない愛子ちゃん。

父思いのいい子だなぁ…(゜ーÅ)ホロリ

パパもまた「子供の幸せ以上に大切なものなんてありますか」と三浦父に土下座して二人の結婚を認めて欲しいと頼み込むし…。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

後半、とにかく宇崎親子に泣かされっぱなしでした。


シュンイチナルーミ(小泉孝太郎)、とても「ゴーマン」と呼ばれるような冷酷な人には思えない。
宇崎親子を心配して、わざわざ酔っぱらい愛子を家まで送り届け、愛子の変化を宇崎父に報告し「親と子は離れられるものではありません。どこの家庭も父親の存在は大きいものです」と告げて、愛子の提案するブライダル企画のプレゼン資料を差し出す。

「小さい頃は、お父さんのお嫁さんになりたかった」

公式HPのパパと花嫁である娘の姿が繋がりましたね!

最終回前についにキーアイテム「母・ようこからの手紙」が愛子に渡されたことだし…。
最後は「三浦さん!」「宇崎さん!」のバカップル復活を期待させる最終回1回前のストーリーでした。

コメディだと思って見てきたドラマが、こんなにシリアスドラマになるとは予想外でしたが、先週までのガッカリ感は消えたので、最終回楽しみにしたいと思います。

人気blogランキングへ

Tag:花嫁とパパ 石原さとみ 時任三郎 田口淳之介 小泉孝太郎

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。